WiFiアクセスポイントにも出来るぞ! 搭載ソフトウエア チェック

ThinkPad X1 Yogaに搭載されている設定用のソフトウエアのチェックをしてみたいと思います。

搭載されているのはLenovo Settingというソフトです。

出来ることは以下のような項目です。

入力の設定
ThinkPad-x1-yoga-48

ディスプレイの設定

ThinkPad-x1-yoga-52

カメラの設定

ThinkPad-x1-yoga-51

 

 

オーディオの設定

ThinkPad-x1-yoga-50

入力デバイスの設定

ThinkPad-yoga260-19

ネットワーク&ワイヤレスの設定
ThinkPad-x1-yoga-49

この中で特に注目はネットワーク&ワイヤレスの設定の部分です。

これはWindows7から搭載されているSoftAPという機能で実はWindows10にも隠し機能として搭載されています。
しかし隠し機能になっているだけあって動作しないパソコンも多くなっています・

SoftAPとは無線LANを利用しているコンピュータが、IEEE802.11無線LANのアクセス・ポイントとして振る舞う機能です。
要は今使っているパソコンがアクセスポイントになるという事です。

これがこのソフトを利用すると簡単に使えます。
使い方はホットスポット名とパスワードを設定して共有の開始ボタンを押下するだけです。
正直これだけで使えるのは便利すぎます。。

これで有線LANしかないホテルなどで簡単に他のデバイスを接続できるようになります。
※有線LAN利用には別売りのオプションが必要です。/勿論無線LANに接続した状態でも利用可能です。

ThinkPad X1 Yogaの管理人の感想

薄型・軽量で持ち運びにも適していてしかもパフォーマンスもかなり期待できるのでお勧めできるタブレットパソコンだと思います。

しかも使う状況に合わせてモードを切り替えて利用できる点なども便利で良いと思います。

特に出張がちなビジネスマンで今タブレットとノートパソコンを2台持ち歩いている方には荷物を減らす意味でもお勧めです。

 

掲載商品の情報

掲載商品の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。
>>>詳細情報はこちら

お得なクーポン情報はこちらからご確認いただけます。
>>>WEB限定クーポン情報

 
 

<<関連記事>>


スポンサードリンク