マイクロソフト ストア Surface Pro 7を特別価格で販売中 !

4万円台から買える IdeaPad S145 (15) 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 IdeaPad S145 (15)をレノボ様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとIdeaPad S145 (15)は2in1タイプのタブレットPCで利用場所に合わせた使い方の出来る高パフォーマンスなモデルです。
付属のペンでペン入力も可能なのでお絵描きなどもできる使い方色々なモデルです。

スポンサーリンク

まずはIdeaPad S145 (15)の特徴から

このIdeaPad S145 (15)の特徴は14.0型 FHD IPS液晶搭載の使い勝手が良いタブレットPCです。
最新の第10世代CPU搭載なのでパフォーマンスにも期待できるお勧めのモデルです。

IdeaPad S145 (15)の選択できる主な項目は以下のようになっています。

CPUCore i3-1005G1/Core i5-1035G1/Core i7-1065G7
OSWindows 10 Home 64bit
メモリ4GB/8GB(DDR4)
ストレージSSD 128/256GB/512GB
液晶15.6型FHD TN 光沢なし (1920×1080)
グラフィックインテル UHD グラフィックス
インテル Iris Plus グラフィックス

※モデルにより構成は決まります。

IdeaPad S145 (15)のお勧めの使い方

ポイント!

IdeaPad S145 (15)

 

  • メインノートPCとして
    基本スペックが高いのでメインノートPCとして使えます
  • 大画面モバイルノートPCとして
    軽量・薄型なのでモバイルでも使えます
  • 初めてのノートPCとして
    コストパフォーマンスが高いので初めてのノートPCとしてお勧めです

IdeaPad S145 (15)レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うIdeaPad S145 (15)のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i5-1035G1 プロセッサー
液晶:15.6型 FHD TN液晶 (1920×1080ドット) 、光沢なし
メモリ:8GB (内、オンボード4GB) PC4-21300 DDR4
ストレージ:256GB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE 802.11ac/a/b/g/n+Bluetooth v5.0

IdeaPad S145 (15)

価格: 80,190円~(税込)、送料無料 <8/11(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で42,501円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

IdeaPad S145 (15)外観チェック

IdeaPad S145 (15)の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーは落ち着いたグレーが用意されています。

Lenovoのロゴ マークです

液晶画面

画面の解像度はFHD (1920×1080) となっています。
TN液晶ですので若干視認率は落ちると思います。

<<正面>>

15.6型 FHD TN液晶 (1920×1080) 光沢なしなので詳細で落ち着いた画像になると思います。
Word、Excelなど一般的なアプリを利用する際には支障は有りませんが鮮やかな写真などを見る際は若干再現性が良くない印象です。

視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

IdeaPad S145 (15)はsRGBで58%、adobeRGBで43%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので低めの数字となっています。

色の再現度重要視される写真加工などの用途にはあまり向かない印象です。

sRGB
adobeRGB

本体の外観

<<IdeaPad S145 (15)正面>>

IdeaPad S145 (15)は通常タイプのUSBが合計3つ用意されいます。
利用するのがマウス中心であとは光学ドライブという一般的な利用の場合はこれで十分だと思います。
但し新しいUSB Type-Cが搭載されていないので最新のアクセサリの一部は利用できない場合があると思います。
このあたりはご自身の使い方と合うかどうかの判断が必要だと思います。

<<右側面>>

①マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
②4-in-1メディアカードリーダー

<<左側面>>

USB Type-Cは電源と共有なので出来ればもう一つあると嬉しいんですけどね。

①電源ジャック
②HDMI
③USB2.0
④USB3.0
⑤USB3.0

<<背面>>

<<上から>>

15.6型ですのでA4ノートよりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

19.9mmとかなり薄いので本と同じくらいですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 写真では判り難いですが薄っすらと人形は見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていません。
 

キーボード&タッチパッド

キーボードはテンキー付きのキーボードです。
使い方によっては「¥」キーと「BACK SPACE」キーがくっ付いていたり、「PAGE UP」キーと「PAGE DOWN」キーが小さかったりと若干慣れが必要かもしれない配置になっています。
まああまり使わない方には関係ないんですけどね。

全体

右側

左側

横から見た図です。

キータッチは割と使いやすいタッチです。

キーボード右上部
電源がテンキーの上部(「ー」キーの上)に有ります。

キーボード左上部

画面の角度

IdeaPad S145 (15) は180度まで開くことが出来ます。

WEBカメラ

前面に30万画素のカメラが用意されています。
最近はHD画像のものが多いので少し少なめですね。
※HD(High Definition Video) 1280×720 92万1600画素
 SD(Standard Definition Video) 720×480 34万5600画素

AC電源

電源はコンパクトな65Wの物が採用されています。

IdeaPad S145 (15) 質量

本体は約1.683kgでしたホームページ上の数値は約1.85kg~なのでかなり軽いですね。

AC電源は203gです。

本体+AC電源では1,886gでした。

15.6型液晶搭載でAC電源の質量を合わせて2㎏以下の質量はかなり軽い方だと思います。
薄いですし、モバイル利用でも活躍してくれるモデルだと思います。

IdeaPad S145 (15) 外観チェックのまとめ

IdeaPad S145 (15)は15.6型 FHD TN液晶 (1920×1080) 、光沢なしが搭載されていて詳細な画像が楽しめるノートパソコンです。
但し、TN液晶なのでIPS液晶と比べると若干綺麗さは落ちますがWord、Excelなどのアプリを利用するには十分な表示能力です。
Youtubeなどの動画などを見ても特に違和感はないです。

液晶の色域に関しては狭いので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途には向かないと思います。

本体のカラーは落ち着いたグレーなので利用する場所を選ばないと思います。

キーボードに関してはテンキー付きで違和感のない配置なので使いやすいと思います。
但し一部キーが狭い(小さい)ので若干慣れが必要な部分も有ります。

質量に関してはAC電源を含めても15.6型としてはかなり軽い仕上がりになっていますのでモバイル利用でも活躍してくれそうです。

IdeaPad S145 (15)

価格: 80,190円~(税込)、送料無料 <8/11(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で42,501円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

IdeaPad S145 (15) パフォーマンスチェック

IdeaPad S145 (15) 基本スペック

 

CPU:インテル Core i5-1035G1 プロセッサー
メモリ:8GB (内、オンボード4GB) PC4-21300 DDR4
ストレージ:256GB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィックス:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)

IdeaPad S145 (15) パフォーマンスチェック

CPU:インテル Core i5-1035G1 プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:256GB SSD、グラフィック:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)と
なっています。

CPUの目安としては

  • Core i7:動画編集など高負荷向け
    Core i5:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • Core i3:一般的な利用に対応
  • Celeron:WEB閲覧やメールなど軽い用途向け

メモリについては

  • 16GB以上:動画編集などメモリを大量に要する処理向け
  • 8GB:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • 4GB:一般的な利用に対応但し用途によっては足りなるなることも多い

ストレージ

大きく分けると以下の3種類があります。
現在では高速な起動が可能なSSDを採用しているものが多いです。
お勧めとしてもSSDをお勧めします。
PCIe×NVMe接続とSATA接続のSSDに関してはかなりの速度差がありますが
実際に利用した感想だとそれほど大きな差は感じません。
なので予算の関係でより廉価なSATA接続のSSDを検討するのも有りだと思います。

  • SSD PCIe×NVMe接続:物凄く高速
  • SSD SATA接続:高速
  • HDD:普通

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

※Core i5-10210Uのデータ

Core i5-1035G1
開発コード名Ice Lake
製造プロセス10nm
コア/スレッド数4/8
ベースクロック1.0Ghz
ターボブースト時3.6Ghz
キャッシュ6MB
TDP15W
内蔵GPUUHD Graphics

スレッド数は8なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

Performane Test9 による測定結果

4180点とまずまずのスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

グラフィックは専用グラフィックを搭載していないので少し低めですが全体的にかなり良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR20がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15
・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんが参考用にスコアを測ってみました。
結果としてはかなりのゲームを遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 3717(快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 5045(とても快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 37963(快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4812(快適)

ファイナルファンタジーXV

さすがにこの位重いゲームは厳しいですね。

1980×1080 軽量品質: 789(動作困難)
1280×720 軽量品質: 1301(動作困難)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:9085(とても快適)
1280×720 標準品質:10453(すごく快適)

3DMARK

こちらは専用グラフィックを搭載していないのですがかなり良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3800点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも2753点となっています。
普通は「Home accelerated」よりは高いスコアになるんですけど何度やってもこの位のスコアになりました。
どうも表計算あたりで詰まる様で「Work accelerated」とは相性が悪いのかもしれないですね。
 

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Extendedによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は3分08秒で現像は終了しました。

これはノートパソコンとしては良い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがそれほどストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

容量的には256GBで空き容量は204GBとなっていますので通常の使い方であればある程度余裕のあるの容量だと思います。

搭載されているのはWestern Digital製のSSD (PCIe NVMe/M.2)のようです。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい17倍以上早い結果になっています。
やはり「PCIe NVMe/M.2」規格は爆速ですね。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらは普通レベルのスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒台後半となっています。
これはなかなか早い数字だと思います。

1回目:00:36秒
2回目:00:42秒
3回目:00:37秒
4回目:00:37秒
5回目:00:37秒
6回目:00:37秒
7回目:00:36秒
8回目:00:41秒
9回目:00:49秒
10回目:00:39秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大43.6dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気に駆らないです。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.7
動画再生時38.7
動画エンコード43.6
ベンチマーク43.1

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で40.4度になっていました。
手で触ってみると若干暖かいという感触でした。
この程度の温度であればあまり気にする必要は無さそうですね。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は100度となっています。
温度は高めですかね。
でも表面温度はあまり上がっていないので一時的に高かった可能性もありますね。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に見て消費電力は少ないモデルだと思います。

状態消費電力(Wat)
アイドリング8
動画再生時11
動画エンコード44
ベンチマーク36

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上、最大約6.2時間/JEITA2.0となっています。

オーディオ

Dolby Atmos® Speaker Systemが搭載されています。

※本モデル搭載スピーカー

※管理人が常用しているスピーカー「ELEGIANT 高音質 大音量 小型 重低音 ホームシアター ステレオ サウンドバー」

両方を比べてみると本モデル搭載のスピーカーは低音域でバランスが悪い様に感じました。
正直、音にこだわる方が音楽などを楽しむ場合は別にスピーカーを用意した方が良いと思います。

IdeaPad S145 (15)付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・Lenovo Vantage
 ※システムの設定や更新が可能なソフトです。

などです。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・Wi-Fi :IEEE 802.11ac/a/b/g/n
・Bluetooth v5.0
が搭載されています。

最新の11ax(IEEE 802.11ax)は搭載されていませんがWifi5(IEEE 802.11ac)もかなり高速なので十分部使えると思います。

本モデルに搭載されているのはRealtek 8822CEとなっていて無線LANのリンク速度は433Mbpsとなりました。
※変更になる可能性もあります。

セキュリティ

Windows標準のセキュリティ機能を利用することになります。

 

保証関連

IdeaPad S145 (15)は標準保証:引き取り修理サービス

オプションとして

・2年間 引取修理  サービス
・3年間 引取修理  サービス
・アクシデント・ダメージ・プロテクション

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

IdeaPad S145 (15) (2020年8月11日)
型番81W800M3JP
CPUインテル Core i5-1035G1 プロセッサー ( 1.00GHz 6MB )
OSWindows 10 Home 64 bit
ディスプレイ15.6型 FHD TN液晶 (1920×1080ドット) 、光沢なし
グラフィックスCPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)
メモリー8GB (内、オンボード4GB) PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
ストレージ256GB (PCIe NVMe/M.2)
ネットワークIEEE 802.11ac/a/b/g/n+Bluetooth v5.0
光学ドライブ未搭載
Webカメラあり (前面:30万画素)
拡張インターフェイス・HDMI
・USB2.0 x 1
・USB3.0 x 2
・マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
・4-in-1メディアカードリーダ
バッテリー駆動時間約 6.2時間(JEITA2.0)
本体サイズ(mm)約 362.2×251.5×19.9mm
本体質量約 1.85kg
認証(Windows Hello)未搭載
保証1年間(引き取り修理)
オフィスソフトなし
主な付属品ACアダプターなど
販売価格101,640円(税込)、送料無料

IdeaPad S145 (15)のレビューまとめ

IdeaPad S145 (15)のお勧めポイント

  • 2in1タイプのタブレットPCなので使い勝手が良い
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待が出来る
  • ThinkShutter、指紋認証など搭載でセキュリティ的にも安心度が高い

IdeaPad S145 (15)の気になる点

特になし

管理人の総評

IdeaPad S145 (15)は15.6型 FHD TN液晶 (1920×1080ドット) 、光沢なし搭載のコストパフォーマンスが高いスタンダードタイプのノートPCです。
最新の第10世代CPU搭載で基本スペックも高いのでパフォーマンスが良いのも魅力的です。

価格的に4万円台~とかなりお得な設定になっていますのでお買い得モデルと言えると思います。

また15.6型としては薄型で軽量なのでバッテリー駆動時間はあまり長くないですが大画面モバイル用PCとしても使えると思います。

IdeaPad S145 (15)はCPUにCore i3搭載モデル、Core i5搭載(今回レビューモデル)、Core i7搭載モデルが用意されていますが
選び方としては 通常利用であればCore i5搭載モデルで対応可能だと思います。
コストを優先する場合はCore i3搭載、パフォーマンスを優先する場合はCore i7搭載モデルを選択するのも有りだと思います。

IdeaPad S145 (15)はパフォーマンスの良いお買い得なスタンダードタイプのノートPCをお探しの方にお勧めしたいモデルです。

IdeaPad S145 (15)

価格: 80,190円~(税込)、送料無料 <8/11(火)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で42,501円!~(税込)、送料無料 /

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました