mouse X4-i7-E 第10世代Core i7搭載 高コスパモデル!

スポンサーリンク

今回ご紹介するのはマウスコンピューターのmouse X4-i7-Eです。

icon
icon

このモデルは最新のインテルの第10世代CPU搭載でWi-Fi 6も使えて10万円を切るコストパフォーマンスが高いモデルとなっています。
初期導入OSはWindows 10 Home (Sモード) 64ビットとなっていてセキュリティ的にも安心なのですが簡単に通常のWindows 10 Homeにも切替可能ですので安心して利用可能です。

ではこのモデルの具体的なスペック情報を見てみましょう!!

スポンサーリンク

モデルの特徴

mouse X4-i7-Eはコストパフォーマンスに優れた軽量薄型モデルです。

14.0型 フルHDノングレア液晶搭載で約 1.13kgと軽量でバッテリー駆動時間も長いのでモバイル用途でも利用可能なモデルに仕上がっています。

mouse X4-i7-Eのお勧めの使い方

mouse X4-i7-Eのお勧めの使い方!

  • モバイル用ノートPCとして
     14型なのに軽量・薄型でバッテリー駆動時間も長いのでモバイルで活躍してくれる。
  • メインパソコンとして
     基本スペックが高いのでメインのPCとしても活躍してくれる。
  • 初めてのノートPCとして
     購入しやすい価格設定なので初めてのノートPCとしてもお勧めです。

mouse X4-i7-Eのデザイン

カラーは落ち着いたブラックとなっています。

大きさは

14.0型 フルHDノングレア/1920×1080(タッチ非対応):

高さ(mm):320.2×214.5×17.5 (折り畳み時/ 突起部含まず)

最小質量:約1.13kg

となります。

ナローベゼルデザインになっていて全面液晶というイメージなので没入感が高いのもポイント高いですよね。

mouse X4-i7-Eの基本スペック

CPU:インテル® Core™ i7-10510U
OS:Windows 10 Home (Sモード) 64ビット
液晶:14.0型 フルHDノングレア(1,920×1,080)
メモリ:8GB (8GB×1) PC4-21300 DDR4 SODIMM
ストレージ:SSD 128GB (SATA)
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス

mouse X4-i7-Eのパフォーマンス

OSはWindows 10 Home (Sモード) 64ビットです。
※Windows 10 Home (Sモード) 64ビットはセキュアで高速に動作するOSですが利用できるアプリがマイクロソフト ストアにあるアプリに限られます。
 必須のアプリがマイクロソフト ストアにない場合は通常のWindows 10 Homeへ簡単に切り替え可能ですので安心して導入可能です。

Windows 10 Home (Sモード) の詳細やWindows 10 Homeへの切り替え方法はこちらの記事でご確認いただけます。

Surface Go Windows 10SモードからWinodws Homeへの切替方法 
Surface Go の初期導入OSはWindows 10S(Home)となっています。 これを通常のWinodws10 Homeへ変更する手順をご説明したいと思います。 ※12/10更新 価格改定反映 Surfa...

CPUはインテル® Core™ i7-10510Uを搭載していて

メモリに8GB (8GB×1) PC4-21300 DDR4(最大16GB)を搭載しているので

インターネットやオフィスソフトを利用するには十分な性能があると思います。

mouse X4-i7-Eのモバイル利用

質量は約1.13kgと14型としてはかなり軽くなっています。
高さも17.5mmと薄いのでカバンにいれて持ち運ぶ際も便利だと思います。
バッテリー駆動時間も約 12.0時間と長いのも良いですよね。
あと液晶がノングレアなので外出先での利用時に光の反射を余り気にしなくても良い点も便利だと思います。

最新のWifi6が利用可能なので高速なネットワークが利用可能な点も◎です。

最軽量モバイル ノートPCとはいきませんが大き目の画面でパフォーマンスも良いので、モバイルでも使い勝手に妥協したくないという方にお勧めだと思います。

mouse X4-i7-Eのストレージ

ストレージはSSD 128GB (SATA)ですので高速な起動が期待できると思います。

容量的には128GBは少し少なめなのでメールやブラウザでの利用が中心の方は問題ないですが通常の使い方であればもう少し余裕があった方が安心だと思います。
具体的には
・256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) 3,800円UP
・512GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) 7,800円UP
・512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 ) 9,800円UP
※他(最大1TB)にも選択可能です。価格は3/30時点

となっていますのでコストを抑える場合は256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
512GBを選択する場合は価格差が少ないですのでより高速な512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
を選択することをお勧めします。

光学ドライブは未搭載ですので利用したい方は外付けのドライブを利用することになります。

大体5,000円程度で購入できますのでほかのパソコンで使えるメリットもありますし別に購入しても良いかもしれませんね。

mouse X4-i7-Eの拡張インターフェイス

拡張インターフェイスに関しては

・有線LAN
・USB 2.0
・USB 3.0
・ヘッドホン/ヘッドセット端子
・USB 3.0(Type-C)/USB Power Delivery対応
・HDMI
が用意されています。

USB Type-Cが用意されていますので最新のアクセサリーも利用可能です。
※USB 3.0ですので利用できないアクセサリもあります。

またUSB Type-Cだけだと手持ちのマウスなどが利用しづらい場合があるので通常のUSBが用意されている点も良いと思います。

icon
icon

mouse X4-i7-E

価格: 97,800円(税抜)+送料 <3/30(月)時点>

この商品の詳細はこちらから確認できます。

icon
icon

mouse X4-i7-E(2020年3月30日)
型番mouse X4-i7-E
CPUインテル® Core™ i7-10510U
OSWindows 10 Home (Sモード) 64ビット
ディスプレイ14.0型 フルHDノングレア(1,920×1,080)
グラフィックスインテル® UHD グラフィックス
メモリー8GB (8GB×1) PC4-21300 DDR4 SODIMM
ストレージSSD 128GB (SATA)
ネットワーク有線LAN+インテル® Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要です
光学ドライブ未搭載
Webカメラ100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載)
拡張インターフェイス・有線LAN
・USB 2.0
・USB 3.0
・ヘッドホン/ヘッドセット端子
・USB 3.0(Type-C)/USB Power Delivery対応
・HDMI
バッテリー駆動時間約 12.0時間/JEITA測定法2.0
本体サイズ(mm)320.2×214.5×17.5 (折り畳み時/ 突起部含まず)
本体質量約 1.13kg
認証(Windows Hello)顔認証
保証1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
オフィスソフトなし
主な付属品AC電源など
販売価格97,800円(税抜)+送料

icon
icon

mouse X4-i7-Eのまとめ

このモデルのお勧めポイント

  • 軽量・薄型なのでモバイル利用が可能
  • お手頃価格なので初めてのノートPCとしてお勧め
  • 基本スペックが高いのでメインPCとしても使える

気になる点

特になし

管理人の総評

CPUに最新の第10世代 Core i7を搭載していて、メモリ:8GB(最大16GB)、ストレージ SSD 128GB(最大1TB)となっているので
必要に応じてカスタマイズをすることでメインPCとしても利用可能です。

実はmouse X4シリーズには搭載CPUの違いで

・mouse X4-B  (AMD Ryzen™ 5)
・mouse X4-i5-E (Core i5/Windows 10 Home (Sモード) )
・mouse X4-i5 (Core i5)
・mouse X4-i7-E (Core i7)
・mouse X4-i7 (Core i7/Windows 10 Home (Sモード) )

がラインナップされています。

mouse X4-Bのレビュー記事はこちらからご覧いただけます。

バランスの良い Ryzen搭載 mouse X4-B 実機レビュー
AMD Ryzen 5 3500U搭載 マウスコンピューター mouse X4-B 実機レビュー記事です。 本モデルの特徴は価格が7万円台と購入しやすい設定になっていてRyzen搭載なのでパフォーマンスも良いというバランスの良さです。 そんな本機を管理人視点で実機レビューしています。

選び方としてはコストパフォーマンスを優先するのであれば
mouse X4-B

但しAdobe系のソフトを多用される方はインテルCPU搭載モデルをお勧めします。

CPUはやっぱりインテルでしょという方は
mouse X4-i5、mouse X4-i7をお勧めします。

通常利用であればmouse X4-i5であれば十分だと思いますが勿論よりパワーが必要な方はmouse X4-i7を選ぶのも有りです。

Windows 10 Home (Sモード)を選択する場合はコストを抑えたい場合です。
ただし、ストレージを256GBにアップグレードする場合は割高になりますので通常モデルをお勧めします。

mouse X4-i7-Eはモバイルに使える14型ノートPCをお探しの方にお勧めのモデルです。

mouse X4-i7-E

価格: 97,800円(税抜)+送料 <3/30(月)時点>

この商品の詳細はこちらから確認できます。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

タイトルとURLをコピーしました