日本HP様のご厚意で【2018年6月発表】HP ENVY x360 15-cn0000のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP ENVY x360 15-cn0000は15型の大画面で360度を実現した2in1タブレットPCです。
スペック的にもパワフルで2.1kgと軽量なのでモバイル利用も可能な使い勝手の良い1台に仕上がっていると思います。

まずはHP ENVY x360 15-cn0000の特徴から

この15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチ液晶搭載の大画面タブレットPCです。

ボディはナチュラルシルバーの落ち着いたカラーなので利用する場所の雰囲気を壊さずにインテリアとしても使えます。

スペック的にはCPUにインテル® Core™ i5-8250U プロセッサー、メモリ:8GB、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)、ストレージ:1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)を搭載しているパワフルなノートパソコンです。

Contents

HP ENVY x360 15-cn0000 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP ENVY x360 15-cn0000のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:8GB (8GB×1) DDR4-2400MHz (最大8GB)
ディスプレイ: 15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
ストレージ:’1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き

※ラインナップとしてCPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサ搭載モデルも用意されています。

 

HP ENVY x360 15-cn0000

価格:106,800円~(税抜)+送料<9/4(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならキャンペーン適用で102,000円~(税抜)+送料

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されていますので上記キャンペーン価格をさらにお得に購入できます。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP ENVY x360 15-cn0000 外観チェック

HP ENVY x360 15-cn0000の外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

HP ENVY x360 15-cn0000はフルHD・IPSなので詳細で綺麗な印象の画面です。
視野も広いですね。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

HP ENVY x360 15-cn0000はsRGBで62%、adobeRGBで47%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので少し低い数字です。
実際に見た感じはさっきも書きましたけど綺麗という印象だったんですけどね。
そうは言っても数字的には低いので厳密な色の再生が必要な用途には向かないと思います。

 

本体の外観

<<HP ENVY x360 15-cn0000 正面>>

<<右側面>>

USBに関しては最新のType-Cにも対応しているので良いですね。

・音量ボタン
・指紋認証センサー
・USB Type-C™ 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
・USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
・HDMI 2.0 出力端子

<<左側面>>

・電源コネクタ
・USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
・電源ボタン
・ヘッドフォン出力/ マイク入力コンボポート
・SDカードスロット

※SDカードは完全に挿入するとでっぱりは無くなります。

<<背面>>

結構手が込んだデザインになっています。

<<上から>>

15.6インチワイドですのでA4よりは大きいですね。
※白い紙はA4コピー用紙です。

<<裏面>>

<<高さ>>

33(最薄部)-36.5(最厚部)mmですので本とほぼ同じくらいですね。

電源スイッチ

電源スイッチは左側です。

ヒンジもしっかりした作りです。
BANG&OLUFSENのマークも。。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形ははっきり見えていますね。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていません。

 

キーボード&タッチパッド

テンキー付きの違和感のない配置で使いやすいキーボードだと思いますが

タッチパッドも割と使いやすかったです。

付属のペン

こちらも書きやすかったですね。

HP ENVY x360 15-cn0000 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は2,105gでホームページ上の値約 2.11kgと同じです。

AC電源は284gと軽量です。

本体+AC電源だと2,390gとなります。
15.6型としてはかなりの軽量ですよね。

 

AC電源

かなりコンパクトな仕上がりとなっています。

HP ENVY x360 15-cn0000 外見チェックのまとめ

HP ENVY x360 15-cn0000は15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイが発色も良くキレイな印象のタブレットPCです。
色の再生に関してはあまりスコアが高くないので厳密な色の再生が必要な用途には向かないと思います。

本体のデザインも落ち着いたカラーでワンランク上の仕上がりになっています。

キーボードに関しては違和感のない配置で使いやすい形になっている形になっていると思います。

HP ENVY x360 15-cn0000は大画面で持ち運び可能なタブレットPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

 

HP ENVY x360 15-cn0000 パフォーマンスチェック

HP ENVY x360 15-cn0000  基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
メモリ:8GB (8GB×1) DDR4-2400MHz (最大8GB)
ストレージ:1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

HP ENVY x360 15-cn0000 パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー 、メモリ:8GB、ストレージ:1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB)、グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

なので基本スペックはかなり高いと思います。
特に注目はストレージのキャッシュ用のメモリー「インテル® Optane™ メモリー」がどこまでパフォーマンスを発揮できるかですね 。

WINSCOREによる測定結果

かなり良いスコアですね。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム用として本モデルを購入される方は少ないと思いますが参考用にベンチマークのスコアを取得しておきます。
結論だけ先に書いておきますと特に重いゲームを除いて現在発売されている多くのゲームを遊ぶことが出来ると思います。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

フルHD・最高品質でも軽々ですね。

1280×720 高品質ノートPC: 2269(普通)
1280×720 標準品質ノートPC: 3003(やや快適)

ドラゴンクエスト

数字が最高品質と標準品質で逆転しています。
多分速すぎて旨く計れない感じですね。

1280×720 最高品質:6270(快適)
1280×720 標準品質:6749(快適)

3DMARK

普通レベルのスコアです。

Sky Diverによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

PCmark 8による測定結果

3000点を超える良いスコアなのでかなり快適に使えると思います。

ビジネス用のベンチマークで4499点を超えるスコアなので快適に使えると思います。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は4分19秒で現像は終了しました。
まあまあ早いです。

Photshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

レビュー機にはHDD:Seagate製の物が搭載されています。
※今後変更になる可能性も有ります。

Crystal Diskmarkによる測定です。

さすがNVMeのSSD早いですね。
間違ってしまった。
本モデルはHDD搭載機だった。
でもスコア的に見るとNVMeのSSD並みのスコアが出ている。
インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)恐るべしです。
但し先に行ったベンチマークではそれほど威力を発揮していない場合も有るので
当然ながらキャッシュが生きれば凄く早いですし生きなければそれほどでもないという結果になりそうです。
このスコアだとSATA接続のSSDの倍の速度なので普通に使う場合もかなり速度は期待できるのではと思っています。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも速いですね。
この速度ならカメラの写真の取り込みも素早く出来そうです。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
全て40秒前後となっています。
これSATA接続のSSDよりもいいスコアなので、正直速すぎ!の感も有りますが本当です。

1回目:00:40秒
2回目:00:41秒
3回目:00:40秒
4回目:00:41秒
5回目:00:42秒
6回目:00:43秒
7回目:00:40秒
8回目:00:40秒
9回目:00:41秒
10回目:00:40秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大57.5dbでした。

騒音の目安としては「静かな事務所」レベルより少し音が大きい位です。

耳で聞いた感じですとかすかにファンの音がしていました。

状態 騒音量(db)
アイドリング 40.1
動画再生時 40.1
動画エンコード 57.5
ベンチマーク 56.5

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で39.9度になっていました。
この位の温度であればあまり気にする必要はないと思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
ベンチマーク時でもそんなに消費電力は多くないですね。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 12
動画再生時 12
動画エンコード 37
ベンチマーク 40

 
ホームページ上のバッテリー駆動時間は最大約10時間(MobileMark® 2014)となっています。

HP ENVY x360 15-cn0000スタンダードモデル(2018年9月4日時点)
型番 15-cn0004TU
CPU インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー (1.60GHz-3.40GHz, スマートキャッシュ 6MB)
OS Windows 10 Home (64bit)
ディスプレイ 15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080 / 最大1677万色 )
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
メモリー 8GB (8GB×1) DDR4-2400MHz (最大8GB)
ストレージ 1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
拡張インターフェイス ・HDMI 2.0 出力端子×1
・USB3.1 Gen1 ×2 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、
・USB Type-C™ 3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・音量調整ボタン付き
・SDカードスロット
バッテリー駆動時間 約10時間 /MobileMark® 2014
本体サイズ 約 359×245×19(最薄部)- 20(最厚部)mm
本体質量 約 2.11 kg
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
販売価格 106,800円(税抜)+送料

HP ENVY x360 15-cn0000 付属ソフトチェック

付属しているソフトは

OMEN Command Center

システムやネットワークの状況を確認できます。

HP Support Assistant

リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)

電子マニュアル

などです。

セキュリティ

・指紋認証センサー
・マカフィー®リブセーフ (30日版)

保証関連

HP ENVY x360 15-cn0000は標準保証:1年間引き取り修理サービス

オプションとして

・2年間引き取り修理サービス
・3年間引き取り修理サービス
・3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス 
・3年間出張修理サービス 

などが用意されています。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>公式ページ PC標準保証
icon

HP ENVY x360 15-cn0000のレビューまとめ

HP ENVY x360 15-cn0000のお勧めポイント

  • CPU:第8世代Core i5,メモリ:8GBなので基本パフォーマンスに期待が出来る。
  • 360度回転可能なタブレットPCなので状況に合わせて使え使い勝手が良い
  • 高級感あふれるフォルムなので持っているだけで満足感がある

HP ENVY x360 15-cn0000の気になる点

特になし

管理人の総評

HP ENVY x360 15-cn0000は高級感があふれるフォルムで高高級感があって所有欲を満たしてくれるモデルです。
しかも15型ではかなり軽量な約2.11kgでAC電源もコンパクトなので外出先でも利用可能な今注目の大画面モバイルタブレットPCです。

スペック的にはCPU:第8世代Core i5,メモリ:8GB、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620搭載でストレージは1TB ハードドライブ (7200回転)+インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)なので起動も早くてかなりハイパフォーマンスなモデルだと思います。
HDDは通常ノートパソコンは5400回転の物を搭載しているのですが本モデルはデスクトップと同じ7200回転のものが搭載されているので通常よりは当然早いのですが、先にも書きましたがインテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)の威力は凄まじいです。
※CrystalDiskベンチマークのスコアではSSDと同等のスコアが出ています。

画面も15.6インチワイド・フルHD・IPS詳細で綺麗な画面を楽しめます。

実はHP ENVY x360 15-cn0000シリーズには3つのモデルが用意されていて大きな違いは
搭載されているCPU、ストレージの違いです。

・スタンダードモデル(レビュー機)
CPU:インテル® Core™ i5-8250U
メモリ:8GB
ストレージ:16GB Optane メモリ+1TB ハードドライブ(7,200回転)

・スタンダードプラスモデル
CPU:インテル® Core™ i5-8250U
メモリ:8/16GB
ストレージ:256GB SSD(PCle NVMe M2)+1TB ハードドライブ(7,200回転)

・パフォーマンスモデル
CPU:インテル® Core™ i7-8550U
メモリ:8GB/16GB
ストレージ:256GB SSD(PCle NVMe M2)+1TB ハードドライブ(7,200回転)

選び方としては
CPUに関しては第8世代のCore i5はかなり優秀なので通常の使い方であればこれで十分だと思います。
ストレージに関しては本記事に記載した通り16GB Optane メモリはかなり優秀ですがお財布が許すのであればやはりSSD+HDDのデュアルストレージ搭載モデルを選びたいです。
勿論コストを優先するという選択も有ると思います。

当サイトのお勧め構成は

・スタンダードプラスモデル
CPU:インテル® Core™ i5-8250U
メモリ:8GB
ストレージ:256GB SSD(PCle NVMe M2)+1TB ハードドライブ(7,200回転)

です。

HP ENVY x360 15-cn0000は2in1タイプで大画面モバイルを楽しめるノートパソコンをお得に購入したい方にお勧めの強力なモデルです。

HP ENVY x360 15-cn0000

価格:219,800円~(税抜)+送料<9/3(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまなら必殺!Gaming祭!キャンペーン適用で187,980円~(税抜)+送料

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されていますので上記キャンペーン価格をさらにお得に購入できます。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の最新情報はこちらから確認できます。

スポンサーリンク