⇒日本HP OMEN by HP 40L Desktop 限定10%OFFクーポン

GeForce RTX搭載 HP ENVY Desktop TE01実機レビュー

スポンサーリンク

今回 HP ENVY Desktop TE01-1000jpを日本HP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。


※ディスプレイは管理人所有のものです。 

最初に結論を書いておきますとHP ENVY Desktop TE01-1000jpはグラフィックにNVIDIA® GeForce RTX搭載のパワフルなデスクトップPCです。
ネットワークも有線LANと最新のWifi6搭載なので快適に利用できるモデルだと思います。

スポンサーリンク

まずはHP ENVY Desktop TE01-1000jpの特徴から

このHP ENVY Desktop TE01-1000jpの特徴はCPUに第10世代インテルCoreシリーズ搭載でメモリも最大で32GB搭載なので8k編集など重い処理にも使えるスペックを持ったモデルです。
フロントベゼルにサーマルルーバーが採用されていて廃熱効率も高いので安心して使えると思います。

HP ENVY Desktop TE01-1000jpの選択できる主な項目は以下のようになっています。

 CPU    インテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
インテル® Core™ i5-10400F プロセッサー
OSWindows 10 Pro 64bit
メモリ16GB、32GB DDR4
ストレージSSD 256GB+ HDD 2TB、SSD 512GB+ HDD 2TB
グラフィックNVIDIA® GeForce™ GTX 1650 Super
NVIDIA® GeForce™ GTX 1660 Super
NVIDIA® GeForce RTX™ 2060 Super
NVIDIA® GeForce RTX™ 3060 Ti

※モデルにより選択できる構成が決まります。

HP ENVY Desktop TE01-1000jpのお勧めの使い方

ポイント!

HP ENVY Desktop TE01-1000jp

  • 動画編集などクリエイティブな作業用PCとして
    大容量メモリ搭載なのでかなり活躍に期待出来そうです
  • メイン PCとして
    基本スペックが高いのでメイン PCとして使えると思います

HP ENVY Desktop TE01-1000jpレビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP ENVY Desktop TE01-1000jpのモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU
インテル® Core™ i7-10700F
OS
Windows 10 Pro 64bit
メモリ
32GB DDR4-2933MHz (最大32GB)
SSD
512GB M.2 SSD (PCIe NVMe)+2TB HDD
GPU
‘NVIDIA® GeForce RTX™ 2060 Super
ODD
DVDライター
N/W
有線LAN+Wi-Fi 6+ Bluetooth5.0

 

HP ENVY Desktop TE01-1000jp

価格:215,600円~(税込)+送料 <6/23(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で169,800円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp外観チェック

HP ENVY Desktop TE01-1000jpの外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはナイトフォールブラックが用意されています。

ブラックは場所を選ばずに使えて良いですよね。

本体の外観

<<HP ENVY Desktop TE01-1000jp正面>>

①電源ボタン
②ヘッドフォン / マイクコンボジャック
③SuperSpeed USB Type-A 5Gbps
④SuperSpeed USB Type-A 5Gbps
⑤SuperSpeed USB Type-A 5Gbps
⑥SuperSpeed USB Type-A 5Gbps
⑦メディアカードリーダー
⑧SuperSpeed USB Type-C™ 5Gbps×1

SDカードを挿入した状態

HP ENVY Desktop TE01-1000jpは最新規格のThunderbolt™搭載していますので最新のアクセサリが利用できると思います。
通常のUSBに関しても前面4つ、背面4つと豊富に用意されていますので足りなくなることは余りないと思います。

<<右側面>>

<<左側面>>

左側面のパネルを外して簡単に内部にアクセスすることが出来ます。
※パネルは背面のねじを1本外すことで外れます。
但しミニタワーなのでコンパクトに収納されているので個々のパーツにアクセスるのは若干手間や注意必要です。
正直、本モデルの拡張性はあまり期待しない方が良いと思います。
容易に交換できそうなパーツはメモリ位ですが多くのモデルは最大容量の32GB搭載ですしね。

<<背面>>

①ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1
②HDMI(未使用)
③USB 2.0 Type-A ×2
④USB 2.0 Type-A ×2
⑤有線LAN
⑥HDMI2.0b
⑦DisplayPort1.4a
⑧DVI-D

<<上面>>

<<底面>>

キーボード

本モデルにはワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウスが標準で付属しています。
接続はUSBを利用したワイヤレス接続です。

キーの配置としては違和感ない配置なので使い易いと思います。
ただ若干ストロークは浅めなので人によっては慣れが必要かもしれないですね。

・全体

・右側

・左側

マウス

 裏面、電源スイッチはこちらにあってスライド方式です。

 電源は乾電池となっています。
 ※交換は上部を取り外すことで簡単に出来ます。

拡張性

拡張性に関しては先にも記載しましたがあまり期待しない方が良いと思います。
簡単にアクセスできるアイテムはメモリですがそれでも場所的にケーブル等を取り外してから行う必要が有ります。
あと3.5インチ ドライブベイが空いていますのでSATA接続のHDDなどは増設可能だと思いますがケーブル等の用意も必要で場所的にもアクセスしづらいのであまりお勧めできないですね。

電源

電源は内蔵500W電源、80PLUS GOLDの物が採用されています。
※モデルにより310W、400W電源が用意されています。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp サイズ・質量

本体サイズはミニタワー型 (縦置き)で 約 155 × 316 × 339 mmとなっています。

icon
icon

質量に関しては約 6.3 kgと比較的軽量となっています。
スタンダードモデル、パフォーマンスモデルはさらに軽量で約 5.7 kgと比較的軽量となっています。
この位軽ければ女性でも気軽に設置場所を変更できると思います。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp 外観チェックのまとめ

HP ENVY Desktop TE01-1000jpはナイトフォールブラックと落ち着いたカラーが用意されていて筐体もコンパクトなので設置場所に困ることは少ないと思います。
排熱し処理が効率的なのも良いですよね。

拡張性に関しては本体がミニタワー型の関係も有り正直低いと思います。
ただしUSBなどは十分な数が用意されているのでそれほど困らないと思います。
もし拡張性が重要であればフルタワー筐体などの別モデルを検討されることをお勧めします。

キーボードに関しては違和感のない配置で使い易いと思います。

比較的軽量でWifiも用意されているので設置場所の移動も容易に行うことが出来るモデルだと思います。

HP ENVY Desktop TE01-1000jpは強力でコンパクトなPCだと思います。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp

価格:215,600円~(税込)+送料 <6/23(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で169,800円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp パフォーマンスチェック

HP ENVY Desktop TE01-1000jp 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
メモリ:32GB (16GB×2) DDR4-2933MHz (最大32GB)
ストレージ:512GB M.2 SSD (PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
グラフィックス:NVIDIA® GeForce RTX™ 2060 Super

HP ENVY Desktop TE01-1000jp パフォーマンスチェック

CPU:インテル® Core™ i7-10700F 、メモリ:32GB、ストレージ:512GB SSD+2TB HDD、グラフィック:NVIDIA® GeForce RTX™ 2060 Superとなっています。

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

※インテル® Core™ i7-10700F プロセッサーのデータ

インテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
コア/スレッド数8/16
基本クロック2.90 GHz
ターボ・ブースト最大 4.80GHz
キャッシュ16 MB Intel® Smart Cache
TDP65W

スレッド数は16なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

performance Test10 による測定結果

※Test10に変更になっています。

7009点と良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらも良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR23がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15
・R23

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム用のPCではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としては多くのゲームを快適に遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質デスクトップPC: 21171(非常に快適)
1280×720 標準品質デスクトップPC:22845(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質デスクトップPC: 20306(非常に快適)
1280×720 標準品質デスクトップPC: 22729(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

この重いベンチマークでも快適に遊べそうです。

1920×1080 高品質: 8075(快適)
1920×1080 標準品質: 10810(とても快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:24033(すごく快適)
1280×720 標準品質:23968(すごく快適)

スコアが逆転してしまっていますがあまりにハイパフォーマンスの場合旨く計測できないことがあるようでたまに起こります。

3DMARK

こちらもかなり良いスコアになっています。

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike EXTREMEによる測定結果

TIME SPYによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5256点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5540点となっています。
 

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Advanced Editionによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分12秒で現像は終了しました。

これはかなり早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に操作出来ました。

ストレージ情報

容量的にはSSD 512GB、HDD 2TBで空き容量はSSD 426GB、HDD 1862GB(未使用)となっていますので通常の使い方であればかなり余裕のあるの容量だと思います。

搭載されているSSDはキオクシア(旧東芝メモリ株式会社)のようです。
HDDはWestern Digitalとなっています。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだいたい24倍以上早い結果になっています。
やはり「PCIe NVMe/M.2」規格は爆速ですね。

HDDに関しては7200回転のものが採用されていますので標準的な速度だと思います。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも標準的なスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ30秒台後半位となっています。
これは早い数字だと思います。

1回目:00:36秒
2回目:00:37秒
3回目:00:36秒
4回目:00:37秒
5回目:00:36秒
6回目:00:37秒
7回目:00:36秒
8回目:00:36秒
9回目:00:36秒
10回目:00:35秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大44.0dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気にならないです。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.1
動画再生時42.1
動画エンコード45.5
ベンチマーク44.0

表面温度のチェック

本体側面の温度を測定しました。

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度は動画エンコード時で32.2度になっていました。
手で触ってみましたが温度上昇は感じられませんでした。

※気温の高い夏場は温度はさらに上がるものと思います。

状態温度(℃)
アイドリング28.9
動画再生時31.1
動画エンコード30.3
ベンチマーク32.2

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は79度となっています。
※CPUコアは82度を計測しています。
あまり温度上昇しない印象ですね。
もし温度高い状態が長く続居た場合パフォーマンスの低下も予想されます。

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
消費電力はベンチマーク時が最大で128Watとなっていました。
消費電力は意外に少ない印象ですね。
500Wat電源搭載なので余裕も有りそうです。

状態消費電力(Wat)
アイドリング28
動画再生時40
動画エンコード103/td>
ベンチマーク128

HP ENVY Desktop TE01-1000jp付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Hp Support Assisitant
※システムの設定や更新が可能なソフトです。

・HP PC Hardware Diagnotics

・電子 マニュアル

などです。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・有線LAN
・インテル Wi-Fi 6
・Bluetooth5.0

が搭載されています。

Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはWi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax準拠) となっていて無線LANのリンク速度は2.4Gbpsとなりました。

セキュリティ

・マカフィー® リブセーフ (30日版)

保証関連

HP ENVY Desktop TE01-1000jpは標準で1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)が用意されています。

オプションとして

・2年間引き取り修理サービス
・3年間引き取り修理サービス

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp(2021年6月22日)
型番 TE01-1105jp
CPU第10世代 インテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
OSWindows 10 Pro (64bit)
グラフィックスNVIDIA® GeForce RTX™ 2060 Super
メモリー32GB (16GB×2) DDR4-2933MHz (最大32GB)
ストレージ512GB M.2 SSD (PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
ネットワーク有線LAN+IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)+ Bluetooth5.0
光学ドライブDVDライター
インターフェイスPCI Express x16 × 1スロット(空0)、
PCI Express x1 × 1スロット(空1)、
M.2 × 2スロット(空0)
本体サイズ縦置き : 約 155 × 316 × 339 mm
本体質量約 6.3 kg
保証1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフトなし
主な付属品速効!HPパソコンナビ特別版、マニュアル一式、電源コード、保証書 等
販売価格206,800円(税込)+送料

HP ENVY Desktop TE01-1000jpのレビューまとめ

HP ENVY Desktop TE01-1000jpのお勧めポイント

  • 基本スペックが高いのでメインPCとして利用可能
  • メモリ容量も多いので動画編集などの用途でも活躍可能

HP ENVY Desktop TE01-1000jpの気になる点

特になし

管理人の総評

HP ENVY Desktop TE01-1000jpはCPUに第10世代インテル Coreシリーズ、グラフィックにNVIDIA® GeForce RTXを搭載したパワフルなデスクトップPCです。
スタイルも良いので満足感を得られるモデルだと思います。

CPUは定評のあるCore™ i7-10700F プロセッサー搭載モデルも選択なのも良いかと思います。

HP ENVY Desktop TE01-1000jpはワンランク上のデスクトップPCをお得に購入したい方にお勧めしたいモデルです。

HP ENVY Desktop TE01-1000jp

価格:215,600円~(税込)+送料 <6/23(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で169,800円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました