マイクロソフト ストア  Surfaceを特別価格で販売中 !

RTX 2080搭載 OMEN X by HP 15 実機レビュー メモリ32GB搭載

スポンサーリンク

今回 OMEN X by HP 15-dg0000をHP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとOMEN X by HP 15-dg0000は15.6インチワイド・FHD非光沢・IPS(144Hz/1920×1080)NVIDIA® G-SYNC™ 対応液晶搭載でさらにセカンドディスプレイも搭載した新しい使い方が出来るパフォーマンスの高いゲーミング ノートPCです。
NVIDIA® GeForce RTX™ 2080搭載でパフォーマンスも凄く高いので多くのゲームを快適に遊べるお勧めのモデルです。

セカンドディスプレイにはリアルタイムスクリーンミラーリングが用意されているのでゲームを進めるうえでのかなり便利だと思います。

ただ価格が30万円位なので本格的にゲームを楽しむ方にお勧めのモデルとなります。

スポンサーリンク

まずはOMEN X by HP 15-dg0000の特徴から

このOMEN X by HP 15-dg0000はインテル® Core™ i9-9880H、メモリ32GB、グラフィックNVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design搭載の驚異的なパフォーマンスを誇るゲーミング ノートPCです。

カラーはシャドウブラックとなっています。

OMEN X by HP 15-dg0000のお勧めの使い方

ポイント!

OMEN X by HP 15-dg0000

 

  •  ゲーミングPCとして
      ライバルに差を付けたいそんなあなたにお勧めのモデルです
  •   

  •  RAW現像用ノートパソコンとして
      処理能力も高く液晶の色域も広いので写真編集やRAW現像でも活躍してくれると思います
  •   

  •  メインのノートパソコンとして
      基本スペックが凄く高いのでメインのパソコンとしても使えるモデルです

OMEN X by HP 15-dg0000 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うOMEN X by HP 15-dg0000エクストリームプラスモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i9-9880H プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
液晶:15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPS(144Hz / 1920×1080 NVIDIA® G-SYNC™ 対応+5.98インチワイド・フルHD・IPSタッチ (1920×1080)
メモリ:32GB (16GB×2) DDR4-3200MHz
ストレージ:512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用 (インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ(32GB / NVMe M.2))
グラフィック:NVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design グラフィックス 8GB (GDDR6)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 5.0

※インテル® Optane™ メモリー非搭載モデルも用意されています。
 

OMEN X by HP 15-dg0000

価格: 399,800円~(税抜)+送料 <1/11(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で300,000円!~(税抜)+送料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

OMEN X by HP 15-dg0000外観チェック

OMEN X by HP 15-dg0000の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはシャドウブラックが用意されています。

HPのゲーミングPC上位モデルのOMENシリーズのロゴです。
肉眼で見るともう少し赤味がかっていてカッコいいです。

液晶画面

液晶はメインのディスプレイとキーボード上部にセカンドディスプレイが搭載されています。
画面の解像度は量画面共にFHD (1920×1080) となっています。
視野も広くて、詳細で鮮やかな画像が楽しめます。
セカンドディスプレイも詳細で綺麗なので色々な使い方が出来て便利です。

・メインディスプレイ

リフレッシュレートは144Hzのものが採用されていますので高速な画面の表示切替が期待できると思います。
表示切替が速いとゲームをしている際相手はまだ前の画面が表示されているのにこちらは表示が切り替わっているということも想定されゲームを有利に進めることも可能になります。

・セカンドディスプレイ(キーボード上部)

<<正面>>

15.6型非光沢・IPS・FHD液晶 (1920×1080) なので詳細で綺麗な印象となっていますね。

視野も広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

 

こちらはセカンドディスプレイです。
セカンドディスプレイにはリアルタイムスクリーンミラーリング機能が用意されていて
ゲーム上のマップ、ステータス、発動可能なスキル等、ゲーム画面の任意の箇所を選択し、拡大してセカンドスクリーンに映すことが出来ます。

通常の画面の様にネットの情報を表示することも出来ます。

テンキー上部に専用のキーが割り当てられていてセカンドディスプレイを簡単に使えるようになっています。

電卓機能を利用することも出来ます。

負荷のかかるゲーム中などはシステムモニターを表示してPCの状態を見ることも出来ます。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

OMEN X by HP 15-dg0000はsRGBで95%、adobeRGBで71%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのですごく良い数字となっています。

このレベルですと色の再現度重要視される写真加工などの用途でもかなり使えそうですね。

※sRGB

※adobeRGB

 

本体の外観

<<OMEN X by HP 15-dg0000 正面>>

OMEN X by HP 15-dg0000はUSB 3.1 Gen1 Type-C™×1が用意されていますので最新のアクセサリを活用することが出来ると思います。

通常のUSBも左右に用意されているので拡張性で困ることはあまりないと思います。
Type Cだけだと手持ちのマウスなどのデバイスが使えなかったりするので従来型のUSBが用意されていると便利です。

また有線LANが用意されているのも良いですよね、やはり有線LANは通信が安定するのでゲームのレスポンスも良くなると思います。

あと左右の通気口もかなり強力で熱対策として効果的に出来ていると思います。

<<右側面>>

・USB Type-C電源ポートおよびThunderbolt™ ポート
・USBポート

<<左側面>>

・電源コネクタ
・HDMI出力端子
・USBポート(×2)
・有線LAN (RJ-4Sコネクタ)
・オーディオ出力(ヘッドフォン)/オーディオ入力(マイク)コネクタ

<<背面>>

エアーフローよくても換気も強力そうです。

<<上から>>

15.6型ですのでA4よりは大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

20 (サーマルバンプを含んだ場合 : 26.5) mmなので本よりも少し高いですね。
というかこのスペックのモデルとしては正直結構薄いです。
このくらいならカバン入れての持ち運びも出来そうです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 写真だと判り難いですが人形は薄っすらと見えています。
 

・電源を入れているとき

 こちらも人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

タッチパッドが右側にある、ちょっとおもしろいキーボードです。
最初使いにくいなと一瞬思ったのですが右手でパッド操作全て行うと考えると右にあった方が使いやすいのでこれも有りかなと思います。

※バックライト機能も用意されているので暗い場所での利用時も便利です。

キータッチは管理人好みで使いやすいタッチです。

バックライトが点灯た状態

タッチパッドは意外に使いやすいです。

タッチパッドの上部にはセカンドディスプレイの専用キーが用意されています。

テンキーの表示など画面の切り替えを簡単に行うことが出来ます。

電源ボタン

電源は左上部にあります。

キーボード 左上部

キーボード 右上部

画面の角度

傾斜は最大でここまで可能です。
管理人的にはもう少し傾斜出来た方が良いのですがゲーミング ノートPCなのでこれでも大丈夫な気もします。

WEBカメラ

前面にHP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)が用意されています。

AC電源

電源は230Watの大きめのものが採用されています。

OMEN X by HP 15-dg0000 質量

本体は2,373gでしたホームページ上の数値は約2.37kg~なので同じですね。

AC電源は741gです。

本体+AC電源では3,114gでした。

AC電源が大きめの割には意外に軽いという印象です。
これならLANパーティへの参加などの際も簡単に持ち出すことが出来ると思います。

OMEN X by HP 15-dg0000 外観チェックのまとめ

OMEN X by HP 15-dg0000は15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPS(1920×1080)とセカンドディスプレイを有した使えるゲーミングノート PCです。
液晶の色域の数字も良いので色が重要な写真編集やイラスト作成などの用途でも活躍してくれそうです。

セカンドディスプレイは電卓や通常のモニターとして利用できるほかに
リアルタイムスクリーンミラーリング機能が用意されていて
ゲーム上のマップ、ステータス、発動可能なスキル等、ゲーム画面の任意の箇所を選択し、拡大してセカンドスクリーンに映すことが出来ます。
この機能ゲームを進めるうえでかなり便利だと思いますよ。

本体カラーは高級感のあるシャドウブラックとなっていてかなり良いです。

キーボードに関してもバックライト付きで使いやすい仕上がりとなっています。
タッチパッドが右側にあるのは慣れが必要ですが慣れると意外に使いやすいです。

質量に関してはAC電源が若干重めですが15.6型としては軽めの仕上がりになっていますのでLANパーティへの参加も可能だと思います。

OMEN X by HP 15-dg0000はパワフルで液晶も綺麗な仕上がりのモデルだと思います。

 

OMEN X by HP 15-dg0000

価格: 399,800円~(税抜)+送料 <1/11(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で300,000円!~(税抜)+送料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

OMEN X by HP 15-dg0000 パフォーマンスチェック

OMEN X by HP 15-dg0000 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i9-9880H プロセッサー
メモリ::32GB (16GB×2) DDR4-3200MHz
ストレージ:512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用 (インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ(32GB / NVMe M.2))
グラフィックス:NVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design グラフィックス 8GB (GDDR6)

OMEN X by HP 15-dg0000 パフォーマンスチェック

CPU::インテル® Core™ i9-9880H プロセッサー、メモリ:32GB、ストレージ:512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用 (インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ(32GB / NVMe M.2))、グラフィック:NVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design グラフィックス 8GB (GDDR6)となっています。

ゲーミング ノートPCとしてかなりのハイスペックで特にSSDにインテル® Optane™ メモリーを搭載している点も注目しています。

Performance Test9 による測定結果

7013点ともの凄く良いスコアだと思います。

WINSCOREによる測定結果

こちらも物凄く良いスコアとなっています。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR15とR20の2種類測定しています。

・R15

・R20

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム向けのベンチマークを測定してみました。
殆どのゲームを快適に遊ぶことが出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1280×720 高品質ノートPC: 20996(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 21371(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

恐らくゲームが軽すぎるのか、スコアが逆転してしまっています。

1280×720 高品質ノートPC: 21195(非常に快適)
1280×720 標準品質ノートPC: 21133(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

1920×1080 高品質: 7227(快適)
1920×1080 標準品質: 9008(とても快適)

Far Cry 5

大体30FPSあれば快適に遊べると言われているのでかなり快適に遊べそうです。

FHD 画質:最高 最小FPS:78
FHD 画質:低 最小FPS:87

ドラゴンクエスト

余りに処理能力が高いと数字が逆転してしまうことが良く起こります。

1280×720 最高品質:23206(すごく快適)
1280×720 標準品質:23191(すごく快適)

3DMARK

こちらも凄く良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

Timespy Extremeによる測定結果

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5672点と凄く良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも6025点と凄く良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分23秒で現像は終了しました。

これは凄く早い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが凄く快適に操作出来ました。

ストレージ情報

構成的には512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用 /インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ(32GB / NVMe M.2)となっています。
空き容量は427GBとなっていますので余裕のあるの容量だと思います。
※インテル® Optane™ メモリー H10ストレージをより高速に利用できるキャッシュメモリーです。

Crystal Diskmarkによる測定です。

SSDを測定

通常のHDDが100MB/s位なのでだちたい21倍以上早い結果になっています。
さすがPCIe NVMe規格のSSDですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
最速で39秒台となっています。
これはかなり早い数字だと思います。

1回目:00:39秒
2回目:00:41秒
3回目:00:40秒
4回目:00:40秒
5回目:00:40秒
6回目:00:40秒
7回目:00:40秒
8回目:00:39秒
9回目:00:41秒
10回目:00:40秒

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大48.1dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで実際に聞いていても殆ど気に駆らないです。

状態騒音量(db)
アイドリング38.3
動画再生時38.6
動画エンコード45.1
ベンチマーク48.1

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で30.4度になっていました。
かなりエアーフローが良いのか全然温度上がらなかったですね。
もちろん夏場など元々温度が高い場合はもっと温度は上がると思います。

サーモセンサーによる画像の温度範囲は以下の通りです。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

温度が上がっている部分はキーボードではなくてキーボード上部のセカンドディスプレイなどがある部分です。
通常の操作時は触ることは余りないと思いますがセカンドディスプレイをタッチ操作する際は少し温度が気になるかもしれないですね。

HWMonitorによる内部温度チェック

内部温度は動画エンコード時は最高で100度とかなり上がった時がある様です。
ただ外部温度はそれほど高くなかったので瞬間風速的な温度上昇ではないかと思います。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
動画エンコードにあまり電力を使わないのが印象的ですね。
やはりグラフィックの負荷がかからないからですかね。

状態消費電力(Wat)
アイドリング33
動画再生時43
動画エンコード98
ベンチマーク185

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大4時間/MobileMark® 2014となっています。

PCMark8(Work accelerated)でバッテリー駆動時間を測定してみました。
※ベンチマークを動かしての測定ですのでMobileMark® 2014での測定値よりもかなり短くなります。

OMEN X by HP 15-dg0000付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・OMEN コマンドセンター
 OMEN コマンドセンター以下の機能などが用意されています。
 またOMEN コマンドセンターへは専用キーでワンタッチ表示できます。

システムモニター

オーバークロック

LEDコントロール

ネットワーク

・電子マニュアル

・HP サポートアシスタント

・HP PC Hardware Diagnostics Windows

などです。

セキュリティ

・マカフィー®リブセーフ (30日版) 
 
 

付属品

 
 速効!HPパソコンナビ特別版、スマートACアダプター、電源コード、保証書 等
 

保証関連

OMEN X by HP 15-dg0000は標準保証:1年間

オプションとして

・2年間引き取り修理サービス 
・3年間引き取り修理サービス 
・3年間アクシデントサポート付引き取り修理サービス
・3年間出張修理サービス 本体用

などのサービスが用意されています。。

OMEN X by HP 15-dg0000エクストリームプラスモデル(2020年1月13日時点)
型番15-dg0009TX
CPUインテル® Core™ i9-9880H プロセッサー (2.30GHz-4.80GHz, スマートキャッシュ16MB)
OSWindows 10 Home (64bit)
ディスプレイ15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (144Hz / 1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit)
NVIDIA® G-SYNC™ 対応+5.98インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色)
グラフィックスNVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design グラフィックス 8GB (GDDR6)
メモリー32GB (16GB×2) DDR4-3200MHz
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用 /インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ
(32GB / NVMe M.2)
ネットワーク有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 5.0
光学ドライブ未搭載
WebカメラHP Wide Vision フルHD Webcam (約200万画素)
拡張インターフェイス・USB Type-C電源ポートおよびThunderbolt™ ポート
・USB ポート
・電源コネクタ
・HDMI出力端子
・USBポート(×2)
・有線LAN (RJ-4Sコネクタ)
・オーディオ出力(ヘッドフォン)/オーディオ入力(マイク)コネクタ
バッテリー駆動時間最大 4時間/MobileMark® 2014
本体サイズ(mm)約 361 × 262 × 20 (サーマルバンプを含んだ場合 : 26.5) mm
本体質量約 2.37 kg
認証(Windows Hello)1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
保証なし
ソフトなし
主な付属品(Officeなど)速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
販売価格399,800円(税抜)+送料

OMEN X by HP 15-dg0000のレビューまとめ

OMEN X by HP 15-dg0000のお勧めポイント

  • 基本スペックも高く、専用グラフィック搭載で多くのゲームを快適に遊べる
  • セカンドディスプレイ搭載なのでこれまでのノートパソコンにない使い勝手を楽しめる
  • 液晶の色域も広くパフォーマンスも高いのでRAW現像などでも活躍することが出来る

OMEN X by HP 15-dg0000の気になる点

特になし

管理人の総評

OMEN X by HP 15-dg0000はセカンドディスプレイも搭載した15.6インチ・フルHD非光沢・IPS(1920×1080)液晶搭載のゲーミング ノートPCです。
セカンドディスプレイは色々な使い方が出来るのでこれまでにない使い勝手を楽しめると思います。
テンキーとしても使えるのは面白いですよね。

またタッチパッドが右側に付いているのも面白いと思います。
タッチパッドの操作を右手で自然に使えるのはかなり使い勝手が良いと思います。
通常だとタッチパッドは中央にあるので操作をすると一生にキー操作は難しいですがこの配置なら右手でパッチパッドを使いながら左手でキー操作を行うという使い方も出来ます。
マウス操作しながらキー操作を行うのと同じ感覚ですね。

グラフィックに関してもNVIDIA® GeForce RTX™ 2080 with Max-Q Design グラフィックス搭載なのでパフォーマンスは凄く良いと思います。
価格的に30万円というのは一瞬高いな?と思いがちですが冷静にスペックを考えると意外にコストパフォーマンスが良いのではないかと思います。

しかも液晶の色域も広いので写真編集や動画編集などの色が重要な処理でも活躍できます。

ゲーム用途でもクリエイト用途でもどちらでも活躍できる優れものということですね。

OMEN X by HP 15-dh0000には
・エクストリームモデル
・エクストリームプラスモデル(レビュー機)
の2つのモデルが用意されています。

違いはストレージで
・エクストリームモデル
 1TB SSD(PCIe NVMe M.2) TLC NAND 採用 
・エクストリームプラスモデル
 512GB SSD(PCIe NVMe M.2) QLC NAND 採用+インテル® Optane™ メモリー H10 &ソリッドステート・ストレージ(32GB / NVMe M.2)

となっています。

選び方としてはストレージの容量を優先するかストレージの速さを優先するかになると思います。

価格的には同じ設定になっていますので当サイトとしてはエクストリームモデルをお勧めします。
理由としてはストレージの空き容量は使っているとどんどん少なくなるので少しでも余裕を持った使い方の方が使い勝手が良いと考えるからです。
もちろんスピード優先という考え方も有りだと思います。

OMEN X by HP 15-dg0000の特徴は高コスパでゲームやRAW現像に活躍してくれる点ですね。

ハイパフォーマンス ゲーミングノートPCをお得に購入したい方に是非お勧めしたいモデルです。

OMEN X by HP 15-dg0000

価格: 399,800円~(税抜)+送料 <1/11(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBキャンペーン適用で300,000円!~(税抜)+送料 /

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・当サイト限定/個人向けキャンペーンボタン

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました