今回 HP Chromebook x360 14-da0000を日本HP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP Chromebook x360 14はInetl CPUにChrome OSを搭載したサクサク動くノートパソコンに仕上がっています。
Google Playにあるアプリも利用可能なので使いたいアプリをすぐに使えるモデルです。

特にパソコンはネット中心でAndoroidアプリも使いたいという方にお勧めのモデルと言えると思います。

まずはHP Chromebook x360 14の特徴から

このHP Chromebook x360 14はChrome OSを搭載で14.0インチワイド・フルHD・IPSタッチ (1920×1080)を搭載したモデルです。

やはり一番の特徴はGoogle Playに対応して登録されているアプリを使える点です。
今回のレビューでもいくつか利用してみましたが普通に使えました。
また、タブレットと違いハードウエア キーボードが付いているので文字入力などもパソコンと同じレベルで可能です。
USBマウスも普通に使えるのでGoogle Playに登録してあるアプリを利用すればビジネス用としても利用できそうです。

カラーはセラミックホワイト&クラウドブルーとなっています。

スペック的には現時点の直販モデルでは
CPUに
インテル® Core™ i3-8130U
インテル® Core™ i5-8250U

メモリ:88GB
ストレージ:64GB eMMC フラッシュメモリ

液晶:14.0インチワイド・フルHD・IPSタッチ (1920×1080)

グラフィックス
インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

が用意されています。

HP Chromebook x360 14の基本的な使い方

電源投入後ネットワーク(無線LAN)の設定を行い、Googleアカウントでログオンをします。
※アカウントを新規で作成することも出来ます。

ランチャーメニューが用意されているのでそこからアプリを利用します。

アプリの追加はGoogle Playから自由に行うことが出来ます。
※有料のアプリもあり。

HP Chromebook x360 14のお勧めの使い方

HP Chromebook x360 14

  • ネットの利用
     動画配信閲覧、WEBサーフィンやメールなど普通に使うネット利用がサクサク使えます。
  • Windows専用アプリが不要の方に
     Google Playの使いやすいアプリが利用できますので通常の使い方であれば。
  • ゲーム用途に
     Andoroid向けゲームを見易い、大きな画面で楽しむことが出来ます。
  • HP Chromebook x360 14レビュー機材の基本スペック

    今回レビューを行うHP Chromebook x360 14のモデルは以下のようなスペックになっています。

    CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
    OS:Chrome OS
    メモリー:8GB (8GB×1) DDR4-2133MHz (最大8GB)
    ディスプレイ:14.0インチワイド・フルHD・IPSタッチ (1920×1080)
    グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
    ストレージ:64GB eMMC フラッシュメモリ
    光学ドライブ:未搭載
    ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2

     

    HP Chromebook x360 14

    価格:74,800円~(税抜)+送料 <8/6(火)時点>

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    \今ならWEBキャンペン特別価格適用で69,800円!~(税抜)+送料 /

    さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

    ・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

     

    この商品の詳細はこちらから確認できます。

     

    HP Chromebook x360 14外観チェック

    HP Chromebook x360 14の外観チェックです。
     

    本体カラー

    カラーはセラミックホワイト & クラウドブルーが用意されています。
    ※内側:クラウドブルー、外側:セラミックホワイト

    液晶画面

    <<正面>>

    HP Chromebook x360 14は13.3インチ・フルHD・タッチ液晶(1920×1080、IPS 方式)なので発色も良くて凄く見やすい印象の液晶だと思います
    やっぱりIPS液晶は良いですよね。

    視野も広めになっています。

    <<斜めから>>

    <<さらに斜めから>>

    画面の解像度
    解像度はFHD (1920×1080)です。

    本体の外観

    <<HP Chromebook x360 14正面>>

    HP Chromebook x360 14はUSB Type-Cが用意されているので最新のアクセサリを活用することが出来ると思います。
    また従来のUSBポートも用意されているので互換性という意味でも良いと思います。
    実際に管理人所有のUSBマウスを接続してみましたが刺すだけで簡単に利用できました。
    ドライバ面でもかなりサポートがあるようです。

    <<右側面>>

    ・USB3.1 Gen1 ×1
    ・USB Type-C™ 3.1 Gen1

    <<左側面>>

    ・USB Type-C™ 3.1 Gen1
    ・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
    ・microSDカードスロット

    SDカードスロット
    サイズはマイクロSDとなります。
    ※完全に挿入すると見えなくなります。

    <<背面>>

    ヒンジ部分

    <<上から>>

    Chromeのロゴがあります。

    14型ですのでA4の本よりも大きいですね。

    <<裏面>>

    <<高さ>>

    14.5(最薄部)- 16(最厚部)mmですので本より少し薄いですね。

    電源ボタン

    電源ボタンは左側の側面にあります。

    <<液晶 光の反射の確認>>

    ・電源を入れていないとき

     人形は薄っすらと見えています
     

    ・電源を入れているとき

     人形は見えていないですね。
     

     

    キーボード&タッチパッド

    キー配置はChromebook 特有の機能キーが配置されています。
    詳細はこちらの「Chromebook 使い方ガイドChromebook のキーボードを使用する」をご覧下さい。
    ⇒https://support.google.com/chromebook/answer/1047364?hl=ja

    キータッチはなかなか使いやすい感じでした。

    というかAndroidで最初から普通レベルのキーボード使えるのは結構良い感じです。

    キー入力はUSと日本語を切り替えることが出来ます。

    タッチパッドも使いやすかったです。

    先ほども書きましたがマウスも簡単に使うことが出来ました。

    画面の角度

    画面は水平まで傾けることが出来ます。

    AC電源

    コンパクトな仕上がになっています。

    HP Chromebook x360 14 質量

    本体は1593gでしたホームページ上の数値は約1.6kgなのでピッタリですね。

    AC電源は288gです。

    本体+AC電源では1,881gでした。
    AC電源を合わせて2㎏以下なのでモバイル利用も視野に入れてよい軽さだと思います。

    HP Chromebook x360 14 外観チェックのまとめ

    HP Chromebook x360 14は14.0インチワイド・フルHD・IPSタッチ (1920×1080)液晶が綺麗なノートパソコンです。
    軽量薄型なのでモバイル利用も出来そうです。

    キーボードに関してはChromebook特有の機能キーが用意されているので最初は慣れが必要だと思います。

    HP Chromebook x360 14はスリムで持ち運びできる液晶のきれいなノートパソコンをお探しの方にお勧めのモデルだと思います。

     

    HP Chromebook x360 14

    価格:74,800円~(税抜)+送料 <8/6(火)時点>

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    \今ならWEBキャンペン特別価格適用で69,800円!~(税抜)+送料 /

    さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

    ・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

     

    この商品の詳細はこちらから確認できます。

    HP Chromebook x360 14 パフォーマンスチェック

    HP Chromebook x360 14基本スペック

     

    CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
    メモリ::8GB (8GB×1) DDR4-2133MHz (最大8GB)
    ストレージ:64GB eMMC フラッシュメモリ
    グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

    HP Chromebook x360 14 パフォーマンスチェック

    CPU::インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:64GB eMMC フラッシュメモリ、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

    となっています。

    ストレージ容量が64GB eMMCと少なめですがChromebookの場合作成されたデータはGoogle ストレージに保存するのが基本なので特に問題ないかと思います。

    Performane Test9 による測定結果

    2853点となかなか良いスコアだと思います。

    「参考」CINEBENCHによる測定結果

    参考用に当サイトにて他モデルで計測をした「インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー」のスコアです。
    ※当スコアは当モデルでの計測ではありません。

    ゲーム関連 pubg mobile

    デフォルトは標準画質に設定されました。
    これなら遊べそうですよね。

    3DMARK Ice Stormによる測定結果

    ストレージ情報

    64GB eMMC フラッシュメモリの構成となっています。
    64GBは少ないと感じる方も居られると思いますがデータは基本Google ドライブに保存されるのでそれほど不足感は無いのではないかと思います。

    その他にSDカードなども利用できます。

    静音性および温度チェック

    測定を行った機器は
    ・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
    ・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
    を使用しました。

    測定は以下の4段階で行っています。

    ・アイドリング時
    ・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
    ・ベンチマーク時(Ice Stormを4回実行)

    静音性チェック

    騒音計測器で計測したところベンチマーク時に最大39.2dbでした。
    正直音は全く気になりませんでした。

    状態 騒音量(db)
    アイドリング 38.2
    動画再生時 38.3
    ベンチマーク 39.2

    表面温度のチェック

    測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

    最高温度はベンチマーク時で34.8度になっていました。
    この程度の温度であれば気にする必要はないかと思います。

    ・アイドリング時

    ・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

    ・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

    ・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

    バッテリーの情報

    カタログ上のバッテリー駆動時間は最大 13.3時間(ChromeOSの消費電力負荷及びバッテリー駆動時間テストに基づく)となっています。

    消費電力のチェック

    消費電力の測定を行ってみました。
    消費電力はそれほど大きくならないようです。

    状態 消費電力(Wat)
    アイドリング 8
    動画再生時 7
    ベンチマーク 30
    HP Chromebook x360 14-da0000 (2019年8月6日)
    型番 14-da0002TU
    CPU インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー(1.6GHz-3.4GHz,インテル®スマートキャッシュ 6MB)
    OS Chrome OS
    ディスプレイ 14.0インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色)
    グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
    メモリー 8GB (8GB×1) DDR4-2133MHz (最大8GB)
    ストレージ 64GB eMMC フラッシュメモリ
    ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
    光学ドライブ 未搭載
    Webカメラ HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
    拡張インターフェイス ・USB3.1 Gen1 ×1
    ・USB Type-C™ 3.1 Gen1 ×2
    ・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
    ・microSDカードスロット
    バッテリー駆動時間 最大 13.3時間/ChromeOSの消費電力負荷及びバッテリー駆動時間テストに基づく
    本体サイズ(mm) 約 325 x 225 x 14(最薄部)-16.5(最厚部)mm
    本体質量 約 1.6kg
    認証(Windows Hello) 未搭載
    保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
    オフィスソフト なし
    主な付属品 スマートACアダプター、電源コード、保証書 等
    販売価格 82,800円~(税抜)+送料

     

    HP Chromebook x360 14付属ソフトチェック

    付属しているソフトは

    Gmail、Google マップ、YouTube、Google ドライブ、Google フォト、ドキュメント作成ツールの Google ドキュメント、表計算ツールの Google スプレッドシート、プレゼンテーションツールの Google スライド、コミュニケーションツールの HangOut 等が初めから使えるようになっています。
    さらにGoogle Playで使いたいソフトを簡単に追加することも可能です。

    などです。

    セキュリティ

    Chrome OSの基本認証のみです。

    保証関連

    HP Chromebook x360 14は標準保証:1年間 引き取り修理保守サービス

    オプションとして

    ・1年間引き取り修理サービス [標準]
    ・2年間引き取り修理サービス 本体用
    ・3年間引き取り修理サービス 本体用
    ・3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス 本体用

    などの他にもサービスがが多数用意されています。

    詳しくは購入画面でご確認いただけます。

    HP Chromebook x360 14のレビューまとめ

    HP Chromebook x360 14のお勧めポイント

    • 軽量・薄型なノートパソコンなのでモバイル利用も可能
    • Google Playのアプリが使えるので好みに合わせたアプリが使える
    • Andoroid端末としては大画面でキーボードが付いているのでタブレットとは格段に使いやすい仕上がりになっている
    • バッテリー駆動時間が長いのでモバイル利用時も安心して使える
    • コストパフォーマンスが良い価格設定なのでお買い得感が高い

    HP Chromebook x360 14の気になる点

    Andoroid端末なので当然だがWindowsのソフトは利用できない。

    管理人の総評

    HP Chromebook x360 14は基本スペックが高くてパワフルなノートパソコンです。
    使い方はGoogleアカウントを作成してGoogle Playのアプリを利用するという形です。

    以前のChromebookはChromeを利用することに特化していてパワー的にはどちらかというと非力なものが多かったのですが
    HP Chromebook x360 14はGoogle Playのアプリを利用することが前提となっているのでパワーもかなり高い形となっています。

    なので例えばAndoroidのゲームを行う場合はスペック的にも高めですし画面もタブレットよりも大きめで何よりキーボードが最初からついているのでかなり使いやすい仕上がりになっています。
    やはり大きな画面でみるとゲームもやり易いですよね。

    文書作成を行う場合はキーボードが有れば入力もしやすいので効率的にも良いと思います。
    今回は利用していませんがAndoroid向けにもマイクロソフト社のオフィス(Word、Excel、Powerpoint)が用意されているのでビジネス用途でも活躍してくれると思います。

    管理人実は今回初めてChromebookを使ったのですがWindowsにしかないソフトを利用したい場合以外はHP Chromebook x360 14の選択有りだなと感じました。
    Chrome OSはAndoroidがベースなので何となく入力デバイスの不自由さと印刷が弱いのではないかと考えていましたが管理人の知識不足でマウスも簡単に使えましたしプリンターの設定も簡単でした。

    プリンターの設定は
    Chromebookの設定画面の中の詳細設定を選んで
    そのなかのプリンターの追加で簡単に追加できました。

    正直全てのプリンターに対応しているかは判りませんが以下の公式情報だとかなりの種類のプリンターを利用できるようです。
    ※ただし専用のソフトではないのでプリンターの特有の機能は利用できない場合がありそうです。

    Chromebookヘルプ、プリンタを設定する
    ⇒https://support.google.com/chromebook/answer/7225252?hl=ja

    スーペリアモデルとエグゼクティブモデルのどちらを選ぶべきか?

    両モデルの違いはCPUなので
    スーペリアモデル:インテル® Core™ i3-8130U プロセッサー
    エグゼクティブモデル:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー

    単純に使い方で選ぶのが良いかと思います。
    ゲームなど重い処理をメインに使う予定の方はエグゼクティブモデル
    ネットの利用など比較的軽めの処理をメインに使う方はスーペリアモデル
    が良いと思います。

    ただ価格的にはキャンペーン価格(8/6日現在)だと
    スーペリアモデル:69,800円
    エグゼクティブモデル:72,800円

    3千円の差なので予算が許す方はエグゼクティブモデルを選ぶ方がお勧めです。

    HP Chromebook x360 14はネットを中心に利用していてAndoroidアプリも自由に使いたい方にお勧めのモデルです。

    HP Chromebook x360 14

    価格:74,800円~(税抜)+送料 <8/6(火)時点>

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    \今ならWEBキャンペン特別価格適用で69,800円!~(税抜)+送料 /

    さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

    ・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

     

    この商品の詳細はこちらから確認できます。

    スポンサーリンク