タブレットパソコンの定義

※2016年4月6日更新 掲載モデルを最新モデルに更新

本サイトでは以下のように考えています。

  1. タブレットとして利用可能なもの
  2. ノートパソコンとしてハードウエアキーボードを利用可能なもの
  3. 専用のキーボードが付属、もしくはオプションとして提供されているもの

Thinkpad%20Yoga_FHD(Anti-Glare)_Hero_05
これに当てはめるとタブレットパソコンに大きく分けて以下の3つのタイプとなります。

タブレットパソコンのタイプ

 

 分類  説明
 コンバーチブル型  キーボード部分と液晶部分は切り離し不可
液晶部分をスライド/回転させることで、 ノートパソコンにもタブレットにもなる
 セパレート型(接続)  キーボード部分と液晶部分が切り離し可能
セパレート型(非接続) キーボードと本体は接続せずにBluetoothなどの無線で接続して利用

 

それぞれの特徴について見てみましょう。

コンバーチブル型

良い点

常にキーボードがついているためどのような状況からでも
すぐに好みのスタイルで利用可能である。
また、バッテリーも本体の一つなので管理が簡単である。

気になる点

キーボード一体型のため構造が若干複雑になり
重量が1Kgを超えるものが多い

セパレート型(接続)

良い点

タブレットとして利用する際に不要なキーボード部分を切り離して利用できるため
タブレットとして利用時に軽量化が図れる。
また、最近はキーボード側のバッテリーを利用して本体を動かせるモデルも出てきていて本体の軽量化とバッテリ駆動時間の進歩が見られます。

気になる点

構造が複雑なためか重量が1Kgを超えるものが多い

 

セパレート型(非接続)

良い点

本体とキーボードを自由な配置で利用できるので使い勝手が良い

気になる点

キーボード側でも充電が必要なので電源管理が若干面倒
無線で接続するので電波干渉で誤動作をする場合がまれにある。

タブレットパソコンを利用する利点

タッチ操作が可能なこと

タブレットの優位点の一つは画面に直接触って拡大縮小などの操作が可能なので直感的で判り易いことが挙げられるます。

片手で操作が可能

従来のノートパソコンタイプでは操作し辛いですが片手で持って片手で操作出来るという点があげられます。
歩行中など移動中でも操作できるのは大きなメリットです。

Windowsストアのアプリが利用可能

充実度が?の部分も若干ありますがLineなどの
これまでもWinodwsにはなかった有名アプリが利用可能です。
また、Windows 10になってストアアプリをデスクトップでも利用できるようになっていて便利さがさらに増しています。

以上の3点が大きな意味でのメリットとなります。

他のプラットフォーム(iOS Android)との比較

他のプラットフォームとの比較では

Windowsタブレットパソコンの優位性はWindowsを搭載しているこれが最大のメリットだといえます。

この意味はこれまで開発されていた膨大な数のデスクトップ アプリが利用可能である事と既存インフラが継続して利用可能だという事です。

例えばプリンターやスキャナなどの機械のドライバーソフトはそのまま利用できるので何ら苦労することなく利用できます。

また多くの企業で利用しているドメイン認証などのセキュリティ機能も設計を変更することなくそのまま利用可能です。

またオフィイスなどのソフトも互換製品ではなく、純正品を利用できるので必要な機能がないとか互換性悩む必要は有りません。

このことのメリットは導入に関してはタブレットそのものの検証だけをすればよいのでハードルが低いことです。

また、マウスやキーボードなどの外部入力機器も既存のWindows用のものが利用できるので簡単に用意することが出来入力や編集などが可能な環境も簡単に構築することが出来ます。

これをiOSやAndoroid環境で実現しようとすると機器の導入にも制約があり、
また2画面を同時に表示して作業を行うといったWindowsでは基本的なマルチタスク処理も出来ないので制約された形でしか実現することが出来ません。

デメリットとしては既存のWindowsデスクトップ アプリはマウスやキーボードでの利用を前提として設計されているのでこれらの機器を利用しない場合は操作がし辛いという点があげられます。

さらにWindowsストアで提供されているアプリもApp StoreやGoogle Playで提供されているアプリの数とは残念ながら同レベルとは言い難いので自分に合ったアプリを見つけることが出来ない場合があるかもしれません。

では実際の製品について見てみましょう。

具体的な製品例

コンバーチブル型

日本HP HP Spectre 13 x360 Limited Edition
画面が13.3型と大きめでスタイリッシュなデザインが特徴です。

この商品の詳細情報はこちらから確認出来ます。
>>>詳細情報

セパレート型(接続)

Lenovo ThinkPad X1 Tablet
驚くべき軽量化と薄さが図られているにも関わず、ThinkPad伝統の堅牢性と入力のし易さが実現されていて非常に完成度の高いモデルです。

この商品の詳細情報はこちらから確認出来ます。
>>>詳細情報

セパレート型(非接続)

SONY VAIO® Z Canvas
ソニーがモンスタータブレットPC として売り出している
タブレットパソコンです。

最高の性能と最高の使いやすさを目指した1台といえると思います。

icon
icon

この商品の詳細情報はこちらから確認出来ます。
>>>詳細情報
icon

 

4つのタイプのお勧めは?

管理人のお勧めはセパレート型(非接続)です。
現在は販売されている機種が少ないのでメジャーではありませんが
キーボードをどこにおいても良い自由さと本体もタブレットとしてすぐに使える機能性がお勧めの理由でu。
この対応は実はWinodwsタブレットを単体で購入し、追加アクセサリーとしてワイヤレスキーボードを購入することで実現できます。
勿論専用のキーボードの方がサイズがピッタリだったりまねのできない部分はありますがお値段的にはこの方がリーズナブルな場合も多いですね。


スポンサードリンク