今回 ThinkPad X390をレノボ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとThinkPad X390は13.3型FHD (1920×1080 IPS 300nit) 光沢なし液晶搭載のビジネス向けモバイルノートパソコンです。
ThinkPad伝統の堅牢性と入力のし易さを継承した安心して使えるモバイルノートパソコンとしてお勧めのモデルです。

Contents

まずはThinkPad X390の特徴から

このThinkPad X390は第8世代インテル Core i7-8565U プロセッサー 搭載のパワフルで使いやすいモバイルノートパソコンです。
セキュリティ的にも指紋認証機能、顔認証機能(オプション)、好評のプライバシーシャッター機能とビジネス用途で安心して使える仕上がりになっています。

カラーは落ち着いたThinkPad伝統のブラックとなっています。

ThinkPad X390のお勧めの使い方

ポイント!

ThinkPad X390

 

  •  モバイル用ノートパソコンとして
      セキュリティ機能も高く、バッテリー駆動時間も長いので外出先での利用で活躍してくれると思います。
  •   

  •  メイン ノートパソコンとして
     基本スペックが高いのでオフィスでの利用で期待に応えるパフォーマンスを見せてくれると思います。
  •  初めてモバイル用のノートパソコンを購入される方の入門機として
      コストパフォーマンスが高いの初めてモバイル用のノートパソコンを購入される方にもお勧めのモデルです

ThinkPad X390レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うThinkPad X390のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i7-8565U プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:13.3型FHD液晶 (1920×1080 IPS 300nit) 光沢なし
メモリ:8GB PC4-19200 DDR4 (オンボード)
ストレージ:512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
グラフィック:CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 620)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:インテル Wireless-AC 9560 (2×2) + Bluetooth

※CPU、メモリ、液晶、LTE機能などカスタマイズ可能

 

ThinkPad X390

価格: 207,900円~(税込)、送料無料 <10/10(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で106,029円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ThinkPad X390外観チェック

ThinkPad X390の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはThinkPad伝統の落ち着いたブラックが用意されています。

ThinkBookのロゴ マークです。
※赤い部分は光ります。

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080) となっています。

<<正面>>

13.3型FHD液晶 (1920×1080 IPS) 光沢なしなので光の反射も気にならず見やすい仕上がりの液晶となっています。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

ThinkPad X390はsRGBで95%、adobeRGBで74%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので標準よりかなり良い数字となっています。

色の再現度重要視される写真加工などの用途でも活躍してくれそうですね。

 

本体の外観

<<ThinkPad X390正面>>

ThinkPad X390はUSB 3.1 Gen 2 Type-C(Thunderbolt™ 3)が用意されていますので色々なアクセサリを活用することが出来ると思います。
通常のUSBも2つ用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
また有線LAN接続にも対応していますので安定して高速な接続が必要な場合も対応できると思います。

<<右側面>>

・スマートカードリーダー(一部構成でのみ選択可能)
 ※レビュー機では選択されていません。
・USB 3.1 Gen1 (Powered USB)
・セキュリティ・キーホール

<<左側面>>

・USB 3.1 Gen 1 Type-C(電源と共用)
・USB 3.1 Gen 2 Type-C(Thunderbolt™ 3)
・イーサネット拡張コネクター2
・USB 3.1 Gen 1
・HDMI
・マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック

※付属の有線LAN用アダプター

<<背面>>

ヒンジ部分も丈夫そうです。

SIM カードスロット(nanoSIM対応、LTE非対応のモデルにSIMカードを挿入しても機能しません。)& microSDメディアカードリーダー
※レビュー機はLTE対応オプションを選択しています。microSDメディアカードリーダーのみ利用可

トレイの開け閉めはスマートフォンと同様にピンを利用します。

SDカードはトレイ式で挿入となります。

<<上から>>

13.3型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

16.5mmですので本と同じくらいですね。
これならカバンにも嵩張らずに入れることが出来そうです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 写真では判り辛いですが人形はうっすらと見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

キーボードはThinkPad伝統のトラックポイントの付いたキーボードです。
※トラックポイント:中央の赤い部分/この部分を操作することによりカーソル操作が可能

キータッチは管理人好みの使いやすいタッチです。

タッチパッドは普通レベルだと思います。
もっとも管理人はトラックポイントはなのでタッチパッドはオフにして利用しますけどね。

電源

電源は右上にあります。

ヒンジ部分も丈夫そうに仕上がっています。

キーボード関連カスタマイズ機能

・キーボードのバックライト

キーボードはバックライトを「Fnキー+スペースキー」押下することで3段階で切り替え可能です。
通常は暗い場所で利用する場合は勿論明るい方が使いやすいのですが飛行機の中など近くに人がいる場合は光を抑えて利用することも可能です。

画面の角度

画面は普通にほぼ水平まで傾けることも出来ます。

WEBカメラ

前面にHD 720p カメラが用意されています。
本モデルはプライバシーシャッターが付いているので意図しないタイミングでカメラに映像が流れるのを防ぐことが出来ます。
※プライバシーシャッターはカメラ上部のつまみをスライドさせることで開閉可能です。

カメラが使える状態

プライバシーシャッターでカメラを物理的に閉じた状態

プライバシーシャッターを閉じた状態でカメラ アプリを利用しようとするとカメラが利用できないのでこのようにエラーとなります。

AC電源

電源はコンパクトな45wとなっています。

ThinkPad X390 質量

本体は1,172gでしたホームページ上の数値は約1.18kg~なのでほぼ同じですね。

AC電源は247gです。

本体+AC電源では1,419gでした。

13.3型液晶搭載でAC電源の質量を合わせてこれならかなり軽い方だと思います。
薄いですしこの軽さであればモバイル用途で活躍してくれそうです。

ThinkPad X390 外観チェックのまとめ

ThinkPad X390は13.3″FHD・IPS/光沢なし(1920×1080)が見やすく使いやすい印象のモバイルノートです。
液晶の色域もかなり高い成績なので色が重要な写真編集やイラスト作成などでも活躍してくれそうです。

本体カラーは落ち着いたブラックなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関してはThinkPad伝統のトラックポイントも使える使いやすい仕上がりとなっています。
バックライトの明るさを簡単に変更できるのも飛行機内など隣の人が近い場所で利用する際に便利だと思います。

ThinkPad X390はモバイル利用も可能な液晶も綺麗で使いやすいノートパソコンだと思います。

 

ThinkPad X390

価格: 207,900円~(税込)、送料無料 <10/10(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で106,029円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ThinkPad X390 パフォーマンスチェック

ThinkPad X390 基本スペック

 

CPU:インテル Core i7-8565U プロセッサー
メモリ::8GB PC4-19200 DDR4 (オンボード)
ストレージ:SSD 512GB (PCIe-NVMe) OPAL対応
グラフィックス:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)

ThinkPad X390 パフォーマンスチェック

CPU::Core i7-8565U、メモリ:8GB、ストレージ:512GB SSD、グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)と
なっています。

かなりパフォーマンスに期待できる構成となっていますので結果が楽しみです。

Performane Test9 による測定結果

3782点とかなり良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックに関しては専用グラフィックを利用していないので若干低めのスコアとなっています。
その他のスコアに関してはかなり良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としては結構色々なゲームに対応出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 2955(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4223(快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 3002(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4046(快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:8261(とても快適)
1280×720 標準品質:9886(とても快適)

3DMARK

こちらもまずまずのスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3,948点とかなり良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4,943点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は3分3秒で現像は終了しました。

これはなかなか早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがそれほどストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

搭載されているのはインテル製のSSDのようです。
※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい28倍以上早い結果になっています。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらもかなり早いスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒前半までとなっています。
これは早めの数字だと思います。

1回目:00:43秒
2回目:00:42秒
3回目:00:42秒
4回目:00:42秒
5回目:00:42秒
6回目:00:43秒
7回目:00:42秒
8回目:00:43秒
9回目:00:40秒
10回目:00:43秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大54.7dbでした。

騒音の目安としては「静かな事務所」レベルの静かさです。

状態 騒音量(db)
アイドリング 38.1
動画再生時 38.4
動画エンコード 41.5
ベンチマーク 40.8

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で41.7度になっていました。
手で触ってみると少し温かいなという感触でした。
この位の温度であればそれほど気にする必要はないと思います。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力は少ないモデルだと思います。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 7
動画再生時 16
動画エンコード 30
ベンチマーク 29

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大約19時間/JEITA2.0となっています。

ThinkPad X390:プレミアム (2019年10月9日)
型番 20Q0CTO1WW
CPU インテル Core i7-8565U プロセッサー (1.80GHz, 8MB)
OS Windows 10 Home 64bit
ディスプレイ 13.3型FHD液晶 (1920×1080 IPS 300nit) 光沢なし
グラフィックス CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
メモリー 8GB PC4-19200 DDR4 (オンボード)
ストレージ 512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
ネットワーク インテル Wireless-AC 9560 (2×2) + Bluetooth
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ IR & 720p HDカメラ(マイクロフォン付)
拡張インターフェイス ・ USB 3.1 Gen 1 Type-C(電源と共用)
・ USB 3.1 Gen 2 Type-(Thunderbolt™ 3)
・ イーサネット拡張コネクター2
・ USB 3.1 Gen 1
・ HDMI
・ マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
・ スマートカードリーダー(一部構成でのみ選択可能)
・ USB 3.1 Gen1 (Powered USB)
・ SIM カードスロット(nanoSIM対応、LTE非対応のモデルにSIMカードを挿入しても機能しません。)& microSDメディアカードリーダー
バッテリー駆動時間 最大 約19時間/JEITA2.0
本体サイズ(mm) 約 311.9 x 217 x 16.5mm
本体質量 約1.18kg
認証(Windows Hello) 顔認証、指紋認証(オプション)
保証 1年間 引き取り修理
オフィスソフト なし
主な付属品 AC電源など
販売価格 279,400円(税込)、送料無料

ThinkPad X390付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Lenovo Vantage


などです。

セキュリティ

・指紋認証
 
 
 
・プライバシーシャッター
 搭載しているカメラを物理的なシャッターを閉じることでプライバシーを守ることができます。

保証関連

ThinkPad X390は標準保証:1年間

オプションとして

・2年間 引取修理  サービス
・3年間 引取修理  サービス
・4年間 引取修理  サービス
・5年間 引取修理  サービス
・オンサイト保障
・アクシデント・ダメージ・プロテクション

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

ThinkPad X390のレビューまとめ

ThinkPad X390のお勧めポイント

  • 軽量・薄型でバッテリー駆動時間も長いのでモバイル利用に便利
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待が出来る
  • ビジネスに安心なセキュリティ機能を用意

ThinkPad X390の気になる点

※特になし

管理人の総評

ThinkPad X390は13.3型FHD・IPS 非光沢液晶搭載の綺麗な画像を楽しめるモデルです。
基本スペックも標準以上のパワーを持っていますし、バッテリー駆動時間も長いので外出先でも頼れるパートナーとして使えると思います。
ThinkPad伝統の堅牢性もモバイル利用時には特に安心ですよね。

ビジネス用途と考えると気になるのがセキュリティですがWindows10 Proも選びるのでデータの暗号化も可能ですし、顔認証/指紋認証選択可能でThinkShutter(プライバシーシャッター)なども搭載されていますので安心して使えます。

またThinkPadシリーズは使い方に合わせてカスタマイズ性が高いのも魅力です。

カスタマイズ可能な項目は以下の表のようになります。
注目して項目はCPU、メモリ、ストレージは勿論ですがLTE機能も選択可能ですのでWifiのない場所でも通信が必要場合は選択したい項目です。
最近は格安SIM(MVNO)を利用すれば1,000円/月位から始められるのでかなりお得だと思います。

参考:UQモバイル 価格情報
UQモバイル

通常利用であれば以下の構成がお勧めとなります。
液晶:13.3型FHD・IPS・非光沢(1920×1080 )
CPU:Core i5-8265U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
トップカバー:カーボンファイバー
指紋センサー:あり
LTE:必要に応じて選択

トップカバーに関してはカーボンファイバーを選択すると軽くなるので差額も小さいですしお勧めです。

但し、もっとパワーが必要であれば当然Core i7を選択するというのもありです。
またタッチ操作や顔認証を利用したい場合もCore i7のモデルを選択する必要があります。

モデル名 ThinkPad X390
ディスプレイ 13.3″HD・非光沢 (1366×768)
13.3型FHD・IPS・非光沢(1920×1080 )
13.3″FHD (1920×1080), IPS, 非光沢, タッチ対応
CPU Core i3-8145U
Core i5-8265U
Core i7-8565U
Core i7-8665U
メモリ 4GB~32GB
ストレージ SSD 128GB ~ 1TB
トップカバー カーボンファイバー/PPS (ポリフェニレンサルファイド)
WWAN(LTE) あり/なし
電源アダプター 45W /65W
指紋センサー あり/なし
内蔵カメラ 720p HDカメラ(マイクロフォン付)/IR & 720p HDカメラ(マイクロフォン付)
SDカード・スロット あり/なし

※モデルにより選択できる項目は異なります。

ThinkPad X390の特徴は広めの13.3型液晶搭載でのモバイル性能です。
ビジネス向けのモバイルノートパソコンをお探しの方に是非お勧めしたいモデルです。

ThinkPad X390は軽くて、薄くて、パワフルなモバルノートパソコンをお得に購入したい方にお勧めのモデルです。

ThinkPad X390

価格: 207,900円~(税込)、送料無料 <10/10(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で106,029円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク