今回 New XPS 13(9380) を自腹購入しましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとNew XPS 13は13.3インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ 搭載のスタイリッシュなモデルでオシャレなモバイルノートパソコンをお探しの方にお勧めのモデルです

まずはNew XPS 13の特徴から

このNew XPS 13は13.3インチ 4K Ultra HD液晶搭載のモバイルノートパソコンです。

カラーは
・プラチナシルバー&ブラック
・ローズゴールド&アークティックホワイト
・フロスト&アークティックホワイト
の3色が用意されています。

管理人はこの中からローズゴールド&アークティックホワイトを選択しました。

スペック的にはCPUに
第8世代インテル® Core™ i3-8145U プロセッサー
第8世代インテル® Core™ i5-8265U プロセッサー
第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー

メモリ:4GB、8GB、16GB
ストレージ:SSD 128GB、256GB、512GB

液晶:
13.3インチ FHD (1920×1080)InfinityEdge ディスプレイ
13.3インチ 4K Ultra HD (3840×2160) InfinityEdge タッチ ディスプレイ

が用意されています。

New XPS 13の特徴

お勧めポイント!
◇4k液晶で綺麗な画像が楽しめる
◇フレームレスなのでボディがコンパクト
◇最新CPU、最大16GBメモリ、高速SSD搭載なのでパフォーマンスに期待が出来る
◇Thunderbolt™ 3対応USB搭載なので拡張性に期待が出来る
気になる点
◇USB端子がType-cのみなので従来タイプのUSB機器を直接接続することが出来ない(注1)
◇HDMI端子が用意されていない(注2)

補足:
注1:標準で1つUSBコネクタの変換ケーブルが付属しています。
注2:USBは全てDisplayPort対応なのでHDMIへの変換ケーブルを利用することで外部画面に出力可能

今回管理人が選んだのは
液晶:13.3インチ 4K Ultra HD (3840×2160) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
CPU:第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 512GB

のハイエンド構成です。

正直この構成を選んだ理由か簡単でメモリ16GBを選びたかったんです。
管理人よくPhotoshop CCを利用するのですが最近8GBだとメモリ不足を感じる場合が多くなってきて
今度買うならメモリ16GBと心に誓っていたんです。
今回やっと夢がかないました。。。
これできっとPhotoshop CCもサクサクのはずです。

あと若干蛇足的ですが今回選んだパッケージが
「New XPS 13 【新生活応援モデル】プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Office H&B付 」
となっていますが管理人実はマイクロソフトのOffice365の契約をしてして新たにOfficeのライセンスは不要だったんですけどなぜかキャンペーンの関係でOffice付きの方が少し廉価でしたのでそちらを選択しました。

New XPS 13レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うNew XPS 13のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:16GB LPDDR3 2133MHz
ディスプレイ:13.3インチ 4K Ultra HD (3840×2160) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き
ストレージ:512GB M.2 PCIe NVMe SSD
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:Killer 1435 802.11ac 2×2 & Bluetooth 4.1

 

New XPS 13 【新生活応援モデル】プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Office H&B付

価格:253,330円(税抜)、送料無料<5/2(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で176,151円~(税抜)、送料無料!/

この商品の詳細はこちらから確認できます。

New XPS 13外観チェック

New XPS 13の外観チェックです。
 

本体カラー

カラーは
・プラチナシルバー&ブラック
・ローズゴールド&アークティックホワイト
・フロスト&アークティックホワイト
の3色が用意されています。

今回購入したのはローズゴールド&アークティックホワイトです。

この色の特徴は背面はローズゴールドになっていて内側はアークティックホワイトになっている点です。
毎日使うのでホワイトは汚れが目立ちやすいのではと心配される方も居られると思いますが
特殊な素材・加工が使われていて汚れても簡単に綺麗にすることが出来ます。

液晶画面

<<正面>>

New XPS 13は13.3インチ 4K Ultra HD (3840×2160)なので発色も良くて凄く見やすい印象の液晶だと思います
なにせ4k対応ですからね。

しかもフレーム部分が凄く狭いので本体自体は凄くコンパクトに仕上がっています。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

New XPS 13はsRGBで96%、adobeRGBで72%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので標準よりかなり良い数字ですね。

この位数字であれば写真加工など色が重要な処理にも十分に対応出来そうです。

実際に見た感じでも綺麗という印象です。

 

本体の外観

<<New XPS 13 正面>>

<<右側面>>

New XPS 13はUSB Type-Cが用意されているので最新のアクセサリを活用することが出来ると思います。
また用意されている3つのUSBポート全てで電力供給が可能なので電源コンセントに合わせて電源を挿す場所を選べるのも便利です。

・USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
・MicroSDカード リーダー
・ヘッドフォン ジャック

microSDカードスロット

利用出来るのはmicroSDです。
スマホで撮影した写真をパソコンに取り込むのであればこのサイズの方が便利ですよね。

完全に差し込んだ状態
中に完全に入るのでSDカードを入れたまま状態で持ち運ぶことが可能です。

<<左側面>>

・Thunderbolt™ 3(電力供給およびDisplayPort対応)x 2
・ウェッジシェイプ ロック スロット

USBは3ポート共にDisplayPort対応なので簡単に複数画面に出力することが出来ます。

但し、New XPS 13で用意されているUSBは全てType-cの形状なので従来型のUSB機器を利用する場合は変換するアダプタなどが必要となります。

※New XPS 13には一つ変換ケーブルが付属しています。

<<背面>>

ヒンジ部です。

<<上から>>

13.3インチですのでA4よりはかなり大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

7.8~11.6mmですので本よりも少し薄いですね。

キーボード上部(右)
電源ボタン(指紋認証リーダー 付)

キーボード上部(左)

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はかすかに見えていますね。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

配置に違和感の少ないキーボード配置です。
ただ矢印キーはコンパクトに収めてあるので慣れるまで違うキーを押してしまうということも有りそうです。
管理人も最小は間違えて違うキーを押してましたけど段々距離感に慣れてきて今ではあまり間違いはなくなりました。

管理人は軟らかめのキーボードも好むのでは若干固い印象ですね。

あとデフォルトだとF1~F12のファンクションキーではなく「マルチメディアキー」になっているので
日本語入力「かな文字」を英語に変換しようとしてF9キーを押下すると検索画面が表示されてビックリしてしまいました。
管理人は日本語入力でF7、F8、F9キーを多用する人なのでデフォルトではF7キーなどがそのまま使えた方が嬉しいんです。
これBIOSと言っていいのかな?で切り替え可能なので管理人は設定を切り替えて使っています。
切り替え方法はこちらの記事でご確認頂けます。
New XPS 13(9380) 「Fn」キーの初期設定 切り替えの仕方

キーボードにはバックライト機能も付いています。
これなら暗い場所での入力も可能ですよね

タッチパッドも割と使いやすかったですね。

画面の角度

この位まで傾斜することが出来ます。
まあここまで出来れば通常は問題ないですかね。

WEBカメラ
今回のモデルは画面上部にカメラが配置されています。
以前は下部だったので鼻の穴が撮影されてしまうという悲劇が起こる可能性があったのですが今回は改善されました。

AC電源

まあ、電源はコンパクトな仕上がりになっています。

AC電源本体にケーブルをまいた時にこの留め具で固定できるので何気に便利です。

先端部分は電源に繋がっていると光ります。

New XPS 13 質量

本体は1219gでしたホームページ上の数値は約1.23kgなので少し軽いですかね。

AC電源は241gです。

本体+AC電源では1,460gでした。

New XPS 13 外観チェックのまとめ

New XPS 13は13.3インチ 4K Ultra HD液晶が綺麗なモバイルノート パソコンです。
色域に関してもかなり広いので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも活躍してくれそうです。

本体はスタイリッシュな仕上がりになっていて特にベゼル部分の狭さには注目です。
本体の薄さもかなり凄くて持ち運び時にカバン入れても嵩張らずに済みそうです。

キーボードに関しては配置に違和感もなく使いやすいと思います。

New XPS 13はスリムでオシャレなパソコンをお探しの方にお勧めのモバイル ノートパソコンだと思います。

 

New XPS 13 【新生活応援モデル】プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Office H&B付

価格:253,330円(税抜)、送料無料<5/2(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で176,151円~(税抜)、送料無料!/

この商品の詳細はこちらから確認できます。

New XPS 13 パフォーマンスチェック

New XPS 13 基本スペック

 

CPU:第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー
メモリ::16GB LPDDR3 2133MHz
ストレージ:512GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き

New XPS 13 パフォーマンスチェック

CPU::第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:512GB M.2 PCIe NVMe SSD、インテル® UHD グラフィックス 620

高めなスペックとなっていますのでフォーマンスもかなり期待できると思います。。

Performane Test9 による測定結果

3354点と3,000点越えですね、かなり良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックに関しては専用グラフィックを利用していないのでで若干低めになってしまっています。
その他のスコアに関しては高めのスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム用に購入したわけではないので正直スコアはあまり気にしていないのですが
結果としては結構色々なゲームに対応出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 3137(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4265(快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:9073(とても快適)
1280×720 標準品質:10273(すごく快適)

3DMARK

こちらも良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3,448点とかなり良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4,306点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分23秒で現像は終了しました。
これは凄く良い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい30倍以上早い結果になっています。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらもまずまずのスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒台後半から50秒台前半となっています。
これは早めの数字だと思います。

1回目:00:54秒
2回目:00:49秒
3回目:00:54秒
4回目:00:45秒
5回目:00:54秒
6回目:00:53秒
7回目:00:46秒
8回目:00:44秒
9回目:00:47秒
10回目:00:54秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大43.6dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさです。

このレベルなら静かな場所で利用しても気にならなと思います。

状態 騒音量(db)
アイドリング 38.0
動画再生時 39.4
動画エンコード 43.6
ベンチマーク 41.5

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で43.4度になっていました。
手で触ってみると少し温かいなという感触でした。
今回はテスト的に高負荷をかけていますが通常使う分にはここまで負荷が掛かることは余りないと思いますのでそれほど気にする必要はないと思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
消費電力はアイドリング時少なめですが負荷が掛かるとそれなりに多くなるようです。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 8
動画再生時 12
動画エンコード 47
ベンチマーク 44

 
※バッテリーベンチ

New XPS 13 【新生活応援モデル】プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Office H&B付 (2019年5月2日時点)
型番 New XPS 13
CPU 第8世代インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.6 GHz まで可能, 4 コア)
OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
ディスプレイ 13.3インチ 4K Ultra HD (3840×2160) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き
メモリー 16GB LPDDR3 2133MHz
ストレージ 512GB M.2 PCIe NVMe SSD
ネットワーク Killer 1435 802.11ac 2×2 & Bluetooth 4.1
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ アレイ デジタル マイク4つを搭載したワイドスクリーンHD(720p)2.25 mm
拡張インターフェイス ・Thunderbolt™ 3(電力供給およびDisplayPort対応)x 2
・USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
・MicroSDカード リーダー
・ヘッドフォン ジャック
バッテリー駆動時間 52WHr
本体サイズ(mm) 302 x 199 x 7.8~11.6
本体質量 1.23 kg
認証(Windows Hello) 1年間 アクシデンタル ダメージサービス
保証 Microsoft® Office ソフトウェアイメージ
マカフィー® リブセーフ™ (12ヶ月間更新サービス)
ソフト Microsoft® Office ソフトウェアイメージ
マカフィー® リブセーフ™ (12ヶ月間更新サービス)
主な付属品 AC電源、USB Type-c⇒Type-A変換ケーブル
販売価格 253,330円(税抜)、送料無料

New XPS 13付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Microsoft® Office ソフトウェアイメージ
・マカフィー® リブセーフ™ (12ヶ月間更新サービス)
・Killer Control Center

などです。

Killer Control Centerの詳細はこちらの記事からご覧いただけます。

New XPS 13(9380) 意外に便利 Killer Control Center(ネットワーク設定)  

セキュリティ

・指紋認証センサー
・マカフィー® リブセーフ™ (12ヶ月間更新サービス)

保証関連

New XPS 13は標準保証:1年間 引き取り修理保守サービス

オプションとして

・1年間 Premium Support & オンサイト サービス
・3年間 Premium Support & オンサイト サービス
・4年間 Premium Support & オンサイト サービス
・3年間 Premium Support & オンサイト サービス アクシデンタル ダメージ サービス 付き
・4年間 Premium Support & オンサイト サービス アクシデンタル ダメージ サービス 付き

などが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

New XPS 13のレビューまとめ

New XPS 13のお勧めポイント

  • ベゼルが狭くスタイリッシュな仕上がりのボディなので所有感を満足させてくれる
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスにも期待できる
  • 高速CPU、大容量メモリ、SSD搭載なので起動が速くて直ぐに使える

New XPS 13の気になる点

特になし

管理人の総評

New XPS 13はスタイリッシュな仕上がりのボディのモバイルノートパソコンです。
特にベゼルの狭さは特筆ものです。

現在管理人が使っているLAVIE Direct HZと比較してみると
液晶サイズはほぼ同じなのに本体サイズはかなりコンパクトに仕上がっています。

New XPS 13 LAVIE Direct HZ
液晶サイズ 13.3インチ 13.3型ワイド
本体サイズ(mm) 302x199x7.8~11.6 319x212x16.9

本体の大きさを比べてみると一回り違いますね。(下の黒い部分がLAVIE Direct HZです。)

ベゼル部分はNew XPS 13の方がかなり狭いですよね。

パフォーマンス面でも最新CPUを選択出来て、メモリも最大16GBまで拡張可能なのでかなり期待できます。
SSD搭載で起動もキビキビしているのも◎です。

価格的にもキャンペーン価格ながらかなりお得な設定なので使えるモバイルノートをお探しの方にはお勧めのモデルです。

液晶の色域も広いので撮影した写真の加工などの使い方でも活躍してくれると思います。
ネットの動画配信サービスも最近は高画質なサービスが増えてきているので観賞用としても良いと思います。

New XPS 13はスタイリッシュで妥協をしないモバルノートパソコンをお得に購入したい方にお勧めのモデルです。

New XPS 13 【新生活応援モデル】プラチナハイエンド・4Kタッチパネル Office H&B付

価格:253,330円(税抜)、送料無料<5/2(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で176,151円~(税抜)、送料無料!/

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク