Lenovo様のご厚意でLenovo Legion C530のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います

このLenovo Legion C530はグラフィックにNVIDIA® GeForce® GTX 1060を搭載した持ち運びに便利なハンドルを装備したPCです。
質量も約11kgと軽量なのでLANパーティに参加するときなどに非常に便利です。

Lenovo Legion C530 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-8700 プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM
グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1060
ストレージ:2TB (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ) /インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+IEEE 802.11ac/a/b/g/n+Bluetooth v4.2

※ランナップにCore i5搭載モデルもあります。

 

Lenovo Legion C530

価格: 201,960円(税込)、送料無料 <4/17(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で135,313円!(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Lenovo Legion C530 外観チェック

Lenovo Legion C530の外観チェックです。
 

本体の外観

<<前面>>

・USB 3.0 x 2
・ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック x 1
・マイクロホン x 1

<<左側面>>

こちらの面のサイドカバーを外す場合はドライバーが必要です。

<<右側面>>

左側面と同様に配置されているものは有りません。

こちらの面は簡単にツールレスで外すことが出来ます。

・ここの部分を引っ張りながらサイドを外すことが出来ます。

・外れた状態

<<裏面>>

・USB 3.1 Gen2 x 2
・USB 3.0 x 2
・USB 2.0 x 2
・ライン出力 x 1
・イーサネットコネクター x 1″

<<上面>>

電源が入っていると赤く光ります。

<<電源ボタン>>

 

Lenovo Legion C530 パフォーマンスチェック

基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-8700 プロセッサー
メモリ:16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM
ストレージ:2TB (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ) /インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® GTX 1060

パフォーマンスチェック

CPU: Core i7、メモリ:16GB、ストレージ:2TB ハードドライブ、グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1060なのでかなりのパフォーマンスが期待できるスペックです。

特にインテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)搭載でストレージのパフォーマンスがどの程度になるかは興味があるところです。

Performancd Test9による測定結果

4393.6とかなり良い数字です。

WIN Scoreによる測定結果

ストレージ以外はかなり良いスコアですよね。
やはりHDDなのでスコアは若干低めです。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280X720 高品質ノートPC: 10730(非常に快適)
1280X720 標準品質ノートPC:18337(非常に快適)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:21673(すごく普通)
1280X720 標準品質:21949(すごく普通)

3DMARK ベンチマーク

こちらもかなり良い結果です。

Fire Strike

Fire Strike Ultra

Time Spy

Time Spy Extreme

Steam VRパフォーマンステスト

こちらも良いスコアだと思います。

PCmark 8

Home accelerated

家庭での利用を想定したベンチマークです。
スコアは4707なので快適に使えると思います。

Work accelerated

ビジネス利用を想定したベンチマークです。
スコアは5115なのでかなり快適に使えると思います。

PCmark 10

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分36秒で現像は終了しました。
これは凄く早い良い数字だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージの情報

Crystal Diskmarkによる測定です。
インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2) 搭載なので通常のHDDよりもかなり早いです。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
さすがインテル® Optane™ メモリー搭載です、HDDとしてはかなり早い方ですかね。

1回目:00:44秒
2回目:00:43秒
3回目:00:43秒
4回目:00:43秒
5回目:00:44秒
6回目:00:44秒
7回目:00:43秒
8回目:00:44秒
9回目:00:44秒
10回目:00:44秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大43.5dbでした。

騒音の目安としては「静かな事務所」レベルです。

動画エンコード処理など負荷が掛かる状態では小さな音ですがファンの音が聞こえていましたが気になるほどの音では無かったです。

状態 騒音量(db)
アイドリング 39.8
動画再生時 40.1
動画エンコード 43.1
ベンチマーク 43.5

表面温度のチェック

騒音テストと同様に動画のエンコード処理を行い計測しました。
熱を持つのは本体上部の様で最大で44.1℃と開始時と比べてかなり熱くなっていました。
ただ、通常触る部分ではないので操作にはあまり影響はないと思います。

まあ、極端な負荷をかけて計測しているのでレビューで普通に使っているときもそうでしたが通常利用ではこんなには熱くならないと思います。

HWMINITORで動画エンコード時とベンチマーク時の温度を測定してみました。

・動画エンコード時

・ベンチマーク時

消費電力のチェック

動画エンコード時とベンチマーク時の消費電力を測定を行ってみました。

やはり外部GPUがかなり電力を使うようですね。

状態 消費電力(Wat)
動画エンコード 143
ベンチマーク 77

 

 

Lenovo Legion C530(2019年4月17日時点)
型番 90JX003MJM
CPU インテル® Core™ i7-8700 プロセッサー
OS Windows 10 Home (64bit)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1060
メモリー 16GB (8GBx2) PC4-21300 DDR4 SDRAM UDIMM
ストレージ 2TB (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ) /インテル® Optane™ メモリー (16GB / NVMe M.2)
ネットワーク 有線LAN+IEEE 802.11ac/a/b/g/n+Bluetooth v4.2
光学ドライブ 未搭載
インターフェイス 前面:USB 3.0 x 2、ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック x 1、マイクロホン x 1
背面:USB 3.1 Gen2 x 2、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、ライン出力 x 1、イーサネットコネクター x 1
本体サイズ 約 238x358x305mm
本体質量 約 11kg (最大構成時)
保証 1年間/国内・引き取り修理
オフィスソフト なし
主な付属品 電源コ-ド、マニュアル類、購入証明書など
販売価格 201,960円(税込)、送料無料

Lenovo Legion C530 付属ソフトチェック

Lenovo Vantageというメンテナンス用のソフトが用意されています。

あとグラフィックカード設定用のソフトもあります。

Lenovo Legion C530のレビューまとめ

Lenovo Legion C530 のお勧めポイント

  • 基本スペックが高いのでパフォーマンにに期待が出来る
  • 軽量で取っ手有って持ち運びしやすいのでLANパーティなどに便利
  • 価格設定もかなりこなれていてお得感がある

Lenovo Legion C530の気になる点

※特になし

管理人の総評

持ち運びもし易くパフォーマンスも良いので使えるモデルだと思います。

有線LANの他に無線LANにも対応しているので設置場所に困らないですむのも嬉しですよね。

Lenovo Legion C530は持ち運びのし易いハイパーフォーマンスモデルをお得に購入したいという方にお勧めのモデルです。

 

Lenovo Legion C530

価格: 201,960円(税込)、送料無料 <4/17(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で135,313円!(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク