MacBook Pro 13インチ(2019)実機レビュー Touch Bar搭載

スポンサーリンク

最初に結論を書いておきますとMacBook Pro 13インチ(2019)はAppleの人気ノートPCだけあってエレガントな仕上がりのモデルです。
全モデルにTouch Barが搭載されていて一歩進んだ使い方が出来るモデルに仕上がっています。

今回のレビューはWindows使いの管理人が初めてMacのレビューを行います。
Mac使いの方には怒られるかもしれませんがご容赦を!

管理人昔会社でMacを使っていて爆弾三連発を食らってそれ以来トラウマになっていて正直Macを避けて来ました。
まあ何故かiPhoneは使っていますけどね。(笑)
なので知識不足でレビュー視点が足りていないかもしれませんがご容赦を。

スポンサーリンク

まずはMacBook Pro 13インチ(2019)の特徴から

このMacBook Pro 13インチ(2019)はCPUに第8世代インテル Core iシリーズを搭載したスタイリッシュなノートPCです。
質量は1.37kgと最近のモバイルノートPCとしては標準的ですが14.9mmと凄く薄いのでカバンに入れての持ち運びには便利のモデルです。

カラーはスペースグレイ、シルバーが用意されています。

MacBook Pro 13インチ(2019)のお勧めの使い方

ポイント!MacBook Pro 13インチ(2019)
 

  •  モバイル用ノートパソコンとして
    薄型・軽量なので持ち運びに便利です
  •  メインのノートパソコンとして
    意外にパフォーマンスは高いのでメインのパソコンとしても使える

MacBook Pro 13インチ(2019) レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うMacBook Pro 13インチ(2019)のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:AMD Ryzen™ 5 3500U
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:13.3型 Retinaディスプレイ(2,560 x 1,600)
メモリ:8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
ストレージ:SSD 256GB
グラフィック:Intel Iris Plus Graphics 645
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 5.0

 

MacBook Pro 13インチ(2019)

価格: 139,800円~(税抜)+送料 <2/12(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

アマゾン・楽天で確認される方はこちらから

MacBook Pro 13インチ(2019)外観チェック

MacBook Pro 13インチ(2019)の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはスペースグレイ、シルバーの2色が用意されています。


※写真はシルバー

液晶画面

画面の解像度はRetinaディスプレイ (2,560×1,600) となっています。

<<正面>>

13.3型ですがさすがRetinaディスプレイ、綺麗という印象ですね。
視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

MacBook Pro 13インチ(2019)はsRGBで100%、adobeRGBで86%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり高い数字となっています。

色にこだわる方も満足できそうな仕上がりだと思います。

※sRGB
※adobeRGB

 

本体の外観

<<MacBook Pro 13インチ(2019) 正面>>

MacBook Pro 13インチ(2019)はThunderbolt 3(USB-C)×2が用意されていますので最新のアクセサリを活用することが出来ると思います。
※1つは電源接続用として利用
ただし、通常のUSBは用意されていませんので従来型のUSBを利用する場合は変換コネクタやドックを用意する必要があります。
※モデルにより4つ用意されているモデルもあります。

SDカードスロットも用意されていないシンプルな構成なので外部機器の接続を検討する場合は注意が必要という印象を受けました。

実際今回のレビュー時に利用した変換コネクタはUSBポートの位置が近いので物理的に干渉して電源と同時に刺すことは出来ませんでした。

<<右側面>>

・ヘッドフォン
※Thunderbolt 3(USB-C)x 4の構成の場合はこちら面にも2つ用意されます。

<<左側面>>

・Thunderbolt 3(USB-C)x 2

<<背面>>

<<上から>>

14型ですのでA4ノートよりも少し大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

14.9mmなので本よりも薄いですねね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

人形は見えていないですね。

・電源を入れているとき

人形は見えていないですね。

キーボード&タッチパッド

好みが分かれる気がしますがTouch Barが付属した一歩進んだキーボードです。

キータッチは若干軽いという印象です。
勿論好みだと思いますが管理人的にはもう少ししっかりキータッチが出来た方が使いやすいですね。

キーボード上部に表示されているのがTouch Barです。
利用しているアプリケーションにより利用できる機能が自動的に切り替わります。

別のアプリでの表示

タッチパッドは普通レベルだと思います。
というか評判の高いタッチパッドなので管理人がジェスチャを使いこなせていないだけという話も有ります。

電源ボタン

電源は右上部にあります。

キーボード 右上部
※赤枠部分が電源ボタン兼用

キーボード 左上部

画面の角度

傾斜は最大でここまで可能です。
この位まで傾斜できれば普通に使う分には大丈夫だと思います。

WEBカメラ

720p FaceTime HDカメラ

AC電源

前から気になっていたんですけどMacBookの電源は少し大きいんですよね。
もう少しコンパクトであれば良いのにという気がします。
容量的には61wなのでもっとコンパクトに出来ると思うんですけどね。

参考までにこちらの充電器であればかなりコンパクトです。
管理人も外出時には常用しています。

MacBook Pro 13インチ(2019) 質量

本体は1,362gでしたホームページ上の数値は約1.37kgなのでほぼ同じですね。

AC電源は261gです。

本体+AC電源では1,623gでした。

AC電源がもう少し軽ければという印象ですね。

MacBook Pro 13インチ(2019) 外観チェックのまとめ

MacBook Pro 13インチ(2019)は13.3型Retinaディスプレイ液晶搭載の薄型のノートパソコンです。
液晶の色域も高めなので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも使えそうですね。

本体カラーはApple定番と言っても良いスペースグレイとシルバーが用意されています。

キーボードに関しては一歩進んだ仕上がりとなっています。

質量に関しては本体は軽量ですがAC電源が若干重めなので通常持ち歩く本体+AC電源としては普通レベルの軽さになっています。

MacBook Pro 13インチ(2019)は綺麗な液晶が印象的な仕上がりのモデルだと思います。

 

MacBook Pro 13インチ(2019)

価格: 139,800円~(税抜)+送料 <2/12(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

アマゾン・楽天で確認される方はこちらから

MacBook Pro 13インチ(2019) パフォーマンスチェック

MacBook Pro 13インチ(2019) 基本スペック

 

CPU:Intel Core i5(1.4GHz)
メモリ::8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
ストレージ:SSD 256GB
グラフィックス:Intel Iris Plus Graphics 645

MacBook Pro 13インチ(2019) パフォーマンスチェック

CPU::Intel Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:SSD 256GB、グラフィック:Intel Iris Plus Graphics 645となっています。

標準的なノートPCのスペックとも言えますがどの程度のパフォーマンスなのか注目ですね。

CINEBENCHによる測定結果

CPUの性能を計るベンチマークです。

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのベンチマークを測定してみました。
結果としては軽めのゲームで有ればかなり多くのゲームを遊ぶことが出来そうです。

Geekbench 5

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分09秒で現像は終了しました。

これはかなり早めのレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に操作出来ました。

ストレージ情報

構成的にはSSD 256GBとなっています。
※空き容量は初期状態ではありません。

Mac版Crystal Diskmarkとも言える、AmorphousDiskMarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい23倍以上早い結果になっています。

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(iMovieで出力)
・ベンチマーク時(Geekbench 5を20分間繰り返し実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大38.3dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていてもMacBook Proからは音を聞き取れませんでした。

状態騒音量(db)
アイドリング38.2
動画再生時38.3
動画エンコード38.3
ベンチマーク38.2

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で34.2度になっていました。
この位の温度であれば気にする必要はないと思います。
ただ夏場は当然室温が高いのでもう少し温度は上がると思います。

※サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

内部温度はエンコード時やベンチマーク時は少し高めになっています。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
電力消費はエンコード時は少し多めですが他は概ね少ないですね。

状態消費電力(Wat)
アイドリング6
動画再生時7
動画エンコード40
ベンチマーク21

バッテリー駆動時間

バッテリーは58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

・最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
・最大10時間のiTunesムービー再生
・最大30日のスタンバイ時間

実際に当サイトで用意したFHDの動画をiTunesでムービー再生したところ6時間57分でバッテリー切れになりました。
カタログ上の数字よりは短いですが結構長く持った印象です。
※時間の違いは実行環境の設定の違いがあると思われます、今回は画面の明るさ等はデフォルトのまま実行しています。

起動時間計測

電源ボタンを押下してからユーザー、パスワードを入力する画面が表示されるまでの時間を10回計測しました。

結果としては平均は約21秒でした。
※手動計測です。

結構早いですよね。

オーディオ

ハイデフィニション・オーディオが搭載されています。

「Audio Frequency Analyzer」というアプリで音域を測定して見ました。

※本モデル搭載スピーカー

※管理人が常用しているスピーカー「ELEGIANT 高音質 大音量 小型 重低音 ホームシアター ステレオ サウンドバー」

両方を比べてみると本モデル搭載のスピーカーは低音域までバランスよく再生されていると思います。
実際に聞いていても音は良いなという印象でした。

MacBook Pro 13インチ(2019)付属ソフトチェック

付属しているソフトは
・iMovie(動画編集)
・Pgaes(ワープロ)
・Numbers(表計算)
・マップ

など他にも沢山利用可能です。

特に音声アシスタントのSiriが使えるのは有難いという人も多いかもしれないですね。

あと気になっは点としては
例えばAPPStoreにアクセスするアカウントは切り替え可能なのですが最初にアクセスしたアカウントを次回サインイン時に初期値として表示するようで今後別のアカウントで運用したい場合に初期値の変更が出来ません。
例えばお子さんに譲る場合アカウントを分けて運用すると初期化を行うなどの処理をしないといつまでの前のアカウントが表示されるということが起こったしまいます。
この辺りは少し行き届いていない感じを受けました。

今回のOSなどの環境は以下の通りです。

セキュリティ

・Touch ID (指紋認証)

付属品

61W USB-C電源アダプタ、USB-C充電ケーブル(2 m)など

保証関連

1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償テクニカル サポート

MacBook Pro(2019)13インチ(2020年2月5日時点)
型番MacBook Pro(2019)13インチ
CPUIntel Core i5(1.4GHz)/Intel Core i7(1.7GHz)/Intel Core i5(2.4GHz)/Intel Core i7(2.8GHz)
OSmacOS Catalina
ディスプレイRetinaディスプレイ

IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi、数百万色以上対応

グラフィックスIntel Iris Plus Graphics 645/Intel Iris Plus Graphics 655
メモリー8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
ストレージ128GB SSD~(最大2TB)
ネットワークEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 5.0
光学ドライブ未搭載
Webカメラ720p FaceTime HDカメラ
拡張インターフェイス・Thunderbolt 3(USB-C)x 2(若しくは4)
・ヘッドフォン
バッテリー駆動時間最大10時間のiTunesムービー再生
本体サイズ(mm)304.1 x 212.4 x 14.9
本体質量1.37 kg
認証1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償テクニカル
サポート
保証なし
ソフト(Officeなど)なし
主な付属品61W USB-C電源アダプタ、USB-C充電ケーブル(2 m)
販売価格139,800円(税抜)、送料無料

MacBook Pro 13インチ(2019)のレビューまとめ

MacBook Pro 13インチ(2019)のお勧めポイント

  • やはりMacというブランド力が高い
  • バッテリー駆動時間が長いのでモバイルで活躍してくれそう
  • Retinaディスプレイが綺麗

MacBook Pro 13インチ(2019)の気になる点

AC電源が大き目で嵩張る。

管理人の総評

MacBook Pro 13インチ(2019)は13.3型Retinaディスプレイ搭載のノートPCです。
やはりMacというブランド力は高いので人気ですよね。
実際にデザインもオシャレなので所有感を満たしてくれると思います。

パフォーマンス的にはCore i5搭載なので標準ノートPCという感覚だと思います。
もちろんオフィス ソフトなどの利用や写真加工などにも対応できるので一般的なスペックとしては十分だと思います。
※メモリを多く消費する使い方の場合は標準の8GBから16GBへカスタマイズされることをお勧めします。

ストレージは標準だと128GBですのでカスタマイズでアップグレードされることをもお勧めします。

価格的には139,800円~となっていてWindows PCと比べるとやはり割高感は否めないです。
レビュー機の価格は159,800円です。
※Apple Store価格 2/12時点

参考:
メモリ:8GB⇒16GB +22,000円
SSD:128GB⇒512GB + 42,000円

やはりAppleブランドは人気なので値引きが少ないですよね。

MacBook Pro 13インチ(2019)の綺麗な液晶搭載でバッテリー持ちの良いノートパソコンPCを手に入れたい方にお勧めのモデルです。

MacBook Pro 13インチ(2019)

価格: 139,800円~(税抜)+送料 <2/12(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

アマゾン・楽天で確認される方はこちらから

タイトルとURLをコピーしました