モデル概要

Windows系タブレットで一番人気のマイクロソフト Surface3に4G LTE対応のモデルが発売されます。

発売日は6月19日で現在予約受付中です。

詳細は以下のサイトで確認できます。
公式サイト
マイクロソフト Surface3はタブレットとしても利用できますがパソコンとして利用しても十分な性能を有しているタブレットパソコンです。今回のモデルの特徴としてはもちろんLTEを利用できる事もありますが重量が約 641 gとかなり軽量になりSurface3で若干重くなってしまった重量を改善し今まで以上に持ち運びがし易くなった事です。

また、個人向けはLTEモデルだけの発売となっていてiPadなどに対抗してモバイル用途での活用にさらに力を入れていると考えられます。
ソフトバンクで回線とセットで販売している様ですが周波数的に見て十分ドコモ系のMVNOでも活用できると思いますのでマイクロソフトストアで購入して回線料を低く抑えて利用するのも賢い利用の仕方だと思います。
※ソフトバンクショップで購入するとかなり回線の売り込みを受けると思いますので断るのは結構大変かと思います。

ラインナップ

ラインナップととしては

2モデル用意されていて

・メモリ 2GB/記憶域64GB

・メモリ 4GB/記憶域128GB

があります。

 

用途としては

2GBモデルがタブレット用途で4GBモデルがパソコンとしても活用することを想定しているモデルだと思われますので利用する用途に合せて選ぶようにしましょう。

 

スペック確認

 

CPUはインテル Atom x7-Z8700を搭載しています。

このCPUはSurface3用に開発されたCPUで Atomの名称がついているので勘違いされやすいですがかなりの高性能CPUです。

CPUコアを4コア有していて並列処理には力を発揮するものと思われます。

CPUクロック数は1.6 GHz (インテル バースト テクノロジーにより最大 2.4 GHz)と若干Core i5などに比べ遅いため動画変種などのCPUの演算能力をフルに使い処理では従来モデルよりも処理速度が遅い場合も有ると考えられます。

ただ、通常のビジネス用とであるOfficeなど利用する際は並列の方が重要となってくるので十分に実力を発揮すると考えられます。

 

メモリは最大4GBまで選択できます。後から使いできないのでメモリに不安なのある方は最初から4GBのモデルを選ぶ方が無難です。

ディスプレイは10.8インチフルHDなのでノートパソコンとして利用してもじゅぶんな機能だと思います。

重量に関しては先にも書きましたが従来モデルに比べてかなり軽量化されていて持ち運びが格段にし易くなっています。

この点だけでも従来モデルよりも新モデルを選ぶ理由になると思います。

拡張端子に関しては

フルサイズ USB 3.0 端子 • Mini DisplayPort • microSD など豊富に用意されているのでiこの点はPadなどのタブレット器に比べて優位ですしOSがWindows8なのでドライバーなどに困ることもなさそうです。

ただ注意点としてはこのモデルに限らずなのですがSurfaceシリーズはUSBからの電源供給量が少ないため機器によっては別電源から電気を供給しないと使えない場合が有ります。

 

SIMサイズに関してはiPadと同じnano-simですのでAppleのiPhone、iPadと同じですね。現行使っているものとサイズが違う可能性がありますが各社用意されていますので困ることはないと思います。

気になる対応バンドは

LTE 1(2.1GHz)、2(1.7GHz)、8(900MHz)

3G 1(2.1GHz)、2(1.7GHz)

となってます。

周波数的に見るとLTEのバンド2は日本では利用されていないので日本で利用する場合はバンド1、8を利用することになるのですが8はソフトバンクのいうプラチナバンドでまだあまりLTE化されていないようなので中心はバンド1で利用することになると思います。
それにしてもソフトバンクのプラチナバンドのLTE化はいつ完了するのでしょうかね?

またドコモのfomaエリアプラスにも対応していないので地方での利用を想定される場合は多くの場所は恐らく大丈夫かと思いますが山間部など入らない可能性が高い場所もあるかと思いますので事前にチェックが必要ですね。

 

 

管理人の感想

人気のある、Surfaceの4G LTE対応モデルですので非常に注目されるモデルだと思います。

やはりテザリングやモバイルルータで利用するのと本体だけで直接利用できるのでは使い勝手が違いますので要検討モデルだと思います。

SIMの契約をする場合恐らくスマホと併せての2台目の回線になると思いますので出来るだけ回線費用は抑えたい所です。このモデルはSIMフリーモデルで購入できるので月額1,000円程度で利用できるMVNO業者の格安SIMを活用を検討するのがお勧めです。

ただ、対応周波数が若干少ないので利用する場所を選ぶモデルだと感じています。

お勧めの方はバンド1の電波が十分に供給されている地域(主に都市部)での利用をされている方ですね。

また、Office Home & Business Premium プラス がついているのもビジネス用途では魅力です。

価格もSurface 3 (4G LTE) – 64GB ¥88,344 (税込) と非常に魅力的な価格設定ですので特に都市部のビジネスマンの方にお勧めの一台だと思います。

 

詳細な情報はこちらから確認できます。
詳細情報
<<スペック表>>

 

CPU クアッドコア インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー )
記憶容量/メモリ 64 GB の記憶域と 2 GB メモリ • 128 GB の記憶域と 4 GB メモリ
ディスプレイ [スクリーン] 10.8 インチ ClearType フル HD+ • [解像度] 1920 x 1280 • [縦横比] 3:2
[タッチ] マルチタッチ対応 • [ペン入力] Surface ペン対応 (別売)
対応周波数 [4G LTE] バンド 1 (2.1 GHz) / 3 (1.7 GHz) / 8 (900 MHz) 対応[3G] バンド 1 (2.1 GHz) / 8 (900 MHz) 対応
重量 約 641 g
サイズ 約 267 mm x 187 mm x 8.7 mm
外部端子 フルサイズ USB 3.0 端子 • Mini DisplayPort • microSD カード スロット • マイクロ USB 充電端子 (USB 2.0 データ通信対応) • ヘッドセット ジャック • カバー用端子 • Nano-SIM カード スロット
ソフトウェア Windows 8.1 (64 ビット) • Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
カメラと AV 機能 3.5 メガピクセルのフロント カメラ (1080p 対応) • 8.0 メガピクセルのリア カメラ (1080p 対応、オート フォーカス) • Mマイク • Dolby サウンド搭載ステレオ スピーカー

最新の情報はこちらから確認できます。
最新情報


スポンサードリンク