⇒日本HP 2022福袋 販売情報はこちら

GeForce RTX搭載 Legion T550 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 Legion T550をLenovo様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。

最初に結論を書いておきますとLegion T550はグラフィックにNVIDIA® GeForce RTX搭載のパワフルなデスクトップPCです。
冷却も強力なので最強レベルを目指すことが出来るモデルだと思います。

スポンサーリンク

まずはLegion T550の特徴から

このLegion T550の特徴はCPUに人気のAMD Ryzenシリーズ搭載でメモリも最大で128GB搭載なのでゲームだけではなく動画編集など重い処理にも使えるスペックを持ったモデルです。
強化されたフィンサーマル、大型ファン、150W airflow CPUクーラーにより、広々とした筐体全体を素早く冷却されます。

Legion T550の選択できる主な項目は以下のようになっています。

 CPU    AMD Ryzen 5 5600G プロセッサー
AMD Ryzen 7 5700G プロセッサー
AMD Ryzen 7 3700X プロセッサー
OSWindows 10 Home 64 bit
Windows 10 Pro 64bit
メモリ16GB、32GB、64GB DDR4
ストレージ1st:SSD 253GB,512GB、1TB
2nd:HDD 1TB、2TB
※デュアルストレージ構成となります。
グラフィックNVIDIA GeForce RTX3060 12GB
NVIDIA GeForce RTX3060 Ti 8GB
NVIDIA GeForce RTX3070 8GB

※モデルにより選択できる構成が決まります。
※レビューモデルが搭載しているNVIDIA® GeForce® RTX 2060は現時点で選択できません

Legion T550のお勧めの使い方

ポイント!

Legion T550

  • ゲーミングPCとして
    ライバルに差を付けることが出来るゲーミングPCとして期待出来そうです
  • 動画編集などクリエイティブな作業用PCとして
    大容量メモリ搭載なのでかなり活躍に期待出来そうです
  • メイン PCとして
    基本スペックが高いのでメイン PCとして使えると思います

Legion T550レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うLegion T550のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU
AMD Ryzen 7 3700X
OS
Windows 10 Home 64bit
メモリ
16GB (8GB x 2) DDR4-3200
SSD
SSD 256GB+ HDD 2TB
GPU
NVIDIA® GeForce® RTX 2060
ODD
未搭載
N/W
有線LAN+Wi-Fi 6+ Bluetooth5.1

 

Legion T550

価格:188,870円~(税込)+送料 <9/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で122,025円~(税込)+送料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Legion T550外観チェック

Legion T550の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはブラックが用意されています。

片面透明になっていてライティングと併せてかなりカッコよいという印象です。

本体の外観

拡張インターフェイスは背面と上部にあります。
数的にはUSB Type-CやUSB Type-Aが背面を中心に配置されているので足りなくなること余りないと思います。
ただし前面にはUSB Type-Cは配置されていないのでこの点は留意が必要です。
まあUSB Type-Cに接続するのはディスプレイなど高速な通信が必要なアクセサリなので前面で接続したいという事は余りないかもしれないですけどね。

<<Legion T550正面>>

<<右側面>>

背面のねじを外すことで簡単に内部にアクセス可能です。
※ねじは手で外すことが可能です。

HDDはこちらですね。
スペース的にはもうひとつ増設することが出来そうです。

<<左側面>>

背面のねじを外すことで簡単に内部にアクセス可能です。
※ねじは手で外すことが可能です。

ファンは強力そうですね。

NVIDIA® GeForce® RTX 2060 です。

メモリは4スロットですね。
スペック上最大128GBまで拡張可能となっています。

<<背面>>

①USB 3.0 x 2
②USB 3.1 Type-C
③USB 2.0 x 2
④イーサネットコネクター
⑤ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1
⑥DisplayPort
⑦DisplayPort
⑧HDMI
⑨DisplayPort

<<上面>>

電源ボタンは上面ですね。

①電源ボタン
②ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、マイク入力ポート×1
③SuperSpeed USB Type-A 5Gbps
④SuperSpeed USB Type-A 5Gbps

<<底面>>

拡張性

拡張性に関しては内部へのアクセスも簡単ですし取り回しも余裕が有りますので可能だと思います。
スロット的には
メモリスロット:4スロット (空2/UDIMM)
PCI Express x16 × 1スロット (空0)
PCI Express x 4 × 1スロット (空1)
M.2 2230(WLANカード用)× 1スロット (空0)
M.2 2280(SSD/インテル® Optane™ メモリー用) 2スロット (空1)
3.5型拡張ストレージベイ 2スロット (空1)

となっています。

現実的にはかなり良いスペックなので直ぐに拡張をしたい部分は無いのですがメモリの増設やM.2に空きスロットがあるので必要があればSSDなどの増設を考えてみても良いかもしれないですね。

・3.5型拡張ストレージベイ

電源

電源は内蔵650W電源、80 PLUS GOLDの物が採用されています。

Legion T550 サイズ・質量

本体サイズは縦置き : 約 205 x 411 x 396mmとなっています。

質量に関しては約14kg (最大構成時)となっています。

ライティング

ソフトウエアの設定で簡単に光り方を設定可能です。
好みの色で使えるのでゲームをするときのモチベーションも上がると思います。

・前面/左側面

・背面

Legion T550 外観チェックのまとめ

Legion T550はブラックと落ち着いたカラーが用意されていて筐体も半面透明なのでかなりカッコ良いと思います。
簡単に好みの色で光らせることが出来るのも良いと思います。

拡張性に関しては空きもありますので普通に利用する分には困らないと思います。

Legion T550は内部アクセスも簡単で強力なタワー型PCだと思います。

Legion T550

価格:188,870円~(税込)+送料 <9/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で122,025円~(税込)+送料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Legion T550 パフォーマンスチェック

Legion T550 基本スペック

 

CPU:AMD Ryzen 7 3700X プロセッサー
メモリ:16GB (8GB x 2) DDR4-3200
ストレージ:SSD:256GB (PCIe NVMe/M.2)+HDD 2TB
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® RTX 2060

Legion T550 パフォーマンスチェック

CPU:AMD Ryzen 7 3700X プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:256GB SSD+2TB HDD、グラフィック:NVIDIA® GeForce® RTX 2060 となっています。
かなりのハイスペックなので良いスコアが期待できると思います。
あと強化されたフィンサーマル、大型ファン、150W airflow CPUクーラー搭載なのでどの程度冷却性能を発揮してくれるかも注目です。

当サイトで行った実機レビューの結果に基づくPCの選び方情報です。(ベンチマークスコア有り)
当サイト 実機レビュー結果からみた PCの選びかた

※インテル® Core™ i7-10700KFのデータ

AMD Ryzen 7 3700X プロセッサー
コア/スレッド数8/16
基本クロック3.6GHz
最大ブースト・クロック最大 4.4GHz
キャッシュL1キャッシュ合計:512KB、L2キャッシュ合計:4MB、L3キャッシュ合計:32MB
TDP65W

スレッド数は16なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

performance Test10 による測定結果

※Test10に変更になっています。

6746点と凄く良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらも凄く良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR23がリリースされましたので2種類測定しています。

・R15
・R23

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム用にベンチマーク スコアを測ってみました。
結果としては多くのゲームを快適に遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1920×1080 最高品質: 15132(非常に快適)
1920×1080 高品質デスクトップPC:15703(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1920×1080 最高品質: 14755(非常に快適)
1920×1080 高品質デスクトップPC: 15069(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

この重いベンチマークで4kでも普通に遊べそうです。
もちろんFHDならかなり快適に遊べます。

3840×2160 高品質: 3066(普通)
1920×1080 高品質: 7471(快適)

ファイナルファンタジーXIV:ENDWALKER

最新のFFも快適に遊べそうです。

1920×1080 最高品質: 15262(非常に快適)
1920×1080 高品質デスクトップPC: 15895(非常に快適)

ドラゴンクエスト

1920×1080 最高品質:21825(すごく快適)
1920×1080 標準品質:21818(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Night Raidによる測定結果

WILDLIFEによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike EXTREMEによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

TIME SPYによる測定結果

TIME SPY EXTREMEによる測定結果

CPU PROFILEによる測定結果

Blenderベンチマーク

3D CGソフト「Blender」によるベンチマークです。
さすがNVIDIA® GeForce® RTX 2060 なかなかの好成績です。

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5291点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5610点となっています。
 

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Advanced Editionによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分32秒で現像は終了しました。

これは凄く早いレベルの成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に操作出来ました。

今話題のPhotoshop CCに付属しているCamera Rawでのスーパー解像度も約2秒で可能です。

Windows11との互換性

今秋に提供予定とも言われているマイクロソフト社のWindows11ですが本モデルの対応状況をマイクロソフト社が提供している互換性チェックプログラムで確認してみました。
結果としてはアップグレード可能とのことなので本モデルは安心して利用出来そうです。
※Windows10⇒Windows11へのアップグレードはマイクロソフト社から無償で提供される予定です。
 互換性チェックプログラムは必要要件見直し(緩和の方向)のためと思われますが提供は一時的に中止されています。

注意:Windows11へのアップグレードは自己責任で行う形となると思いますので実行される判断はご自身で行ってください。

Windows11の詳細はは以下の公式ページでご確認頂けます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

ストレージ情報

容量的にはSSD 1TB、HDD 2TBで空き容量はSSD 194GB、HDD 1863GB(未使用)となっていますのでかなり余裕のあるの容量だと思います。

搭載されているSSDはSAMSUNGのようです。
HDDはTOSHIBAとなっています。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだいたい35倍以上早い結果になっています。
やはり「PCIe NVMe/M.2」規格は爆速ですね。

HDDに関しては7200回転のものが採用されていますので早めの速度だと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ50秒台前半となっています。
これはかなり早い数字だと思います。

1回目:00:52秒
2回目:00:51秒
3回目:00:52秒
4回目:00:50秒
5回目:00:51秒
6回目:00:51秒
7回目:00:50秒
8回目:00:51秒
9回目:00:50秒
10回目:00:51秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の5段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを30分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大44.2dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気にならないです。。
ファンは回っていましたので付いているファンが回転しても凄く静かなのだと思います。

状態騒音量(db)
アイドリング42.3
動画再生時42.8
動画エンコード44.1
ベンチマーク FFxiv44.2

表面温度のチェック

本体側面の温度を測定しました。

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度は動画エンコード時で30.3度になっていました。
手で触ってみましたが温度上昇は感じられませんでした。

※気温の高い夏場は温度はさらに上がるものと思います。

状態温度℃
アイドリング29.5
動画再生時29.6
動画エンコード30.3
ベンチマーク FFxiv30.2

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は45度となっています。
※CPUコアは78度を計測しています。
あまり温度上昇しない印象ですね。
もし温度高い状態が長く続居た場合パフォーマンスの低下も予想されます。

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
ベンチマーク FFxivの時は169Watですのであまり電力は使わない印象ですね。
650Wat電源搭載なので余裕も有りそうです。

状態消費電力(Wat)
アイドリング49
動画再生時73
動画エンコード102
ベンチマーク FFxiv169

Legion T550付属ソフトチェック

付属しているソフトはLenovo Vantageです。

システムの設定やアップデートなどを管理可能です。
本体のライティング設定もこのソフトで可能です。

保守契約の確認も可能です。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・有線LAN
・インテル Wi-Fi 6
・Bluetooth5.1

が搭載されています。

Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはWi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax準拠) となっていて無線LANのリンク速度は2.4Gbpsとなりました。

セキュリティ

・マカフィー® リブセーフ (トライアル版)

保証関連

Legion T550は標準で1年間 Legion Ultimate Supportが用意されています。

オプションとして

・2年間Legion Ultimate Support
・3年間Legion Ultimate Support
・4年間Legion Ultimate Support
・5年間Legion Ultimate Support

などのサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

Legion T550(2021年9月20日)
型番90RC004HJM
CPUAMD Ryzen 7 3700X (3.6GHz, 4MB)
OSWindows 10 Home 64bit 日本語版
グラフィックスNVIDIA® GeForce® RTX 2060
メモリー16GB (8GB x 2) DDR4-3200 SDRAM UDIMM (最大128GB)
ストレージSSD:256GB (PCIe NVMe/M.2)+HDD 2TB (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
ネットワーク有線LAN+Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)+Bluetooth v5.1
光学ドライブ未搭載
インターフェイス前面
USB 3.0 x 2、ヘッドホン x 1、マイクロホン x 1
背面
USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、USB 3.1 Type-C x 1、オーディオポート x 3(ライン出力 x 1、ライン入力 x 1、マイクロホン x 1)、イーサネットコネクター x 1
グラフィックスカード
DisplayPort x 3、HDMI x 1
本体サイズ約 205 x 411 x 396mm
本体質量約 14kg (最大構成時)
保証1年間(国内:引き取り修理)
オフィスソフトなし
主な付属品電源コード(アース端子付き)、マニュアル類、購入証明書(梱包箱の外側に貼 られています)
販売価格N/A

Legion T550のレビューまとめ

Legion T550のお勧めポイント

  • 基本スペックが高いので最強レベルのゲーミングメインPCとして
  • メモリ容量も多いので動画編集や3D CADなどの用途でも活躍可能

Legion T550の気になる点

なし

管理人の総評

Legion T550はCPUにAMD Ryzen 7 3700X、グラフィックにNVIDIA® GeForce® RTX 2060搭載のパワフルなデスクトップPCです。
※グラフィックは現在NVIDIA® GeForce® RTX 2060搭載モデルは取り扱いが内容で後継のNVIDIA® GeForce® RTX 3060が選択可能となっています。

Legion T550は160か所のシステムパフォーマンス、および状態を予測してシステム全体とネットワークの最適化を実行してくれる「Smart Performance ソフトウェア」をオプションで追加可能です。
これ入れて置けばパフォーマンスの最適化してくれますしマルウェアのゼロデイ攻撃なども防いでくれるので安心・快適に利用可能です。

ライバルに差を付けたいそんな貴方にお勧めのモデルです。

Legion T550はワンランク上のゲーミングPCを購入したい方にお勧めしたいモデルです。

Legion T550

価格:188,870円~(税込)+送料 <9/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で122,025円~(税込)+送料

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました