今回ご紹介するのはLenovoの新製品ThinkPad E590です。

いや~このシリーズもついに590まで来たんですね。
来年はどうなるだろう?600.。。それは別シリーズか。。
まあその予想は管理人には難しいので現在既に発売中のThinkPad E590について見ていきたいと思います。
今回は既に発注済みですけどまだまだ手元に届くには時間が掛かりそうなので、公表されている情報を中心に見ていきます。
表題の買いなのか?問題は既に管理人注文しているのでご理解ください。(笑)

ThinkPad E5XXシリーズはThinkPadシリーズのスダンダード ノートパソコンで最もよく売れている一台だと思います。

管理人も普通のノート パソコンが必要な方にはまず初めにお勧めするモデルです。

前モデルの実機レビューはこちらからご覧頂けます。
ThinkPad E580 新色シルバーも映える 大画面モバイル 実機レビュー

ではまず初めに前モデルとの比較を見てみましょう。

大きく変わっている点は
・CPUがThinkPad E580の場合だ7世代の物もありましたがThinkPad E590は全て第8世代となっている。
・バッテリー駆動時間が13.0時間⇒14.3時間と若干長くなっている点があげられます。
また表情には記載できていませんが
USB 3.1 Gen1 Type-CがVideo-out 機能付きになっています。
※Thunderbolt 3とは記載がないので外部GPUは使えないと思われます。

となっています。

質量、サイズ等は変更がないので見た目上はほぼ変わらないと思われます。

※ThinkPad E590 VS E580簡易比較表

機種名 ThinkPad E590 ThinkPad E580
画面 15.6型 FHD IPS 液晶、15.6型 HD TN 液晶
CPU 第8世代Core™ 第8世代、第7世代 Core™
OS Windows 10 Pro 64bit その他
メモリ 最大32GB (PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM)
グラフィック UHD グラフィックス 620、AMD Radeon™ RX 550
ストレージ SSD/HDD/HDD +Intel® Optane™ メモリー SSD/HDD
ネットワーク 有線LAN+インテル Wireless-AC 9260 (選択可) + Bluetooth
バッテリ
駆動時間
最大 約14.3時間 最大 約13.0時間
質量 約2.1kg~
サイズ(mm) 約 369 x 252 x 19.95mm
カラー ブラック/シルバー
価格 76,032円~ 61,344円~

ではThinkPad E590の具体的なスペック情報を見てみましょう!!

モデルの特徴

ThinkPad E590は最新の第8世代CPUを搭載したスタンダード ノートパソコンです。

15.6型の液晶ですが質量は約2.1kgとこのタイとしてはかなり軽めなので大画面モバイルノートパソコンとしても使うことが出来ると思います。
スペックの選択もCore i3~i7まで必要に応じて選ぶことが出来るのでコストパフォーマンス的にも優れていると思います。

ThinkPad E590のお勧めの使い方

ThinkPad E590のお勧めの使い方はやはりオフィスでの利用です。
スペックも余裕を持って選ぶことが出来ますし、画面も15.6型と大きめなのでワークスペースも広く使いやすいと思います。

しかも約2.1kgとこのタイとしてはかなり軽量なので会議室への持ち運びや必要に応じての外出先への持ち出しなどの用途へも十分に対応できる点も◎だと思います。

ThinkPad E590のデザイン

ThinkPad E590はThinkPad伝統のデザインなので使う場所を選ばずに使えるので安心です。
カラーは落ち着いたブラックとシルバーが用意されています。

また大きさは

15.6インチ(タッチ非対応):

約 369 x 252 x 19.95mm

最小質量:約2.1kg~

となります。

ThinkPad E590の基本スペック

CPU:第8世代インテル®Core™ プロセッサー
OS:Windows 10 Pro 64ビット(他エディション選択可能)
液晶:LED バックライト付15.6型 FHD IPS 液晶 (1920 x 1080)、光沢なし
   LED バックライト付15.6型 HD TN 液晶 (1366 x 768)、光沢なし

メモリ:最大32GB (PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM)
ストレージ:SSD/HDD/HDD +Intel® Optane™ メモリー
グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
       AMD Radeon™ RX 550グラフィクス

ThinkPad E590のパフォーマンス

OSはWindows 10 64bitです。

CPUは第8世代インテル®Core™ プロセッサーを搭載していて
※Core i3~i7選択可能

メモリに最大32GBを搭載可能、
  グラフィックはオプションでAMD Radeon™ RX 550グラフィクスを選択することも可能です。

パフォーマンス的にはインターネットやオフィスソフトの利用は勿論さらに重い画像処理などへも対応可能です。

ThinkPad E590のモバイル利用

先ほども書きましたが質量が2.1kgとこのクラスのモデルとしては軽量なので
いつも持ち歩くという使い方にはさすがに向きませんが必要に応じて外に持ち出すという使い方であれば十分に対応可能だと思います。

バッテリー駆動時間に関しても最大 約14.3時間と長いので安心して持ち出せると思います。

ThinkPad E590のストレージ

ストレージの選択肢はSSD/HDD/HDD +Intel® Optane™ メモリーから選ぶ形になります。

構成的にはM.2のSSDとHDDのデュアル構成が可能なようです。
※現在販売されているモデルはM.2のSSDが必須となっています。
お勧めの構成はやはりSSD+HDDデュアル構成ですね。
素早い起動と大容量の確保を比較的安価に実現することが出来ます。

光学ドライブは未搭載ですので利用したい場合は外付けのドライブを利用することになります。

大体5,000円程度で購入できますのでほかのパソコンで使えるメリットもありますし別に購入しても良いかもしれませんね。

ThinkPad E590の拡張インターフェイス

拡張インターフェイスに関しては

  • HDMI x 1
  • RJ-45 x 1
  • マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  • USB 3.1 Gen1 Type-C x 1(Video-out 機能付き)
  • USB 3.1 Gen1 x 2(内、Powered USB x 1)
  • USB 2.0 x 1
  • microSDメディアカードリーダー

となっています。

ほぼ前モデルのThinkPad E580と同じで通常ノートパソコンとして必要なポート類はほの揃っている印象です。
USB 3.1 Gen1 Type-Cに関してはThinkPad E580とは異なりVideo-out 機能付きとなっています。
AC電源もこのUSB 3.1 Gen1 Type-Cに接続することになるのでもしVideo-out 機能を利用する場合はUSBドッキングステーションを用意することになると思います。

またThinkPad E580からVGA出力が本体からは廃止されているので必要な場合はUSBドッキングステーションを購入して対応するのが良いと思います。

ThinkPad E590

価格: 95,040円(税込)~、送料無料 <1/16(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で76,032円(税込)~、送料無料!/

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

ThinkPad E590 (2019年1月16日)
型番 ThinkPad E590
CPU 第8世代インテル®Core™ プロセッサー
OS Windows 10 Pro 64bit
その他のエディション選択可能
ディスプレイ LED バックライト付15.6型 FHD IPS 液晶 (1920 x 1080)、光沢なし
LED バックライト付15.6型 HD TN 液晶 (1366 x 768)、光沢なし
グラフィックス CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
AMD Radeon™ RX 550グラフィクス
メモリー 最大32GB (PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM)
ストレージ SSD/HDD/HDD +Intel® Optane™ メモリー
ネットワーク 有線LAN+インテル Wireless-AC 9260 (選択可) + Bluetooth
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ HD 720p カメラ
拡張インターフェイス ・HDMI x 1
・RJ-45 x 1
・マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
・USB 3.1 Gen1 Type-C x 1(Video-out 機能付き)
・USB 3.1 Gen1 x 2(内、Powered USB x 1)
・USB 2.0 x 1
・microSDメディアカードリーダー
・有線LAN
バッテリー駆動時間 最大 約14.3時間/JEITA2.0
本体サイズ(mm) 約 369 x 252 x 19.95mm
本体質量 約2.1kg~
認証(Windows Hello) 指紋認証(オプション)
保証 1年間 送付修理 メーカーへの送付・梱包料はお客様負担
オフィスソフト なし
主な付属品 AC電源など
販売価格 76,032円(税込)~、送料無料

ThinkPad E590のまとめ

このモデルのお勧めポイント

  • ThinkPadの伝統が受け継がれていて使いやすい
  • 用途に合わせてスペックをカスタマイズ出来るのでコストパフォーマンスが良い
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる

気になる点

特になし

管理人の総評

管理人、実は冒頭にも書きましたけどThinkPad E590を発注してしまいました。

どこが良いかというと売れているモデルだけあってこなれているんですよね。
管理人が考える普通に使えるを実現してくれるのでつい買ってしまっています。

でもこのモデル実は色々カスタマイズ出来るのでどう購入すれば良いのか難しいモデルでもあります。

管理人なりの選び方を考えると

・マイクロソフト オフィスなどビジネス用のソフトを主に使う方。
  液晶:HD TN CPU:Core i3 メモリ:8GB

・ビジネス用ソフト中心だけど多少画像処理系のソフトも使うという方
 液晶:FHD IPS CPU:Core i5 メモリ:8GB

・結構画像処理系のソフトなど重いソフトも使うという方
 液晶:FHD IPS CPU:Core i7 メモリ:16GB +グラフィック:AMD Radeon™ RX 550

というのが基本だと思います。

ストレージに関しては

SSDが必須になっていますのでコストを抑えるのであればHDDを追加して容量の確保をするのが良いと思います。

で実際の管理人が選んだのは
液晶:FHD IPS CPU:Core i3 メモリ:8GB+グラフィック:AMD Radeon™ RX 550
ストレージ:SSD 128GB
です。

標準と変えている理由は液晶に関してはFHDで画面を広く使いたいという事です。
あとIPSの方がやはり見易いですしね。
グラフィック:AMD Radeon™ RX 550に関しては完全に興味本位でどの程度速度が出るのか試すためです。
メモリやストレージを最小構成にしているのは単純にあとで保証外のカスタマイズを行う予定なので費用を抑えたかったという事です。

ごめんなさい私の選んだ結果をあまり参考にならないと思いますがご了承くださいね。

ThinkPad E590

価格: 95,040円(税込)~、送料無料 <1/16(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で76,032円(税込)~、送料無料!/

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

スポンサーリンク