Windows Updateが勝手に導入されてしかも重要な処理をしているのに再起動要求が来てイラっとしたことありませんか?

管理人は自分でもイラッとよくなりますし、ユーザーからもクレーム貰うこともあります。

これを解消する方法がWindows10で提供されましたのでご紹介します。

そもそもWindows Updateとは

マイクロソフトが作ったWindowsの不具合の解消やセキュリティ パッチなどの修正プログラムを自動的に提供する機能です。

このアップデータには個々の不具合対応やセキュリティ対応の小さなアップデートから今回のアニバーサリー アップデートのような新機能を含む大規模なアップデータがあります。

ある意味Windowsが導入されたパソコンを使う限り必ず使う機能ですね。

Windows Updateの何が問題なのか?

これWindows10のHOMEだとダウンロードするタイミングや導入するタイミングが選べないので導入が終了すると勝手に再起動がかかるんですね。

これが来てしまうと今やっている作業をやめて再起動するしかなくなるんですね。

正直勘弁してほしい、状況です。

Windows10 HOMEは基本的にコンシューマー向けのOSなので企業は利用していないと想定して強制的に最新版にするようになってしまっています。

これはこれでアプリの適応状況など別の問題を抱えているんですけど今回はそこには触れません。

とりあえず、勝手に再起動をするな!という事にスコープを充てることにします。

ではどのような対応策をとるのか?

Windows10より以前のOSだとWindows Updateのタイミングを選択することが出来たのですがWindows Updateではできません。

その変わりアクティブタイムという考え方が出来ています。

アクティブタイムというのは通常パソコンを利用している時間ですね。

これを長めに設定することで勝手な再起動を防ぐことが出来ます。

具体的な設定方法

まずスタートから設定の画面を表示します。

ここで画面右下の更新とセキュリティを選択します。

winupd-002

左のWindows Updateを選択して右側の更新プログラムの中の詳細オプションを選択します。

winupd-003

アクティブ時間の設定の画面になりますので時間を通常使っている時間よりも長めに設定します。
設定しなくても操作しているときは再起動されないのですが離席した時は結構やられます。
※設定時間内は再起動はされません。

winupd-004

winupd-001

この設定での使い方

これ意外と大事なのですが使い終わったら必ず使用していたアプリを終了してシャットダウンするようにしましょう!

まあ、電源入れっぱなしで帰るという手もないではないですがやはり居ないときに勝手にシャットダウンされるのも気持ちよくないですしね。

管理人の感想

管理人としては本当はダウンロードするのも選べるようにしたいのですがどうもいつもまでもアップデートしない人がいるようで今回のような強制アップデートになってしまったようです。

まあ、今回の設定で使っている最中は再起動されないので当面これで良しとします。

ちなみに管理人は働き者なので8:00~20:00に設定しました。←本当は長めにしただけです、ごめんなさい!

それから

結局再起動するんじゃんと思ったあなた!

その通りです。


スポンサードリンク