今回 GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gをドスパラ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは15.6インチ 非光沢 リフレッシュレート144Hz (1,920×1,080)液晶搭載のゲーミングPCです。
スペックも高いですが軽量・薄型でバッテリー駆動時間が長いのでモバイル利用も可能なモデルに仕上がっています。

Contents

まずはGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gの特徴から

このGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは第9世代インテル® Core™ i7-9750Hプロセッサー搭載のパワフルで使いやすいゲーミングPCです。
グラフィックにNVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Qを搭載しているので重いゲームにも十分に対応できます。

薄型・軽量で持ち運びもしやすいのでLANパーティなどへの参加も簡単です。

カラーは落ち着いたガンメタルとなっています。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gのお勧めの使い方

ポイント!

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G

 

  •  ゲーミング用ノートパソコンとして
      専用グラフィック搭載で基本スペックも高いので快適にゲームを楽しむことが出来ると思います。
  •   

  •  大画面モバイル用ノートパソコンとして
     軽量・薄型でバッテリー駆動時間も長いのでモバイル利用に最適です。しかも画面は15.6型で大画面なのでモバイル用だから画面が狭いという心配もありません。
  •  普段使いのメインパソコンとして
      スペック的に凄く高いのでオフィス内で利用するメインパソコンやRAW現像用パソコンとしても利用可能。

  

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gレビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gのモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:第9世代インテル® Core™ i7-9750Hプロセッサー
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:15.6インチ 非光沢液晶 リフレッシュレート144Hz (1,920×1,080)
メモリ:16GB (8GB×2) (PC4-21300 DDR4 SDRAM)
ストレージ:1TB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィック:NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)+Bluetooth 5

※グラフィックにNVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti搭載モデルもラインナップされています。

 

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G

価格: 249,980円~(税抜)+送料 <10/5(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今なら10%ポイント還元!実施中 /

さらにキャッシュレス決済利用なら5%還元も。(2020年6月まで)

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G外観チェック

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gの外観チェックです。

 

本体カラー

カラーは落ち着いたガンメタルが用意されています。

ドスパラさんのゲーミングブランドGALLERIAのロゴ マークです。

今回のモデルはインテル社との協業で設計されていてその証の新しいロゴマークも作成されています。

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080) となっています。

リフレッシュレートが144Hzというのもポイントが高いです。
通常のノートパソコンだと通常60Hz位なので画面の書き換えが倍以上速いことになります。
リフレッシュレートが高いとゲームなどで利用しても表示の切り替えが早いのでライバルが気づく前に行動できそうですね。

<<正面>>

15.6″FHD IPS 光沢なし(1920×1080)なので光の反射も気にならず見やすい仕上がりの液晶となっています。

4.5mmの超狭額ベゼルなので没入感も高いですね。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

GALLERIA GCR2070RGF-QC-GはsRGBで95%、adobeRGBで71%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので標準よりかなり良い数字となっています。

色の再現度重要視される写真加工などの用途でも使えそうですね。

 

本体の外観

<<GALLERIA GCR2070RGF-QC-G正面>>

ライトも光ります。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-GはUSB Type-C 3.1Gen2 /Thunderbolt3 ×1が用意されていますので最新の色々なアクセサリを活用することが出来ると思います。
通常のUSBも2つ用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
電源や有線LANなど通常ケーブルを刺した状態で利用するものは背面になっているので利用する際に邪魔にならなくて良いと思います。

<<右側面>>

・マルチカードリーダー(SD/SDHC/SDXC)
・USB3.1(Type-A/Gen1)×2

SDカードを奥まで挿入した状態

<<左側面>>

・ケンジントンロック
・USB3.1(Type-A/Gen2) ×1
・マイク/イヤホンジャック

<<背面>>

・USB Type-C 3.1Gen2 /Thunderbolt3 ×1
・HDMI出力
・有線LAN
・電源

左右にある排気口はかなり強力です。

<<上から>>

15.6型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

20.5mmですので本よりほんの少し高い位ですね。
これならカバンにも嵩張らずに入れることが出来そうです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はうっすらと見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

キーボードに関してはテンキーなしのキーボーとなります。
メカニカル式と同等の打鍵感というだけあって入力はし易かったですね。

ただキーボードの配置に関しては「Enter」キーの右側に1列「Home」キーなどが配置されているので若干慣れが必要という気がします。
ただこの配置は他メーカーの有名ブランドでも同様の配置をしているので慣れれば特に問題はないかと思います。

上部:右上

電源ボタンの左側にあるボタンは動作モードをワンタッチで切り替えることが出来るボタンです。
順番は押すたびにPerformance⇒Balance⇒Battery Saver⇒Performance…の順番で切り替わっていきます。

現在設定されているモードはボタンの表示でも把握できます。
3つ光っている:Performance
2つ光っている:Balance
1つ光っている:Battery Saver

※下の写真はPerformanceです。

上部:左上

タッチパッドは普通レベルだと思います。

キーボード関連カスタマイズ機能

・キーボードのバックライト

キーボードの光り方を自分好みにカスタマイズすることが出来ます。
もちろん利用する場所によっては光らない方が良いのでオフに設定することも可能です。

画面の角度

画面はここまで傾けることも出来ます。
まあ普通に利用する分には十分ですかね。

WEBカメラ

前面にWindows Hello対応 WEBカメラが用意されています。
なのでセキュリティ面でも安心ですし、素早くログオンをすることが可能です。

 

AC電源

電源は結構大きいです。
まあ専用グラフィック搭載なので必要な電力も多いので仕方ない部分ですかね。
でも正直、パソコン本体は軽量なのでもう少し頑張れなかったのかなという印象は有ります。

管理人がいつも使っている45w AC電源との大きさ比較。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G 質量

本体は1,848gでしたホームページ上の数値は1.87Kg~なので若干軽めですね。
15.6型として物凄く軽いと思います。

AC電源は816gです。
大きいので当然質量も。。。となりますよね。

本体+AC電源では2,663gでした。

AC電源の質量を合わせてこれならかなり軽いと思います。
同等のスペックのゲーミング ノートPCは本体だけで3㎏を超えるモデルが多いのでかなり良いと思います。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G 外観チェックのまとめ

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは15.6インチ 非光沢液晶 (1,920×1,080)が見やすく表示の切り替えも早い使いやすい印象のゲーミングノートPCです。
液晶の色域もかなり高い成績なので色が重要な写真編集やイラスト作成などでも活躍してくれそうです。

本体カラーは落ち着いたガンメタルなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関しては配置的に若干慣れが必要な部分は有りますが全般的には使いやすいと思います。

質量も軽く、薄いので持ち運びにも便利な仕上がりになっていると思います。
ただし、AC電源に関しては必要な電力容量が多いので大きめのものが採用されています。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは軽量・コンパクトで持ち運びにも対応可能なゲーミングノートPCだと思います。

 

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G

価格: 249,980円~(税抜)+送料 <10/5(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今なら10%ポイント還元!実施中 /

さらにキャッシュレス決済利用なら5%還元も。(2020年6月まで)

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G パフォーマンスチェック

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-9750Hプロセッサー
メモリ::16GB (8GB×2) (PC4-21300 DDR4 SDRAM)
ストレージ:1TB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィックス:NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G パフォーマンスチェック

CPU::Core™ i7-9750Hプロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:1TB (PCIe NVMe/M.2)、グラフィック:NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Qと
なっています。
※ベンチマークの測定はPerformanceモードで行っています。

ノートパソコンとしてはかなりパフォーマンスに期待できる構成となっていますので結果が楽しみです。

Performance Test9 による測定結果

6350点物凄く良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックに関しては内臓グラフィックが利用されているので低めのスコアとなっています。
その他のスコアに関してはかなり良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

スペック的にもかなり高いのでスコアは期待できると思います。
結果としてはFHDでもかなりの種類のゲームをストレスなく遊べそうです。
リフレッシュレートも高いので管理人も快適にゲーム遊べました。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 15889(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 16337(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

FHD、最高画質でもベンチマーク行ってみました。
こちらも凄く良いスコアです。

1920×1080 最高品質: 12871(非常に快適)
1280×720 高品質ノートPC: 15843(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 16224(非常に快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:17642(すごく快適)
1280×720 標準品質:17904(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

※比較のためにBattery Saverで測定を行ってみました。
 スコア的にはかなり高いですがPerformanceモードと比較する3D処理に関してはとかなり差があるようです。

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 4,671点と凄く良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5,549点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

VR TESTによる測定結果

VRに関してもストレスなく遊べそうです。

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分38秒で現像は終了しました。

※Battery Saverの場合は1分49秒

これはかなり早い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがPerformance、Battery Saver共にサクサク操作でした。

ストレージ情報

搭載されているのはIntel製のSSDのようです。
※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい19倍以上早い結果になっています。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

通常レベルよりもかなり早いですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ50秒前半までとなっています。
これは早めの数字だと思います。

1回目:00:55秒
2回目:00:54秒
3回目:00:53秒
4回目:00:54秒
5回目:00:55秒
6回目:00:54秒
7回目:00:53秒
8回目:00:54秒
9回目:00:54秒
10回目:00:55秒

静音性および温度チェック

ここは通常利用する「Battery Saver」とゲーム時などで利用する「Performance」の2つのモードで測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ「Battery Saver」モードでは最大46.5dbでした。
これ想定していたよりもかなり静かです。
騒音の目安としては「静かな事務所」レベルの静かさです。

「Performance」モードに関してはアイドリング時からやる気満々の46.8dbで
最高値は64.3dbでした。
この状態は少し離れていてもファンが回っているのが判る位のレベルでした。

「Battery Saver」モード

状態 騒音量(db)
アイドリング 39.2
動画再生時 39.3
動画エンコード 46.5
ベンチマーク 43.5

「Performance」モード

状態 騒音量(db)
アイドリング 46.8
動画再生時 47.0
動画エンコード 64.3
ベンチマーク 61.7

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度は「Performance」モードでのベンチマーク時で44.8度になっていました。
もう少し温度は上がるのかと思っていたのですが熱は排気が優秀なのだと思いますが手で触ってみると少し温かいなという感触でした。
この位の温度であればそれほど気にする必要はないと思います。

「Battery Saver」モード

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

「Performance」モード

サーモセンサーによる温度測定も併せて行ってみました。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

測定は「Performance」モードで行っています。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て電力はかなり消費していますね。
特に「Performance」モードのベンチマークは130Watとかなり消費しています。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 37
動画再生時 36
動画エンコード 71
ベンチマーク 52

「Performance」モード

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 54
動画再生時 56
動画エンコード 127
ベンチマーク 130

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上約10 時間/MobileMark 2014となっています。
※Battery Saverモード時とのこと

参考用にPCMARK8でバッテリー駆動時間を測定してみました。
補足:一般的にこちらはベンチークの処理を常に行いながらの測定となるのでMobileMark 2014の数字よりはかなり短くなります。

・Performanceモード測定

・Battery Saverモードで測定

GCR2070RGF-QC-G (2019年10月7日)
型番 GCR2070RGF-QC-G
CPU 第9世代インテル® Core™ i7-9750Hプロセッサー
OS Windows 10 Home 64 bit
ディスプレイ 15.6インチ 非光沢液晶 リフレッシュレート144Hz (1,920×1,080)
グラフィックス NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q
メモリー 16GB (8GB×2) (PC4-21300 DDR4 SDRAM)
ストレージ 1TB (PCIe NVMe/M.2)
ネットワーク 有線LAN+Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)+Bluetooth 5
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ Windows Hello対応 WEBカメラ
拡張インターフェイス ・USB3.1 type-c(Thunderbolt3対応)
・USB3.1 Gen2 x1
・USB3.1 Gen1 x2
・マイク入力 x1
・ヘッドフォン出力x1
・HDMI x1
バッテリー駆動時間 約10 時間/MobileMark 2014
本体サイズ(mm) 356.4×233.7×20.5(最薄部)mm
本体質量 1.87Kg(バッテリー含む)
認証(Windows Hello) 顔認証
保証 1年間
オフィスソフト なし
主な付属品 ACアダプター
販売価格 249,980円(税抜)+送料

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Contorol Centere

などです。

セキュリティ

・顔認証
 
 

保証関連

標準で「持ち込み1年保証」が付属しています。

オプションとして
・2年間延長保証
・3年間延長保証

また拡張サービスとして修理代が無料になるセーフティサービスが用意されています。
セーフティサービスは毎月ポイントが貰えるお得なプランも用意されているので検討してみては如何でしょうか。

セーフティサービスの詳しい情報はこちらからご確認頂けます。
ドスパラ公式ページ

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gのレビューまとめ

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gのお勧めポイント

  • 本格的なゲーミングノートPCなので軽量・薄型で持ち運びが簡単
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待が出来る
  • 色域も広いので写真編集などにも期待が出来る

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gの気になる点

必要な電力が大きいので仕方ない部分が大きいがAC電源が大きめ

管理人の総評

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは15.6型 FHD・非光沢液晶搭載の詳細で綺麗な画像を楽しめるモデルです。
液晶のリフレッシュレートも高いので素早く映像の表示切替が行われてゲームを有利に進めることも出来ます。

基本スペックもかなり高いですし、何と言ってもグラフィックはNVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q搭載なのでMAX級のパワーを秘めていると思います。
しかもこのスペックで質量1.87Kg、高さ20.5(最薄部)mm、バッテリー駆動時間10時間とモバイル用PCに近いスペックを持っています。

今まで本格的なゲーミングPCであれば普通に3㎏を超えるものが殆どでしたがこの軽さであればLANパーティなどへの参加も軽々です。

3つのモードの使い分けとしては通常はやはり「Battery Saver」モードで利用するのが良いと思います。
正直普通に利用する分には十分なパワーがあると思います。

「Battery Saver」モードと「Performance」モードを比較した場合CPUのみで処理する場合はそれほど大きな差は出ないようですがグラフィックの動作はかなり差が出るのでゲームなどのグラフィックの重い処理を行う場合は「Performance」モードを利用する方が良いと思います。

実はこのシリーズ2モデル用意されています。

両モデルの違いは下記スペック表にもある通り
グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti、NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q
ストレージ:512GB (PCIe NVMe/M.2)、1TB (PCIe NVMe/M.2)
となっています。

スペック比較表

機種名 GCR1660TGF-QC-G GCR2070RGF-QC-G
画面 15.6インチ 非光沢液晶 リフレッシュレート144Hz (1,920×1,080)
CPU 第9世代インテル® Core™ i7-9750Hプロセッサー
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリ 16GB (8GB×2) (PC4-21300 DDR4 SDRAM)
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q
SSD 512GB (PCIe NVMe/M.2) 1TB (PCIe NVMe/M.2)
ネットワーク 有線LAN+Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)+Bluetooth 5
バッテリ駆動時間 約10 時間/MobileMark 2014
質量 1.87Kg(バッテリー含む)
サイズ(mm) 356.4×233.7x20.5(最薄部)mm
拡張I/F ・USB3.1 type-c(Thunderbolt3対応)
・USB3.1 Gen2 x1
・USB3.1 Gen1 x2
・マイク入力 x1
・ヘッドフォン出力x1
・HDMI x1
セキュリティ Windows Hello対応 WEBカメラ
価格(税抜) 189,980円 249,980円

選び方としてはやはり遊ぶゲームで必要なパワーですね。
パワーが必要な方はNVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Max-Q搭載モデル、コストパフォーマンスも重視する方はNVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti搭載モデルとなると思います。
ノートパソコンの場合はデスクトップ パソコンと違って後からグラフィックをアップグレードすることは難しいので予算が許すようであれば上位モデルを選択することをお勧めします。
その方が長い間快適に遊ぶことが可能になると思います。

使い方として例えばRAW現像などを中心に利用したいという方は重視されるのはCPUの性能(両モデルともにCPUは同じ)ですのでより購入しやすいNVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti搭載モデルを選択されるのも有りだと思います。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gは軽くて、薄くて、パワフルなゲーミングノートPCをお得に購入したい方にお勧めのモデルです。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G

価格: 249,980円~(税抜)+送料 <10/5(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今なら10%ポイント還元!実施中 /

さらにキャッシュレス決済利用なら5%還元も。(2020年6月まで)

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク