今回、12月12日発表のASUS VivoBook S15 S531FA をASUS様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとASUS VivoBook S15 S531FA は最新のインテル第10世代CPU搭載のパフォーマンスに優れたスタンダードタイプノートパソコンです。
ベゼルが狭いのの液晶の没入感は高いですし、斜度の付いたキーボードは入力もしやすいのでパワフルで使いやすいスタンダードタイプノートパソコンを捜されている方にお勧めのモデルです。

カラーも5色用意されているので自分の好みの色のパソコンを持てるのも良いですよね。

Contents

まずはASUS VivoBook S15 S531FA の特徴から

このASUS VivoBook S15 S531FA はインテル® Core™ i7-10510U搭載のパワフルなモバイルノートパソコンです。
※Core™ i5-10210U搭載のモデルも用意されています。
液晶は15.6型ワイド ノングレア FHD(1,920×1,080)液晶搭載でベゼルが狭いので液晶に集中して使うことが出来ます。

意外に便利なのでキーボードに傾斜が付いているので長時間入力作業をしても疲れにくいです。
※管理人がレビュー時に利用した際の感想なので一般的なお話ではありません。

カラーは

・トランスペアレントシルバー
・ガンメタル
・モスグリーン
・パンクピンク
・コバルトブルー

の5色が用意されています。

ASUS VivoBook S15 S531FA のお勧めの使い方

ポイント!

ASUS VivoBook S15 S531FA

 

  •  メインのノートパソコンとして
      基本スペックも高く使いやすいのでメインで利用するノートパソコンとしてお勧め。
  •   

  • 入力用ノートパソコンとして
      ソフトタッチで疲れにくいキーボードなので文字入力を多くする人にお勧めのモデルです。
  •  

ASUS VivoBook S15 S531FA レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うASUS VivoBook S15 S531FA のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:第10世代 インテル® Core™ i7-10510U
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:15.6型ワイド ノングレア フルHD (1,920×1,080)
メモリ:16GB DDR4-2666
ストレージ:SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2接続)
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth® 5.0

※Core™ i5-10210U搭載のモデルも用意されています。

 

ASUS VivoBook S15 S531FA

価格: 113,455円 (税抜)~+送料 <12/12(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ASUS VivoBook S15 S531FA 外観チェック

ASUS VivoBook S15 S531FA の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーは落ち着いたガンメタルですです。

その他にもカラーは
・トランスペアレントシルバー
・モスグリーン
・パンクピンク
・コバルトブルー
の4色(合計5色)が用意されています。

・トランスペアレントシルバー

・ガンメタル

・モスグリーン

・パンクピンク

・コバルトブルー

ASUS VivoBookのロゴ マークです。

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080)となっています。

<<正面>>

15.6型FHD (1920×1080)・ノングレア液晶なので詳細で綺麗な画面です。
ベゼルが凄く狭いので液晶への没入感も高い仕上がりになっています。

視野も広いですね。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

ASUS VivoBook S15 S531FA はsRGBで62%、adobeRGBで46%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので低い数字となっています。

色が重要な写真加工や動画編集などの用途にはあまり向かないかもしれないですね。

色息の件は正直レビューで使っている分にはそれほど気にならなかったです。

※sRGB

 ※adobeRGB

 

本体の外観

<<ASUS VivoBook S15 S531FA 正面>>

ASUS VivoBook S15 S531FAはUSB 3.1(Type-C)×1が用意されていますので新しいアクセサリへの対応も可能です。
また従来型のUSBも用意されているので手持ちのマウスなどを利用する際に便利です。

<<右側面>>

・電源
・HDMI ×1
・USB3.1 (Type-C/Gen1) ×1
・USB3.0 ×1
・ヘッドフォンマイクジャック×1
・microSDメモリーカード

SDカードを刺した状態

奥まで入れると出っ張りは有りませんので入れたまま持ち運ぶことも可能です。

<<左側面>>

・USB2.0 ×2

<<背面>>

ヒンジです。

<<上から>>

15.6型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

18.5mmですので本と同じくらいですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形は本当によく見るとかすかに見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は本当によく見るとかすかに見えています。
 

 

キーボード&タッチパッド

キーボードは違和感のない配置のテンキーの付いたキーボードです。
画面を開くとキーボードに傾斜が付くので人によるとは思いますが長時間入力する際に疲れにくいと思います。
タッチもソフトで管理人好みで使いやすいという印象でした。
ただ若干テンキーの幅が狭いと思いますのでテンキーを多用される方は慣れが必要かもしれないですね。

右側

左側

横から

傾斜が出来る仕組みはこのように少し浮くからですね。

キーの深さ

少し幅が狭いテンキー

文字部分のキー幅

タッチパッドは普通という印象でした。

電源ボタン

電源ボタンはキーボード内の右上にあります。

左上

画面の角度

画面はここまで傾斜することが出来ます、管理人としてはもう少し傾斜できると嬉しいですね。

WEBカメラ

前面に「92万画素赤外線(IR)カメラ内蔵 」が用意されています。

AC電源

電源は凄くコンパクトな物が採用されています。

ASUS VivoBook S15 S531FA 質量

本体は1,800gでしたホームページ上の数値は約1.85kg~なので若干軽いですね。

AC電源は142gです。

本体+AC電源では1,945gでした。

15.6型としてはAC電源込みで2㎏以下なのでかなり軽いですよね。
この位の軽さであれば薄いですし、大画面モバイルノートとしても使えそうですよね。

ASUS VivoBook S15 S531FA 外観チェックのまとめ

ASUS VivoBook S15 S531FA は15.6型FHD (1920×1080)液晶が搭載されている使いやすい印象のスタンダードタイプのノートパソコンです。
液晶の色域は低めですがベゼルが狭いこともあって画面が見やすい仕上がりとなっています。

本体はキーボードに傾斜を付けるなど使いやすさにこだわる形となっています。
カラーも5色あって自分好みのものを選べるのも良いですよね。

キーボードに関しては違和感のない配置で使いやすい仕上がりとなっています。

ASUS VivoBook S15 S531FAは見やすい液晶と使いやすいキーボードを備えた使えるノートパソコンだと思います。

 

ASUS VivoBook S15 S531FA

価格: 113,455円 (税抜)~+送料 <12/12(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ASUS VivoBook S15 S531FA パフォーマンスチェック

ASUS VivoBook S15 S531FA 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-10510U
メモリ::16GB DDR4-2666
ストレージ:SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2接続)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス

ASUS VivoBook S15 S531FA パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i7-10510U 、メモリ:16GB、ストレージ:SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2接続)、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス と
なっています。

メモリがノートパソコンとしては大容量の16GBなのでかなり期待できるのではないかと思います。

Performane Test9 による測定結果

4300とかなり良いスコアとなっています。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックに関しては専用グラフィックを利用していないので低めのスコアとなっています。
その他のスコアに関してはかなり良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としては比較的多くのゲームを遊ぶことは出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 3489(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 5184(とても快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 3491(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 5056(とても快適)

ファイナルファンタジーXV

1920×1080 標準品質: 662(動作困難)
1280×720 標準品質: 1120(動作困難)
1280×720 軽量品質: 1371(動作困難)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:8523(とても快適)
1280×720 標準品質:9213(とても快適)

3DMARK

3Dの処理に関してはあまり強くなさそうで軽いものであればという感じです。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3,894点とかなり良いスコアとなっています。
 

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでは4,972点と良いスコアになっていますので快適に使えると思います。
 3D処理が少ない分こちらは成績が良いようです。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分21秒で現像は終了しました。

これはかなり早いと思います。
これならRAW現像はわりと快適に出来そうです。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に使えました。

ストレージ情報

搭載容量はSSD 512GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で空き容量はSSD 476GB HDD 931GBなので普通にかなり余裕をもって使えると思います。

搭載されているのはインテル製のSSDとSeagate製のHDDのようです。
※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

SSDは通常のHDDが100MB/s位なので17倍位早い結果となっています。
なかなかの速度だと思います。

HDDに関しては通常よりもほんの少し早い位です毛穴。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらは普通ですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ30秒台前半となっています。
これは凄く早めの数字だと思います。

1回目:00:32秒
2回目:00:31秒
3回目:00:32秒
4回目:00:31秒
5回目:00:32秒
6回目:00:31秒
7回目:00:32秒
8回目:00:32秒
9回目:00:31秒
10回目:00:31秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大48.2dbでした。
騒音の目安としては「図書館」レベルの静かさです。

状態 騒音量(db)
アイドリング 38.4
動画再生時 38.6
動画エンコード 48.2
ベンチマーク 43.6

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で38.9度になっていました。
これはかなり低めの温度です。
手で触ってみるとほんのり温かいなという感触でした。

この位の温度であればそれほど気にする必要はないと思います。
但し測定したときは室温が低かったので夏場など高い場合はもっと上がるとは思います。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

HWMonitorによる内部温度チェック

※温度は最大値です。

エンコード時は少し高めの数字となっています。
ただ瞬間風速的な温度だと思いますのでこの程度であればあまり心配はいらないと思います。
但し、先ほども記載しましたが測定時の室温が低かったので夏場などは温度があがることもあると思います。

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力はかなり少ないモデルだと思いますが
動画エンコード時は若干電力の消費は多めとなっています。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 6
動画再生時 8
動画エンコード 42
ベンチマーク 35

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大約7.6時間/JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)となっています。
※Core i5搭載モデルは約7.7時間/JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)

本モデルには以下の3つの充電モードが用意されていて最大バッテリー駆動時間は「フルキャパシテイモード」の時のものです。

充電モード
・フルキャパシテイモード
・バランスモード
 最大80%まで充電可能なモード
・マックスライフモード
 最大60%まで充電可能なモード

PCMark8(Work accelerated)でバッテリー駆動時間を測定してみました。
※ベンチマークを動かしての測定ですのでJEITA2.0での測定値よりもかなり短くなります。

ASUS VivoBook S15 S531FA(2019年12月12日)
型番 S531FA-BQ228T
CPU インテル® Core™ i7-10510U/ Core™ i5-10210U
OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 15.6型ワイド ノングレア 1,920×1,080ドット (フルHD)
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス
メモリー 16GB DDR4-2666
ストレージ SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2接続)
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth® 5.0
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ 92万画素赤外線(IR)カメラ内蔵
拡張インターフェイス ・HDMI ×1
・USB3.1 (Type-C/Gen1) ×1
・USB3.0 ×1
・USB2.0 ×2
バッテリー駆動時間 未掲載
本体サイズ(mm) 幅357.2mm×奥行き230.3mm×高さ18.5mm
本体質量 約1.85kg
認証(Windows Hello) 顔認証
保証 本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証 バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証
オフィスソフト 未搭載
主な付属品 ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
販売価格 136,182円(税抜)+送料

ASUS VivoBook S15 S531FA 付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・PowerDirector For ASUS

・PhotDirector For ASUS

・Mcafee/マカフィールセーフ (期間限定版)

などです。

詳しい情報はこちらの公式サイトからご確認いただけます。

セキュリティ

・顔認証
・Mcafee/マカフィールセーフ (期間限定版)
 

保証関連

ASUS VivoBook S15 S531FA は標準保証:1年間

オプションとして
※未記載

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

ASUS VivoBook S15 S531FA のレビューまとめ

ASUS VivoBook S15 S531FA のお勧めポイント

  • 本体カラーが5色から選べるので自分の好みに合わせたパソコンをモデルが選べる
  • 基本スペックが高く、使いやすいのでメインのノートパソコンとして使いたい方にお勧め
  • 意外に軽量薄型なので大画面モバイルノートパソコンとしても使えそう

ASUS VivoBook S15 S531FA の気になる点

※特になし

管理人の総評

ASUS VivoBook S15 S531FA は15.6型FHDS液晶搭載のスタンダードタイプのノートパソコンです。
基本スペックも高いのでサクサク使いたい方にもお勧めです。
ASUS VivoBook S15 S531FAはベゼルも狭いので液晶を見る際没入感高いと思います。
傾斜付きキーボードは疲れにくいので入力が多い方にもお勧めのモデルに仕上がっています。

あとこんなステッカーも付いていますよ。

またASUS VivoBook S15 S531FAは使い方に合わせてカスタマイズ性が高いのも魅力です。

ASUS VivoBook S15 S531FA は遊び心満載で基本スペックも高い使い勝手の良いスタンダードタイプのノートパソコンです。

ノートパソコンを快適に使いたい方に是非お勧めしたいモデルです。

ASUS VivoBook S15 S531FA

価格: 113,455円 (税抜)~+送料 <12/12(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク