マイクロソフト ストア Surface Pro 7を特別価格で販売中 !

持ち運びしやすい 最強ゲーミングノート Legion Y740(15) 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 Legion Y740(15)をレノボ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとLegion Y740(15)は15.6型 FHD IPS液晶搭載のハイパフォーマンス ゲーミングノートPCです。
超絶パフォーマンス高いので本格的なゲームも安心して楽しめるお勧めのモデルです。

スポンサーリンク

まずはLegion Y740(15)の特徴から

このLegion Y740(15)はCPUに第9世代インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー、グラフィックにNVIDIA® GeForce® RTX™ 2070 with Max-Q Design搭載のパワフルなゲーミングノートPCです。
ストレージも起動の速さと大容量を兼ね備えたデュアルストレージ構成となっています。

カラーは落ち着いたブラックとなっています。

Legion Y740(15)のお勧めの使い方

ポイント!

Legion Y740(15)

 

  •  ゲーミングノートPCとして
      スペックが高いので最新もゲームを快適に遊ぶことが出来ると思います。
  •   

  •  メイン ノートパソコンとして
     基本スペックが高いのでオフィスでの利用でも期待に応えるパフォーマンスを見せてくれると思います。
  •  初めてゲーミングノートPCとしてを購入される方の入門機として
      ややこしい接続などを考えることなく買ってそのままゲームを楽しめるのも魅力です

Legion Y740(15)レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うLegion Y740(15)のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、144Hz、約1,677万色、Dolby Vision™ 、NVIDIA®G-Sync) 、光沢なし
メモリ:16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
ストレージ:512GB (PCIe NVMe/M.2)+1TB HDD
グラフィック:NVIDIA® GeForce® RTX™ 2070 with Max-Q Design
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+Killer™ Wireless-AC 1550i+Bluetooth v5.0

※グラフィックにNVIDIA® GeForce® RTX™ 2080 with Max-Q Design搭載モデルもラインナップされています。

 

Legion Y740(15)

価格: 303,600円~(税込)、送料無料 <10/16(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で188,232円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Legion Y740(15)外観チェック

Legion Y740(15)の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーは落ち着いたブラックが用意されています。

LEGIONのロゴ マークです。

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080) となっています。

リフレッシュレートが144Hzと速いので画面の表示の切り替え高速となっています。
通常のノートパソコンだと通常60Hz位なので画面の書き換えが倍以上速いことになります。
リフレッシュレートが高いとゲームなどで利用しても表示の切り替えが早いのでライバルが気づく前に行動できそうですね。

<<正面>>

15.6″FHD IPS 光沢なし(1920×1080)なので光の反射も気にならず見やすい仕上がりの液晶となっています。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

Legion Y740(15)はsRGBで99%、adobeRGBで74%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので標準よりかなり良い数字となっています。

色の再現度重要視される写真現像処理などの用途でも活躍してくれそうですね。

 

本体の外観

<<Legion Y740(15)正面>>

Legion Y740(15)は主な拡張接続は背面に用意されているので利用時にケーブルが邪魔にならなくて使いやすいと思います。
またUSB 3.1 Type-C(Thunderbolt™ 3)が用意されていますので色々なアクセサリを活用することが出来ると思います。
通常のUSBも2つ用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
MiniーDPが用意されている点もポイント高いですよね。

<<右側面>>

・USB 3.0(Powered USB)

<<左側面>>

・マイクロフォン・ヘッドフォン・ジャック
・USB 3.1 Type-C(Thunderbolt™ 3)

<<背面>>

・MiniーDP
・HDMI
・USB 3.0
・イーサネット・コネクター(RJ-45)
・USB 3.1
・電源ジャック
・セキュリティ・キーホール

<<上から>>

15.6型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

高さは19.95mmですので本より少し高いですかね。
通常カバンに入れての持ち運びを考える場合20㎜以下だと入れやすいという印象なので及第点と言えると思います。
19.95mmという数字にもLenovoさんの20㎜以下への強い拘りを感じます。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はうっすらと見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

キーボードの配置は違和感のない配置です。

キータッチは普通レベルですね。

左側にはM1、M2のマクロキーが用意されています。
コマンドを事前に登録をしておくと難しい入力も即座に出来るのでかなり便利ですよね。

※マクロキーの設定画面

タッチパッドは普通レベルだと思います。

電源

電源はちょっと変わった場所でキーボード中央上です。

右上部

左上部

キーボード関連カスタマイズ機能

・キーボードのバックライト

キーボードはバックライトを「Fnキー+スペースキー」押下することで3段階で切り替え可能です。
通常は暗い場所で利用する場合は勿論明るい方が使いやすいのですが飛行機の中など近くに人がいる場合は光を抑えて利用することも可能です。

・マクロキー

先ほども少し触れましたがコマンド入力を事前に登録して置けるマクロキーを設定することが可能です。

画面の角度

画面は普通にほぼ水平まで傾けることも出来ます。

WEBカメラ

前面にHD 720p カメラが用意されています。
 

AC電源

電源は割と大き目なな230wとなっています。
まあスペックが高いので当然必要な電力も多いですし、AC電源が大きいのは仕方ないですかね。

Legion Y740(15) 質量

本体は2,266gでしたホームページ上の数値は約 2.2kg~なのでほぼ同じですね。
このスペックのゲーミングノートPCとしては軽い方だと思います。

AC電源は957gです。

本体+AC電源では3,223gですね。

AC電源の質量を合わせてこれなら15.6型ゲーミングノートPCとしては軽い方ですかね。
薄いですしLANパーティに持ち込む際などは持ち運びしやすいので便利ですよね。

Legion Y740(15) 外観チェックのまとめ

Legion Y740(15)は15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080、144Hz、Dolby Vision™ 、NVIDIA®G-Sync) 、光沢なしが見やすく使いやすい印象のゲーミングノートPCです。
液晶の色域もかなり高い成績なので色が重要なRAW現像などの処理でも活躍してくれそうです。

本体カラーは落ち着いたブラックなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関しては違和感のない配置でタッチも良いので入力しやすいですしマクロキーを登録できるのも◎です。

Legion Y740(15)は詳細で綺麗な映像を楽しめるゲーミングノートPCだと思います。

 

Legion Y740(15)

価格: 303,600円~(税込)、送料無料 <10/16(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で188,232円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Legion Y740(15) パフォーマンスチェック

Legion Y740(15) 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー
メモリ::16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
ストレージ:512GB (PCIe NVMe/M.2)+1TB HDD
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® RTX™ 2070 with Max-Q Design

Legion Y740(15) パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:512GB (PCIe NVMe/M.2)+1TB HDD、グラフィック:NVIDIA® GeForce® RTX™ 2070 with Max-Q Designと
なっています。

かなり、かなりパフォーマンスに期待できる構成となっていますので結果が楽しみです。

performance Test9 による測定結果

6340点と凄く良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらも凄く良い数字です。
爆速のPCIe NVMe/M.2規格のSSDが一番スコアが低いとは正直驚きです。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

スペックがかなり高いのでかなりの高得点が予想されます。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 18705(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 19028(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

こちらではFHDで最高画質のテストも行ってみました。
このスコアであればFHDでも高画質でストレスなくゲームが出来そうですよね。

1920×1080 最高品質: 14485(非常に快適)
1280×720 高品質ノートPC: 18262(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 19126(非常に快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:20470(すごく快適)
1280×720 標準品質:209755(すごく快適)

3DMARK

いや~、すごく良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5,241点と凄く良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5,660点と凄く良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分40秒で現像は終了しました。

これは普通レベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがそれほどストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

搭載されているのはSeagate製のHDDのようです。
すみません、SSDに関してはツールで情報がとれませんでした。
※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal DiskmarkによるSSDの測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい32倍以上早い結果になっています。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ30秒前後半となっています。
これは凄く早い数字だと思います。

1回目:00:39秒
2回目:00:37秒
3回目:00:37秒
4回目:00:39秒
5回目:00:37秒
6回目:00:39秒
7回目:00:38秒
8回目:00:39秒
9回目::00:38秒
10回目:00:39秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大50.1dbでした。

騒音の目安としては「静かな事務所」レベルの静かさです。
実際に聞いた感じですとファンの音が気になるレベルです。

状態騒音量(db)
アイドリング38.5
動画再生時38.9
動画エンコード39.2
ベンチマーク50.1

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で41.7度になっていました。
手で触ってみると少し温かいなという感触でした。
この位の温度であればそれほど気にする必要はないと思います。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力は少ないモデルだと思います。

状態消費電力(Wat)
アイドリング20
動画再生時46
動画エンコード83
ベンチマーク138

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上約3.0時間(JEITA2.0)となっています。
そんなに長くはないのでやはり利用する際はAC電源があった方が安心だと思います。

LEGION Y740 (15) (2019年10月16日)
型番81UH0031JE
CPUインテル® Core™ i7-9750H プロセッサー
OSWindows 10 Home (64bit)
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、144Hz、約1,677万色、Dolby Vision™ 、NVIDIA®G-Sync) 、光沢なし
グラフィックスNVIDIA® GeForce® RTX™ 2070 with Max-Q Design
メモリー16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
ストレージ512GB (PCIe NVMe/M.2)+1TB HDD
ネットワーク有線LAN+Killer™ Wireless-AC 1550i+Bluetooth v5.0
光学ドライブ未搭載
Webカメラあり (前面:HD 720p カメラ)
拡張インターフェイス・ MiniーDP
・ HDMI
・ USB 3.0
・ イーサネット・コネクター(RJ-45)
・ USB 3.1
・ 電源ジャック
・ セキュリティ・キーホール
・ USB 3.0(Powered USB)
・ マイクロフォン・ヘッドフォン・ジャック
・ USB 3.1 Type-C(Thunderbolt™ 3)
バッテリー駆動時間約 3.0時間(JEITA2.0)
本体サイズ(mm)約 361x265x19.95mm(最薄部)
本体質量約 2.2kg
認証(Windows Hello)未搭載
保証引き取り修理(国内)、海外:修理依頼国での修理方法(IWSハードウェア国際保証サービス)に準ずる
オフィスソフトなし
主な付属品ACアダプター、電源コードなど
販売価格352,880円(税込)、送料無料

Legion Y740(15)付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Lenovo Vantage

・Killer Control Center

などです。

セキュリティ

・WINDOWS 機能によるセキュリティ

保証関連

Legion Y740(15)は標準保証:1年間

オプションとして

・2年間 引取修理  サービス
・3年間 引取修理  サービス
・アクシデント・ダメージ・プロテクション

などのサービスがが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

Legion Y740(15)のレビューまとめ

Legion Y740(15)のお勧めポイント

  • ハイパフォーマンス ゲーミングノートPCとして
  • 写真編集などの色が大切で重い処理に期待が出来る
  • 比較的軽量なのでLANパーティなどへの持ち出しての利用にも対応可能

Legion Y740(15)の気になる点

※特になし

管理人の総評

Legion Y740(15)は15.6型FHD・IPS 非光沢液晶搭載の綺麗な画像を楽しめるモデルです。
試せてはないですがこのスペックであればこれ1台でゲームの実況中継の動画配信なども可能だお思います。
専用グラフィック搭載で基本スペックも高いので重いゲームは勿論、動画や写真編集なども快適ノートパソコンとしても使えると思います。

実はこのモデルレビュー用のモデル以外にもう一つ種類があります。

モデルの選び方としては
選択項目として
・グラフィック:
GeForce RTX 2080 with Max-Q Design 、GeForce RTX 2070 with Max-Q Design、GeForce RTX 2060
・メモリ:
8GB、16GB、32GB
・ストレージ:
256GB SSD、512GB SSD、1TB HDD + 512GB SSD、1TB HDD 7200rpm + 1TB SSD
※モデルにより構成が決まります

があります。

グラフィックに関しては当然GeForce RTX 2080 with Max-Q Designの方が高速ですが正直に言うとGeForce RTX 2060でも多くのゲームは快適に遊べると思います。
なので最強を目指すならGeForce RTX 2080 with Max-Q Design、コストパフォーマンスを考えるならGeForce RTX 2060というかたちになるかと思います。
ただし、GeForce RTX 2060のモデルはストレージ容量が256GBですのでゲームを遊ぶには少し少なめなのでその点は留意が必要です。

なのでお勧めとしては「Lenovo Legion Y740 – ブラック」
グラフィック:GeForce RTX 2070 with Max-Q Design
メモリ:16GB
ストレージ:1TB HDD + 512GB SSD

をお勧めします。

Legion Y740(15)の特徴は携帯性の良い最強レベルのゲーミングノートPCです。
コストパフォーマンス的にも高いので初めてゲーミングノートPCを購入される方にもお勧めのモデルです。

Legion Y740(15)は軽くて、薄くて、パワフルなゲーミングノートPCをお得に購入したい方にお勧めのモデルです。

Legion Y740(15)

価格: 303,600円~(税込)、送料無料 <10/16(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で188,232円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました