マイクロソフト ストア Surface Pro 7を特別価格で販売中 !

HP Spectre x360 13 実機レビュー LTE対応ワンランク上のタブレットPC

4.5
スポンサーリンク

今回 HP Spectre x360 13-aw0000をHP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP Spectre x360 13-aw0000は13.3インチワイド・フルHD 非光沢・IPS液晶搭載でパフォーマンスの高い2in1タイプの タブレットPCです。
Wifi6、LTE通信対応なので色々なシチュエーションで高速なモバイル通信利用できると思います。

スポンサーリンク

まずはHP Spectre x360 13-aw0000の特徴から

このインテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー、メモリ16GB、’1TB SSD (PCIe NVMe M.2)搭載のパフォーマンスの良いタブレットPCです。
バッテリー駆動時間も最大 22時間と凄く長いので一日電源を気にせずに使うことも可能です。

カラーはアッシュブラックとポセイドンブルーの2色となっています。
※LTE搭載モデルはアッシュブラック限定

HP Spectre x360 13-aw0000のお勧めの使い方

ポイント!

HP Spectre x360 13-aw0000

 

  •  最強のタブレットPCとして
      Wifi6、LTEも利用可能なので快適にネットを利用可能
  •     

  •  メインのノートパソコンとして
      基本スペックが凄く高いのでメインのパソコンとしても使えるモデルです

HP Spectre x360 13-aw0000 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP Spectre x360 13-aw0000エクストリームプラスモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー
OS:Windows 10 Pro (64bit)
液晶:13.3インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ(1920×1080)
※アンチリフレクションコーティング仕様
メモリ:16GB オンボード (3200MHz, LPDDR4x SDRAM)
ストレージ:1TB SSD (PCIe NVMe M.2) /インテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)
グラフィック:インテル® Iris® Plus グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6) 、 Bluetooth 5.0 、インテル® XMM™ 7560 LTE-Advanced Pro(GPS機能付き)

※CPUにインテル® Core™ i5-1035G4 プロセッサーのモデルも用意されています。

HP Spectre x360 13-aw0000

価格: 139,800円~(税抜)+送料無料 <4/11(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で132,000円!~(税抜)+送料無料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Spectre x360 13-aw0000外観チェック

HP Spectre x360 13-aw0000の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはアッシュブラックが用意されています。

HPの上位モデルの証、SPECTREのロゴです。

液晶画面

液晶は13.3インチワイド・フルHD ・IPS タッチ(アンチリフレクションコーティング仕様)が搭載されています。
視野も広くて、詳細で鮮やかな画像が楽しめます。

<<正面>>

13.3インチとなっていて、非光沢・IPS・FHD液晶 (1920×1080) なので詳細で綺麗な印象となっていますね。
アンチリフレクションコーティング仕様は光の反射を抑えていてかなりよい印象です。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

HP Spectre x360 13-aw0000はsRGBで94%、adobeRGBで73%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのですごく良い数字となっています。

このレベルですと色の再現度重要視される写真加工などの用途でもかなり使えそうですね。

※sRGB
※adobeRGB

 

本体の外観

<<HP Spectre x360 13-aw0000 正面>>

HP Spectre x360 13-aw0000はネットワークに高速なWifi6(IEEE802.11ax)規格の無線LANとLTEスロット(搭載モデルのみ)が用意されていますので外出先でも高速なネットワークを利用することが出来ます。

USBもThunderbolt™ 3対応Type-C™ 3.1が用意されているので最新のアクセサリーを利用することも出来ます。

また通常のUSBも用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
Type-Cだけだと手持ちのマウスなどのデバイスが使えなかったりするので従来型のUSBが用意されていると便利です。

<<右側面>>

・microSDカードスロット
・プライバシースイッチ
・USB 3.1 Type-C™ Gen2 x 2(Thunderbolt™ 3、電源オフチャージ対応)
※AC電源はUSB 3.1 Type-C用のものとなっています。
 角にあるUSBは(電源コンセントが左側にある場合特に)ケーブルの取り回しが楽なので便利です。

<<左側面>>

・電源ボタン
・ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
・USB 3.1 Type-A(電源オフチャージ対応)
・nanoSIMカードスロット(LTE対応モデルのみ)

LTE SIMを挿入した状態

<<背面>>

SPECTREのロゴカッコいいですよね。

<<上から>>

13.3型ワイドですのでA4よりは少し大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

16(最薄部)- 18.5(最厚部)mmなので本と同じくらいですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形は見えていないですね。
 

・電源を入れているとき

 こちらも人形は見えていないですね。
 

キーボード&タッチパッド

「Enter」キーの右側に1列「Home」キーなどが配置されているHPさんの特徴的な配置のバックライトライト付きの日本語キーボードです。
管理人も最近は慣れてきて気にならなくなりましたが初めての方は若干慣れが必要だと思います。
キー幅も十分にあるので普通に使いやすいキーだと思います。

※バックライト機能も用意されているので暗い場所での利用時も便利です。

矢印キーの下にある四角部分は指紋認証です。

キーボード 右上部

キーボード 左上部

タッチパッドは普通という印象です。

電源ボタン

電源は左側角にあります。

右側角はUSB Type-Cです.

画面の角度

360度回転可能なタブレットPCなので自由に回転することが出来ます。

当然タブレット形式でも利用可能です。

WEBカメラ

Windows Hello対応の顔認証可能なHP True Vision HD Webcam (約92万画素) / IR カメラが用意されています。

AC電源

電源は割とコンパクトな65Watのものが採用されています。

HP Spectre x360 13-aw0000 質量

本体は1260gホームページ上の数値は約1.25kgですのでほぼ同じですね。

AC電源は310gです。

本体+AC電源では1570ですね。

AC電源込みで1570gなので13.3型としては普通レベルですが持ち運びに便利だと思います。

HP Spectre x360 13-aw0000 外観チェックのまとめ

HP Spectre x360 13-aw0000は13.3インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ搭載の綺麗な画像が印象的なタブレットPCです。
ベゼルも狭くて画面を見たときの没入感も高いですしアンチリフレクションコーティング仕様もなかなか良いです。
液晶の色域の数字も良いので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも活躍してくれそうです。

本体カラーは高級感のあるアッシュブラックとなっていてかなり良いです。

キーボードに関してもバックライト付きで配置は若干慣れが必要な部分はありますが使いやすい仕上がりとなっています。

薄型で質量に関しては13.3型としては普通レベルなので持ち運んでの利用にも対応可能です。

HP Spectre x360 13-aw0000はパワフルで液晶も綺麗な仕上がりのタブレットPCだと思います。

 

HP Spectre x360 13-aw0000

価格: 139,800円~(税抜)+送料無料 <4/11(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で132,000円!~(税抜)+送料無料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Spectre x360 13-aw0000 パフォーマンスチェック

HP Spectre x360 13-aw0000 基本スペック

CPU:インテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー
メモリ::16GB オンボード (3200MHz, LPDDR4x SDRAM)
ストレージ:1TB SSD (PCIe NVMe M.2) /インテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)
グラフィックス:インテル® Iris® Plus グラフィックス (プロセッサーに内蔵)

HP Spectre x360 13-aw0000 パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:1TB SSD (PCIe NVMe M.2) /インテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)、グラフィック:Nインテル® Iris® Plus グラフィックス (プロセッサーに内蔵)となっています。

基本スペックはかなり高いですしSSDをより高速化してくれるキャッシュメモリのインテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)がどの程度パフォーマンスを発揮してくれるかも楽しみです。

performance test9による測定結果

4652点とかなり良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらも物凄く良いスコアとなっています。
専用グラフィック搭載ではありませんがかなり頑張った成績となっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR15とR20の2種類測定しています。

・R15
・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのモデルではありませんがベンチマークを測定してみました。
結果としてはかなり多くのゲームを快適に遊ぶことが出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 3880(快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 5457(とても快適)
※スコアが逆転していますが強力過ぎるスペックの場合よく起こります。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280×720 高品質ノートPC: 4022(快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4711(快適)

ファイナルファンタジーXV

1920×1080 軽量品質: 1053(動作困難)
1280×720 軽量品質: 1576(動作困難)

Far Cry 5

大体30FPSあれば快適に遊べると言われていますがこのスコアだと厳しそうです。

FHD 画質:最高 最小FPS:6
FHD 画質:低 最小FPS:9

ドラゴンクエスト

余りに処理能力が高いと数字が逆転してしまうことが良く起こります。

1280×720 最高品質:10938(すごく快適)
1280×720 標準品質:12043(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

HP Command CenterでサーマルプロファイルをHP推奨モードからパフォーマンスに変更して測定
 結果としてスコアはそれほど大きくは変わらなかったですね。

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 4086点と凄く良いスコアなので快適に使えると思います。

HP Command CenterでサーマルプロファイルをHP推奨モードからパフォーマンスに変更して測定
 結果としてスコアはそれほど大きくは変わらなかったですね。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4900点と凄く良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分50秒で現像は終了しました。

これはかなり早い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが凄く快適に操作出来ました。

ストレージ情報

構成的には1TB SSD(PCIe NVMe M.2)/インテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)付きとなっています。
空き容量は915GBとなっているので余裕のあるの容量だと思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

SSDを測定

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい21倍位早い結果になっています。
さすがPCIe NVMe規格のSSDですね。
インテル® Optane™ メモリー H10はどちらかと言うとアプリを2回目以降に起動する際の高速化に効果がある様です。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも凄く早いスコアだと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ50秒台前半となっています。
これはかなり早い数字だと思います。

1回目:00:47秒
2回目:00:54秒
3回目:00:51秒
4回目:00:46秒
5回目:00:53秒
6回目:00:52秒
7回目:00:49秒
8回目:00:55秒
9回目:00:52秒
10回目:00:51秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大44.3dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさでした。
測定している際はほんのかすかに音が少しするなという印象でした。

状態騒音量(db)
アイドリング38.4
動画再生時38.6
動画エンコード44.3
ベンチマーク43.3

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度は37.3度になっていました。
全然温度上がらなかったですね。
この位の温度であればあまり気にする必要は無さそうです。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

HWMonitorによる内部温度チェック

内部温度は動画エンコード時は最高で83度となっています。
ただ外部温度はそれほど高くなかったので瞬間風速的な温度上昇ではないかと思います。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
ベンチマーク時でも30Watとかなり電力消費は少ないですね。
かなりの省電力構成だと思います。

状態消費電力(Wat)
アイドリング8
動画再生時15
動画エンコード30
ベンチマーク30

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大5時間/MobileMark® 2014となっています。
バッテリーでの長時間利用は期待できないのでAC電源を利用しての使い方がメインですね。

オーディオ

Audio by Bang & Olufsen、内蔵デュアルスピーカーが搭載されています。

音的には凄く良い印象でした。

HP Spectre x360 LTE機能

SIMカード サイズはnanoSIMカードです。

FDD LTE:
2100 (Band 1) , 1800 (Band 3) , 900 (Band 8),
850 (Band 18) , 850 (Band 19) , 850 (Band 26)
700(Band 28) MHz
TDD LTE:
2600 (Band 38) , 1900 (Band 39) , 2300 (Band 40) , 2500 (Band 41) , 3500 (Band 42) MHz
◆通信速度
LTE: 979 Mbps (Download), 75 Mbps (Upload)
※規格上の最高速度であり実行有効速度が同様の結果とならない場合があります。

日本の通信会社の場合

docomo系SIM:Band 1/3/19/21
au系SIM:はBand 1/18
Softbank系SIM:Band 1/3/8

に対応していれば実用上問題ないかと思いますので格安SIM(MVNO)を含めた殆どすべての通信業者に対応出来そうです。

※管理人は実際に接続テストを実施できているわけではないのでご自身で確認をお願いします。

格安SIM(MVNO)を利用すれば1,000円/月位から始められるのでかなりお得だと思います。

参考:UQモバイル 価格情報
UQ mobile

HP Spectre x360 13-aw0000付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・HP Command Center
パフォーマンスやネットワークなどの設定が可能です。

・電子マニュアル

・HP PC Hardware Diagnostics Windows

・HP サポートアシスタント

などです。

セキュリティ

・顔認証センサー / 指紋認証センサー

・ライバシーカメラキルスイッチ
 インターネット会議などを利用の際も簡単にカメラ機能をオフに出来ます。
 もちろん利用時以外はオフにしておくことで不測の事態でのインターネットからの覗き見なども防止可能です。

 カメラを使用不可の状態で利用しようとするとエラーとなります。
 

・マカフィー® リブセーフ (1年版)

・プライバシーモード
 ~ 内蔵型 覗き見防止スクリーン(HP Sure View) ~< 2020年5月頃、搭載予定 >

付属品

 
 速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
 

保証関連

HP Spectre x360 13-aw0000は標準保証:1年間

オプションとして

・2年間引き取り修理サービス 
・3年間引き取り修理サービス 
・3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス
・3年間出張修理サービス 本体用

などのサービスが用意されています。。

詳しくは購入画面でご確認ください。

HP Spectre x360 13-aw0000 (2020年4月10日)
型番13-aw0162TU
CPUインテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー (1.30GHz-3.90GHz, インテル®スマート・キャッシュ 8MB)
OSWindows 10 Pro (64bit)
ディスプレイ13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ(1920×1080 /最大1677万色400nit / 166ppi)※アンチリフレクションコーティング仕様
グラフィックスインテル® Iris® Plus グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
メモリー16GB オンボード (3200MHz, LPDDR4x SDRAM)
ストレージ1TB SSD (PCIe NVMe M.2) /インテル® Optane™ メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2)
ネットワークIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6) 、 Bluetooth 5.0 、機内モードオン/オフボタン付き
光学ドライブ未搭載
WebカメラHP True Vision HD Webcam (約92万画素) / IR カメラ
拡張インターフェイスUSB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C™ 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt™ 3、電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0対応 )、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリー駆動時間最大 22時間/MobileMark® 2014
本体サイズ(mm)約 307 × 194.5 × 16(最薄部)- 18.5(最厚部)mm
本体質量約 1.25 kg
認証(Windows Hello)顔認証センサー / 指紋認証センサー
保証1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフトなし
主な付属品専用スリーブケース、速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、ダックヘッド(コンセント直付け用)、保証書等
販売価格144,800円(税抜)+送料

HP Spectre x360 13-aw0000のレビューまとめ

HP Spectre x360 13-aw0000のお勧めポイント

  • LTE対応なのでWifi電波がない場所でもモバイル利用可能
  • 基本スペックが高いのでメインのパソコンとして使える
  • 液晶の色域も広くパフォーマンスも高いのでRAW現像などでも活躍することが出来る

HP Spectre x360 13-aw0000の気になる点

特になし

管理人の総評

HP Spectre x360 13-aw0000は13.3インチワイドと大き目の液晶を搭載したゲーミング ノートPCです。
リフレッシュレートも144Hzと高いですし、NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 with Max-Q Design グラフィックス搭載で画像処理も早いので殆どのゲームを快適に遊ぶことが出来るモデルだと思います。

色域も広いので色彩が大切な画像編集やRAW現像などの処理でも活躍できると思います。

ゲーム用途でもクリエイト用途でもどちらでも活躍できる優れものということですね。

OMEN X by HP 15-dh0000には
・ベーシックモデル
・ベーシックプラスモデル
・スタンダードモデル
・パフォーマンスモデル
・パフォーマンスプラスモデル
・WWANモデル(今回レビュー機)

の6つのモデルが用意されています。

違いとしては
CPU: Core™ i5-1035G4、Core™ i7-1065G7
メモリ:8GB、16GB
液晶:フルHD、4k
ストレージ:256GB SSD、512GB SSD、1TB SSD
LTE:あり、なし

の組み合わせとなります。
※モデルにより組み合わせは決まります。

選び方としてはCPUの違いで(Core i5、Core i7)の違いにまず注目すべきだと思います。

パフォーマンスを求めれるならやはりCore i7ですよね。
あとはSSDの容量が大切です。
256GBだと若干少なめですので用途を理解して選ばれる方以外は512GB以上をお勧めします。

当サイトのお勧めはコストパフォーマンスを求めるならベーシックプラスモデル、よりパフォーマンスを求めるならスタンダードモデル以上をお勧めします。
LTE機能が必要な方は当然WWANモデルです。
というかスタンダードモデルとWWANモデルの価格差が800円なので2つを迷われたらWWANモデルの方をお勧めします。

HP Spectre x360 13-aw0000の特徴はWifi6、LTE対応可能でバッテリー駆動時間も長いので機動性豊かにモバイルで活躍してくれる点ですね。

モバイルでオールランド的に活躍してくれるタブレットPCをお得に購入したい方に是非お勧めしたいモデルです。

HP Spectre x360 13-aw0000

価格: 139,800円~(税抜)+送料無料 <4/11(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で132,000円!~(税抜)+送料無料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました