マイクロソフト ストア  Surfaceを特別価格で販売中 !

NVIDIA GeForce GTX 搭載! Legion T550i 実機レビュー

スポンサーリンク

Lenovo様のご厚意でLegion T550iのレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います

最初に結論を書いておきますとLegion T550i はインテル第10世代 Coreシリーズ CPU搭載のパフォーマンスに優れたモデルです。
グラフィックにNVIDIA GeForce GTXを搭載なので画像処理でもパフォーマンスを発揮できます。

スポンサーリンク

まずはLegion T550i の特徴から

このLegion T550i は特徴として8万円台の価格設定とゲーミングPCは初めてという方にもお勧めできるモデルです。

※簡易表:Legion T550i の選択可能なスペック

CPUCore i5-10400
Core i7-10700
メモリー8GB、16GB/DDR4
ストレージSSD 256GB+HDD 1TB
SSD 256GB+HDD 2TB
SSD 512GB+HDD 1TB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
NVIDIA GeForce RTX 2060
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
ネットワーク有線LAN+Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)+Bluetooth v5.1

※選択可能なスペックはモデルにより決定します、カスタマイズは出来ません。

カラーは伝統のブラックと落ち着いた配色となっています。

Legion T550i のお勧めの使い方

ポイント!

Legion T550i

  • ゲーミングPCとして
      専用グラフィック搭載で画像処理にも期待できます
  • メインPCとして
      基本スペックが高いのでメインPCとしてもお勧めです

Legion T550i  レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i7-10700 プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:16.0GB DDR4-2933 DDR4 UDIMM 2933MHz (8GBx2)
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6
ストレージ:1TB HDD (7200rpm) + 256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)+Bluetooth v5.1

Legion T550i

価格: 160,380円~(税込)、送料無料 <9/24(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で88,209円!~(税込)、送料無料 /

Legion T550i の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

Legion T550i 外観チェック

Legion T550i の外観チェックです。

サイズ的には約185x457x456mmとなっていて普通のタワー型という感じですかね。

本体の外観

<<前面>>

前面です。

拡大してみると判りますが通気も十分に考慮された設計になっています。

前面のランプは設定により光り方を変更可能です。

<<右側面>>

こちらには特に何も配置されていません。

<<左側面>>

こちらも特に何も配置されていません。

<<後面>>

インターフェイスは
本体:
①USB 3.0 Type-C
②USB 3.0 x 2
③USB 2.0 x 2 
④有線LAN
⑤マイクロホン
⑥ライン入力
⑦ライン出力

が用意されています。

USB Type-Cも用意されていますので色々なアクセサリを利用できます。
※USB 3.0なので利用できないものをあると思います。

後面上部に持ちやすいように取っ手が付いています。

本モデルは割と簡単に内部へアクセス可能です。

①まず背面のねじを4本外します。
ねじはプラスなので通常のプラスドライバーを利用して簡単に外すことが出来ます。

後は側面の板を外すだけで簡単にアクセスできます。

右側面はケーブルの取り回しが行われています。

左側面から内部にアクセスできます。

3.5型の拡張ストレージベイは1つ空いています。

拡張スロットは少なめで2つのうち1つが空きの状態です。

メモリは最大128GB (DDR4-2933 SDRAM UDIMM)まで拡張可能です。
※スロット数:4(空2)

本体を上部
※横に倒して撮影しています。

電源ボタンは上部にあります。

①USB 3.0
②USB 3.0
③ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック
④電源ボタン

本体を下(底部)から見た状態
※横に倒して撮影しています。

キーボード&マウス

キーボード&マウスは付属していません。

電源

電源は650W (80PLUS GOLD)となっています。
※勿論変更になる場合も有ります。

外見チェックのまとめ

全体的に統一感のあるカラーで纏められていてカッコよいですし、吸排気も良さそうです。
内部へも特別な工具不要で簡単にアクセス可能な点も良いですね。

キーボード、マウスに関しては付属していませんので自分好みのものを別途用意という形になります。

Legion T550i パフォーマンスチェック

基本スペック

 

CPU:Core i7-10700 プロセッサー
メモリ:16.0GB DDR4-2933 DDR4 UDIMM 2933MHz (8GBx2)
ストレージ:1TB HDD (7200rpm) + 256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6

パフォーマンスチェック

CPU: Core i7-10700 プロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:1TB HDD + 256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)、グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERなので起動も素早くかなりのパフォーマンスが期待できるスペックです。

※Core i7-10700 プロセッサー簡易スペック表

項目内容
開発コード名Comet Lake
製造プロセス14nm
コア/スレッド数8/16
定格クロック2.90 GHz GHz
ターボブースト時4.80 GHz
キャッシュ16 MB Intel® Smart Cache
TDP65 W
内蔵GPUインテル® UHD グラフィックス 630

スレッド数は16なのでタスクマネージャーではこのように表示されます。

performance test9による測定結果

7122点と凄く良い数字だと思います。

WINScoreによる測定結果

こちらも凄く良いスコアだと思います。

CINEBENCHによる測定結果

CINEBENCHはR15とR20の2種類測定しています。

・R15
・R20

ゲーム関連ベンチマーク

なかなかのスペックなのでかなりの期待できると思います。

結果としては重いゲームでの設定次第で快適に遊ぶことは出来そうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

このスコアであれば普通レベルで遊べそうですね。

1280X720 高品質デスクトップPC: 19067(非常に快適)
1280X720 標準品質デスクトップPC:21528(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

1280X720 高品質デスクトップPC: 18946(非常に快適)
1280X720 標準品質デスクトップPC:23011(非常に快適)

ファイナルファンタジーXV

このクラスの重いゲームでも、画質を軽量化すれば4kで遊ぶことが出来そうです。
FHDなら快適に遊ぶことが出来そうですね。

3840×2160 標準品質: 2444(重い)
3840×2160 軽量品質: 3427(普通)
1920×1080 高品質: 4755(やや快適)
1280X720 標準品質: 6802(快適)

ドラゴンクエスト

こちらは快適に遊べそうです。
※スコアが逆転していますがパワーがあり過ぎると正確に計測できないのかよく起こります。

1280X720 最高品質:23638(すごく快適)
1280X720 標準品質:23253(すごく快適)

3DMARK

こちらも良いスコアになっています。

Sky Diverによる測定結果

Night Raidによる測定結果

Fire Strikeによる測定結果

Fire Strike Ultraによる測定結果

Timespyによる測定結果

Timespy Extremeによる測定結果

SteamVRパフォーマンステスト

VRも快適に利用できそうですね。

Far Cry 5 パフォーマンステスト

大体30FPSあれば快適に遊べると言われているのでかなり快適に遊べそうです。
でも何故かスコアは逆転してます。

FHD 画質:最高 最小FPS:68
FHD 画質:低 最小FPS:87

PCmark 8による測定結果

・Home accelerated
 5278点と良いスコアなので快適に使えると思います。

・Work accelerated
 ビジネス用のベンチマークでも5704点と良いスコアになっています。

PCmark 10による測定結果

PCmark 10 Extendedによる測定結果

写真&イラスト関連パフォーマンス

RAWデータ現像パフォーマンス

Adobe Lightroom Classic CC で100枚一括現像を行ってみました。
※RAWデータはCanon 8000D(APS-C)で撮影

結果は1分25秒で現像は終了しました。

これはかなり早い成績だと思います。

Photoshop CCでのパフォーマンス

上記RAWデータをもとに写真編集を行ってみましたが快適に操作出来ました。

ストレージの情報

構成的には256GB ソリッドステートドライブ (M.2 2242, PCIe-NVMe)と1TBのHDDとなっています。
SSD(OS等導入)の空き容量は237GBとなっていて普通に利用する分には余裕のあるの容量だと思います。

搭載されているのはSSDはWestern Digital製のSSDのようです。

HDDもWestern Digital製のようです。

※今後変更になる場合もあると思います。

Crystal Diskmarkによる測定です。

SSDを測定
通常のHDDが100MB/s位なので大体32倍以上早い結果になっています。

HDDを測定
7200rpmなので早めですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
30秒台前半のスコアとなっています。
これならそれほど待たずに使いはじめられそうですね。

1回目:00:32秒
2回目:00:31秒
3回目:00:32秒
4回目:00:31秒
5回目:00:32秒
6回目:00:31秒
7回目:00:32秒
8回目:00:31秒
9回目:00:32秒
10回目:00:31秒

温度チェック

測定は以下の4段階で行っています。

・アイドリング時
・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)
・動画エンコード時(Power Director 17でH.264出力)
・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

結果としてはかなり低音で動作しています。
これならあまり熱に対して気を使う必要は無さそうです。

側面温度(℃)音(dB)消費電力(Wat)
アイドリング27.738.327
動画再生時27.638.329
動画エンコード28.439.784
ベンチマーク30.340.496

HWMonitorによる内部温度チェック

内部温度も低めなので気にする必要は無さそうです。

Legion T550iのネットワーク機能

Legion T550iは最新のWifi6対応のモデルとなっています。

またネットワーク設定(優先順位などを設定) も用意されています。

Legion T550i Wifi6機能

Wifi6は最新の11ax(IEEE 802.11ax)を判りやすく呼ぶための新呼称です。

スペック的には最大通信速度9.6Gbpsで対応周波数も2.4GHz帯/5GHz帯の両方に対応しています。
なのでLAN環境がより高速に利用できる規格と言えると思います。

本モデルに搭載されているのはインテルR Wi-Fi 6 AX200 a/b/g/n/ac/ax(アンテナ数:送信2、受信2)となっていて無線LANのリンク速度は2.4Gbpsとなりました。
前の規格のWifi5(IEEE 802.11ac)だと866Mbpsなのでかなり早くなったと言えると思います。

 

※参考:テストに利用したWifi6ルータ

Wi-Fi 6対応 Aterm WX6000HP レビュー 10Gbps搭載

Legion T550i 付属ソフトチェック

Lenovo VANTAGE

フロントパネルの表示の設定

ここの光り方ですね。

カラー、点灯、点滅などが設定できます。

動作モードの設定も出来ます

ネットワークの優先順位も設定できます。
やはりゲームは優先にしておきたいですよね。

Legion T550i

価格: 160,380円~(税込)、送料無料 <9/24(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で88,209円!~(税込)、送料無料 /

Legion T550i の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

Lenovo Legion T550i – ブラック (2020年9月23日時点)
型番90NC0079JM
CPUインテル Core i7-10700 プロセッサー ( 2.90GHz 16MB )
OSWindows 10 Home 64 bit
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6
メモリー16.0GB DDR4-2933 DDR4 UDIMM 2933MHz (8GBx2)
ストレージ1TB HDD (7200rpm) + 256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
ネットワーク有線LAN+Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)+Bluetooth v5.1
光学ドライブ未搭載
インターフェイス前面:USB 3.0 x 2、ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック x 1
背面:USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、USB 3.0 Type-C x 1、オーディオポート x 3(ライン出力 x 1、ライン入力 x 1、マイクロホン x 1)、イーサネットコネクター x 1
有線LAN
グラフィックカード:DisplayPort x 2、HDMI x 1
本体サイズ約 185 x 457 x 456mm
本体質量約 14kg (最大構成時)
保証1年間:国内は引き取り修理
オフィスソフトなし
主な付属品電源ケーブル、変換アダプタ(3ピン→2ピン)、マニュアル類、購入証明書(梱包箱の外側に貼 られています)
販売価格206,580円(税込)、送料無料

Legion T550i のレビューまとめ

Legion T550i のお勧めポイント

  • 専用グラフィック搭載なので画像処理に期待が出来る
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待が出来る
  • 8万円台から購入可能なのでお得度が高い

Legion T550i の気になる点

※特になし

管理人の総評

ハイパフォーマンスとコストパフォーマンスを兼ね備えたお買い得度の高いお勧めのモデルだと思います。
グラフィックは「NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER」まで選択可能なので余裕の構成も組むことも可能です。
価格も8万円台からなので購入しやすい価格設定になっています。

ネットワークに関して有線LANと最新の最速Wifi規格のWi-Fi 6に対応しているのも◎です。

ストレージに関してはデュアルストレージ構成なので素早い起動と大容量を実現できていてなかなか良いです。

デュアルストレージ構成の特徴はこちらの記事をご覧ください。

ノートパソコン デュアルストレージのメリット・ デメリット
最近流行りのデュアルストレージについて見ていきたいと思います。 デュアルストレージとは デュアルストレージはパソコンに2つのストレージを搭載することを言います。 といってもデュアルストレージと呼ばれているものは ノートパソコ...

本モデルの選び方としては
基本的にはグラフィックの違いとなると思います。
普通に遊ぶレベルであれば「NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER」でも結構遊べると思います。
ただCPUに関してはCore i5だと「NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER」の性能を生かし切れない可能性もあるのでCore i7を選択することをお勧めします。
もちろんコスト優先でCore i5を選ぶのもアリだと思いますがその場合はゲーム時は他のアプリを立ち上げないようにするなどの配慮が必要になると思います。

最強を目指して「NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER」というのも良いですけどね。

Legion T550i はコストパフォーマンスが良いゲーミングPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

Legion T550i

価格: 160,380円~(税込)、送料無料 <9/24(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならWEBクーポン適用で88,209円!~(税込)、送料無料 /

Legion T550i の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました