11 月 12 日発売 予定のマイクロソフトのタブレットパソコン Surface Pro 4が予約受付中ですね。

まずは旧モデルのPro3との比較をしてみましょう。

 機種名  Surface Pro 3  Surface Pro 4
 サイズ  高さ約201.3mm×幅約292mm×厚さ約9.1mm  高さ約201.4mm×幅約292.1mm×厚さ約8.4mm
 重量  約800g 約766g(Core m3モデル)約786g(i5/i7モデル)
 ディスプレイサイズ  12インチ  12.3インチ
 ディスプレイ解像度  2,160×1,440ドット  2,736×1,824ドット

 

今回のモデルの売りの一つはは何といってもサイズは同じで厚さは薄くなっているのに
ディスプレイサイズは大きくなっているという驚きの進歩ですね。
しかも重量も軽くなっているので持ち運びは格段にし易くなっています。

二つ目としてはCPUがPro3が第4世代のCPUだったのですが最新の第6世台になっていて格段の性能アップになっています。
特にCorei7でメモリ16GBのモデルはCADも利用なども想定しているほどのハイスペックモデルになっています。

さらに見逃せないのがタイプカバーでキートップが独立したアイソレーテッドタイプとなり格段に入力しやすくなった点ですね。
しかもカラーも5色になっっているので好みに応じて選ぶことが出来る様になっています。
実はSurfaceいいんだけど入力がねと思っていたのでもしかしたらこのタイプカバーの進歩が一番管理人に響いているかもしれないですね。

では詳細なスペックについて見てみましょう!!
※今回は一番価格の安いCore™ m3について見ています。

モデルの特徴

Surface Pro 4 は1台でタブレットとパソコンの二役をこなせるタブレットパソコンです。

OSはWindows 10 Pro (64 ビット)です。

CPUは第 6 世代 Intel® Core™ m3 を搭載していて

メモリに4GB DDR3L 1600MHz (4GBx1)を搭載しているので

動画閲覧やインターネット・オフィスソフトなどを利用するには十分な性能があると思います。

ストレージはSSDで128GBなのでかなりの高速処理が期待できます。

また大きさは

12.3 インチ PixelSense™ ディスプレイ  (タッチ対応):

約 292.1 mm x 201.4 mm x 8.4 mm

最小重量: 約 767 g

となります。

重量は約 767 gですので非常に持ち運びには適していますしバッテリー駆動時間も最長約 9 時間の連続ビデオ再生が可能となっていますので一日電源の心配なく利用できそうですね。

Surface Pro 4

価格: 134,784 円(税込) <10/29(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この商品の詳細はこちらから確認できます。
>>>詳細情報

製品名 Surface Pro 4
型番 Surface Pro 4
CPU 第 6 世代 Intel® Core™ m3
 OS Windows 10 Pro (64 ビット)
 ディスプレイ 12.3 インチ PixelSense™ ディスプレイ
 グラフィックス Intel® HD graphics
 RAM 4GB
 HDD/SSD  SSD  128GB
 ワイヤレス 802.11 a/b/g/n/ac
 光学ドライブ なし
 Webカメラ 8.0 メガピクセルのリア カメラ (オート フォーカス対応)
5.0 メガピクセルのフロント カメラ
 バッテリー駆動時間 最長約 9 時間の連続ビデオ再生が可能
 本体サイズ(W×D×H) 約 292.1 mm x 201.4 mm x 8.4 mm
 本体質量 約 767 g
SIMスロット なし
オフィスソフト Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
 販売価格 134,784 円(税込)

 

Surface Pro 4

価格: 134,784 円(税込) <10/29(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この商品の最新情報はこちらから確認できます。
>>>最新情報