マイクロソフト ストア Surface Pro 7を特別価格で販売中 !

テレワークにお勧め! ドスパラ DX-C5 実機レビュー 

スポンサーリンク

今回 DX-C5をドスパラ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとDX-C5は基本を押さえたスタンダードタイプ ノートPCでパフォーマンスにも期待できるお得なモデルです。
テレワーク用PCとしてもお手軽に使えるお勧めのモデルです。

スポンサーリンク

まずはDX-C5の特徴から

このDX-C5の特徴は15.6型 FHD 非光沢液晶搭載の購入しやすいスタンダード型ノートPCです。
最新の第10世代CPU搭載なのでパフォーマンスにも期待できるお勧めのモデルです。

DX-C5の選択できる主な項目は以下のようになっています。

CPUCore i5-10210U
OSWindows10 Home/Windows10 Pro
メモリ8GB/16GB/32GB(DDR4)
ストレージSSD 250GB~1TB
HDD 240GB~2TB
※デュアル構成可能
液晶15.6型 非光沢 リフレッシュレート 60Hz フルHD (1920 x 1080)
グラフィックCPU内蔵(インテル UHD グラフィックス)

DX-C5のお勧めの使い方

ポイント!

DX-C5

  • メインノートPCとして
    基本スペックが高いのでメインPCとしても利用可能
  • 大画面モバイルPCとして
    軽量・薄型なのでモバイル用途でも使いやすいと思います
  • テレワーク用PCとして
    Wifi6、Webカメラ搭載でパフォーマンスも良いので使いやすいと思います

DX-C5レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うDX-C5のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i5-10210U
液晶:15.6型 非光沢 フルHD (1920×1080)/リフレッシュレート 60Hz
メモリ:8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx1)
ストレージ:250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+インテルWi-Fi6 AX201(IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.1

DX-C5

価格: 67,980円~(税抜)+送料 <8/2(日)時点>

この商品の詳細はこちらから確認できます。

DX-C5外観チェック

DX-C5の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーは落ち着いたシルバーが用意されています。

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080) となっています。
かなり見やすい液晶だと思います。

<<正面>>

15.6インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート 60Hz フルHD(1920×1080)なので詳細で鮮やかな画像が楽しめる仕上がりの液晶となっています。
ナローベゼルなので液晶も見ている際の没入感も高いですね。

視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

DX-C5はsRGBで96%、adobeRGBで72%と通常のノートPCがsRGBで70%位なので高めの数字となっています。

この位の数字であれば色の再現度重要視される写真加工などの用途でも活躍出来そうですね。

sRGB
adobeRGB

本体の外観

<<DX-C5正面>>

DX-C5はUSB 3.2が用意されていますのでより高速な通信が可能です。
通常対応の他にUSB Type-Cも用意されていますので最新のアクセサリなども利用することが出来ます。
通常のUSBも用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
※Type-Cだけだと手持ちのマウスなどのデバイスが使えなかったりするので従来型のUSBが用意されていると便利です。

あとより高速・安定した通信が可能な有線LANも用意されている点も有難いですね。

<<右側面>>

①MicroSDカードリーダー (SDXC対応)
②USB 3.2 Gen1(Type-A)
③有線LAN
④セキュリティロック スロット

<<左側面>>

電源は最近はUSB Type-Cのものが多いのでUSB Type-Cだと使い勝手良いので嬉しいんですけどね。
まあお部屋でいつも接続したままで使う分にはあまり関係ない話ですけどね。

①電源入力
②HDMI 1.4
③USB 3.2 Gen1(Type-A)
④USB 3.2 Gen2(Type-C)
⑤マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子

<<背面>>

<<上から>>

15.6型ですのでA4ノートよりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

19.9mmとモバイルPC並みに薄いので本と同じくらいですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 さすがは非光沢、人形は見えていません。
 

・電源を入れているとき

 こちらも人形は見えていません。
 

キーボード&タッチパッド

キーボードはテンキー付きのキーボードです。
違和感のない配置なので使いやすいと思います。

キータッチは普通レベルですね。

タッチパッドは普通レベルです。

キーボード右上部
電源はキーボードの右上のキーに割り当てられています。

キーボード左上部

画面の角度

DX-C5 はこの位まで傾斜出来ます。
まあこの位まで傾斜できれば問題ないですかね。

WEBカメラ

上部にHD WEBカメラが用意されています。
液晶下部にカメラがある製品もありますが鼻の穴写るなどなど思わぬ事故が起こる可能性がありますけどこれなら安心です。
テレワークでのWEB会議中に事故が!と考えると恐ろしいので。。カメラは上部に付いているモデルを選びましょう。

AC電源

電源はコンパクトな40Wの物が採用されています。
本当は最近増えてきているUSB Type-C規格のものだと使いまわしが出来て嬉しいんですけどね。

DX-C5 質量

本体は約1.537kgでした、ホームページ上の数値は約1.85kg~なのでカタログ値よりもかなり軽いですね。
恐らくSSD+HDDのデュアルストレージ構成を行った時の質量が記載されているのかもしれないですね。

AC電源は266gです。

本体+AC電源では1,803gでした。

15.6型液晶搭載でAC電源の質量を合わせてこの質量は凄く軽い方だと思います。
薄いですし、これなら 大画面モバイルPCとしても活躍してくれるモデルだと思います。

DX-C5 外観チェックのまとめ

DX-C5は15.6型FHD・非光沢液晶 (1920×1080) が搭載されていて詳細な画像が楽しめるノートPCです。

液晶の色域に関しても良い数字なので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも活躍可能だと思います。

本体のカラーは落ち着いたシルバーなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関しては違和感のない配置で普通に使えるキーボードとなっています。

質量に関してはAC電源を含めても15.6型としては凄く軽い仕上がりになっていますのでモバイル利用でも活躍してくれそうです。

DX-C5は15.6型としては軽量・薄型な仕上がりで液晶もFHDなので詳細な画像が楽しめる大画面モバイル ノートPCだと思います。

DX-C5

価格: 67,980円~(税抜)+送料 <8/2(日)時点>

この商品の詳細はこちらから確認できます。

DX-C5 パフォーマンスチェック

DX-C5 基本スペック

 

CPU:インテル Core i5-10210U プロセッサー
メモリ:8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx1)
ストレージ:250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
グラフィックス:CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス)

DX-C5 パフォーマンスチェック

CPU:インテル Core i5-10210U プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:250GB SSD、グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)と
なっています。

CPUの目安としては

  • Core i7:動画編集など高負荷向け
    Core i5:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • Core i3:一般的な利用に対応
  • Celeron:WEB閲覧やメールなど軽い用途向け

メモリについては

  • 16GB以上:動画編集などメモリを大量に要する処理向け
  • 8GB:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • 4GB:一般的な利用に対応但し用途によっては足りなるなることも多い

ストレージ

大きく分けると以下の3種類があります。
現在では高速な起動が可能なSSDを採用しているものが多いです。
お勧めとしてもSSDをお勧めします。
PCIe×NVMe接続とSATA接続のSSDに関してはかなりの速度差がありますが
実際に利用した感想だとそれほど大きな差は感じません。
なので予算の関係でより廉価なSATA接続のSSDを検討するのも有りだと思います。

  • SSD PCIe×NVMe接続:物凄く高速
  • SSD SATA接続:高速
  • HDD:普通

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

※Core i5-10210Uのデータ

Core i5-10210U
開発コード名Comet Lake
製造プロセス14nm
コア/スレッド数4/8
ベースクロック1.6Ghz
ターボブースト時4.2Ghz
キャッシュ6MB
TDP15W
内蔵GPUUHD Graphics

スレッド数は8なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

Performance Test9 による測定結果

3315点とまずまずのスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックは専用グラフィックを搭載していないので少し低めですが全体的にかなり良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15
・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としては解像度を落とせばそれなりにゲームを遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 2475(普通)
1280×720 標準品質ノートPC: 3234(やや快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 2484(普通)
1280×720 標準品質ノートPC: 3052(やや快適)

ファイナルファンタジーXV

さすがにこの位重いゲームは厳しいですね。

1980×1080 軽量品質: 749(動作困難)
1280×720 軽量品質: 1141(動作困難)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:6978(快適)
1280×720 標準品質:7959(とても快適)

3DMARK

こちらは専用グラフィックを搭載していないのですが良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3549点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4730点と良いスコアになっています。
 

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Extendedによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は3分47秒で現像は終了しました。

これはノートPCとしてはやや早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがそれほどストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

容量的には250GBで空き容量は204GBとなっていますので通常の使い方であればある程度余裕のあるの容量だと思います。
もう少し容量が必要な場合はカスタマイズで最大1TBまでアップグレード可能です。
本モデルはデュアルストレージ構成も可能なので大容量と高速起動が可能なSSD+HDDの構成もお勧めです。
詳しくはこちらをご覧ください。
>>>ノートPC デュアルストレージのメリット・ デメリット

搭載されているのはWestern Digital製のSSD (SATA)のようです。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい5倍以上早い結果になっています。
SATA接続のSSDとしては普通レベルのスコアだと思います。
※より高速な「NVMe 」規格へカスタマイズで変更可能です。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも普通レベルのスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒前後となっています。
これはなかなか早い数字だと思います。

1回目:00:40秒
2回目:00:40秒
3回目:00:40秒
4回目:00:40秒
5回目:00:41秒
6回目:00:37秒
7回目:00:38秒
8回目:00:38秒
9回目:00:38秒
10回目:00:40秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大40.6dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても気に駆らないです。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.2
動画再生時38.4
動画エンコード40.6
ベンチマーク40.0

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で39.8度になっていました。
手で触っても熱さは殆ど感じないですね。
この程度の温度であればあまり気にする必要は無さそうですね。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は79度となっています。
ノートPCとしては普通レベルの温度だと思います。
表面温度はさほど上がっていないので一時的な温度の可能性もありますね。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力は少ないモデルだと思います。

状態消費電力(Wat)
アイドリング8
動画再生時11
動画エンコード33
ベンチマーク32

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上、最大約7.7時間となっています。
※測定方法については記載がありませんでした。

PCMark8(Work accelerated)でバッテリー駆動時間を測定してみました。

※ベンチマークを動かしての測定ですのでホームページ上の数字よりもかなり短くなります。

オーディオ

「マザーボード 標準 オンボードHDサウンド」が搭載されています
との事。

「Audio Frequency Analyzer」というアプリで音域を測定して見ました。

※本モデル搭載スピーカー

※管理人が常用しているスピーカー「ELEGIANT 高音質 大音量 小型 重低音 ホームシアター ステレオ サウンドバー」

両方を比べてみると本モデル搭載のスピーカーは正直普通レベルで音楽を楽しむ用途だと別にスピーカーを用意した方が良いと思います。

DX-C5付属ソフトチェック

・KINGSOFT WPS Office (ワープロ/表計算/プレゼンテーション)

マイクロソフト互換のオフィスソフトです。
管理人は利用したことは有りませんが割と互換性は高いとの評判です。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・ギガビット有線LAN
・インテル Wi-Fi 6 AX201
・Bluetooth v5.0
が搭載されています。

※Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはインテル® Wi-Fi 6 AX201 a/b/g/n/ac/axとなっていて無線LANのリンク速度は2.4Gbpsとなりました。

セキュリティ

・Windows標準機能等

保証関連

DX-C5は標準保証:持ち込み1年保証となっています。

オプションとして

・最大3年の保証期間延長  サービス
・セーフティサービス
 ※※プランによりますが修理時の送料無料や代替え機の提供

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

DX-C5 (2020年7月30日)
型番DX-C5
CPUインテル Core i5-10210U (1.60GHz-4.20GHz/4コア/8スレッド)
OSWindows 10 Home 64ビット
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート 60Hz フルHD  (1920 x 1080 )
グラフィックスインテル UHDグラフィックス
メモリー8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx1)
ストレージ250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
ネットワーク有線LAN+インテル Wi-Fi 6 AX201 (IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.1
光学ドライブ未搭載
WebカメラHD WEBカメラ
拡張インターフェイスUSB 3.2 gen1 (Type-A)x2, USB3.2 Gen2 (Type-C)x1,HDMIx1,マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子x1
バッテリー駆動時間約 7.7時間
本体サイズ(mm)358.9(幅)×247.1(奥行き)×19.9(高さ) mm
本体質量約1.85kg(バッテリー含む)
認証(Windows Hello)未搭載
保証持ち込み1年保証
オフィスソフトなし
主な付属品クイックガイド / ACアダプター
販売価格67,980円(税抜)+送料

DX-C5のレビューまとめ

DX-C5のお勧めポイント

  • 最新CPU搭載でパフォーマンスに期待が出来る
  • Wifi6対応なので高速な通信が可能
  • 意外に軽量・薄型なので大画面モバイルPCとしても使える

DX-C5の気になる点

特になし

管理人の総評

DX-C5は15.6型FHD液晶 (1920×1080) 搭載のコストパフォーマンスが高いスタンダード タイプのノートPCです。
最新の第10世代CPU搭載で基本スペックも高いのでオフィスでの利用にも十分に対応できると思います。
最新のWifi6対応なので高速な通信が出来るのも魅力です。
価格的にも6万円台~とかなりお得な設定になっていますのでお買い得モデルと言えると思います。
使い方としては室内でメインPCとして利用する他に
15.6型なのに軽量・薄型なので大画面モバイルノートとして利用するという手もあります。
バッテリー駆動時間も約7.7時間なので凄く長いというレベルでは有りませんが普通に使えると思います。
もちろん今話題のテレワークでもネットワークが速くてWEBカメラも搭載なので活躍できるモデルだと思います。
何気にUSBが最新で高速な通信が可能なUSB3.2対応なのも見逃せないですよね。

お勧めのカスタマイズとしてはストレージの容量が標準だと250GBと少し少なめなので2ndストレージとしてHDDを選択してデュアルストレージ構成にすれば素早い起動と容量の確保が出来て便利です。

DX-C5はサクサク使えるスタンダード タイプのノートPCをお得に購入したい方にお勧めしたいモデルです。

DX-C5

価格: 67,980円~(税抜)+送料 <8/2(日)時点>

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました