マイクロソフト様のご厚意でSurface Book2(13.5インチ)のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。

 

実は先日Surface Book2(15 インチ )のレビューもさせて頂いていて内容的に重複する部分が有ると思いますので今回は使ってみての違いを織り込みながらレビューをさせて頂きたいと思います。

パワフルなタブレット Surface Book2(15 インチ )実機レビュー

両モデルの違いついては勿論サイズの違いが一番大きいのですがその他にも選択できるCPUやメモリなどに違いが有ります。
一言で言うと15インチはパワー型、13.5インチはバランス型と言えると思います。

Surface Book2簡易比較表

Surface Book2 13.5インチ 15 インチ
CPU 第7世代 Core i5-7300U
第8世代 Core i5-8650U
第8世代 Core i7-8650U
第8世代 Core i7-8650U
メモリ 8GB/16GB 16GB
グラフィック GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060
ストレージ 256GB/512GB/1TB 256GB/512GB/1TB
大きさ(mm) i5: 312x232x13~23
i7:312x232x15~23
343x251x15~23
質量 Core i5:1534g 以上
Core i7:1642g 以上
1905g

※13.5インチは組み合わせより選べる項目が限定されます。

最初に結論を書いておきますとSurface Book2(13.5インチ)はコンパクトなボディにパワフルなスペックを搭載した強力な2in1 タブレットPCです。

特にRAW現像や写真・動画の編集などにも使えるセパレートタイプのお勧め2in1 タブレットPCです。

まずはSurface Book2(13.5インチ)の特徴から

このSurface Book2(13.5インチ)は13.5 インチ PixelSense™ ディスプレイ 解像度: 3000 x 2000 (267 PPI) 液晶搭載です。

スペック的にはCPUに最新のCore™ i7-8650Uを選択可能でメモリも最大16GBまで搭載可能です。ストレージは256GB~1TB
から選択可能ですので強力なパートナーとなってくれると思います。

Surface Book2(13.5インチ) レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うSurface Book2(13.5インチ)のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU: 第 8 世代 Intel® Core™ i7-8650U
OS:Windows 10 Pro
メモリー:8 GB RAM 1866 Mhz LPDDR3
ディスプレイ:13.5 インチ PixelSense™ ディスプレイ 解像度: 3000 x 2000 (267 PPI)
グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1060 discrete GPU 6 GB GDDR5
ストレージ:SSD 256 GB
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換+Bluetooth 4.1 +Xbox ワイヤレス搭載

 

 

Surface Book2(13.5インチ)

価格:200,664 円 ~(税込)、送料無料<4/22(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Surface Book2(13.5インチ)外観チェック

Surface Book2(13.5インチ)の外観チェックです。
 

本体のカラー

カラーは落ち着いたシルバーです。

液晶画面

<<正面>>

13.5 インチ PixelSense™ 3000 x 2000 液晶となっています。

さすがに15インチよりは画面が狭いですが視野も広くてかなり見易い画面という印象です。
PixelSense™ は良いディスプレイですねよね。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

Surface Book2(13.5インチ)はsRGBで91%、adobeRGBで72%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり良い数字ですね。
Surface Book2 15インチと比較してもほぼ同等の数字となっています。

この位数字が良ければ写真加工など色が重要な処理にも十分に対応出来そうです。
外に持ち出してスケッチを楽しむのも良いですよね。

実際に見た感じでも綺麗という印象です。

 

本体の外観

<<Surface Book2(13.5インチ) 正面>>

<<右側面>>

・USB type-A x 2 (バージョン 3.1 第 1 世代)
・フルサイズ SDXC カード リーダー ”

<<左側面>>

外部出力は15インチと同じ数用意されているので嬉しいですよね。

画像出力は現在主流のHDMIの他にType-CがDisplayPortに対応していますのでこちらも利用できます。
USBは従来型の物に加え、最新規格のUSB3.1(Type-C)が1つ用意されているのでこれから出てくると思われる新しいアクセサリーにも対応出来るので長く使えると思います。

・Surface Connect ポート
・USB Type-C x 1 (バージョン 3.1 第 1 世代、USB Power Delivery バージョン 3.0 搭載)
・3.5 mm ヘッドフォン ジャック

USB Type-Cポートからも充電可能ですのでACアダプタが無くてもスマホ用の充電器なので対応可能だと思います。

USB Type-Cから充電を行っているときの状態

<<背面>>

<<上から>>

13.5インチなので本より少し大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

高さは13~23 mmですので本と大体同じくらいですかね。

電源スイッチ

電源スイッチは15インチと同様で本体の左上部です。

最大傾斜はここまでです。
もう少し傾斜出来た方が嬉しいですかね。

勿論切り離して使うことも出来ます。

切り幅して接続の向きを変えるとこういう向きのも出来ます。
動画などを見る際はこの方が集中できて良いですよね。

この向きですとキーボードを付けた状態でタブレットとしても使えます。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形は見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形はうっすらと見えています。
 非光沢ではないので光の具合によっても見えるようです。

キーボード&タッチパッド

違和感の配置なので使いやすいと思います。
当然タッチ操作も可能なので好みにあわせた操作が出来ると思います。

またマウスやペンを利用することも出来ますしさらにSurface Dialにも対応しています。

Surface Book2(13.5インチ) 質量

質量を実際に計測してみました。

本体は1,627gとなっていてカタログ上の値約1,642gよりも若干軽いですね。

AC電源は382gです。

本体+AC電源の質量は2,009gです。
このパワーを持ったPCが2kgであれば敢えて持ち出す価値は十分に有りそうです。
やはり外出先でもパワフルに使いたいですものね。

AC電源

AC電源は割とコンパクトです。

Surface Book2(13.5インチ)  外見チェックのまとめ

Surface Book2(13.5インチ)は13.5インチ PixelSense™ ディスプレイ搭載で視野も広くて綺麗な映像が楽しめる印象の2in1タイプのタブレットPCです。
15インチと比較すると画面は少し小さめですがその分軽いので外出先への持ち運びに便利です。

色域測定結果もかなり良く画像編集・イラスト作成や動画編集など色が重要な用途でも十分に活躍してくれそうです。
ペンも使えるのでイラスト作成でも便利そうです

セパレートタイプなので電車などの移動時はタブレットとしても使えるのも魅力です。

キーボードに関しては違和感のない配列でキータッチも良いので使いやすいと思います。

 

Surface Book2(13.5インチ) パフォーマンスチェック

Surface Book2(13.5インチ)   基本スペック

 

CPU:I第 8 世代 Intel® Core™ i7-8650U
メモリ:8 GB RAM 1866 Mhz LPDDR3
ストレージ:SSD 256GB
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® GTX 1060 discrete GPU 6 GB GDDR5

Surface Book2(13.5インチ) パフォーマンスチェック

CPU:第 8 世代 Intel® Core™ i7-8650U 、メモリ:8GB、ストレージ:SSD 256GB 、グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1060 discrete GPU 6 GB GDDR5

なのでかなり高めのパフォーマンスが期待出来ます。

Performancd Test9による測定結果

3608.0と凄く良いスコアです。

WIN Scoreによる測定結果

こちらも良いスコアだと思います。
ただグラフィックはCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620が利用されているので低めです。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

結論だけ先に書いておきますと
流石で、発売されている多くのゲームを快適に遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1920×1080 最高品質: 5029(とても快適)
1280×720 高品質ノートPC: 9917(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC:11125(非常に快適)

ドラゴンクエスト

正直ハイスペックすぎて差が出にくくなってます。

1280×720 最高品質:7425(とても快適)
1280×720 標準品質:7953(とても快適)

3DMARK ベンチマーク

ノートパソコンとしては凄く良い数字だと思います。

Sky Diver

Fire Strike

Fire Strike Ultra

Time Spy

PCmark 8

Home accelerated

家庭での利用を想定したベンチマークです。
スコアは3188なので快適に使えると思います。


Work accelerated

ビジネス利用を想定したベンチマークです。
スコアは4268なのでかなり快適に使えると思います。

PCmark 10

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は3分13秒で現像は終了しました。
これは凄く早い良い数字だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

SSDはSAMSUNG製の物が搭載されているようです。
※これは変更になる可能性が有ります。

Crystal Diskmarkによる測定です。

流石SSD早いですね。
通常のHDDがREAD 100MB/S位なので20倍以上早い感じですね。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも早いですね。
これなら大量の写真データの写真の取り込みも素早く出来そうです。

CPUZの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
例外はありますがほぼ46秒前後となっています。
これかなり早い数字だと思います。
15インチと比べると少し早い感じです。
一般的にこのクラスだとメモリ容量の少ない方が起動が速いので16GBと8GBの差が出たのかと思います。
もちろん全体的な動作自体は16GBの方が当然速いと思います。

1回目:00:46秒
2回目:00:46秒
3回目:00:46秒
4回目:00:47秒
5回目:00:47秒
6回目:00:46秒
7回目:00:45秒
8回目:00:46秒
9回目:00:47秒
10回目:00:46秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大45.6dbでした。

騒音の目安としては「静かな事務所」レベルです。

動画エンコード処理など負荷が掛かる状態では小さな音ですがファンの音が聞こえていましたが気になるほどの音では無かったです。

状態 騒音量(db)
アイドリング 39.4
動画再生時 40.1
動画エンコード 41.4
ベンチマーク 42.1

表面温度のチェック

最高で動画エンコード時の35.8度になっていました。
この位の温度であれば特に気にすることはなさそうです。

※勿論夏場など室温がもっと高い場合は温度は上昇すると思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

Surface Book2はバッテリーが本体とキーボードに1個づつ、合計2個搭載されています。

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。

メリハリのある消費電力となっています。
専用グラフィックが動くとかなり消費電力が多くなりますね。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 5
動画再生時 17
動画エンコード 28
ベンチマーク 60

 

Surface Book2/13.5インチ (2019年4月22日時点)
型番 Surface Book2/13.5インチ
CPU 第 7 世代 Intel® Core™ i5-7300U デュアル コア プロセッサ、3.5 GHz Max Turbo
第 8 世代 Intel® Core™ i5-8650U クワッド コア プロセッサ、3.6 GHz Max Turbo
第 8 世代 Intel® Core™ i7-8650U クワッド コア プロセッサ、4.2 GHz Max Turbo
OS Windows 10 Pro
ディスプレイ 13.5 インチ PixelSense™ ディスプレイ 解像度: 3000 x 2000 (267 PPI)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1060 discrete GPU 6 GB GDDR5 グラフィックス メモリ付き
メモリー 8 GB または 16 GB RAM (1866 Mhz LPDDR3)
ストレージ SSD 512 GB
ネットワーク IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換+Bluetooth 4.1 +Xbox ワイヤレス搭載
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ 5.0 MP 前面カメラ (1080p HD ビデオに対応)
8.0 MP のオートフォーカス機能付き背面カメラ (1080p HD ビデオに対応)
拡張インターフェイス USB type-A x 2 (バージョン 3.1 第 1 世代)
USB Type-C x 1 (バージョン 3.1 第 1 世代
、USB Power Delivery バージョン 3.0 搭載)
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート フルサイズ SDXC カード リーダー
バッテリー駆動時間 ビデオ再生は最長 17 時間
本体サイズ(mm) i5: 312 x 232 x 13 ~ 23 mm
i7: 312 x 232 x 15 ~ 23 mm
本体質量 Intel® Core™ i5: 1,534 g 以上、キーボードを含む
Intel® Core™ i7: 1,642 g 以上、キーボードを含む
認証(Windows Hello) 1 年間のハードウェア保証
保証 Office Home and Business 2019
ソフト Office Home and Business 2019
主な付属品 44W (統合 GPU) または 102W (ディスクリート GPU) の USB-A (5W) 充電ポート付き Surface 電源
クイックスタートガイド
安全性および保証に関するドキュメント
販売価格 200,664 円 ~(税込)、送料無料

Surface Book2(13.5インチ)  付属ソフトチェック

Surface Book2(13.5インチ) に用意されているソフトの抜粋

付属ソフト Surfaceという設定用ソフトです。

セキュリティ

・Windows Hello 顔認証用カメラ (正面)

保証関連

・30日間の返金保証
・1年間のハードウェア保証

Surface Book2(13.5インチ)のレビューまとめ

Surface Book2(13.5インチ) のお勧めポイント

  • 13.5インチ PixelSenseディスプレイ搭載で色域測定結果もよく綺麗な画像が期待が出来る
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • 2in1 タブレットPCでペンも使えるので外出先でもイラスト作成が楽々出来る

Surface Book2(13.5インチ)の気になる点

特になし

管理人の総評

Surface Book2(13.5インチ)は15 インチと同様に PixelSenseディスプレイ搭載で色域測定結果も良いので画像や動画編集など色が重要な用途に最適なモデルです。

基本スペックも高くて専用グラフィックを搭載なのでRAW現像やゲームなどの用途でも活躍してくれます。
さらに2in1タブレットPCなので部屋から飛び出して使うことも出来るので色々な使い方が出来ると思います。

とここまでSurface Book2(15インチ)と同等の評価なのですが
ではどちらを選ぶのが良いか迷うところです。

実はSurface Book2(13.5インチ)は液晶以外Surface Book2(15インチ)と同等のスペックを選ぶことが出来ます。
ということは選び方としては2つの視点となると思います。
1つ目はコスト優先でSurface Book2(13.5インチ)を選ぶ
 いつもの使い方だとそこまでのスペックは必要ないよという場合はこちらの選択も有ると思います。
2つ目は液晶サイズの大きさと質量です。
質量は約300gの違いが有るので通常持ち運んで利用される方には大きな違いだと思います。
やはりモバイル利用が多い方にはSurface Book2(13.5インチ)、デスクで大きめの画面で使い方にはSurface Book2(15インチ)がお勧めだと思います。

Surface Book2(13.5インチ)

価格:200,664 円 ~(税込)、送料無料<4/22(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク