HP ENVY x360 15 VS LAVIE Note Standard  どちらがお買い得なのか検証してみた。

スポンサーリンク

HP ENVY x360 15とLAVIE Note Standardどちらも人気が高い15.6型のノートパソコンですがどちらがお買い得なのか検証してみた。

最初に結論を書いておくと

  • パフォーマンスがよくお買い得度の高いのはHP ENVY x360 15
  • 初心者にもやさしいのはLAVIE Note Standard

となります。

両モデルの主なスペックは以下の様になっています。
両モデルの特徴としてはメモリ・ストレージに関してはほぼ同スペックとなっていてCPUがAMD製のRyzen 7とインテル製のCore i7と異なっている点です。
もう一点としてはHP ENVY x360 15はタッチ操作可能で画面を360度回転することが出来ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える2in1タイプのタブレットPCであるという点ですね。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard
型番15-ds0000AUPC-NS700NAB-2
CPUAMD Ryzen 7 3700UCore i7-8565U
OSWindows 10 Home (64bit)
ディスプレイ15.6型・FHD・IPS/タッチ15.6型ワイド・FHD
メモリ8GB DDR4
グラフィックRadeon Vega 8インテル® UHD グラフィックス 620
SSD 約512GB(PCIe)

両モデルの個別レビュー記事はこちらからご確認頂けます。

・HP ENVY x360 15

HP ENVY x360 15 高コスパなタブレットPC 実機レビュー
高パフォーマンスなタブレットPC HP ENVY x360 15の実機レビュー AMD Ryzen搭載でタッチ操作も可能な使い勝手の良いモデルです。 セキュリティ的にも指紋認証や「プライバシーカメラキルスイッチ」が搭載されていて安心度の高いモデルに仕上がっています。 そんなHP ENVY x360 15を管理人視点でレビューしています。

・LAVIE Note Standard

LAVIE Note Standard(2019年夏モデル) 実機レビュー ソフトも充実ですぐに使える
LAVIE Note Standard(2019年夏モデル) 実機レビューです。 Core i7搭載でパフォーマンスにも優れていてソフトも充実しているのでパソコンが初めての方にもお勧めです。 またお子様向けの安心設定などお子様をインターネットの危険から守ることが出来るソフトが添付されているのもポイントが高いです。
スポンサーリンク

両モデルの外観比較

両モデルの大きさ、液晶などを比較していきます。

両モデルの大きさ

サイズ的には以下のようになっていて質量的には実測では本体はほぼ同じでAC電源は若干LAVIE Note Standardの方が軽いようです。
サイズ的にはLAVIE Note Standardの方が一回り大きい印象ですね。

※写真上は左がHP ENVY x360 15、右がLAVIE Note Standardです。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard
大きさ359×245×17- 18mm363×255×22.9mm
本体質量(Web)1.98 kg約2.2kg
本体質量(実測)1983g1918g
AC電源290g162g

両モデルの液晶

スペック的には
・HP ENVY x360 15
15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ(1920×1080 )
・LAVIE Note Standard
15.6型ワイド スーパーシャインビューLED液晶(Full HD)

となっています。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果は

・HP ENVY x360 15 はsRGBで60%
・LAVIE Note StandardはsRGBで57%

ですのでHP ENVY x360 15の方がほんの少し良い数字となっています。

ただ肉眼で見た感じでは HP ENVY x360 15はIPS液晶なので全般的に見やすいという印象でした。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard

ベゼルはHP ENVY x360 15の方が薄い(特に縦)ので没入感は高いと思います。

両モデルのオーディオ

レビュー時に測定した「Audio Frequency Analyzer」というアプリで測定した結果を参考にしてみます。
比べてみるとHP ENVY x360 15の方が低音、高音域でバランスが良いように見えます。
実際聞いてみた印象でも管理人的にはHP ENVY x360 15の方が好みでした。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard

両モデルのパフォーマンス比較

両モデルの個別レビューの際に行ったベンチマーク結果を基に比較してみました。

結果としては3D処理などはHP ENVY x360 15の方がかなり良いスコアを出しています。
但し3D処理を伴わないベンチマークについてはLAVIE Note Standardの方が若干良いようです。
原因としては搭載しているCPUの違いが大きいものと思われます。

※ベンチマーク結果比較表(抜粋)

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard
CINEBENCHI R2013371228
performance test932373806
ファイナルファンタジーxiv
紅蓮のリベレーター
1280×720 高品質ノートPC
52153008
3DMARK Fire Strike21951093
PCmark 8 Home accelerated38523743
Work accelerated48224914
PCmark 1037183429
Crystal Diskmark
SeqQ32Ti
33793524

両モデルの添付ソフトウエア

ソフトウエアについてはLAVIE Note Standardの方が
・Power Director16 (動画編集ソフト)
・CyberLink PhotoDirector for NEC
なども付属していてかなり充実しています。

さらにお子様用の使い方ガイドなども用意されているのでご家族で安心して利用できると思います。

一方HP ENVY x360 15はPCを利用する上で必要なソフトに重点が置かれているのでソフトは自分の好みのものを利用したいという方にお勧めです。

両モデルのセキュリティ

両モデルのセキュリティの一般的なセキュリティ機能を比較すると以下のようになります。
指紋認証を利用できるHP ENVY x360 15の方が若干良いと思います。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard
指紋認証
顔認証
ウイルス対策ソフト
覗き見防止機能
カメラ機能オフ設定

両モデルの総合評価

両モデルの評価を表にまとめると以下のようになります。

価格やパフォーマンスではHP ENVY x360 15の方が良くて
添付ソフトや使い方サポートなどはLAVIE Note Standardの方が良いと思います。

両モデルの選び方としては
パソコンに慣れている方でパフォーマンスや価格を重視する方はHP ENVY x360 15の方がお薦めです。
あとHP ENVY x360 15はタブレットPCなので利用する場所によりノートパソコンとしてやタブレットとしてと使い方を選べるというのも魅力的です。
LAVIE Note Standardの方は添付ソフトが充実しているのでパソコンは初めてで全部入りの方が有難いという方にお勧めです。
パソコンやソフトの使い方に関しても動画なども用意されていて初心者に優しいと思います。

HP ENVY x360 15LAVIE Note Standard
外観比較
液晶
オーディオ
パフォーマンス
添付ソフトウエア
セキュリティ
価格(レビュー時)104,800円143,040円

HP ENVY x360 15 スタンダードモデル

価格:104,800円~(税抜)+送料 <2/24(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン特別価格適用で75,500円!~(税抜)+送料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

LAVIE Note Standard(NS700/NA)

価格:178,800円(税抜)、送料無料 <2/24(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン特別価格適用で143,040円!~(税抜)、送料無料/

この商品の詳細はこちらから確認できます。

タイトルとURLをコピーしました