⇒OMEN by HP 16-k0000 (インテル) 10%OFF クーポン

Dell XPS(8950) プラチナプラス 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 XPS(8950) プラチナプラスをDELL様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。

最初に結論を書いておきますとXPS(8950) プラチナプラスはメモリ最大32GBまで選択可能でNVIDIA® GeForce RTX搭載のパワフルなゲーミングPCです。
拡張性も高いので長く使えるモデルに仕上がっていると思います。

スポンサーリンク

まずはXPS(8950) プラチナプラスの特徴から

このXPS(8950) プラチナプラスの特徴はCPUに最新の第12世代インテルCoreシリーズ搭載でメモリも最新のDDR 5、最大で128GB搭載可能なので動画編集など重い処理にも使えるスペックを持ったモデルです。
※メモリに関して用意されているモデルは最大32GBまでとなっています。

XPS(8950) プラチナプラスの選択できる主な項目は以下のようになっています。

CPU第12世代 インテル Core i7 12700
第12世代 インテル Core i7 12700K
第12世代 インテル Core i9 12900K
OSWindows 11 Home
Windows 11 Pro
メモリ16GB、32GB DDR5
ストレージストレージ
256 GB, M.2, PCIe NVMe, SSD + 1 TB, 7200 RPM, SATA, HDD
512GB NVMe M.2 PCIe SSD + 1TB 7200RPM SATA , HDD
1TB, M.2, PCIe NVMe, SSD
1TB NVMe M.2 PCIe SSD + 1TB 7200RPM
グラフィックNVIDIA® GeForce® GTX 1650 SUPER™, 4GB GDDR6
NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti 6 GB GDDR6
NVIDIA® GeForce RTX™ 3060 Ti 8GB GDDR6 (LHR)
NVIDIA® GeForce RTX™ 3070 8GB GDDR6 LHR

※モデルにより選択できる構成が決まります。

XPS(8950) プラチナプラスのお勧めの使い方

ポイント!

XPS(8950) プラチナプラス

  • ゲーミング PCとして
    パワフルなスペックなので快適にゲームを楽しめると思います
  • 動画編集用のPCとして
    余裕のスペックなので重い動画編集でも活躍可能です。

XPS(8950) プラチナプラスレビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うXPS(8950) プラチナプラスのモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU
第12世代 インテル® Core™ i7-12700
OS
Windows 11 Home
メモリ
16GB デュアルチャネル DDR5 (2x 8GB) 4400MHz
SSD
256GB NVMe M.2 PCIe SSD + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s
GPU
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6
ODD
DVD ドライブ
N/W
有線LAN(2500 Mbps)+Killer Wi-Fi 6 1675 (2×2) 802.11ax + Bluetooth 5.2

 

XPS デスクトップ プラチナ

価格:211,980円~(税込)、送料無料 <7/20(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で160,664円~(税込)、送料無料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

XPS(8950) プラチナプラス外観チェック

XPS(8950) プラチナプラスの外観チェックです。

 

本体カラー

本体カラーは

  • ・ナイトスカイ
  • ・プラチナシルバー

の2色が用意されています。
※レビュー機はプラチナシルバーです。

本体の外観

XPS(8950) プラチナプラスはUSBは十分に搭載されていますので数的に足りなくなることは余りないと思います。

<<XPS(8950) プラチナプラス正面>>

①SDカード リーダー
②ユニバーサル オーディオ ジャック
③USB 3.2 Gen 1 Type-A
④USB 3.2 Gen 1 Type-A
⑤USB 3.2 Gen 1 Type-A(PowerShare対応)
⑥USB 3.2 Gen 2 Type-C™ポート(PowerShare対応)
⑦電源ボタン
⑧DVD ドライブ

・SDカードを刺した状態

・DVD ドライブ

<<左側面>>

こちらの面に吸排気口が用意されています。

<<右側面>>

こちらの面のパネルは簡単に外せて内部にアクセス可能です。

内部にアクセスする際はまず背面のねじを外して写真のように引っ張ります。

内部は割と余裕がある印象ですね。

<<背面>>

①オーディオ6コネクター スタック(再タスキング可能オーディオ ポート)
②DisplayPort 1.4(UMAのみ)
③USB 3.2 Type-A Gen 1
④USB 3.2 Type-C™ Gen 2
⑤USB 3.2 Type-A Gen 1
⑥USB 2.0 Type-A x 2
⑦LAN (RJ-45) Ethernetポート

グラフィックカード(NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER)
※選択したグラフィックかーぢにより異なります。
・DVI-Dポート
・HDMI 2.0
・DisplayPort 1.4

拡張性

背面のねじを外すことで内部に簡単にアクセスできます。

拡張スロットとしては

  • ・PCIe x16拡張カード スロット x 1
  • ・PCIe x4拡張カード スロット x 2
  • ・3.5インチ ハード ドライブ用SATA 3.0スロット x 3
  • ・光学ドライブまたは3.5インチ ハード ドライブ用SATA 3.0スロット x 1
  • ・WiFiおよびBluetoothのコンボ カード用M.2 2230スロット x 1
  • ・ソリッドステート ドライブ用M.2 2230/2280スロット x 2

が用意されています。

メモリ:スロットは4スロット用意されています。
※DIMMスロット(最大128GBをサポート)

電源

レビュー機の電源は「460 W内蔵電源併給ユニット(PSU)」が採用されています。

※電源はモデルにより以下の2種類が用意されています。
・460 W内蔵電源併給ユニット(PSU)
・750 W内蔵電源供給ユニット (PSU)

XPS(8950) プラチナプラス サイズ・質量

本体サイズは173mm x 426.70mm x 391mm(高さ) となっています。
※ナイトスカイは高さ372.90mmとなります。

質量に関しては最大12.80kgとなっています。
※ナイトスカイは質量12.61kgとなります。

XPS(8950) プラチナプラス 外観チェックのまとめ

XPS(8950) プラチナプラスは落ち着いた2色のカラーが用意されていて筐体も拡張性が高い形になっているので長く愛用したい方にお勧めのモデルだと思います。

拡張性に関してはかなり高くてメンテナンス性も高い仕上がりとなっています。

Wifiも用意されているので設置場所の移動も容易に行うことが出来るモデルだと思います。

XPS(8950) プラチナプラスは強力で拡張性も高いPCだと思います。

XPS デスクトップ プラチナ

価格:211,980円~(税込)、送料無料 <7/20(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で160,664円~(税込)、送料無料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

XPS(8950) プラチナプラス パフォーマンスチェック

XPS(8950) プラチナプラス 基本スペック

 

CPU:第12世代 インテル® Core™ i7-12700
メモリ:16GB デュアルチャネル DDR5 (2x 8GB) 4400MHz
ストレージ:256GB NVMe M.2 PCIe SSD + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER, 4GB GDDR6

XPS(8950) プラチナプラス パフォーマンスチェック

CPU:インテル Core i7-12700、メモリ:16GB、ストレージ:256GB NVMe M.2 PCIe SSD + 1TB 7200 HDD、グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERとなっています。

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

※インテル Core i7-12700プロセッサーのデータ

第 12 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー
コア/スレッド数12/20
Performance-core基本周波数2.10 GHz
ターボ・ブースト最大4.80 GHz
キャッシュ25 MB Intel Smart Cache
プロセッサーのベースパワー65 W

スレッド数は20なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

performance Test10 による測定結果

7609点と凄く良いスコアだと思います。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR23がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15
・R23

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム用のベンチマークスコアを測ってみました。
結果としては多くのゲームを快適に遊ぶことが出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1920×1080 高品質デスクトップPC: 14202(非常に快適)
1920×1080 標準品質デスクトップPC:22566(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: ENDWALKER

1920×1080 高品質デスクトップPC: 14422(とても快適)
1920×1080 標準品質デスクトップPC: 21734(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

かなり重いゲームでも解像度を落とすことで遊ぶことが出来そうです。
もちろんより強力な構成を選択すれば快適に遊ぶことが出来ます。

3840×2160 標準品質: 2451(重い)
3840×2160 標準品質: 3511(普通)

ドラゴンクエスト

1920×1080 最高品質:24978(すごく快適)
1920×1080 標準品質:25019(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike EXTREMEによる測定結果

Fire Strike ULTRAによる測定結果

TIME SPYによる測定結果

TIME SPY EXTREMEによる測定結果

CPU PROFILEによる測定結果

STRAGE BENCHMARKによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5371点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5995点となっています。
 

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Advanced Editionによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は47秒で現像は終了しました。

これはかなり早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に操作出来ました。

今話題のPhotoshop CCに付属しているCamera Rawでのスーパー解像度は20秒と比較的早いレベルの時間で出来るようです。

ストレージ情報

容量的にはSSD 512GB、HDD 1TBで空き容量はSSD 335GB、HDDは931GBとなっていますので通常の使い方であればかなり余裕のあるの容量だと思います。
ストレージはモデルにより以下のような構成が用意されています。
デュアルストレージ構成も選択可能となっていますのでコストパフォーマンスよく容量を確保できると思います。

選択可能な構成

  • 256 GB, M.2, PCIe NVMe, SSD + 1 TB, 7200 RPM, 3.5-インチ, SATA, HDD
  • 512GB NVMe M.2 PCIe SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ), HDD
  • 1TB, M.2, PCIe NVMe, SSD
  • 1TB NVMe M.2 PCIe SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ), HDD

搭載されているSSDはMicron製のようです。

※今後変更になる場合もあると思います。

HDDはSEAGATE(シーゲイト) 製のようです。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだいたい65倍以上早い結果になっています。
やはり「PCIe NVMe/M.2」規格は爆速ですね。

HDDも通常よりも回転数が速い7200RPMのものが採用されているので通常のHDDよりも高速ですね。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらもかなりの爆速だと思います。

CPU Zの情報

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 365でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大42.6dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気にならないです。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.1
動画再生時38.2
動画エンコード42.0
ベンチマーク42.6

表面温度のチェック

本体側面の温度を測定しました。

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で31.4度になっていました。
手で触ってみましたが温度上昇は感じられませんでした。

※気温の高い夏場は温度はさらに上がるものと思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 365でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを30分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は86度となっています。

あまり温度上昇しない印象ですね。
もし温度高い状態が長く続居た場合パフォーマンスの低下も予想されます。

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
消費電力はベンチマーク時が最大で235Watとなっていました。

状態消費電力(Wat)
アイドリング41
動画再生時51
動画エンコード168
ベンチマーク235

XPS(8950) プラチナプラス付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Dell Update
BIOS、ドライバ、ファームウエアなどの管理やアップデートなどが可能なソフトです。

・Dell Digital Delivery
 購入したソフトウエアなどを配布してくれるソフトです。
 これ管理人も利用していますが、意外に便利です。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・有線LAN(Killer E3100G Ethernetコントローラー/最大2500 Mbps)
・Killer™ Wi-Fi 6 1675 (2×2) 802.11ax ワイヤレス
・Bluetooth5.2

が搭載されています。

有線LANは最大2500 Mbps対応なので通常多く利用されている1Gbpsよりもかなり高速な通信が可能となります。

Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはWi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax準拠) となっているのでこちらも高速な通信が可能となります。

セキュリティ

・マカフィー® リブセーフ™ (12ヶ月間更新サービス)

保証関連

1年間 引き取り修理

オプションとして

・PREMIUM SUPPORT
・PREMIUM SUPPORT PLUS

などなど多数のサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

XPS デスクトップ プラチナ(2022年7月19日)
型番XPS デスクトップ プラチナ
CPU第12世代 インテル® Core™ i7-12700 (25 MB キャッシュ, 12 コア, 20 スレッド, 2.10 GHz – 4.90 GHz)
OSWindows 11 Home
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1650 SUPER™, 4GB GDDR6
メモリー16GB デュアルチャネル DDR5 (2x 8GB) 4400MHz; 最大 128GB
ストレージ256GB NVMe M.2 PCIe SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)
ネットワークKiller™ Wi-Fi 6 1675 (2×2) 802.11ax ワイヤレス & Bluetooth 5.2
光学ドライブトレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)
インターフェイス前面:
USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート(PowerShare対応)x 1
USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート1 USB 3.2 Gen 2 Type-C™ポート(PowerShare対応)x 2
ユニバーサル オーディオ ジャック
SDカード リーダー
背面:
USB 2.0 Type-Aポート x 2
USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート x 2
USB 3.2 Gen 2×2 Type-C™ポート x 1
7.1オーディオ6コネクター スタック(再タスキング可能オーディオ ポート)
LAN (RJ-45) Ethernetポート
ケンジントン ロック
Display Port 1.4(UMAのみ)
本体サイズ高さ:391 mm x 幅:173 mm x奥行き:426.70 mm
本体質量7.62 kg
保証1年間 引き取り修理
オフィスソフトなし
主な付属品電源ケーブルなど
販売価格211,980円(税込)、送料無料

XPS(8950) プラチナプラスのレビューまとめ

XPS(8950) プラチナプラスのお勧めポイント

  • グラフィックも強力でゲーミングPCとして活躍可能
  • 基本スペックが高いのでメインPCとして利用可能
  • 拡張性も高いので長く使うことも可能

XPS(8950) プラチナプラスの気になる点

※特になし

管理人の総評

XPS(8950) プラチナプラスはCPUに第12世代インテル Coreシリーズを搭載したゲーミングPCです。
メモリも最大128GBまで拡張可能(販売モデルは32GBまで)なので余裕のプレーが可能です。

グラフィックも強力なものを選択可能なのでライバルに差をつけて遊ぶことも可能だと思います。

XPS(8950) プラチナプラスは長く使えるゲーミングPCを購入したい方にお勧めしたいモデルです。

XPS デスクトップ プラチナ

価格:211,980円~(税込)、送料無料 <7/20(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で160,664円~(税込)、送料無料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました