RAW現像に必要なパソコンのスペックについて考えてみたいと思います。

  • 写真の編集を覚えたい
  • たくさんの写真を一度に処理したい
  • 動画編集を作したい

など基本的な部分をおさえて選んでいきたいと思います。

そもそもRAWデータとは

RAWデータとは、“RAW(「生」または「未加工」)”に近い状態で保存された、デジタル一眼カメラや コンパクトデジタルカメラで作成される画像(写真)データの種類の一つです。

JPEGデータと異なりカメラによる色調補正処理が介在しない、撮影したそのままのデータのため、調整次第で柔軟な写真の仕上がりを作ることが出来ます。

RAWデータの調整のことを銀塩カメラのフィルム現像に準えて一般的にRAW現像と呼んでいて、ある意味それこそがデジタル写真の面白さのひとつといえます。

あと留意点として、RAWデータ実はカメラメーカー毎に規格が異なっています。

キヤノン:Digital Photo Professional(DPP)
ニコン:Capture NX-D

 

RAW、JPEGの違い

デジタルカメラの写真の代表的な保存形式にJPEGデータとRAWデータがあります。
まずは2つの違いをご説明します。

JPEGの特徴について

JPEGは軽くて(データ容量が小さい)、汎用的と言えると思います。

撮影した情報に対してカメラ内部で

色味・明るさ・コントラスト

などの調整を行って作られたデータがJPEGです。
標準的なフォーマットなのどパソコンやスマートフォンで見ることも出来ます。

・特徴
 メリット
  圧縮データなので容量が小さい
  パソコンやスマートフォンなど色々な機器でそのまま使える

 デメリット
  色調補正などの処理を加えていくと画質が劣化し、撮影時の状態に戻せない

RAWの特徴について

RAWは高画質で補正に適したデータ形式と言えると思います。

撮影時の光の情報を、カメラ内部で色味・明るさ・コントラストを調整せずにそのまま保持したデータがRAWです。

なので色味や明るさなどの調整を、画質を劣化させることなく行うことがが可能です。

・特徴
 メリット
  露出やホワイトバランスをあとから調整することができる
  色味や明るさなどの調整を行っても画質が劣化しない

 デメリット
  非圧縮なのでJPEGに比べてデータ容量が大きい
  閲覧/編集のためには専用アプリケーションが必要

 

RAW 現像に必要なソフト

RAW 現像に必要なソフトとして有名どころはやはりアクロバット社のPhotShopやLightroomだと思います。

というか標準と言っても良いと思います。

その他にはカメラメーカー独自で作成しているソフトがあります。

※先にも書きましたがRAWデータはカメラメーカー毎に独自の部分が有るのでお互いに互換性は無いです。
なので管理人は多くのメーカーのRAWデーターに対応しているアクロバット社の製品を利用しています。

  • CANON:Digital Photo Professional 4
  •   https://cweb.canon.jp/eos/software/dpp4.html

  • Nikon:Capture NX-D
  •   http://www.nikon-image.com/products/software_app/lineup/capture_nx-d/features01.html

  • Sony:Imaging Edge
  •   http://support.d-imaging.sony.co.jp/app/imagingedge/ja/

RAW 現像に必要なPCのスペック

まず、RAW 現像を行うPCに必要な機能について考えてみたいと思います。

RAW 現像を行うPCに必要な機能としては以下の3点があげられると思います。

  • RAW 現像を高速に行うパフォーマンス
  •  

  • 画像編集を快適に行うパフォーマンス
  •  

  • 画像編集時に色を正確に把握できる色再現性
  • 画像データを素早く読み込むことが出来る

では個々に関し具体的に具体的に見ていきましょう。

RAW 現像を高速に行うパフォーマンス

これは主にCPUの処理能力とメモリ容量が関係してきます。

下表は当サイトで収集したベンチマークの結果です。

CPUがCorei7でメモリが16GBですとほぼ3分以内とかなりパフォーマンスの良い結果になっています。
Corei5-8400でもメモリ16GB搭載であれば2分11秒となっているのでやはり快適な現像環境を目指すのであればメモリは16GB搭載の物が良さそうです。

また現像自体の処理にはグラフィックの性能はあまり影響していませんが画像編集(レタッチ)などの作業を行う場合は専用グラフィックを搭載していた方が断然快適です。

※読み込み時間の計測は以下の条件で行っています。
 利用ソフト:Acrobat Lightroom Classic CC
 枚数:100枚
 方法:一括現像
 RAWデータ:Canon 8000D(APS-C)で撮影

CPU メモリ グラフィック 処理時間
Core i7-8750H 16GB GeForceMX150 1分56秒
Corei5-8400 16GB GeForceGTX 1050 2分11秒
Core i7-7700HQ 16GB GeForceGTX 1060 2分23
Core i7-8705G 16GB Radeon? RX Vega M GL 2分3秒
Core i7-8550U 16GB UHD 620 2分58秒
Core i7-8750H 16GB GeForceGTX 1070 3分1秒
Core i7-8550U 8GB UHD 620 3分33秒
Core i5-8250U 8GB UHD 620 4分19秒
AMD Ryzen 3 2300U 4GB AMD Radeon Vega 6 4分50秒
Core i5-7200U 8GB HD620 4分52秒
Core i3-8130U 8GB UHD 620 5分37秒
IntelPentium Gold 4415Y 4GB IntelHD Graphics 615 12分30秒
Celeron 3865U 4GB HD 610 14分6秒

画像編集を快適に行うパフォーマンス

こちらはCPU、メモリ容量、グラフィック性能に依存します。
レビュー実績を参考にすると、メモリ16GB以上搭載したパソコンであればある程度は写真が画像の編集には対応可能です。

勿論GeForceGTX 1050以上のようなハイパフォーマンスなグラフィックを搭載していればより快適に写真編集が可能です。

※高解像度の動画編集も検討されている方は専用グラフィックは必須となります。

画像編集時に色を正確に把握できる色再現性

画像編集時に撮影されている色を正確に把握できるのはかなり重要なポイントです。
これが低いと画面で見ていたのと実際に印刷したものの色が違っていて台無しということになりかねません。

色の再現性に関し本サイトではSpyder Eliteというカラーセンサーを利用して確認をしています。

目安として通常のノートパソコンだとsRGBで70%位が標準なので最低でもこの数字を上回るものを選びたいところです。

ただ、メーカーの製品カタログではsRGBなどの色の再現性の数字は公表されていませんので当サイトのようなレビューサイトで実際に数字を測ったものを参考にされることをお勧めします。

画像データを素早く読み込むことが出来る

最近のデジタル一眼レフカメラは無線でパソコンに取り込むことも可能なものが多いですが大量の写真データを取り込む場合は保存されているSDカードから直接取り込むという方法をとる方も多いと思います。

実はSDカードには幾つか種類があってその種類により取り込み速度が異なります。

管理人はUHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用を利用しています。
読み込みが速いSDカードは書き込みも早いので写真を撮影する際も快適に撮れますので出来るだけ早いものを使いたいものです。

インターフェイス CLASS 最低速度
SD CLASS 2 2MB/秒
SD CLASS 4 4MB/秒
SD CLASS 6 6MB/秒
SD CLASS 10 10MB/秒
UHS CLASS 1 10MB/秒
UHS CLASS 3 30MB/秒

具体的なRAW現像用パソコンの選び方

色々教えてくれたけど結局どうやって選べば良いの?
ごもっともなお話です。

でもやはりどんな写真を撮るかによっても必要なスペックは変わってきますよね。

そこで大まかな写真を撮影するカメラと必要なスペックを纏めてみました。

APS-Cで2000万画素位までならCore i5、メモリ:8GBでも大丈夫だと思いますがそれ以上だとやはりCore i7、メモリ16GB以上の方がお勧めです。
優先は最初の現像テストでも記載しましたがメモリを16GBにする方が良いと思います。

センサーサイズ 画素数 記録方式 CPU メモリ
APS-C ~2000万画素 JPEG Core i5 8GB
APS-C/フルサイズ 2000~3000万画素 RAW/JPEG Core i5 8GB/16GB
フルサイズ 2000~3000万画素 RAW/JPEG Core i7 16GB
フルサイズ 3000万画素以上 RAW Core i7 32GB以上

お勧めのRAW 現像用PC

実は幾つかのパソコン メーカーさんはRAW 現像対応のパソコンを販売しています。

マウスコンピューターさんはDAIVシリーズ、ドスパラさんはraytrekシリーズなどです。

デスクトップ、ノートパソコンの選び方はご自身の利用の仕方で選ぶようにしましょう。パソコンの持ち運びが必要な方はノートパソコン、特に移動が必要ない方はデスクトップという選び方で問題ないと思います。

マウスコンピューター DAIV

マウスコンピューター DAIV ノートパソコン

マウスコンピューター m-Book K690XN-M2SH2

色域測定結果が若干低いのが弱点ですがスペック的にはかなりの高コストパフォーマンスなモデルとなっています。
RAW現像は快適だと思います。

管理人実機レビュー記事はこちらからご覧いただけます。
はじめての動画編集にお勧め! m-Book K690XN-M2SH2 実機レビュー

CPU:インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64 bit
メモリー:16GB (8GB×2/デュアルチャネル) PC4-19200 DDR4
ディスプレイ:15.6型 フルHDノングレア (1.920×1,080)
グラフィック:GeForce® MX150 / インテル® UHD グラフィックス 630
ストレージ:SSD 256GB (M.2規格/Serial ATAIII 接続)+HDD 1TB Serial ATAII 5400rpm (Serial ATAIII接続)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth 5

 

価格は価格119,800円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

マウスコンピューター DAIV-NG5500M1-SH5-C

sRGB100%なので写真編集でも生きてくると思いますよ。
パフォーマンス的にもかなり高いのでかなりの快適さでRAW現像できると思います。

管理人実機レビュー記事はこちらからご覧いただけます。
GTX1050搭載 DAIV-NG5500M1-SH5-C sRGB100%を実機レビュー

CPU:インテル® Core™ i5-8400 プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64 bit
メモリー:16GB (8GB×2 / デュアルチャネル) PC4-19200 DDR4
ディスプレイ:15.6型 フルHDノングレア 1,920×1,080 (120Hz)
グラフィック:GeForce® GTX 1050 / インテル® UHD グラフィックス 630
ストレージ:SSD 512GB (SATA)+HDD 1TB
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5

 

価格は価格134,800円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

マウスコンピューター DAIV-DGZ520E2

RAW現像を始めたい方にお勧めのモデルです。
価格は10万円を切っていてかなりコストパフォーマンスの良いモデルに仕上がっています。
ストレージがHDDなので起動は若干時間が掛かりますが現像や写真の編集などは快適に出来ると思います。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i5-8400
メモリ:8GB PC4-19200
グラフィック:GeForce® GTX 1050
ストレージ:HDD 1TB

 

価格は価格99,800円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

マウスコンピューター DAIV-DGZ520S3-SH2-C2

RAW現像を本格的に始めたい方にお勧めのモデルです。
様々なクリエイティブ作業に対応できるスタンダードデスクトップとなっています。
スペック的にもなのでかなりの快適さでRAW現像できると思います。

CPU:インテル® Core™ i7-8700
グラフィックス:GeForce® GTX 1050
メモリ:16GB PC4-19200

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i7-8700
メモリ:16GB PC4-19200
グラフィック:GeForce® GTX 1050
ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB

 

価格は価格129,800円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

マウスコンピューター DAIV-DGZ520H1-SH2-RAW

プロユースにも対応できる本格モデルです。
このモデルならRAW現像や動画編集なども快適に出来ると思います。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i7-8700
メモリ:32GB PC4-19200
グラフィック:GeForce® GTX 1070 Ti
ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB

 

価格は価格219,800円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

 

ドスパラ raytrek

 

ドスパラ raytrek ノートパソコン

ドスパラ raytrek VF-HEKS

RAW現像入門向けのモデルとのことですが、結構良いスペックのモデルです。
価格的にもこなれた価格設定になっているのでコストパフォーマンス良し!のモデルです。
可能であればメモリをオプションで8GBから16GBへアップするとさらに快適に使えます。

CPU:インテル Core i7-8550U
OS:Windows 10 Home 64 bit
メモリー:8GB DDR4 SO-DIMM
ディスプレイ:15.6インチ非光沢液晶(1920×1080)
グラフィック:NVIDIA GeForce MX150
ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+Intel Wireless-AC 8265(IEEE802.11 ac/a/b/g/n)+ Bluetooth 4.2

 

価格は価格109,980円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

ドスパラ raytrek デスクトップ

ドスパラ raytrek-V MH8500

初めてRAW現像を行う人にお勧めのモデルです。

信頼のASUS製マザーボード搭載したCorei5モデルですね。
グラフィックもNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB搭載なので画像処理にもパフォーマンス期待できます。
メモリは8GBなので予算的に許すようであれば16GBへオプションでアップグレードを行うとさらに快適になると思います。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/9MBキャッシュ)
メモリ:8GB DDR4 SDRAM
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
ストレージ:240GB SSD +1TB HDD

 

価格は価格99,980円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

ドスパラ raytrek-V ZT

RAW現像が快適に出来るモデルです。

グラフィックもNVIDIA GeForce GTX1060 6GB搭載なので画像処理にもパフォーマンス期待できます。
しかもメモリは32GB搭載ですものね。。。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i7-8700K
メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx4/2チャネル)
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ストレージ:500GB SSD+2TB HDD

 

価格は価格199,980円(税抜)+送料です。
※価格は9/25時点 価格は常に変動しますので以下のリンクボタンから最新情報を確認してください。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

スポンサーリンク