Snapdragon搭載 HP Elite Folio 実機レビュー

スポンサーリンク

今回 HP Elite Folioを日本HP様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。


 
最初に結論を書いておきますとHP Elite FolioはCPUにQualcomm® Snapdragonを搭載した5Gも使えるArm版Windows 10搭載のタブレットPCです。
バッテリー駆動時間も最大 約21.1時間とすごく長く、常時電源オンで使えるモデルだと思います。

スポンサーリンク

まずはHP Elite Folioの特徴から

このHP Elite Folioの特徴はCPUにQualcomm® Snapdragon搭載、メモリも16GBとパワフルな構成になっています。

HP Elite Folioの選択できる主な項目は以下のようになっています。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 8cx Gen2
OS Windows 10 Pro (64bit)
メモリ8GB、16GB DDR4
ストレージSSD 256GB、512GB ( M.2 PCIe Gen3x4 NVMe)
液晶 13.5インチ・WUXGA+(1920×1280)・タッチ・光沢・IPS Corning® Gorilla® Glass 5、Ambient Light Sensor
グラフィックQualcomm Adreno 690 Graphics

※モデルにより選択できる構成が決まります。

HP Elite Folioのお勧めの使い方

ポイント!

HP Elite Folio

  • モバイル用ノートPCとして
    軽量・薄型で5G搭載なのでモバイル用途で活躍出来そうです
  • タブレットとして
    基本スペックが高いので快適に使えると思います

HP Elite Folioレビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP Elite Folioのモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 8cx Gen2
OS
Windows 10 Pro (64bit)
液晶
13.5インチ・WUXGA+(1920×1280)・タッチ・光沢・IPS
メモリ
16GB(オンボード)
SSD
512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
GPU
Qualcomm® Adreno™ 690 グラフィックス
ODD
未搭載
N/W
Qualcomm® Wi-Fi 6 QCA6390 802.11a/b/g/n/ax(2×2)(Wi-Fi準拠)+ Bluetooth5+Qualcomm® Snapdragon™ X55 5G Modem(GPS機能付き)

 

HP Elite Folio

価格:209,000円~(税込)+送料 <12/22(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で184,580円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・法人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Elite Folio外観チェック

HP Elite Folioの外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはブラック系が用意されています。

液晶画面

画面の解像度は13.5インチ(3:2) WUXGA+ (1920×1280)、マルチタッチ、400nit、IPS、Corning® Gorilla® Glass 5、Ambient Light Sensorとなっています。

<<正面>>

13.5インチ(3:2) WUXGA+ (1920×1280)なので詳細で綺麗な画像が楽しめる仕上がりの液晶となっています。
実際に見た印象でも鮮やかで綺麗という印象です。

視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

本体の外観

<<HP Elite Folio正面>>

HP Elite Folioは左右にUSB-C(充電 & 拡張ポート)が合計2つ用意されています。
ですので充電は左右どちらからでも可能ですので電源の場所に合わせて使うことが出来ます。
ただ通常のUSBが用意されていませんのでマウス等はBluetoothなど無線のものを利用することをお勧めします。

<<右側面>>

①USB-C(充電 & 拡張ポート)
②コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック

<<左側面>>

①USB-C(充電 & 拡張ポート)

<<背面>>

<<上から>>

13.5型ですのでセミB5サイズノートより少し大きいですね。

<<裏面>>

<<高さ>>

高さは16.1 mmとかなり薄いので本と同じくらいですかね。
高さが2㎝以下だとカバンに入れて持ち歩く際も嵩張らないので良いですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

光の反射が強いと外出先で利用する際に光の反射が気になって画面が見辛いなど起こる可能性もあるのでモバイル利用を想定されている方は要チェックです。

・電源を入れていないとき

 写真では確認し辛いですが人形は本当にかすかに見えています。
  

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

キーボード&タッチパッド

キーボードは日本語キーボード(電源ボタン搭載)、防滴機能付き、防滴機能付き、キーピッチ:18.4×18.4mm、キーストローク:1.3mm、JIS標準準拠・OADG準拠配列、85キー、バックライト機能付きが搭載されています。

電源ボタンがキーボード内にあるのは好き嫌いが判れる可能性もあるので慣れが必要だと思います。

・全体

・右側

・左側

キー幅を実測してみました。
サイズは15.32㎜でした。

ペンを格納する場所があるのは使い易くて良いですね。

SIMはペン格納部分にあります。

ペンは格納に入れると自動的に充電されます。

タッチパッドは普通という印象です。

キーボード右上部

キーボード左上部

画面の角度

HP Elite FolioはノートPC形態の時はこの位まで傾斜することが出来ます。
この位傾斜出来れば普通に使う分には支障ないのではないかと思います。

キーボー部を折りたたんでタブレットとしても利用できます。

WEBカメラ

本モデルには720p HD Webカメラ(固定焦点レンズ)、IRカメラ(Windows Hello対応)プライバシーシャッター付き
が搭載されています。
昨今WEB会議などを利用する機会が多い方も居られると思いますが、92万画素あれば綺麗な画像で参加できるのでは無いかと思います。

プライバシースイッチ搭載なのでWEB会議などで利用しない場合はプライバシースイッチ搭載なので明示的に機能をオフにする事が可能です。

Windows Hello対応の顔認証が可能なので電源を入れてキー操作をせずに使い始められるのも良いですよね。

AC電源

電源はコンパクトな65Wの物が採用されています。

あとアクセサリとしてケーブルの長さが必要が無い場合付属のアクセサリを利用するとコンパクトに利用出来ます。

HP Elite Folio 質量

本体は約1333gでした、ホームページ上の数値は約1.33kg~なのでカタログ値とほぼ同じですかね。
※ペンの質量も含んでいます。

AC電源は255gです。

本体+AC電源では1588gでした。
AC電源と合わせて1588gはかなり軽いと思いますので持ち運びにも便利だと思います。

HP Elite Folio 外観チェックのまとめ

HP Elite Folioは液晶に13.5インチ WUXGA+ (1920×1280)、マルチタッチ、400nit、IPSが搭載されていてモバイルで使えるタブレットPCです。

本体のカラーは落ち着いたブラック系なので使う場所を選ばないと思います。

キーボードに関しては一部慣れが必要ですがバックライト付きで使いやすいキーボードとなっています。

質量に関しては軽量・薄型なのでモバイルでの利用でも便利だと思います。

HP Elite Folioは薄型・軽量でモバイルで活躍できるタブレットPCだと思います。

HP Elite Folio

価格:209,000円~(税込)+送料 <12/22(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で184,580円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・法人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Elite Folio パフォーマンスチェック

HP Elite Folio 基本スペック

 

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 8cx Gen2
メモリ:オンボード16GB (2 x 8 GB) LPDDR4X
ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
グラフィックス:Qualcomm® Adreno™ 690 Graphics

HP Elite Folio パフォーマンスチェック

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 8cx Gen2、メモリ:16GB、ストレージ:512GB SSDグラフィック:Qualcomm® Adreno™ 690 Graphics となっています。
Arm版Windows 10搭載搭載なので利用できるアプリは若干制限が有りますがかなりのハイスペックですので期待できると思います。

スレッド数は8なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

ゲーム関連ベンチマーク

ゲームPCでは有りませんが参考用にテストしてみました。
※ARM版のWindowsですので管理人が対応ベンチマークソフトを余り用意できなくてすみません。

ドラゴンクエスト

FHDでも普通に楚辺るようです。

1920×1080 最高品質:3252(普通)
1920×1080 標準品質:3405(普通)

写真&イラスト関連パフォーマンス

Windows11との互換性

今回のレビューでは確認出来ておりませんが本モデルの搭載CPU「Snapdragon 8cx Gen 2」ですので恐らくWindows11へアップグレード出来そうです。
Windows11を利用するとさらに多くのアプリが利用できるようになるようですのでそちらにも期待ですね。

Windows11の詳細はは以下の公式ページでご確認頂けます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

Windows 11 でサポートされている Qualcomm プロセッサ下の公式ページでご確認頂けます。
Windows 11 でサポートされている Qualcomm プロセッサ

ストレージ情報

容量的には512GBで空き容量は429GBとなっていますので通常の使い方であれば余裕のあるの容量だと思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

通常のHDDが100MB/s位なのでだいたい31倍以上早い結果になっています。
やはり「PCIe NVMe/M.2」規格は爆速ですね。

CPU Zの情報

静音性および温度チェック

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」
を使用しました。

測定は以下の3段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を30分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大47.3dbでした。

騒音の目安としては「静かな図書館」レベルの静かさで音は殆ど感じられませんでした。。

状態騒音量(db)
アイドリング38.1
動画再生時38.1
動画エンコード42.4

表面温度のチェック

測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

最高温度はベンチマーク時で29.8度になっていました。
びっくりする位温度上がらないですね。

※気温の高い夏場は温度はさらに上がるものと思います。

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を30分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 18でH.264出力)

HWMonitorによる内部温度チェック

最高温度は33度となっています。
本当に温度上がらないですね。

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
消費電力は動画エンコード時が最大で13Watとなっていました。
消費電力に関しては凄い省電力ですね。
さすがはSnapdragonですね。

状態消費電力(Wat)
アイドリング5
動画再生時6
動画エンコード13

オーディオ

Audio by Bang & Olufsen 内蔵クアッドスピーカー、内蔵デュアルマイク(ノイズキャンセル機能に対応)が搭載されています。

勿論管理人の個人的な感想ですがAudio by Bang & Olufsen デュアルスピーカーはかなり音が良い印象でした。

HP Elite Folio付属ソフトチェック

付属しているソフトは

・電子マニュアル

・HP Pen Control
 付属のペンの設定が可能です。

などです。

ネットワーク

本モデルネットワークは
・IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)
・Bluetooth 5.0
・Qualcomm® Snapdragon™ X55 5G (GPS機能付き)

が搭載されています。

Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはWi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax準拠) となっていて無線LANのリンク速度は2.4Gbpsとなりました。
※現在販売されているノートPCだと管理人が知る限り2.4Gbpsが最大です。

試しに管理人が所有している楽天モバイルに接続してみました。
SIMを差し込むだけで自動的に認識してくれたのですぐに利用することが出来ました。
スマホと同じように常時ネット接続で利用できるモデルなので当モデルを利用する場合は是非ネット接続も利用したいところですね。

◆対応周波数
•LTE (FDD)
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B12/B13/B14/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B66
•Penta-band:
DC-HSPA+/HSPA+/HSPA/UMTS
B1/B2/B4/B5/B6/B8/B9/B19
•5GNR Sub 6GHz
n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n41/n66/n77/n78/n79

参考:UQモバイル 価格情報
UQ mobile





セキュリティ

・顔認証
・プライバシースイッチ
 カメラ機能のオン・オフ
 カメラ機能をオフの状態にしてカメラを利用しようとすると以下のようにエラーとなります。

※カメラ機能をオフの状態でカメラを利用しようとするとこのような表示となります。

 

などが用意されています。

付属品

HP 65W スリムUSB Type-C™アダプター、HP Elite スリム アクティブペン(キーボード上部に格納)、保証書等となります。

・HP Elite スリム アクティブペン

・AC電源コネクタ
 ※ケーブルが短くて良い場合はこちらを利用するとコンパクトに利用できます。

・SIM取り出し用アクセサリ

保証関連

HP Elite Folioは標準で
「1年間センドバック修理保証 ※1ヵ月間 初期不良対応を含む」
が用意されています。

オプションとして

  • 1年間引き取り修理サービス
  • 3年間引き取り修理サービス
  • 4年間引き取り修理サービス
  • 5年間引き取り修理サービス
  • 【Care Pack】オンサイト 翌日対応 3年
  • 【Care Pack】オンサイト 休日修理付 当日対応 3年

などなど他にもサービスが用意されています。

詳しくは購入画面でご確認いただけます。

HP Elite Folio (2021年12月22日)
型番HP Elite Folio
CPUQualcomm® Snapdragon™ 8cx Gen2(8コア、4MBキャッシュ、 最大 3.0GHz)
OSWindows 10 Pro (64bit)(日本語)
ディスプレイ13.5インチ(3:2) WUXGA+ (1920×1280)、マルチタッチ、400nit、IPS、Corning® Gorilla® Glass 5、Ambient Light Sensor
タッチパネルあり
グラフィックスQualcomm® Adreno™ 690 Graphics
メモリーオンボード16GB (2 x 8 GB) LPDDR4X
ストレージ512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
ネットワークQualcomm® Wi-Fi 6 QCA6390 802.11a/b/g/n/ax (アンテナ数:送信2、受信2)(Wi-Fi準拠)+ Bluetooth5+Qualcomm® Snapdragon™ X55 5G (GPS機能付き)
光学ドライブ未搭載
Webカメラ720p HD Webカメラ(固定焦点レンズ)、IRカメラ(Windows Hello対応)プライバシーシャッター付き
拡張インターフェイスUSB Type-C™(5Gbps高速転送、USB Power Delivery、DisplayPort™ 1.4機能付き)x2 、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック×1
バッテリー駆動時間最大 約21.1時間/JEITA測定法Ver2.0
本体サイズ(mm)約298.6 x 229.6 x 16.1 mm
本体質量約1.33 kg
認証(Windows Hello)顔認証
保証標準保証 :1年(1年間引き取り修理サービス、1年間パーツ保証/電話サポート)
オフィスソフトなし
主な付属品HP 65W スリムUSB Type-C™アダプター、HP Elite スリム アクティブペン(キーボード上部に格納)、保証書等
販売価格231,000円(税込)+送料

HP Elite Folioのレビューまとめ

HP Elite Folioのお勧めポイント

  • スマホのように常時電源オンで使えるタブレットPC
  • 軽量・薄型でいつでも使えるモバイルPCとして利用可能

HP Elite Folioの気になる点

ARM版Windows搭載なので利用できるソフトに制限がある。

管理人の総評

HP Elite Folioは常時電源オンで利用できるタブレットPCです。
基本スペックも高いのでモバイル用でも高いパフォーマンスを発揮してくれるモデルだと思います。
ARM版Windows搭載なので利用できるソフトは限られますがマイクロソフトのオフィスソフトなどは利用できますのでメールやWEBなどの利用が中心であればそれほど困らないと思います。
※Windows11になると利用できるソフトが増えるようですので使い勝手がさらに良くなると思います。

HP Elite Folioは素早く使えるブレットPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

HP Elite Folio

価格:209,000円~(税込)+送料 <12/22(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBクーポン価格適用で184,580円~(税込)+送料

さらに条件が合えば当サイト向け特別クーポン(キャンペーン価格と併用可能)が利用できますので上記価格からさらにお得に購入できます。

・法人向けキャンペーンボタン

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました