マイクロソフト ストア Surface Pro 7を特別価格で販売中 !

極上な仕上がりのモバイル ThinkPad X1 Carbon(2019)実機レビュー

スポンサーリンク

今回 ThinkPad X1 Carbon(2019)をレノボ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとThinkPad X1 Carbon(2019)は14.0型UHD (3840×2160 IPS) 光沢あり液晶搭載のThinkPadの伝統を受け継いだビジネス向けモバイルノートパソコンです。
カーボン仕上げで手触りも良いですし、LTEも使えてセキュリティも安心のモデルなのでビジネス用途での利用される方にお勧めのモデルです。

正直スペック以上に軽くて使い勝手も良いモデルですよ。

スポンサーリンク

まずはThinkPad X1 Carbon(2019)の特徴から

このThinkPad X1 Carbon(2019)はインテル Core i7-8665U プロセッサー搭載のパワフルで使いやすいビジネス向けモバイルノートパソコンです。
セキュリティ的にも指紋認証機能や顔認証機能(オプション)、好評のThinkShutterが搭載されており安心して使える仕上がりになっています。

※CPUに最新のインテル第10世代を搭載したモデルも用意されています。

レビュー機は天板がカーボン柄仕上げとなっていてカラーはThinkPad伝統のブラックとなっています。

ThinkPad X1 Carbon(2019)のお勧めの使い方

ポイント!

ThinkPad X1 Carbon(2019)

 

  •  ビジネス向けモバイルノートパソコンとして
      LTEも利用可能で14型で約1.09kgと軽量なのでモバイルで活躍できるモデルです。
  •   

  •  がっつり使うノートパソコンとして
      基本スペックが高いのでメイン利用のがっつり使えるお勧めのモデルです

ThinkPad X1 Carbon(2019)レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うThinkPad X1 Carbon(2019)のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i7-8665U プロセッサー
液晶:14.0型UHD液晶 (3840×2160 IPS 500nit) 光沢あり
メモリ:16GB LPDDR3 2133MHz (オンボード)
ストレージ:512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+インテル Wireless-AC 9560 (2×2) + Bluetooth (vPro対応)+LTE

※CPU、メモリ、液晶、メモリ、ストレージに関し使い方に合わせて柔軟にカスタマイズ可能な構成となっています。
※最新のインテル第10世代CPU搭載モデルも用意されています。

 

ThinkPad X1 Carbon(2019)

価格: 309,100円~(税込)、送料無料 <12/17(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で210,188円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ThinkPad X1 Carbon(2019)外観チェック

ThinkPad X1 Carbon(2019)の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはThinkPad伝統の落ち着いたブラックが用意されています。
使う場所を選ばないのでビジネス用途としては使いやすいカラーだと思います。

X1のロゴマークです
レビュー機の表面仕上げは天板がカーボン柄となっています。
※UHDパネルモデルのみ

ThinkPadのロゴ マークです

液晶画面

画面の解像度はUHD (3840×2160) となっています。
※標準設定では300%の拡大表示となっているので字が小さすぎて見えないということは無いです。

<<正面>>

14型UHD液晶 (3840×2160 IPS) 光沢ありなので詳細で鮮やかな画像が楽しめる仕上がりの液晶となっています。

視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

ThinkPad X1 Carbon(2019)はsRGBで99%、adobeRGBで82%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので凄く良い数字となっています。

このレベルであれば色の再現度重要視される写真加工などの用途でも活躍してくれそうですね。

 

本体の外観

<<ThinkPad X1 Carbon(2019)正面>>

ThinkPad X1 Carbon(2019)はUSB 3.1 Type Cが2つ用意されていますので色々なアクセサリを活用することが出来ると思います。
※1つは電源と共用です
通常のUSBも2つ用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
Type Cだけだと手持ちのマウスなどのデバイスが使えなかったりするので従来型のUSBが用意されていると便利です。
※勿論USB HUBやI/F変換ケーブルなどを用意すれば利用できます。

<<右側面>>

・USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応、電源と共用)
・USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応)
・イーサネット拡張コネクター2
・USB3.1 Gen 1
・HDMI
・マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック

<<左側面>>

・電源ボタン
・USB3.1 Gen 1(Powered USB)
・セキュリティ・キーホール

<<背面>>

・SIM カードスロット(nanoSIM対応、LTE非対応のモデルにSIMカードを挿入しても機能しません。
※レビュー機はLTE対応モデルです。

ヒンジ部分も丈夫そうです。

SDカードを刺した状態(SIM カードスロット)

<<上から>>

14型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

14.95mmと薄いので本と同じくらいですね。
これならカバンにも嵩張らずに入れることが出来そうです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形は見えていますね。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていますね。
 光沢有りなので光の反射は若干気になることもあると思います。
 

 

キーボード&タッチパッド

キーボードはThinkPad伝統のトラックポイントの付いたキーボードです。
※トラックポイント:中央の赤い部分/この部分を操作することによりカーソル操作が可能

キータッチは管理人好みの使いやすいタッチです。

タッチパッドは普通レベルだと思います。
もっとも管理人はトラックポイントは派なのでタッチパッドはオフにして利用しますけどね。
※右横にあるのは指紋認証です。

トラックポイント拡大図

キータッチはさすがThinkPad中々良いです。

音はDOLBY ATMOS採用なのでかなり良い印象でした。

キーボード上部右上

キーボード上部左上

電源ボタン

電源ボタンは左サイドにあります。

キーボード関連カスタマイズ機能

殆どの設定はLenovo VANTAGEの中のデバイスの設定から行います。

電源の設定

ファンクションキー、ユーザー定義キーの設定

・トラックポイントの有効・無効設定

トラックポイントを利用しない場合は機能を無効にすることも可能です。

タッチパッドの有効・無効設定(こちらはWindowsの設定画面から行います。)

トラックポイントを利用する場合タッチパッドを有効にしたままだと手が誤って触れてしまい思わぬ動きをしてしまう場合があります。
なのでトラックポイントを利用する場合は思い切ってタッチパッド機能をオフにして使うのがお勧めです。

・キーボードのバックライト

キーボードはバックライトを「Fnキー+スペースキー」押下することで3段階で切り替え可能です。
通常は暗い場所で利用する場合は勿論明るい方が使いやすいのですが飛行機の中など近くに人がいる場合は光を抑えて利用することも可能です。

画面の角度

画面は普通にほぼ水平まで傾けることも出来ます。

WEBカメラ

前面にHD 720p カメラが用意されています。
本モデルはThinkShutterが付いているので意図しないタイミングでカメラに映像が流れるのを防ぐことが出来ます。
※ThinkShutterはカメラ上部のつまみをスライドさせることで開閉可能です。

カメラが使える状態

ThinkShutterでカメラを物理的に閉じた状態
※右側の穴が赤くなっている状態

ThinkShutterを閉じた状態でカメラ アプリを利用しようとするとカメラが利用できないのでこのように黒く表示されます。

AC電源

電源はコンパクトな物が採用されています。
このタイプはコンセント部分が折りたたんで収納できるともっと持ち運びしやくなるんですけどね。
※レビュー機は65Wのものが付属していましたが45Wの軽量タイプの選択も可能です。
 ただし電力が必要なアクセサリーを利用する予定の方はやはり余裕のある65Wの方が安心かもしれないですね。

出張などでよりコンパクトなAC電源が良い場合は「Lenovo 45W USB Type-C ウルトラポータブルACアダプター」を買い足して利用する手もあります。
管理人は1つ持っていてコンパクトなので非常に重宝しています。

この商品の詳細情報はこちらからご確認頂けます。
詳細情報はこちら

ThinkPad X1 Carbon(2019) 質量

本体は1,104gでしたホームページ上の数値は約1.09kg~なのでほぼ同じですね。

AC電源は295gです。

本体+AC電源では1,400gでした。

14型液晶搭載でAC電源の質量を合わせてこの軽さは凄く軽い方だと思います。
薄いですし、この軽さであればモバイル用途で活躍してくれそうです。
AC電源を軽いものを選択して利用すればさらに軽いです。

ThinkPad X1 Carbon(2019) 外観チェックのまとめ

ThinkPad X1 Carbon(2019)は14.0型UHD液晶 (3840×2160 IPS) が搭載されていて詳細で鮮やかな画像が楽しめる使いやすい印象のモバイルノートパソコンです。
さすが14型ThinkPadの最上位モデルと言えると思います。
液晶の色域も凄く良いので色が重要な写真編集やイラスト作成などでも活躍してくれそうです。

本体カラーはThinkPad伝統の落ち着いたブラックなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関してはThinkPad伝統のフルキーボードで使いやすい仕上がりとなっています。
バックライト機能も用意されているので飛行機での移動中など暗い場所での利用も可能です。

質量に関してはAC電源を含めてもかなり軽い仕上がりになっていますので大画面モバイルノートパソコンとして使えそうですね。

ThinkPad X1 Carbon(2019)は軽量・薄型で液晶も綺麗な仕上がりのモバイルノートパソコンだと思います。

 

ThinkPad X1 Carbon(2019)

価格: 309,100円~(税込)、送料無料 <12/17(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で210,188円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ThinkPad X1 Carbon(2019) パフォーマンスチェック

ThinkPad X1 Carbon(2019) 基本スペック

 

CPU:インテル Core i7-8665U プロセッサー
メモリ:16GB LPDDR3 2133MHz (オンボード)
ストレージ:512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
グラフィックス:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)

ThinkPad X1 Carbon(2019) パフォーマンスチェック

CPU::Core i7-8665U プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:512GB SSD、グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)と
なっています。

モバイルノートパソコンとしてはなかなかのスペックなのでパフォーマンスにかなり期待できると思います。

Performance Test9 による測定結果

2873点と良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックに関しては専用グラフィックを利用していないので若干低めのスコアとなっています。
その他のスコアに関しては凄く良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としては結構色々なゲームに対応出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 2830(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 3772(快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 2698(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 3719(快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:7004(とても快適)
1280×720 標準品質:7577(とても快適)

3DMARK

こちらもまずまずのスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3,037点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも3,849点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は3分24秒で現像は終了しました。

これは早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがそれほどストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

容量的には512GBで空き容量は475GBとなっていますので通常の使い方であれば余裕のあるの容量だと思います。
ただし、特別大きな動画ファイルなどを沢山保存するなどの使い方を想定する場合は上位スペックの1TBにカスタマイズを検討するのも良いと思います。

搭載されているのはWestern Digital製のSSD (PCIe NVMe/M.2)のようです。
PCIe NVMe規格ですので通常のSATA規格のSSDよりかなり早く動作してくれると思います。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい34倍以上早い結果になっています。
さすがPCIe NVMe規格のSSDですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
40秒台となっています。
これはなかなか早い数字だと思います。

1回目:00:50秒
2回目:00:48秒
3回目:00:49秒
4回目:00:58秒
5回目:00:50秒
6回目:00:50秒
7回目:00:50秒
8回目:00:50秒
9回目:00:48秒
10回目:00:49秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大39.2dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気に駆らないです。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.6
動画再生時38.2
動画エンコード39.2
ベンチマーク39.2

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で37.8度になっていました。
手で触ってみると少し温かいなという感触でした。
この位の温度であればそれほど気にする必要はないと思います。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

温度はかなり低く推移しているので通常利用する分には内部の温度上昇は気にしなくて大丈夫そうですね。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力は少ないモデルだと思います。

状態消費電力(Wat)
アイドリング9
動画再生時12
動画エンコード36
ベンチマーク29

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上、最大約18.9時間(JEITA2.0)となっています。

PCMark8(Work accelerated)でバッテリー駆動時間を測定してみました。
※ベンチマークを動かしての測定ですのでJEITA2.0での測定値よりもかなり短くなります。

ThinkPad X1 Carbon(2019) のモバイル利用

本モデルは14型モバイルノートパソコンとしては最強クラスのモデルだと思います。
ポイントとしては薄さ、軽さといった持ち運びのしやすさは勿論
モバイルノートとしては画面が大きいので使い易さも抜群です。
基本スペックも高いですし、バッテリー駆動時間も最大17.3時間と長いので外出先でも安心して使えます。
さらにカスタマイズでLTE機能も選択可能なのでWifiが届かない場所での利用にも対応可能です。

選択可能なLTEモジュールはFibocom L850-GL LTE CAT9が搭載されていて対応バンドは

LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B11/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B21/B26/B28/B29/B30/B66
LTE TDD:B38/B39/B40/B41
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8

となっています。

※詳細はこちらの公式ページからご確認ください。
http://www.fibocom.com/prod_view.aspx?TypeId=68&Id=185&FId=t3:68:3

日本の通信会社の場合

docomo系SIM:Band 1/3/19/21
au系SIM:はBand 1/18
Softbank系SIM:Band 1/3/8

に対応していれば実用上問題ないかと思いますので格安SIM(MVNO)を含めた殆どすべての通信業者に対応出来そうです。

※管理人は実際に接続テストを実施できているわけではないのでご自身で確認をお願いします。

格安SIM(MVNO)を利用すれば1,000円/月位から始められるのでかなりお得だと思います。

参考:UQモバイル 価格情報
UQ mobile

ThinkPad X1 Carbon(2019)付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Lenovo Vantage

などです。

セキュリティ

・顔認証
・指紋認証
・ThinkShutter
 搭載しているカメラを物理的なシャッターを閉じることでプライバシーを守ることができます。

  
 

LTE機能

 
LTE機能を利用するにはAPNの設定が必要です。
手順としては
・事前にSIMカードスロットにSIMを挿入します。

・設定の中の携帯電話を選択し中央付近の詳細オプションをクリックします。

 
この画面下の方のAPNの項目にスクロールします。

APNの追加をクリックします。

この画面でAPNの情報を設定します。

管理人は今回IIJmioのSIMを利用しました。

 

付属品

 
 AC電源などが付属していました。
 
 

保証関連

ThinkPad X1 Carbon(2019)は標準保証:1年間

オプションとして

・2年間 引取修理  サービス
・3年間 引取修理  サービス
・4年間 引取修理  サービス
・5年間 引取修理  サービス
・オンサイト保守
・アクシデント・ダメージ・プロテクション

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

ThinkPad X1 Carbon:プレミアム・UHD搭載 LTE対応(2019年12月17日)
型番20QECTO1WW
CPUインテル Core i7-8665U プロセッサー (1.90GHz, 8MB) vPro対応
OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイ14.0型UHD液晶 (3840×2160 IPS 500nit) 光沢あり
グラフィックスCPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
メモリー16GB LPDDR3 2133MHz (オンボード)
ストレージ512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
ネットワーク有線LAN+インテル Wireless-AC 9560 (2×2) + Bluetooth (vPro対応)+LTE
光学ドライブ未搭載
WebカメラIR & 720p HDカメラ(マイクロフォン付)
拡張インターフェイス・USB3.1 Gen 1(Powered USB)
・セキュリティ・キーホール
・USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応、電源と共用)
・USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応)
・イーサネット拡張コネクター2
・USB3.1 Gen 1
・HDMI
・マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
・SIM カードスロット(nanoSIM対応、LTE非対応のモデルにSIMカードを挿入しても機能しません。)
バッテリー駆動時間最大 約18.9時間(JEITA2.0)
本体サイズ(mm)約 323x217x14.95mm
本体質量約1.09kg~
認証(Windows Hello)指紋認証、顔認証
保証1年間
オフィスソフトなし
主な付属品AC電源など
販売価格379,500円~(税込)、送料無料

ThinkPad X1 Carbon(2019)のレビューまとめ

ThinkPad X1 Carbon(2019)のお勧めポイント

  • 軽量・薄型でバッテリー駆動時間も長いのでモバイルノートとして活躍してくれる
  • 基本スペックが高いので快適に使える
  • 液晶が詳細で綺麗なので写真編集などの色が大事な用途にも使える
  • 顔認証・指紋認証やThinkShutterも用意されていてセキュリティにも安心

ThinkPad X1 Carbon(2019)の気になる点

特になし

管理人の総評

ThinkPad X1 Carbon(2019)は14.0型UHD液晶 (3840×2160 IPS) 光沢あり搭載の詳細な画像を楽しめるモデルです。
軽量・薄型で基本スペックも高く、バッテリー駆動時間も長いのでモバイルノートとしても活躍してくれると思います。
セキュリティ面でも安心なのでビジネス用途でも活躍してくれると思います。

価格的には21万円台からとなっていて少し高めですがそれだけの価値があるモデルではないかと思います。

ThinkPad X1 Carbon(2019)の特徴はLTEも使えてセキュリティも安心でハイパフォーマンスを期待できる点です。

本格派なモバイルノートパソコンを快適に使いたい方に是非お勧めしたいモデルです。

ThinkPad X1 Carbon(2019)

価格: 309,100円~(税込)、送料無料 <12/17(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で210,188円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました