サブディスプレイとしても使える Lenovo Tab P12 Pro 実機レビュー

スポンサーリンク

今回  Lenovo Tab P12 ProをLenovo様のご厚意でレビューする機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとLenovo Tab P12 Pro は「12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)、HDR10+対応、ドルビー・ビジョン対応、リフレッシュ・レート120Hz対応」搭載のAndoroidタブレットです。
Google Play対応なので豊富なアプリが利用できるのも魅力的ですね。

スポンサーリンク

まずはLenovo Tab P12 Pro の特徴から

このLenovo Tab P12 Proは12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)ディスプレイ搭載の綺麗な映像を楽しめるタブレットです。
さらに専用のキーボードとスタンドカバーが付属していますのでノートPC的な使い方もできるモデルとなっています。

カラーはストームグレーとなっています。

Lenovo Tab P12 Pro のお勧めの使い方

ポイント!

Lenovo Tab P12 Pro

  •  動画観賞用タブレットとして
      綺麗な画像を楽しめるので動画鑑賞用としても便利です
  •  モバイル向けタブレットPCとして
      専用キーボードも付属しているのでタブレットPCとしても活躍可能

Lenovo Tab P12 Pro レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うLenovo Tab P12 Pro は以下のようなスペックになっています。

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 870 Processor (3.20 GHz )
OS:Android™ 11
液晶:12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)、HDR10+対応、リフレッシュ・レート120Hz対応
メモリ:8 GB LPDDR5
ストレージ:フラッシュメモリー256GB
ネットワーク:802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth v5.2

Lenovo Tab P12 Pro

価格: 134,640円(税込)、送料無料 <6/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で121,462円~(税込)、送料無料

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Lenovo Tab P12 Pro 外観チェック

Lenovo Tab P12 Pro の外観チェックです。

 

本体カラー

カラーはストームグレーが用意されています。

※付属のキーボードパック(キーボード、バックカバー)もグレー系ですね。

液晶画面

「12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)、HDR10+対応、ドルビー・ビジョン対応、リフレッシュ・レート120Hz対応」が搭載されています。
AMOLEDパネルなので綺麗な映像が楽しめる仕上がりになっています。

<<正面>>

(2560×1600)液晶搭載なので詳細で綺麗な印象となっていますね。

視野もかなり広めになっています。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

本体の外観

Lenovo Tab P12 Pro はUSB 3.2 Gen2 Type-Cポートが用意されています。

<<Lenovo Tab P12 Pro  下面>>

<<右側面>>

①USB 3.2 Gen2 Type-Cポート(OTG機能、オーディオ出力、DisplayPort1.4出力対応)

<<左側面>>

①電源ボタン
②microSDメディアカードリーダー

<<上面>>

①ボリュームボタン

<<液晶画面側>>

<<裏面>>

12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)ですのでセミB5サイズノートよりも少し大きいですね。

Lenovo Tab P12 Pro用キーボードパックを装着した状態

<<高さ>>

5.6mmなのでかなり薄いですね。
キーボードパック(キーボード、バックカバー)を装着した状態でも20.6mmと薄いですね。

キーボード&タッチパッド

標準でキーボードパック(キーボード、バックカバー)が搭載されています。

キーが浅いので管理人的にはも少し深めの方が好みですね。

キー自体の大きさは15.98㎜でした。

キータッチはもう少し深い方が使い易い印象でした。

キーボードのアップ

ペンも付属しています。

ペンをバックカバー内に収納できるので持ち運びしやすいと思います。

画面の角度

セパレート型タブレットPCなので当然外してタブレットととして使えますが
キーボードを装着した状態だと水平近くまで傾けることが出来ます。

勿論このように普通にノートPC的な使い方も出来ますし、タブレットとしても使えます。

WEBカメラ

前面:500万画素 FF、背面:800万画素 AFが搭載されています。
今はやりのリモート会議でもかなり綺麗に映ると思います。

・前面カメラ

・背面カメラ

搭載の背面カメラで撮影してみました。

ライオンの写真のデータを見ると以下のようになっていました。
カメラモデル:Lenovo Tab P12 Pro
絞り値:f/2.4
シャッタースピード:1/197秒
ISO:100

割と綺麗に撮れているのではないかと思います。
記録写真としてなら使えるレベルですかね。

AC電源

電源はコンパクトなものが採用されています。

Lenovo Tab P12 Pro 質量

本体は716gでした。
ホームページ上の数値は約717g(本体+バックカバー)ですのでほぼ同じですかね。

AC電源(ケーブル込み)は102gです。

Lenovo Tab P12 Pro用キーボードは280gでした。

本体+Lenovo Tab P12 Pro用キーボードパックは997gでした。

本体+Lenovo Tab P12 Pro用キーボードパック+AC電源は1099gでした。

AC電源を含めたフル装備で持ち運んでも約1㎏なので持ち運びし易いです。

Lenovo Tab P12 Pro 外観チェックのまとめ

Lenovo Tab P12 Pro は「12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)、HDR10+対応、ドルビー・ビジョン対応、リフレッシュ・レート120Hz対応」ディスプレイ搭載の詳細な画像が楽しめるタブレットPCです。

本体カラーは落ち着いた「ストームグレー」となっていて使う場所を選ばないと思います。

キーボードに関しても若干キーが浅めですが違和感の配置となっていて使いやすい仕上がりとなっています。

Lenovo Tab P12 Pro は液晶も綺麗な仕上がりのタブレットPCだと思います。

 

Lenovo Tab P12 Pro

価格: 134,640円(税込)、送料無料 <6/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で121,462円~(税込)、送料無料

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

Lenovo Tab P12 Pro パフォーマンスチェック

Lenovo Tab P12 Pro 基本スペック

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 870 プロセッサー
メモリ:8GB LPDDR5
ストレージ:2568GB

Lenovo Tab P12 Pro パフォーマンスチェック

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 870 プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:256GBとなっていますのでパフォーマンスにも期待できると思います。

passmark PerformanceTestによる測定結果

CPU性能はまずまずの性能となっています。

Geekbench 5による測定結果

3DMark Wild Lifeによる測定結果

3DMark Sling Shot Benchmarkによる測定結果

ストレージ情報

構成的にはフラッシュメモリー:256GBとなっています。

容量的にはそれほど多くないですが普通用使う分には十分だと思います。

足りなくなった場合はSDカードスロットを活用するという方法もあるかと思います。

CPU Zの情報

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はホームページ上最大約14時間となっています。
まずまずのバッテリー駆動時間と言えると思います。

オーディオ

JBL®スピーカー×4が搭載されています。

個人的な感想ですが音的には普通レベルという印象でした。

Lenovo Tab P12 Pro のネットワーク機能

Lenovo Tab P12 Pro はWifi6(802.11a/b/g/n/ac/ax)対応のモデルとなっています。

本モデルネットワークは

・IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
・Bluetooth v5.2

が搭載されています。

Lenovo Tab P12 Pro 付属ソフトチェック

・タブレットセンター

・Lenovo Project Unity

本モデルはLenovo Project Unityを利用するとサブディスプレイとしても活用可能です。

使い方は簡単でパソコンにLenovo Project Unityをマイクロソフト ストアから導入してペアリングをするだけです。
※本機には初期導入としてLenovo Project Unityが導入されています。

ペアリングするとパソコンからサブでスプレイとして利用可能です。

付属品

 

  • ・Lenovoプリシジョンペン3
  • ・キーボードパック(キーボード、バックカバー)
  • ・ACアダプター(30W)
  • ・USB Type-C to USB Type-Cケーブル(充電用)
  • ・USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル
  • ・カードスロットピン
  • ・マニュアル類

保証関連

標準保証 :1年間
が用意されています。

詳しくは購入画面でご確認ください。

Lenovo Tab P12 Pro(2022年6月23日)
型番ZA9D0067JP
CPUQualcomm® Snapdragon™ 870 Processor (3.20 GHz )
OSAndroid™ 11
ディスプレイ12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)、HDR10+対応、ドルビー・ビジョン対応、リフレッシュ・レート120Hz対応
タッチパネルあり
グラフィックスAderno 650
メモリー8 GB LPDDR5
ストレージフラッシュメモリー:256GB
ネットワーク802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth v5.2
光学ドライブ未搭載
Webカメラ800万画素 / 500万画素(広角カメラ)+1300万画素
拡張インターフェイスUSB 3.2 Gen2 Type-Cポート(OTG機能、オーディオ出力、DisplayPort1.4出力対応)
バッテリー駆動時間約 14時間
本体サイズ(mm)本体:約 285.6×184.5×5.6mm
キーボード:約 285.6×184.5x5mm
バックカバー:約 285.6×184.5x10mm
本体質量本体:約 565g
キーボード:約 288g
バックカバー:約 152g
認証指紋センサー
保証1年間
オフィスソフトなし
主な付属品Lenovoプリシジョンペン3、キーボードパック(キーボード、バックカバー)、ACアダプター(30W)、USB Type-C to USB Type-Cケーブル(充電用)、USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル、カードスロットピン、マニュアル類
販売価格134,640円(税込)、送料無料

Lenovo Tab P12 Pro のレビューまとめ

Lenovo Tab P12 Pro のお勧めポイント

  • 12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)搭載で綺麗な映像を楽しめる
  • Qualcomm® Snapdragon™ 870 Processor搭載なのでパフォーマンスに期待が出来る
  • Google Play提供の豊富なアプリが使えるので多様な使い方が出来る

Lenovo Tab P12 Pro の気になる点

・特になし

管理人の総評

Lenovo Tab P12 Pro は12.6型ワイドAMOLEDパネル (2560×1600ドット)搭載と綺麗な液晶を搭載したタブレットです。

サブディスプレイとしても使えるのでモバイル環境で活躍出来るのも良いですね。

さらに専用のキーボードやペンもアクセサリとして用意されているのでハードキーボードを利用して入力もし易いタブレットPCとしても利用可能です。

Lenovo Tab P12 Proはハードキーボード使える使えるタブレットをお探しの方にお勧めしたいモデルです。

Lenovo Tab P12 Pro

価格: 134,640円(税込)、送料無料 <6/23(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いまならWEBキャンペーン価格適用で121,462円~(税込)、送料無料

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました