いよいよ注目のタブレットパソコン マイクロソフト サーフェイス3(4G LTE)が6月19日に発売されます。

サーフェイス3(4G LTE)の特徴

SIMスロット装備

SIMフリー端末として販売されていますのでどこのケータイ会社のサービスでも利用できます。
装備されているスロットのサイズはNano-SIM カードですのでiPhone6などと同じサイズです。
対応周波数は
LTE 1(2.1GHz)、2(1.7GHz)、8(900MHz)
3G 1(2.1GHz)、2(1.7GHz)
となっています。
対応主端数をみるとLTEのバンド2は日本では利用されていないので日本で利用する場合はバンド1、8を利用することになるのですが8はソフトバンクのいうプラチナバンドですのでこれが宣伝文句になっているソフトバンクに最適化されているという意味だと思います。
ただバンド8はまだあまりLTE化されていないようなので現時点での中心は各社バンド1で利用することになると思います。

本体の軽量化

重量は約 641 gをSurface Pro 3のモデルよりもかなり軽量になっています。

 

詳細な情報ははこちらから確認できます。
詳細情報<<スペック表>>

 

※関連記事

ビジネスマンに最適なタブレットパソコン マイクロソフト Surface3 4G LTEモデル発売

 

Ymobileでの購入と単体購入の価格比較

 Yモバイル  単体購入+MVNO
 本体  88,344  ¥88,344 
 通信費(月額)  7,538円  2,260円
 割引金額  -3,547円  ー
 (パケット利用可能容量)  7GB  10GB
 合計(月額)  3,991円  2,260円

※MVNO料金はOCNモバイルONEの10GBパックで算出
Yモバイルは2年契約の縛り有り

 

となり、本体価格はどちらで購入しても同じ価格で、

月額の利用料は端末分の値引き金額を考慮しても

Yモバイルで購入した方1,731円が高くデータ容量も少ない結果となっています。

これを見ると違約金の心配もないですし、せっかくのSIMフリー機ですので単体で購入してお得にタブレットパソコン生活を楽しんだ方が良さそうですね。

 

CPU クアッドコア インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー )
記憶容量/メモリ 64 GB の記憶域と 2 GB メモリ • 128 GB の記憶域と 4 GB メモリ
ディスプレイ [スクリーン] 10.8 インチ ClearType フル HD+ • [解像度] 1920 x 1280 • [縦横比] 3:2
[タッチ] マルチタッチ対応 • [ペン入力] Surface ペン対応 (別売)
対応周波数 [4G LTE] バンド 1 (2.1 GHz) / 3 (1.7 GHz) / 8 (900 MHz) 対応[3G] バンド 1 (2.1 GHz) / 8 (900 MHz) 対応
重量 約 641 g
サイズ 約 267 mm x 187 mm x 8.7 mm
外部端子 フルサイズ USB 3.0 端子 • Mini DisplayPort • microSD カード スロット • マイクロ USB 充電端子 (USB 2.0 データ通信対応) • ヘッドセット ジャック • カバー用端子 • Nano-SIM カード スロット
ソフトウェア Windows 8.1 (64 ビット) • Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
カメラと AV 機能 3.5 メガピクセルのフロント カメラ (1080p 対応) • 8.0 メガピクセルのリア カメラ (1080p 対応、オート フォーカス) • Mマイク • Dolby サウンド搭載ステレオ スピーカー

最新の情報はこちらから確認できます。
最新情報


スポンサードリンク