日本HP様のご厚意でHP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUのレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUはセキュリティも安心な2in1タイプのタブレットPCです。特に電車などで移動中もパソコンを使いたいという忙しいビジネスマンの方にお勧めのモデルです。

まずはHP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUの特徴から

このHP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUは13.3インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)液晶搭載の2in1タブレットPCです。

ボディはアルミニウムの塊から削り出すCNC精密加工を採用、ワンランク上の高級感のある仕上がりになっています。

セキュリティ面でも指紋認証機能やのぞき見防止機能が用意されていてさらにストレージの暗号化が可能なBitLockerが標準で装備されているWindows 10 Pro採用なのでビジネス用途での利用にも安心です。

勿論基本スペックが高いコストパフォーマンスの良いモデルなのでモバイル用途だけでなく通常のデスクワークにも十分に活躍できると思います。

スペック的にはCPUにインテル® Core™ i7-8550U プロセッサー 、メモリ:16GB、インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)、ストレージ:SSD 1TB (PCIe NVMe M.2)を搭載している起動の素早いパワフルな2in1タブレットPCです。

Contents

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUのモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
OS:Windows 10 Pro(64bit)
メモリー:16GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ディスプレイ:13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 )
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
ストレージ: SSD 1TB (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き

※ラインナップとしてCPUにCorei5を搭載したモデルも用意されています。

 

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU

価格:179,800円(税抜)+送料<10/29(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されていますので上記キャンペーン価格をさらにお得に購入できます。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU外観チェック

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUの外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUは13.3インチワイド・フルHD・IPSなので見やすい印象の液晶だと思います

視野も広めです。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

プライバシー機能

ワンタッチの切替でのぞき見防止機能を利用できます。

通常時

のぞき見防止機能を有効にした場合

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUはsRGBで90%、adobeRGBで70%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり良い数字となっています。
レビュー時に肉眼で見た印象でも綺麗という印象でした。

 

本体の外観

<<HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU 正面>>

<<右側面>>

USB Type-Cのポートが2つ用意されているので今後発売される新しんアクセサリーへの対応も心配ないですね。
※電源はUSB Type-Cのポート1つを利用します。

・音量ボタン
・指紋リーダー
・USB Type-C™ 3.1 Thunderbolt™ 3 ×2

<<左側面>>

通常形式のUSB3.1が用意されているのも有りがたいですね。
まだまだ従来型のアクセサリーを利用したいケースもあるのでいざというときに安心です。

・USB3.1 Gen1 ×1
・ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
・電源ボタン
・microSDカード

SDカードは挿入するとでっぱりはほぼ無くなります。

<<背面>>

写真だと見えづらいですが上位ブランドの証「 Spectre 」のロゴです。

<<上から>>

13.3インチワイドですのでA4よりは少し大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

13.6(最薄部) – 15.5(最厚部)mmですので本と同じくらいですね。

電源スイッチ

電源スイッチは左側です。

キーボード面 左側です

キーボード面 右側です

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形ははっきり見えていますね。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

使いやすいキーボードですが配置に若干違和感があります。
場所的には右端で「Enter」キーの右側に縦一列アサインされています。
HPさん曰く、Homeキーなどがそこに有るのはExcelなどを利用するさいに便利なので敢えて配置しているとのこと。
この配置になっているパソコンはあまり多くないので若干慣れが必要な仕様だと思います。

タッチパッドは使いやすいですね。
といってもタッチ操作も可能なのであまり使わないかもしれないですけどね。

360度回転可能なタブレットPCなのでこのような形も当然出来ます。

その他にもこんな形でも使えます。

AC電源

まあ、電源は四角形です。

コンセント部分は折りたためるのでカバンに入れて持ち運ぶ際に便利です。

また、ケーブル長が必要な場合はこのように付け替えも可能です。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は1,287gですのでホームページ上の値約1.29 kgと同じですね。

AC電源は255gです。

本体+AC電源での質量は1,542gとなっています。

 

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU  外見チェックのまとめ

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUは13.3インチワイド・フルHD・IPS液晶が発色も良くキレイな印象の2in1タイプのタブレットPCです。

本体のデザインも高級感があって良いと思います。

また、本体も軽量で薄型なのでモバイル利用にも適していると思います。

キーボードに関しては若干慣れが必要な配置ですがキータッチなどは使いやすいと思います。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU0はおしゃれで高級感のあるた2in1タイプのタブレットPCだと思います。

電車内での利用時に気になるのぞき見防止機能も付いているのでセキュリティ面でも安心なので電車などでの移動が多いビジネスマンにお勧めです。
最近は飛行機の中でもWifiが使えるのでお仕事をされている方も多いですがそんな場合も安心ですね。
※勿論角度によっては見える可能性有りますのでご自身で安全を確認してください。

 

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU パフォーマンスチェック

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU  基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
メモリ::16GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ:1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:1TB SSD (PCIe NVMe M.2)、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

なので2in1タイプのタブレットPCとしてはかなり高めなパフォーマンスが期待できる構成となっています。

Performane Test9 による測定結果

かなり良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

さすがに専用グラフィックを搭載していないのでグラフィック関連は少し低めですが他はかなり高いスコアだと思います。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

解像度を調整する必要がある場合もあるとは思いますが多くのゲームを楽しめそうですね。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 2576(やや普通)
1280×720 標準品質ノートPC: 3777(快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:7252(とても快適)
1280×720 標準品質:8422(とても快適)

3DMARK

専用グラフィックは搭載していないですがなかなか良いスコアだと思います。

Sky Diverによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Time Spyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3557点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4,849点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分45秒で現像は終了しました。
これかなり早いと思います。
やはりCPUの性能が良いのが影響しているんでしょうね。
これなら写真現像はストレスなく出来そうです。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

レビュー機には東芝製のSSDが搭載されています。
※今後変更になる可能性も有ります。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDがSeqQ32T1で100MB/s位のスコアですので15倍以上速い結果になっています。
さすがPCIe NVMe M.2規格のSSDは爆速です。

SDカードのスコアを計測してみました。
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

こちらも早いですね。
これなら撮影した写真も素早く取り込めそうです。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ30秒台中盤となっています。
これ本当に早いですよね、実際に使っていても素早く起動するなという印象でした。
特にメーカー製PCの場合はプリインストールされているメンテナンス用のソフトなどがあるのでかなりの速さだと思います。

1回目:00:37秒
2回目:00:36秒
3回目:00:38秒
4回目:00:37秒
5回目:00:36秒
6回目:00:37秒
7回目:00:36秒
8回目:00:38秒
9回目:00:37秒
10回目:00:36秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大42.3dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさです。

このレベルなら静かな場所で利用しても気にならなと思います。

状態 騒音量(db)
アイドリング 39.3
動画再生時 39.5
動画エンコード 42.3
ベンチマーク 41.3

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で39.2度になっていました。
このレベルなら多少負荷が大きくなっても熱の心配はなさそうです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
全体的に消費電力は少ないですね。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 7
動画再生時 10
動画エンコード 30
ベンチマーク 26

 
ホームページ上のバッテリー駆動時間は約16時間45分(MobileMark 2014)となっています。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU (2018年10月29日)
型番 13-ae018TU
CPU インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー (1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
OS Windows 10 Pro
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit / 166ppi)
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
メモリー 16GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ HP Wide Vision フルHD Webcam (約200万画素) / IR カメラ
拡張インターフェイス ・USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)
・USB Type-C™ 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt™ 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・microSDカードスロット
バッテリー駆動時間 約16時間45分/MobileMark® 2014
本体サイズ(mm) 307 × 218 × 13.6(最薄部) – 15.5(最厚部)mm
本体質量 約 1.29 kg
認証(Windows Hello) 指紋認証センサー
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 専用スリーブケース、速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、ダックヘッド(コンセント直付け用)、保証書等
販売価格 177,800円(税抜)+送料

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU付属ソフトチェック

付属しているソフトは

付属のペンの設定用ソフトです。

HP Support Assistant

Recovery Mnager

Document

などです。

セキュリティ

・マカフィー® リブセーフ (1年版)

保証関連

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUは標準保証:1年間引き取り修理サービス

オプションとして

・2年間引き取り修理サービス
・3年間引き取り修理サービス
・3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス 
・3年間出張修理サービス 

などが用意されています。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>公式ページ PC標準保証
icon

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUのレビューまとめ

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU のお勧めポイント

  • 2in1タイプのタブレットPCなので使う場所にあわせて使い方を選ぶことが出来るので便利
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待が出来る
  • 本体の仕上がりがワンランク上で所有感を満たす事が出来る
  • 指紋認証・のぞき見防止機能搭載なのでセキュリティ的にも安心

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUの気になる点

特になし

管理人の総評

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUは高級感のある仕上がりなので所有感を満たしてくれる2in1タイプのタブレットPCです。
電車の中などでの利用の際もプライバシーモード(のぞき見防止機能)搭載なので安心して利用することが出来ます。
指紋認証機能を使えばパスワードの入力を見られる心配もないのでこちらも安心です。
また、マカフィー® リブセーフ (1年版)が付いている点もポイント高いと思います。

スペック的にはCPU:Core i7,メモリ:16GB、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 搭載でストレージは1TB SSD (PCIe NVMe M.2)なので起動も早くてサクサク使えるモデルだと思います。

HP Spectre x360(2017年11月モデル)シリーズには

・ベーシックモデル(Core™ i5プロセッサー)
・スタンダードモデル(Core™ i7プロセッサー)
・プロフェッショナルモデル(Windows 10 Pro、Core™ i7プロセッサー)/今回レビュー機
・パフォーマンスモデル(Core™ i7プロセッサー、4K)

の4つのモデルが用意されていて違いは以下の様になっています。

・ベーシックモデル(Core™ i5プロセッサー)
 OS:Windows 10 Home
 液晶:13.3インチ フルHD
 CPU:Core i5
 メモリ:8GB
 グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620
 ストレージ:256GB SSD (PCIe / NVMe M.2)

・スタンダードモデル
 OS:Windows 10 Home
 液晶:13.3インチ フルHD
 CPU:Core i7
 メモリ:16GB
 グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620
 ストレージ:512GB SSD (PCIe / NVMe M.2)

・プロフェッショナルモデル
 OS:Windows 10 Pro
 液晶:13.3インチ フルHD
 CPU:Core i7
 メモリ:16GB
 グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620
 ストレージ:1TB SSD (PCIe / NVMe M.2)

・パフォーマンスモデル
 OS:Windows 10 Home
 液晶:3.3インチワイド・UHD(4K)
 CPU:Core i7
 メモリ:16GB
 グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620
 ストレージ:1TB SSD (PCIe / NVMe M.2)

選び方としては
通常利用を想定されている方はスタンダードモデルをお勧めします。
スペック的にかなり高いので多くの使い方に対応できると思います。
コストは優先する場合はベーシックモデルの選択も勿論有りだと思います。
ただこのモデルはストレージの容量が256GBと若干少なめなので選ばれる場合はこの点に注意が必要です。
プロフェッショナルモデルに関してはストレージの容量も1TBと余裕の容量なので価格的に許すのであればこちらが一番です。
プロフェッショナルモデルは搭載されているOSがWindows 10 Proなので標準でストレージの暗号化機能(BitLocker)が使えてさらにセキュリティ的に安心になります。
セキュリティを重視される場合はこちらのモデルを選びたいものです。

パフォーマンスモデルに関しては画像の解像度に4kが必要な場合という事になると思います。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TUはサクサク使えて持ち運びに便利、さらにセキュリティ的にも安心に使える2in1 タブレットPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

HP Spectre x360 Convertible 13-ae018TU

価格:179,800円(税抜)+送料<10/29(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されていますので上記キャンペーン価格をさらにお得に購入できます。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク