自動翻訳機 ili(イリー)を購入しましたのでその実機レビューを行っていきたいと思います。

イリーとは

株式会社ログバーが製造・販売している自動翻訳機です。
iliは通して言語の壁を気にすることなくコミュニケーションできる世界を実現させることを目標として開発されたとのことです。

スペック情報

付属品:ili翻訳機本体、トラベルブック、ネックストラップ、Micro USBケーブル
サイズ:12cm x 3cm x 1.5cm重さ:42g
バッテリー通常使用(1日20回ほど)で3日間動作。連続使用で2時間。満充電まで約2時間

イリーができる事

イリーができる事は日本語の音声を英語、中国語、韓国語に翻訳して音声で話してくれることです。
なので外国語が出来なくても外国人に質問や要望を相手に伝えることが出来ます。

イリーがカバーしている言葉は旅行などで使用する言葉で専門用語などは苦手としています。
もともと旅行用に開発されているようなのでこの点は仕方ない部分ですね。

イリーはネットワークに繋がっていなくても利用できるので旅先の洞窟や高層ビルなど電波状況が悪い場所でも利用できるのは使い易いと思います。

イリーの仕組み

イリーの仕組みは簡単で音声(日本語)で話しかけると設定してある言語(英語、中国語、韓国語)に翻訳をして音声を発してくれます。

使い方としては
・(レストランで)メニューは有りますか?
・駅はどこですか?
・タクシー乗り場はどこですか?

といった簡単な旅行で使用する翻訳を想定しています。

イリーを購入すると入っているもの

イリーを購入したときに付属しているものは

・イリー本体
・イリー説明書(簡易版)

※届いた時の状態
 

※箱を開けた状態

・USBケーブル

・ストラップ

・クイックスタート
 イリーの簡単な操作方法が記載されています。

・故障対応マニュアル
 簡単な動かないと思った時の確認方法が記載されています。

イリーの各部の名称

上部

底部
・ストラップホルダー

左側面
・マイクロUSB(電源用)

右側面
・電源ボタン
・サイドボタン
 言語切替、認識再生機能などで利用

イリーの使い方

ではイリーの具体的な使い方を見ていきましょう。
と言っても凄く簡単ですけど。。

イリーの基本操作

イリーの操作は表面にあるメインボタンを押した状態(LED青色点灯)で話しかけてボタンを話すと翻訳した音声が流れるという形です。

・相手が翻訳した音声を聞き取れなかった場合は
「リピート機能」が用意されていますので利用すると便利です。
「リピート機能」はメインボタンを再度押す(クリック)すると利用できます。

・翻訳が旨く行かない場合は
 自分が話しかけた言葉をイリーがどのように認識しているか「認識再生機能」確認することが出来ます。
「認識再生機能」は再度ボタンを下向きに押す(クリック)すると利用できます。

イリーを充電する

イリーの充電は付属のUSBケーブルを利用して充電を行います。
家庭用電源コンセントへの接続プラグは付属していませんので
パソコンなどに接続して充電を行うかスマホ用の電源コンセントへの接続プラグを活用する形となります。

イリーの電源を入れる/切る

イリーで電源が切れているように見える状態は実は2種類あります。
・本当に電源が切れている場合
・スリープ状態(電源は切れていない)

イリーの電源の入れ方

「本当に電源が切れている場合」
電源投入は電源ボタンを長押して下さい。
※長押しは管理人が計測した結果だと7秒程度で電源が入りました。
電源投入後LEDランプが黄色表示(恐らく準備中)になったのち最終的に白色の点灯までいくと利用できます。

「スリープ状態(電源は切れていない)」
こちらは電源は切れていませんので電源ボタンもしくはメインボタンを押下(クリック)すると即時に使えるようになります。

イリーの電源の切り方

「本当に電源が切れている状態」にする場合は電源ボタンを長押しします。
※長押しは管理人が計測した結果だと12秒程度で電源が切れました。

スリープ状態(電源は切れていない)にする場合は電源ボタンを押下(クリック)してください。

2つの状態の使い分けは
すぐに使いたい場合はスリープ状態
移動中などで電源の節約を行いたい場合は「本当に電源が切れている状態」になるかと思います。

まあ、スマートフォンと考えまたは同じですけどもしかしたらスマートフォンよりは「本当に電源が切れている状態」にする機会多いかもしれないですね。

イリーの再起動の方法は?

イリーの再起動の方法は先ほど電源の項目で記載した電源ボタンを長押しして「本当に電源が切れている状態」にし、再度電源を入れる形になると思います。

何らかの理由でイリーが旨く動いてくれない場合は試してみる価値は有りそうです。
※といっても管理人まだそういう場面に遭遇してませんけどね。

イリーの音量調整の仕方

これ出来ないそうです。
イリーの音量は結構大きいのでレストランなどで利用する場合は要注意です。

イリーのバッテリー残量の確認の仕方

バッテリーの残量はLEDランプの色で判断することが出来ます。
注意:LEDの赤色は認識失敗の場合でも使われているので間違えないように注意が必要です。

イリーの状態 LEDの色
充電中
充電完了
充電残量残り僅か 黄色

イリーの初期設定の仕方

イリーに関しては初期設定というような操作は必要ないです。
ただし、イリーにはシステム更新機能が用意されているのでどこかのタイミングで最新の状態にしてから使い始めた方が良いと思います。

更新の仕方はまず公式サイトから更新用の無料アプリをダウンロードしてそれをインストールします。
※アプリはWindows版とMAC版が用意されています。

公式アプリダウンロード

インストール後アプリを起動した状態でイリー本体をUSBケーブルでパソコンと接続します。

表示されている言語が日本語以外になっていて読めない場合は右下の設定(歯車マーク)をクリックすると表示言語変更が出来ます。

なぜか表示が凄く見辛いですが更新ボタンを押下します。

「OK」を押下します。

更新が始まります。

更新完了です。
閉じるボタンを押下してください。

イリーで翻訳を行う

実際に翻訳してみたサンプルです。

やはり解説に有るようにワンセンテンスで使った方が良いようです。
固有名詞も有名なところは問題ないですがあまり有名でない場所は変な訳になってしまうようです。
イリーを旨く使うには意識した話し方が必要だと思います。

日本語)メニューを貰えますか
英語)can i see the menu

日本語)東京タワーへの行き方を教えてください。
英語)can you show me how to get to Tokyo Tower

日本語)関門橋への行き方を教えてください。
英語)please tell me how to get to swimming cleared

日本語)江戸川区役所への行き方を教えてください。
英語)yes i’d like to go to the Warren offices video seaplanes

翻訳の基本操作

翻訳の基本操作は
・翻訳先言語を設定
・メインボタンを押しながら日本語を話す
・メインボタンを話すと自動的に翻訳結果が音声で流れるという内容です。

音声の性別(女性)、音量などは変更できません。

利用する言語の切り替え方法

利用する言語の切り替え方法はサイドボタンを右下に押下すると出来ます。
英語⇒中国語⇒韓国語
の順番で切り替わっていきます。

サイドボタンを押すとxxxに切り替えます。
切替が終了するとxxxに切り替えが完了しましたというナレーションが流れるので判り易いです。

翻訳履歴を表示する

イリーには翻訳履歴を表示する機能は用意されていません。
かわりに直前の翻訳を「リピート機能」を使って再度再生する事が出来ます。

イリーのアクセサリ

付属品としてネックストラップが付いています。
ストラップに関してはスマホ用の物を転用できそうなので好みの物が選べると思います。

イリーの問い合わせ先

こちらの公式ページ問い合わせ情報が記載されています。

https://iamili.com/ja/contact/

問い合わせ方法としては、、メールもしくはLINEも使えるようです。

イリーを他の翻訳デバイスとの比較

イリーの特徴は
・起動が速い
・翻訳に電波が不要
・一方通行翻訳

といった事があげられます。

例えばスマートフォンの翻訳アプリを利用する場合
殆どアプリは電波が必要です。
なので電波が届かない観光地などでは利用できないという弱点があります。
あとセキュリティ面もあって
スマートフォンで翻訳をしようとするとスマートフォンを相手に手渡すなどの状態があって、
これ結構怖いと思います。
大事なスマートフォンを渡したらそのまま盗難にあったなんてなってしまったら大変ですよね。
その点イリーなら言い方は良くないですけどなくなるのはイリーだけなのでそれほど被害は大きくないと思います。

イリーの評価

イリーはボタン一つで簡単操作なのでだれでも使えるので良いと思います。
それに電波を気にしないで使えますし、セキュリテイ面でも安心なのはポイント高いと思います。
ただ、一方方向の翻訳なので相手の回答をこちらが理解できないというリスクはあります。
なのでやはり補助的な使い方が良いのではと思います。

またパソコンを利用すれば最新の翻訳プログラムを利用出来るというのも嬉しいですよね。

改善希望としては現在3か国語のみ対応なので今後のアップデートで対応言語を増やしてもらえるとさらに使い勝手は上がる気がします。

イリーは難しい操作は出来ないけど海外旅行で自動翻訳があると有りがたいという方にお勧めです。

イリーの購入の仕方

イリーは公式の通販サイトで購入が出来ます。
イリー公式通販サイト

楽天でも販売されているので楽天ポイントをお持ちの方はそちらの方がお得かもしれませんね。
楽天での購入は以下のリンクから
【発送無料】オフライン 翻訳機 イリー 絶対に圏外にならない。最新モデル 一台で英語、中国語、韓国語に翻訳! ili ネット不要で簡単に使える!あなたが話した言葉を瞬時に翻訳。

<<関連記事>>
ガラケーからスマホへの進化 POCKETALK W(ポケトークW)レビュー
お手軽翻訳 ポケトーク 実機レビュー 海外旅行も楽々!

スポンサーリンク