マイクロソフト ストア  Surfaceを特別価格で販売中 !

HP ENVY x360 15 スタンダードVSパフォーマンスモデル 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 HP ENVY x360 15-ee0000をHP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 またレビュー機に関しては発売前のモデルで販売時のモデルとは異なる場合がありますのでご了承ください。
 

HP ENVY x360 15-ee0000?「この間もレビューしてなかった」とお考えの方鋭いです。
今回はCPU違いの別モデルとなります。
外観等は前回レビューと同様になりますので今回は
「スタンダードモデル:今回レビュー」VS「パフォーマンスモデル:前回レビュー」
の形で違いを中心にレビューしていきたいと思います。

前回レビューはこちらからご覧いただけます。
HP ENVY x360 15 パフォーマンスモデル 実機レビュー

最初に結論を書いておきますとHP ENVY x360 15-ee0000 スタンダードモデルはコストパフォーマンスの高い2in1タブレットPCに仕上がっています。
通常のWord、Excelなどオフィスソフトなどを中心に利用して、3D画像処理などメモリを大量に消費する重い処理を重要視しない方はスタンダードモデルの方がお勧めです。

スポンサーリンク

まずはHP ENVY x360 15-ee0000 スタンダードモデルの特徴

このHP ENVY x360 15-ee0000 スタンダードモデルは最新のAMD Ryzen™ 5 4500U モバイル・プロセッサー搭載のコストパフォーマンスの高いタブレットPCです。
SSD(PCIe NVMe M.2)搭載なので素早い起動も期待が出来ます。

カラーはナイトフォールブラックとなっています。

HP ENVY x360 15-ee0000 のお勧めの使い方

ポイント!

HP ENVY x360 15-ee0000

  •  メインのノートパソコンとして
      基本スペックが高いのでメインのパソコンとしても使えるモデルです
  •  インターネットや動画鑑賞用のPCとして
      液晶が綺麗でコストパフォーマンスが高いので動画鑑賞用PCとしてもお勧めです

HP ENVY x360 15-ee0000 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP ENVY x360 15-ee0000 (スタンダードモデル)は以下のようなスペックになっています。

CPU:AMD Ryzen™ 5 4500U モバイル・プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
液晶:15.6インチワイド・フルHD・IPSタッチ(1920×1080 )
メモリ:8GB (4GB×2) DDR4-3200MHz (最大8GB)
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2)注:
グラフィック:AMD Radeon™ グラフィックス(プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0

※注:販売モデルはストレージ512GB搭載です。

HP ENVY x360 15-ee0000

価格: 104,800円~(税抜)+送料 <10/7(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で82,000円~(税抜)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP ENVY x360 15-ee0000のスペック

スタンダードモデルとパフォーマンスモデルのスペックを比較してみたいと思います。

簡単に表に纏めると下表のようになります。
大きな違いとしてはCPUとメモリ容量ですね。

スタンダードモデルパフォーマンスモデル
液晶15.6インチ・フルHD・IPSタッチ(1920×1080)
CPUAMD Ryzen 5 4500UAMD Ryzen 7 4700U
OSWindows 10 Home (64bit)
メモリ8GB (4GB×2) DDR416GB (8GB×2) DDR4
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックAMD Radeon™
ネットワークIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0
Windows Hello指紋認証センサー
プライバシー スイッチ対応 (物理シャッター付き)
サイズ約 358 × 230 × 18.9 mm
質量約 2.0 kg
バッテリ駆動時間最大 17時間/MobileMark® 2014

ベンチマーク比較

当サイトで主に測定しているベンチマークソフトの測定結果の比較表です。

CINEBENCHIの結果を見ると
R15で12%UP
R20で18%UP
なので性能比は大体ここが目安ですかね。
ただしFire Strikeで32%UP、Time Spyで27%UPなので単純なCPUの演算力以上にグラフィックの処理能力は差が出ているようです。
要因としてはやはりメモリ容量が倍(8GB⇔16GB)なのでここが大きいのだと思います。

使い方としては3Dグラフィック処理のパフォーマンスを重視する場合はパフォーマンスモデルを選択した方が良さそうです。
ただスタンダードモデルも標準的なノートPCよりも高いスコアとなっている点もも逃せないですね。

スタンダードモデルパフォーマンスモデル
CINEBENCHI R15878987
CINEBENCHI R2022082616
PerformanceTest 103853.24362.5
ファイナルファンタジー XIV紅蓮の解放者
(1280×720/高品質)
56646623
ファイナルファンタジー XIV紅蓮の解放者
(1280×720/標準品質)
68067979
ファイナルファンタジー XIV漆黒の反逆者
(1280×720/高品質)
55396435
ファイナルファンタジー XIV漆黒の反逆者
(1280×720/標準品質)
63797481
ファイナルファンタジー XV
(1280×720/軽量品質)
18382244
ファイナルファンタジー XV
(1920×1080/軽量品質)
29153458
ドラゴン クエスト
(1280×720/最高品質)
1176214238
ドラゴン クエスト
(1280×720/標準品質)
1375516015
3D MARK/Sky Diver966911511
3D MARK/Night Raid1106813153
3D MARK/Fire Strike25943236
3D MARK/Fire Strike Ultra572760
3D MARK/Time Spy9331187
3D MARK/Time Spy Extreme422544
PCMARK 8(Home accelerated)44484600
PCMARK 8(Work accelerated)53855483
PCMARK 1045474719
PCMARK 10 Extended37514121
RAWデータ現像パフォーマンス2:041:34

HP ENVY x360 15-ee0000

価格: 104,800円~(税抜)+送料 <10/7(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で82,000円~(税抜)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP ENVY x360 15-ee0000 スタンダードモデル パフォーマンスチェック

HP ENVY x360 15-ee0000 基本スペック

ここではスタンダードモデルのパフォーマンスについてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

スタンダードモデルのスペックは以下のようになっています。

CPU:AMD Ryzen™ 5 4500U モバイル・プロセッサー
メモリ:8GB (4GB×2) DDR4-3200MHz (最大8GB)
ストレージ:512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス:AMD Radeon™ グラフィックス(プロセッサーに内蔵)

HP ENVY x360 15-ee0000 パフォーマンスチェック

CPU::AMD Ryzen™ 5 4500U モバイル・プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:512GB SSD (PCIe NVMe M.2)、グラフィック:AMD Radeon™ グラフィックス(プロセッサーに内蔵)となっています。

AMD最新のモバイルCPUの実力がどうなのか、気になるところです。

CPUのスペックだけ見るとコア数は8⇒6と少なくなっていますが最大ブースト・クロックは4.1GHz⇒4.0GHzとそれほど変わらないのでかなり期待できるかもしれないですね。

AMD Ryzen™ 5 4500UAMD Ryzen™ 7 4700U
製造プロセス7nm
コア/スレッド数6/68/8
ベースクロック2.3GHz2.0GHz
最大ブースト・クロック4.0GHz4.1GHz
L2キャッシュ/L3キャッシュ3MB/8MB4MB/8MB
TDP15W
内蔵GPUAMD Radeon™ Graphics

performance test9による測定結果

3853点となかなか良いスコアだと思います。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR15とR20の2種類測定しています。

・R15
・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんがベンチマークを測定してみました。
結果としてはかなり多くのゲームを快適に遊ぶことが出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 5664(とても快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 6806(とても快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質: 5539(とても快適)
1280×720 標準品質: 6379(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

この位重いベンチマークだとかなり苦しいですね。
パフォーマンスモデルだと解像度を調整すれば遊べそうだったので若干差が出てますね。

1980×1080 軽量品質: 1838(動作困難)
1280×720 軽量品質: 2915(やや重い)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:11762(すごく快適)
1280×720 標準品質:13755(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

パフォーマンスコントロールアプリを利用して2種類のモードで計測しています。

※初期設定

※パフォーマンスモード

Fire Strike Ultraによる測定結果

Time Spyによる測定結果

Time Spy Extremeによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 4448点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5385点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Extendedによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分04秒で現像は終了しました。

これは物凄く早い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが凄く快適に操作出来ました。

ストレージ情報

構成的には256GB SSD (PCIe NVMe M.2)となっています。
空き容量は195GBとなっているのである程度余裕のある容量だと思います。
※販売モデルはさらに容量の大きい512GBとなっています。

搭載されているのはTOSHIBA製のSSD (PCIe NVMe/M.2)のようです。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい15倍位早い結果になっています。
さすがPCIe NVMe規格のSSDですね。
※パフォーマンスモデルよりも低い数字となっていますが恐らく販売モデルでは同じSSDが搭載されているのではないかと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ30秒台後半となっています。
これはかなり早い数字だと思います。

1回目:00:39秒
2回目:00:39秒
3回目:00:39秒
4回目:00:40秒
5回目:00:39秒
6回目:00:39秒
7回目:00:39秒
8回目:00:38秒
9回目:00:39秒
10回目:00:39秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 18でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大46.3dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさでした。
これかなり静かですよ。

状態騒音量(db)
アイドリング38.4
動画再生時38.4
動画エンコード46.4
ベンチマーク46.3

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度は42.1度になっていました。
驚くほど温度上がらないですね。
触るとほんの少し暖かかったです。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時


・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

温度はノートPCとしては普通レベルかと思います。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
最高消費は動画エンコード時で50Watとなっています。
インテル製のCPUよりも少し多めですかね。

状態消費電力(Wat)
アイドリング11
動画再生時12
動画エンコード48
ベンチマーク40

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大17時間/Mobilemark2014となっています。

PCMark8(Work accelerated)でバッテリー駆動時間を測定してみました。
6時間以上持っているのでかなり頑張っているなという印象です。

※ベンチマークを動かしての測定ですのでMobilemark2014での測定値よりもかなり短くなります。

HP ENVY x360 15-ee0000 付属ソフトチェック

付属しているソフトは

HP サポートアシスタント

オンラインマニュアル

HP PC Hardware Diagnostics Windows

HP Command Center

温度及び冷却の設定が調整可能です。

などです。

セキュリティ

・指紋認証センサー

・ライバシーカメラキルスイッチ
 インターネット会議などを利用の際も簡単にカメラ機能をオフに出来ます。
 もちろん利用時以外はオフにしておくことで不測の事態でのインターネットからの覗き見なども防止可能です。

※カメラ機能をオフの状態でカメラを利用しよとした場合以下のようにエラーとなります。

・マカフィー®リブセーフ (30日版)

付属品

 
 速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
 

保証関連

標準保証 :1年(1年間引き取り修理サービス)

オプションとして

  • 2年間引き取り修理サービス 
  • 3年間引き取り修理サービス 
  • 3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス 
  • 3年間出張修理サービス 

など他にも多数のサービスが用意されています。。

詳しくは購入画面でご確認ください。

HP ENVY x360 15-ee0000 (2020年9月25日)
型番15-ee0020AU
CPUAMD Ryzen™ 5 4500U モバイル・プロセッサー(6C/6T, 11MB キャッシュ, 4.0GHz ブースト時 最大)
OSWindows 10 Home (64bit)
ディスプレイ 15.6インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ(1920×1080 )
グラフィックスAMD Radeon™ グラフィックス(プロセッサーに内蔵)
メモリー8GB (4GB×2) DDR4-3200MHz (最大8GB)
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
ネットワークIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0
光学ドライブ未搭載
WebカメラHP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
拡張インターフェイス・HDMI 2.0 出力端子×1
・SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×2 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)
・SuperSpeed USB Type-C® 10Gbps ×1 (Power Delivery、DisplayPort™ 1.4 電源オフUSBチャージ機能対応)
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリー駆動時間最大 17時間/MobileMark® 2014
本体サイズ(mm)約358×230×18.9 mm
本体質量約 2.0 kg
認証(Windows Hello)指紋認証センサー
保証1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフトなし
主な付属品速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
販売価格129,800円(税抜)+送料

HP ENVY x360 15-ee0000 スタンダードモデルのレビューまとめ

HP ENVY x360 15-ee0000 のお勧めポイント

  • フルHD・IPS液晶搭載なので綺麗な映像を楽しめる
  • タブレットPCなので状況に合わせた使い方が出来る
  • コストパフォーマンスが高いので初めてのPCとしてお勧め

HP ENVY x360 15-ee0000 の気になる点

特になし

管理人の総評

HP ENVY x360 15-ee0000 は15.6インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ(1920×1080)搭載と大き目で綺麗な液晶を搭載していて8万円台からとお得に購入できるコストパフォーマンスの高いタブレットPCです。

Wifi6対応なので高速な通信が出来る点も◎です。

セキュリティ的にも指紋認証はもちろんライバシーカメラキルスイッチなども用意されていて充実しているのも嬉しいですよね。

液晶の色域も広いので色彩が大切な画像編集やRAW現像などの処理でも活躍できると思います。

そんなHP ENVY x360 15-ee0000ですが
スタンダードモデルとパフォーマンスモデルのどちらがお勧めかというとやはり使い方によると思います。

通常のWord、Excelと言ったオフィスソフトやインターネット、メールなどの使い方が中心という方はコストパフォーマンスの高いスタンダードモデルがお勧めです。
動画編集などのメモリを大量に消費するアプリを多く利用する方はやはりパフォーマンスモデルがお勧めとなります。

ただ価格差がキャンペーン価格で13,000円なので予算が許すようであればRyzen 7 4700U搭載モデルを選択されることをお勧めします。

スタンダードモデルパフォーマンスモデル
液晶15.6インチ・フルHD・IPSタッチ(1920×1080)
CPUAMD Ryzen 5 4500UAMD Ryzen 7 4700U
OSWindows 10 Home (64bit)
メモリ8GB (4GB×2) DDR416GB (8GB×2) DDR4
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックAMD Radeon™
ネットワークIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.0
Windows Hello指紋認証センサー
プライバシー スイッチ対応 (物理シャッター付き)
サイズ約 358 × 230 × 18.9 mm
質量約 2.0 kg
バッテリ駆動時間最大 17時間/MobileMark® 2014

前回レビューはこちらからご覧いただけます。
⇒HP ENVY x360 15 パフォーマンスモデル 実機レビュー

HP ENVY x360 15-ee0000はオシャレでパワフルなタブレットPCをお探しの方に是非お勧めしたいモデルです。

HP ENVY x360 15-ee0000

価格: 104,800円~(税抜)+送料 <10/7(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で82,000円~(税抜)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました