ThinkPad L13 Yoga Gen2 ペン付属 タブレットPC

スポンサーリンク

今回ご紹介するのはLenovoのThinkPad L13 Yoga Gen2 です。

このモデルは最新の第11世代Coreシリーズ CPUを搭載したコストパフォーマンスが高いタブレットPCとなっています。
本体液晶はFHDでストレージもSSDなので起動も素早く使い易い仕上がりになっていると思います。

ではこのモデルの具体的なスペック情報を見てみましょう!!

スポンサーリンク

モデルの特徴

ThinkPad L13 Yoga Gen2はテレワークでも活躍のパワフルで持ち運びも可能なタブレットPCです。

13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)液晶搭載で価格も9万円台からと購入しやすい設定になっています。
タッチ操作やペンでの操作も可能なので使い勝手も良いと思いますよ。

ThinkPad L13 Yoga Gen2の選択できる主な項目は以下のようになっています。

 CPU     インテル® Core i3-1115G4 プロセッサー
インテル® Core i5-1135G7 プロセッサー
インテル® Core i7-1165G7 プロセッサー
OSWindows 10 Home 64bit
Windows 10 Pro 64bit
メモリ4GB、8GB、16GB DDR4 (最大16GB)
ストレージSSD:128GB、256GB、512GB
液晶 13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)
グラフィックインテル® UHD グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
インテル® Iris® Xe グラフィックス (プロセッサーに内蔵)

※モデルにより選択できる構成が決まります。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のお勧めの使い方

ポイント!

ThinkPad L13 Yoga Gen2

  • メインパソコンとして
     基本スペックが高いのでメインのPCとしても活躍してくれる。
  • 初めてのタブレットPCとして
     コストパフォーマンスが高いので初めてタブレットPCを購入される方にもお勧めです。
  • イラスト作成用PCとして
     ペンが標準で付属しているのでイラスト作成にも活用可能だと思います。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のデザイン

カラーは落ち着いたブラックが用意されています。

状況に合わせて折りたたんでタブレットとしても使えます。
電車で移動中などに便利ですよね。

大きさは

13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)

約 311.5x219x17.6mm

最小質量:約 1.43kg~

となります。

13.3型液晶搭載で約1.43kg~は超軽量というわけではありませんが持ち運んでの利用は可能だと思います。
しかも高さも2cm以下なのでカバン入れての持ち運びの際も嵩張らずに便利だと思います。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のキーボード

搭載されているキーボードはフルサイズ・日本語キーボード (6列)、88キー (Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー)、JIS配列、TrackPoint、ThinkPadクリックパッドカスタマイズによる選択可能となっています。

ThinkPadシリーズのキーボードは使い易さに定評がありますので安心して使えると思います。
ただTrackPoint機能(キーボード中央の赤い部分)が付いていて管理人はこれが有ればマウスは不要というほどお気に入りなのですが人によっては不要という方は居られるかもしれないです。
※利用しない場合はTrackPoint機能は動作しないようにオフにすることも可能です。

オプションで英語キーボードやバックライト機能も選択できるので使い方に合わせて柔軟に選ぶことが可能です。

ThinkPad L13 Yoga Gen2の電源ボタン

電源ボタンは右側サイドの中央付近に用意されています。
タブレットとしても利用するので妥当な場所ですかね。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のWEBカメラ

WEBカメラは標準でHD 720p カメラが搭載されています。
カスタマイズで

  • ThinkShutter付HD 720p カメラ+IRカメラ
  • ThinkShutter付(アウトカメラ)

を選択することも可能です。

WEB会議などを利用される方でセキュリティを気にされる方はThinkShutter付を選択されると良いと思います。
IRカメラ(顔認証)を選択することも可能です。
指紋認証かIRカメラ(顔認証)を選択しておくと便利ですしセキュリティ的にも安心だと思います。

ThinkPad L13 Yoga Gen2の基本スペック

今回ご紹介するTHINKPAD L13 YOGA GEN2:スタンダードのスペックは以下の通りとなります。

CPU
第11世代インテル Core i3-1115G4 プロセッサー
OS
Windows 10 Home 64bit
液晶
13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)
メモリ
4GB DDR4 3200MHz (オンボード)
SSD
128GB SSD (M.2 2242, PCIe-NVMe)
GPU
CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)
ODD
未搭載
N/W
インテルWireless-AC 9560 + Bluetooth

ThinkPad L13 Yoga Gen2のパフォーマンス

OSはWindows 10 Home 64ビットです。

CPUはインテル Core i3-1115G4 プロセッサーを搭載していて

メモリに4GB DDR4 3200MHz (オンボード)を搭載しているので

グラフィックは若干弱めですが通常の使い方であれば十分に活躍可能な性能があると思います。

もっとパワーがあった方が良いなという方はメモリを8GBにアップグレードしておくというのもお勧めです。
メモリはオンボードのみで後から追加は出来ないので多めにしておくと長く使えると思います。
※もちろん上位CPUを搭載したモデルを選べばさらにパワーアップします。

CPUの目安としては

  • Core i7:動画編集など高負荷向け
  • Core i5:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • Core i3:一般的な利用に対応
  • Celeron:WEB閲覧やメールなど軽い用途向け

メモリについては

  • 16GB以上:動画編集などメモリを大量に要する処理向け
  • 8GB:一般的な利用で快適、軽い写真編集なども可能
  • 4GB:一般的な利用に対応但し用途によっては足りなるなることも多い

ストレージ

大きく分けると以下の3種類があります。
現在では高速な起動が可能なSSDを採用しているものが多いです。
お勧めとしてもSSDをお勧めします。
PCIe×NVMe接続とSATA接続のSSDに関してはかなりの速度差がありますが
実際に利用した感想だとそれほど大きな差は感じません。

  • SSD PCIe×NVMe接続:物凄く高速
  • SSD SATA接続:高速
  • HDD:普通

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

ThinkPad L13 Yoga Gen2のモバイル利用

質量は約1.43kg~と比較的軽量で高さも17.6mmと薄いのでカバンにいれて持ち運ぶ事も可能だと思います。
バッテリー駆動時間も最大約10.3時間/JEITA2.0と比較的長めなのも良いですよね。

最軽量モバイルタブレットPCとはいきませんがパワフルなので、モバイルタブレットPCとして普通に使えると思います。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のストレージ

ストレージは128GB SSD (M.2 2242, PCIe-NVMe)ですので高速な起動が期待できると思います。

容量的には128GBですので普通に利用する分には十分対応可能です。
ただし写真や動画の保存などもという方はもう少し容量があった方が安心だと思います。
最大512GBまで選択可能なので大き目の容量のものを選ぶのも有りだと思います。

最近は外付けでも高速なSSDが販売されているのでもし足りなくなった場合はもし足りなくなった場合はそちらで対応をするという方法もあるかと思います。

例:管理人が常用している、SanDiskのポータブルSSD

光学ドライブは未搭載ですので必要な場合は外付けのものを利用することになります。
価格的には5千円位出せば手に入るのではないかと思います。
勿論外付けなので他のPCでも使えるので1台用意しておいても良いかもしれないですね。

ThinkPad L13 Yoga Gen2の拡張インターフェイス

拡張インターフェイスに関しては

1. USB Type-C 3.1
2. USB Type-C 3.1 Gen 2(Thunderbolt 4対応)
3. イーサネット拡張コネクター2
4. USB 3.1 Gen 1
5. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
6. ペンスロット
7. 電源ボタン
8. microSDメディアカードリーダー
9. USB 3.1 Gen 1
10. HDMI
11. セキュリティキーホール

が用意されています。

USB Type-C(Thunderbolt 4対応)が用意されていますので最新のアクセサリーも利用可能です。

またUSB Type-Cだけだと手持ちのマウスなどが利用しづらい場合があるので通常のUSBが用意されている点も良いと思います。

ThinkPad L13 Yoga Gen2のネットワーク

ネットワーク

本モデルネットワークは
・インテルWireless-AC 9560
・Bluetooth

が搭載されています。

最新のWi-Fi 6には未対応ですが一つ前のWifi5対応なので高速な通信が可能となっています。

セキュリティ

本モデルに用意されているセキュリティ機能は以下のようなものが有ります。
セキュリティー・チップ(TPM)以外はオプションとなってしまいますが本格的な機能を利用することが可能になっています。
特にWEB会議などをよく行われる方はThinkShutterを付けておくとカメラを確実にオフにしておきたいときに便利です。

・指紋認証(オプション)
・顔認証(オプション)
・ThinkShutter/プライバシーシャッター(オプション)
・セキュリティー・チップ(TPM)

保証関連

ThinkPad X1 Extreme Gen 3は1年間引き取り修理サービスが標準で用意されています。

オプションとして

・2年間 引き取り修理サービス
・3年間 引き取り修理サービス
・4年間 引き取り修理サービス
・5年間 引き取り修理サービス

他にも
オンサイト修理
プレミアサポート+翌営業日オンサイト修理

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけま

ThinkPad L13 Yoga Gen2

価格: 150,700円~ (税込)+送料<5/26(水)時点>

いまならWEBクーポン価格適用で99,462円~(税込)+送料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ThinkPad L13 Yoga Gen2:スタンダード(2021年5月24日)
型番ThinkPad L13 Yoga Gen2:スタンダード
CPUインテル Core i3-1115G4 プロセッサー (3.00GHz, 6MB)
OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイ 13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)
タッチパネルあり
グラフィックスCPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス)
メモリー4GB DDR4 3200MHz (オンボード)
ストレージ128GB SSD (M.2 2242, PCIe-NVMe)
ネットワークインテルWireless-AC 9560 + Bluetooth
光学ドライブ未搭載
Webカメラ720p HDカメラ(マイクロフォン付)
拡張インターフェイスインテルWireless-AC 9560 + Bluetooth
バッテリー駆動時間最大 約 10.3時間/JEITA2.0
本体サイズ(mm)約 311.5x219x17.6mm
本体質量約 1.43kg~
認証(Windows Hello)未搭載
保証1年間 引き取り修理
オフィスソフトなし
主な付属品AC電源、ThinkPad Pen Proなど
販売価格150,700円(税込)、送料無料

ThinkPad L13 Yoga Gen2のまとめ

このモデルのお勧めポイント

  • 2in1タブレットPCなので状況に合わせた使い方が出来る
  • 基本スペックが高いのでメインPCとしても使える
  • コストパフォーマンスが高いので初めての方も購入しやすい
  • 標準でペンが付属していてイラスト作成などにも対応可能

気になる点

特になし

管理人の総評

CPUに最新のインテル® Coreシリーズを搭載していて、メモリ:4GB、ストレージ SSD 128GBとなっているので普段使いのPCとしては十分な性能があると思います。
もちろん重い処理を想定する場合はCPUやメモリなどのアップグレードも可能なので使い方に合わせたスペックを選ぶことが出来ます。

ThinkPad L13 Yoga Gen2は持ち運び可能なタブレットPCをお手頃価格で購入したい方にお勧めのモデルです。

ThinkPad L13 Yoga Gen2

価格: 150,700円~ (税込)+送料<5/26(水)時点>

いまならWEBクーポン価格適用で99,462円~(税込)+送料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました