今回 HP EliteBook x360 1040 G5を日本HP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP EliteBook x360 1040 G5はLTE接続も可能なタブレットPCで可搬性に優れたパワフルなタブレットPCです。
外出先で頼りになるタブレットPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

Contents

まずはHP EliteBook x360 1040 G5の特徴から

このHP EliteBook x360 1040 G5は14.0 インチワイドフルHD タッチディスプレイ(非光沢、1920×1080、IPS 方式)を搭載しHP Sure View (内蔵プライバシースクリーン機能)も装備しているセキュリティ面でも安心なタブレットPCです。

カラーは落ち着きのあるシルバーとなっています。

スペック的には現時点の直販モデルでは
CPUに
インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
インテル® Core™ i7-8650U プロセッサー(vPro対応)

メモリ:8GB~32GB
ストレージ:SSD 256GB、512GB、1TB

液晶:14.0インチワイド フルHD・タッチディスプレイ (非光沢、1920 x 1080、HP Sure View搭載(内蔵プライバシースクリーン機能))

グラフィックス
インテル® UHDグラフィックス620(プロセッサー内蔵)

が用意されています。

HP EliteBook x360 1040 G5のお勧めの使い方

HP EliteBook x360 1040 G5

  • 外出先でのモバイル利用に最適
     LTE選択可能で軽量・薄型でバッテリー駆動時間も長いので1日パワフルに使えます。
  • イラスト作成などクリエイティブな用途に使えます
     ペンも利用可能でパワフルなのでかなり活躍してくれると思います。
  • オフィス内でのメイン利用パソコンとして
     基本スペックが高くパワフルなのでメインのパソコンとしても十分に使えると思います。

HP EliteBook x360 1040 G5レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP EliteBook x360 1040 G5のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:オンボード16GB DDR4
ディスプレイ:14.0インチワイド フルHD・タッチ対応 (非光沢、1920 x 1080、HP Sure View搭載)
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス620 (プロセッサー内蔵)
ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:インテル® Dual Band Wireless-AC 8265 802.11 a/b/g/n/ac+ Bluetooth 4.2

 

HP EliteBook x360 1040 G5

価格: 188,000円~(税抜)+送料 <6/27(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で149,800円!~(税抜)+送料 /

さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/法人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

HP EliteBook x360 1040 G5外観チェック

HP EliteBook x360 1040 G5の外観チェックです。
 

本体カラー

カラーはシルバーが用意されています。

液晶画面

<<正面>>

HP EliteBook x360 1040 G5は14.0インチワイド フルHD・タッチ対応 (非光沢、1920 x 1080)なので発色も良くて凄く見やすい印象の液晶だと思います

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

画面の解像度
解像度はFHD (1920×1080)です。

HP Sure View (内蔵プライバシースクリーン機能)

本モデルはプライバシースクリーン機能のHP Sure Viewが装備されています。
電車内など公共の場でパソコンを利用する場合セキュリティ上覗き見が気になります。
実際管理人が新幹線などに乗っている際も隣の席の人が会社の資料を見ているのによく出会います。
資料に社外秘と書いてあるのに私にもバッチリ読めるこんなところで見て良いの?と感じることが良くあります。
でもHP Sure Viewがあればそんなリスクも低減されます。

※通常の状態

※HP Sure Viewをオンにした状態

斜めからだと全く見えなくなります。

操作はこのボタンを押下するだけでオン・オフが切り替わります。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

HP EliteBook x360 1040 G5はsRGBで91%、adobeRGBで71%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので標準よりかなり良い数字ですね。

この位数字であれば写真加工など色が重要な処理にも十分に対応出来そうです。

実際に見た感じでも綺麗という印象でした。

 

本体の外観

<<HP EliteBook x360 1040 G5正面>>

HP EliteBook x360 1040 G5はUSB Type-Cが用意されているので最新のアクセサリを活用することが出来ると思います。
また従来のUSBポートも用意されているので互換性という意味でも良いと思います。
ただ残念なことにSDカードスロットが用意されていないので利用される方はアダプタ等の用意が必要となります。

<<右側面>>

・音量大小ボタン
・USB Type-C™ ポート(Thunderbolt™ 3、USB Power Delivery対応)
・HDMIポート
・USB3.1ポート(パワーオフUSB充電対応)

<<左側面>>

・USB3.1ポート(パワーオフUSB充電対応)
・コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック
・電源ボタン
・セキュリティロックケーブル用スロット
・Nano SIMカードスロット(対応モデルのみ利用可能です。)

<<背面>>

<<上から>>

14型ですのでA4の本よりも大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

16.9mmですので本と同じくらいですね。

キーボード上部(右)

キーボード上部(左)

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形は見えていませんね
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

「Enter」キーが凄く大きいのが特徴です。
これなら押し間違えることは(多分)ないと思います。

右上の電話の記号などのキーは
「コラボレーションキー」として定義されていてSkypeの利用の際に使用します。
Skypeを利用されている方はかなり便利だと思います。

タッチパッドも使いやすかったです。
またここにNFCのリーダー機能も用意されています。
Windowsへのログインなどへも活用可能です。

バックライト機能も用意されています。
飛行機内での利用時などに便利ですよね。

指紋認証

画面の角度

画面は360度回転可能なので水平にしたりタブレットのように使ったり自由に向きを変えることが出来ます。

AC電源

コンパクトな仕上がになっています。

ケーブルの長さが足りない場合などは付属のこちらのケーブルを利用すると長くできます。
※上の写真のコンセント部分を取り外してこちらを差し替えます。

HP EliteBook x360 1040 G5 質量

本体は1443gでしたホームページ上の数値は約1.42kgなのでほんの少しだけ上回っていますかね。
14型としてはかなり軽い部類になると思いますよ。

AC電源は230gです。

本体+AC電源では1,673gでした。

HP EliteBook x360 1040 G5 外観チェックのまとめ

HP EliteBook x360 1040 G5は14.0 インチワイドフルHD タッチディスプレイ(非光沢、1920×1080 ドット、IPS液晶が綺麗なタブレットPCです。
色域に関してもかなり広いので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも活躍してくれそうです。

本体カラーは落ち着いたシルバーで利用する場所を選ばないと思います。
本体の薄さ16.9mmとかなり凄くて持ち運び時にカバン入れても嵩張らずに済みそうです。

キーボードに関しては配置に違和感もなく使いやすいと思います。

HP EliteBook x360 1040 G5はスリムで液晶のきれいなパソコンをお探しの方にお勧めのモバイル ノートパソコンだと思います。

 

HP EliteBook x360 1040 G5

価格: 188,000円~(税抜)+送料 <6/27(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で149,800円!~(税抜)+送料 /

さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/法人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

HP EliteBook x360 1040 G5 パフォーマンスチェック

HP EliteBook x360 1040 G5基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
メモリ::オンボード16GB DDR4
ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス620 (プロセッサー内蔵)

HP EliteBook x360 1040 G5 パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)、グラフィック:インテル® UHD グラフィックス620

とかなり高めなスペックとなっていますのでフォーマンスも期待できると思います。。

Performane Test9 による測定結果

3818点とかなり良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらもなかなか良いスコアだと思います。
グラフィックに関しては専用グラフィックを利用していないので若干低めになってしまっています。

CINEBENCHによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

ビジネス向けのPCですのでゲームでの利用を考えておられる人は居られないとは思いますが参考用にベンチマークで計測を行ってみます。
結果としては重すぎないゲームであれば結構色々なゲームに対応出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 3296(やや快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 4669(快適)

ドラゴンクエスト

1280×720 最高品質:8157(とても快適)
1280×720 標準品質:9797(とても快適)

3DMARK

こちらも良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 3,804点とかなり良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも4,800点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Acrobat Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は2分49秒で現像は終了しました。
これはかなり良い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたがストレスなく操作出来ました。

ストレージ情報

SSDはサムスン製が搭載されています。
※勿論変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい33倍以上早い結果になっています。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ50秒前後となっています。
これは早めの数字だと思います。

1回目:00:52秒
2回目:00:56秒
3回目:00:47秒
4回目:00:57秒
5回目:00:48秒
6回目:00:50秒
7回目:00:56秒
8回目:00:48秒
9回目:00:50秒
10回目:00:59秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大44.2dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさです。

実際に聞いてみるとファンが回っているのを認識できる大きさでした。

状態 騒音量(db)
アイドリング 39.6
動画再生時 39.8
動画エンコード 44.2
ベンチマーク 42.5

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で39.1度になっていました。
この程度の温度であれば気にする必要はないかと思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
やはり重めの動画処理を行うとかなり消費電力は大きくなるようです。

状態 消費電力(Wat)
アイドリング 8
動画再生時 13
動画エンコード 43
ベンチマーク 35

モバイル通信

LTE通信のSIMスロットは左側にあります。
SIMのサイズはnanoSIMです。

通信モジュールはIntel® XMM™ 7360 LTE-Advancedを搭載しててカバーする通信方式及び周波数帯、通信速度は以下の通りです。

◆周波数
FDD LTE:
2100 (Band 1), 1900 (Band 2), 1800 (Band 3) , 1700 (Band 4), 850 (Band 5), 2600 (Band 7), 900 (Band 8) , 1400 (Band 11), 700 (Band 12), 700 (Band 13) 700 (Band 17) , 850 (Band 18) , 850 (Band 19), 800 (Band 20), 1450 (Band 21) , 850 (Band 26) 700 (Band 28) MHz, 700
(Band 29) , 2300 (Band 30) , 2100 (Band 66) MHz
TDD LTE:
2600 (Band 38) , 1900 (Band 39) , 2300 (Band 40) , 2500 (Band 41) MHz
HSPA+:
2100 (Band 1), 1900 (Band 2), 1700 (Band 4), 850 (Band 5), 900 (Band 8) MHz

最近はサポートしている周波数が多いので凄いですよね。

試しに管理人が所有しているSIMを使ってみました。

幾つか事前に通信用のAPN設定が用意されているようですが管理人が利用しようとしたSIMの設定は見つからなかったようなので手動で設定しました。

設定⇒ネットワークとインターネット⇒携帯電話
を表示します。

次に中央にある詳細プロパティを選択します。

次にAPNの追加を選びます。

APNの必要な項目を設定します。
※設定項目は契約されている通信会社により異なります。

以上で設定は完了して使ってみましたが
やはり接続も早くて便利です。
 

HP EliteBook x360 1040 G5 (2019年6月20日)
型番 HP EliteBook x360 1040 G5
CPU インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー(4 コア、8 スレッド、6MB キャッシュ、1.6-3.4GHz )
OS Windows 10 Pro (64bit )(日本語)
ディスプレイ 14.0 インチワイド(16 :9 )フルHD 液晶タッチディスプレイ(非光沢、1920×1080 ドット、700cd/m² 、最大1677 万色、IPS 方式)、LED バックライト、ambient light sensor 、HP Sure View (内蔵プライバシースクリーン機能)搭載
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス620 (プロセッサー内蔵)
メモリー オンボード16GB DDR4
ストレージ 512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
ネットワーク インテル® Dual Band Wireless-AC 8265 802.11 a/b/g/n/ac (アンテナ数:送信2 、受信2 )(Wi-Fi準拠、CCX 準拠)+ Bluetooth 4.2
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ 1080p FHD Web カメラ(固定焦点レンズ)、IR カメラ(Windows Hello 対応)
拡張インターフェイス ・USB3.1 ポート×2 (パワーオフUSB 充電対応)
・USB Type-C ポート(Thunderbolt™ ) x2
・コンボステレオヘッドフォン/ マイクジャック×1
・Nano SIM カードスロット
バッテリー駆動時間 Mobilemark2014 測定時 : 最大 約17 時間
JEITA 測定法Ver2.0 : 約11.1 時間
本体サイズ(mm) 321.4 x 215 x 16.9 (最薄部、突起部含まず)mm
本体質量 約1.42kg
認証(Windows Hello) 指紋認証、顔認証
保証 標準保証 :1 年(1 年間引き取り修理サービス※20 、1 年間パーツ保証/ 電話サポート)
オフィスソフト なし
主な付属品 HP 65W USB Type-C™ アダプター、保証書等
販売価格 239,800円(税抜)+送料

HP EliteBook x360 1040 G5付属ソフトチェック

付属しているソフトは

HP Support Assistant

電子マニュアル

HP PC Hardware Diagnostics Windows

などです。

セキュリティ

・指紋認証センサー
・顔認証カメラ(オプション)

保証関連

HP EliteBook x360 1040 G5は標準保証:1年間 引き取り修理保守サービス

オプションとして

・3年間 引取修理  サービス
・4年間 引取修理  サービス

・3年間 オンサイト サービス
・4年間 オンサイト サービス

などの他にもサービスが多数用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

HP EliteBook x360 1040 G5のレビューまとめ

HP EliteBook x360 1040 G5のお勧めポイント

  • タブレットとしても利用可能なので使う場所に合わせた使い方が出来るので便利。
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスにも期待できる
  • ペン操作(オプション)も可能なのでイラスト作成などクリエイティブな作業もこなせる
  • LTE通信も可能(モデルによる)なのでWifiがなくてもどこでもスピーディに使える

HP EliteBook x360 1040 G5の気になる点

特になし

管理人の総評

HP EliteBook x360 1040 G5は基本スペックが高くてパワフルなタブレットPCです。
レビュー機もメモリーが16GBと余裕のスペックなので多少重い処理でも頑張ってくれると思います。
LTE通信が可能なのも大きなポイントだと思います。
最近はWifiが使える場所が増えてきたとはいえやはりLTEが使えるのは心強いですし便利です。

格安SIM(MVNO)を利用すれば1,000円/月位から始められるのでかなりお得だと思います。

参考:UQモバイル 価格情報
UQモバイル

通常14型の場合モバイル用途にはあまり向かないのですがこの薄さ・軽さであれば十分に使えると思います。

ペンも利用可能なので持ち出してスケッチを描くというような使い方も可能です。

HP EliteBook x360 1040 G5はモバイルでも妥協したくないという方にお勧めのモデルです。

HP EliteBook x360 1040 G5

価格: 188,000円~(税抜)+送料 <6/27(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で149,800円!~(税抜)+送料 /

さらに当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/法人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

スポンサーリンク