日本HP様のご厚意でHP Spectre x360 のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとHP Spectre x360は最新CPUを搭載した超薄型・軽量でおしゃれなコンバーチブルタイプのタブレットPCです。

HP Spectre x360 は使う場所を選ばない便利さとパワフルなスペックでオシャレ感もあるお勧めのモデルです。

前モデルとの比較なの当モデルの紹介記事はこちらからご確認いただけます。
>>>HP Spectre x360(2017年11月モデル)簡易レビュー さらなる進化を実感

詳細はレビュー内容をご確認ください。

まずはHP Spectre x360 の特徴から

このHP Spectre x360 は’13.3インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)搭載のノートパソコンです。

スペック的にもCPUにインテル® Core™ i5-8250U プロセッサー 、8GB オンボード 、ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2)なので非常にパワフルなノートパソコンです。
※ラインナップ的にはインテル® Core™ i7-8550U プロセッサーを搭載したモデルも用意されていますが今回のレビュー機はインテル® Core™ i5-8250Uプロセッサー搭載モデルとなります。

HP Spectre x360  レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うHP Spectre x360のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:8GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ディスプレイ:13.3インチワイド・フルHD・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)
グラフィック:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き

 

HP Spectre x360

価格: 131,800円~(税抜)+送料 <2/2(金)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されています。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 7%オフ特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

HP Spectre x360の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

HP Spectre x360 外観チェック

HP Spectre x360の外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

HP Spectre x360 はフルHD・IPSディスプレイなので発色も良くて見やすい液晶だと思います。
視野も広いので斜めからでもきれいに見えます。

ベゼル部分はナローベゼルの採用で旧モデルよりさらに薄くなっています。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

HP Spectre x360はsRGBで96%、adobeRGBで73%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり良い数字だと思います。
実際に見た印象は発色も良くてかなり綺麗ですね。

 

本体の外観

<<HP Spectre x360 正面>>

本体は手触りも良くスタイリッシュに出来ています。

<<右側面>>

・音量ボタン
・指紋リーダー
・USB Type-C™ 3.1 Thunderbolt™ 3 ×2

<<左側面>>

・USB3.1 Gen1 ×1
・ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
・電源ボタン
・microSDカード

<<背面>>

<<上から>>

13.3インチワイドですのでA4よりは大きめですね。

<<下から>>

<<高さ>>

高さ 13.6(最薄部)- 15.5(最厚部)mmですので通常の本とほぼ同じですね。

こうやって見るとパソコンではなくて書類?というくらいですよね。

電源スイッチ

電源スイッチは左サイドです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はかすかに見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形はほぼ見えていないですね。
 使っていても光の反射はあまり気にならない印象でしたね。

 

キーボード&タッチパッド

HP Spectre x360はフルサイズのキーボードが採用されていて入力はし易いと思います。

ただし、キーボードの配列が「Home」キーが右端にあるという特徴的な配列になっているので若干慣れが必要だと思います。

この配列HPさんこだわりの配列でExcelなどを使っていて一番上に戻りたいときに一度の操作で戻れるので便利なのだとか。。

バックライトも付いているので暗い中でも使いやすいです。

これはタブレットモードにしてキーボードを上にした状態です。
勿論キーボードはこの状態だと無効になっていますし平らな面では構造的にキー自体は面に触れないような形となっています。

タッチパッドも滑りも良くて使いやすい印象です。
レビュー期間中はマウスを使うことなく過ごせました。

HP Spectre x360 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は1,244gですのでホームページ上の値約 1.29kgより若干軽いですね。

AC電源は256gです。

HP Spectre x360の本体+AC電源は1,500gでした。

HP Spectre x360は本体とAC電源を併せ1,500gなのでやはりかなり軽量な2in1タイプのタブレットPCと言えると思います。
高さも 15.5(最厚部)mmなのでカバンに嵩張らずに入ると思いますよ。

 

AC電源

コンパクトなAC電源ですね。

持ち運び時はコンセントプラグ部を折りたたむことができるのでカバンにもスッキリ収納可能です。

ケーブルは使う場所に合わせて長いものを利用することも出来ます。

HP Spectre x360外見チェックのまとめ

HP Spectre x360は13.3インチワイド フルHD・IPS  液晶ディスプレイが綺麗な印象です。
ベゼル部分が狭くなっているので本体自他もコンパクトな仕上がりになっています。

また高級感があって手触りもかなり良いので持っていて満足感が違います。

キーボードに関しては配列に若干慣れが必要な部分が有りますがフルサイズなので入力もし易いです。
実際に入力してみるとやはり右側の配列が最初気になりましたけど途中からは大丈夫でした。

HP Spectre x360はパソコンに「キレイ」を持ち込んだ持っていて満足感のある
モバイル ノートパソコンです。

 

HP Spectre x360 パフォーマンスチェック

HP Spectre x360 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
メモリ:8GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)

HP Spectre x360 パフォーマンスチェック

CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー 、メモリ:8GB、ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2)、インテル® UHD グラフィックス 620

なので2in1タブレットPCとしては標準以上のパフォーマンスは期待できるモデルだと思います。
特にPCIe NVMe M.2規格のSSDは爆速なので要注目です。

performance test9による測定結果

通常利用のノートパソコンとしてはかなり良いスコアですね。

WIN Scoreによる測定結果

こちらもかなり良いスコアだと思います。

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム目的で本機を検討する方はおられないとは思いますが、
結果だけ先に書くとかなりの種類のゲームが遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター
1280X720 高品質ノートPC: 2803(やや快適)
1280X720 標準品質ノートPC: 3885(快適)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:7607(とても快適)
1280X720 標準品質:8429(とても快適)

3DMARK

Fire Strike

Fire Strike Ultra

Time Spy

PC MARK

これもかなり良いスコアですよね。

ストレージ情報

レビュー機はLITEON製のSSDを搭載しています。

Crystal Diskmarkによる測定です。

矢張り「PCIe NVMe M.2」規格のSSD 速いですね。
通常のハードディスクがReadで100位のスコアなので大体24倍以上の読み取り速度です。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ35秒台前後なっています。
これ今まで見てきた中でもかなり早いです。
特にメーカー製PCの場合はプリインストールされているメンテナンス用のソフトなどがあるのでかなり驚異的な速さだと思います。

1回目:00:35秒
2回目:00:35秒
3回目:00:35秒
4回目:00:36秒
5回目:00:35秒
6回目:00:36秒
7回目:00:35秒
8回目:00:34秒
9回目:00:35秒
10回目:00:35秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「家庭用 デジタル 温度計 小型 サーモ メーター -50℃~700℃ K型 熱電対 セット(B00TY64IEK)
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大42.5dbでした。
これは「静かな室内」に相当するレベルで普通レベルです。

表面温度のチェック

騒音テストと同様にサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」で負荷をかけて計測しました。
キーボードの上で最大で37.3℃と開始時と比べて少し温度が上がっていますが気になるほどではないと思います。
勿論夏場など室温がもっと高い場合は温度は上昇すると思います。

・開始時温度

・最高温度

バッテリーの情報

・高負荷時(ベンチマークソフト稼働時)

 

HP Spectre x360 13-ae000 (2018年1月29日時点)
型番 13-ae012TU
CPU インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー (1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB)
OS Windows 10 Home (64bit)
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit / 166ppi)
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
メモリー 8GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ HP Wide Vision フルHD Webcam (約200万画素) / IR カメラ
拡張インターフェイス USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB Type-C™ 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt™ 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、 ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリー駆動時間 約16時間45分/MobileMark® 2014
本体サイズ 307 × 218 × 13.6(最薄部) – 15.5(最厚部)mm
本体質量 約 1.29 kg
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 専用スリーブケース、速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、ダックヘッド(コンセント直付け用)、保証書等
販売価格 139,800円(税抜)+送料

HP Spectre x360   付属ソフトチェック

HP Spectre x360  に用意されているソフトの抜粋

Recovery Maneger

電子マニュアル

保証関連

HP Spectre x360は標準で1年間の引取修理となります。

オプションとして
・3年間の引取修理
・3年間アクシデンタル サポート付き引取修理が用意されています。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>公式ページ PC標準保証
icon

HP Spectre x360のレビューまとめ

HP Spectre x360 のお勧めポイント

  • 13.3インチ・フルHD・IPSディスプレイなので詳細で綺麗な映像が楽しめる
  • ナローベゼルの採用で本体がコンパクトな仕上がりになっている
  • 2in1タイプのタブレットPCなので使う場所に応じて使い方を選ぶことが出来る
  • 最新CPU搭載で基本スペックも高いのでパフォーマンスに期待できる

HP Spectre x360の気になる点

キーボードの配列に慣れが必要

管理人の総評

HP Spectre x360 はスタイリッシュなボディにパフォーマンスを秘めた使いやすいタブレットPCだと思いいます。
例えば電車の中ではタブレットとして、デスクの上ではノートパソコンとしてと状況に合わせて使い方を選ぶことが出来ます。

見た目も綺麗なので一目ぼれする人もいそうです。
レビューをしていても特に女性の人気が高かったですね。

しかも基本スペックもかなり高くてゲームなども遊べてしまうくらいの潜在能力があります。

HP Spectre x360には
CPUがインテル®Core™ i7-8550U プロセッサーのものとインテル® Core™ i5-8250U プロセッサーのものの4つのモデルが用意されています。

HP Spectre x360ベーシックモデル(今回レビュー)
CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
OS:Windows 10 Hoem
メモリ:8GB メモリ
ストレージ:256GB SSD (PCIe / NVMe M.2)
価格:131,800円

HP Spectre x360 スタンダードモデル
CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
OS:Windows 10 Home
メモリ:16GB メモリ
ストレージ:512GB SSD (PCIe / NVMe M.2)
価格:151,800円

HP Spectre x360 プロフェッショナルモデル
CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
OS:Windows 10 Pro
メモリ:16GB メモリ
ストレージ:1TB SSD (PCIe / NVMe M.2)
価格:169,800円

HP Spectre x360 パフォーマンスドモデル
ディスプレイ:13.3インチワイド・UHD(4K)・IPSタッチ対応(3,840×2,160)
CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
OS:Windows 10 Home
メモリ:16GB メモリ
ストレージ:1TB SSD (PCIe / NVMe M.2)
価格:183,000円

どちらを選べば良いか悩むところですが
当サイトととしてはHP Spectre x360ベーシックモデルをお勧めします。

理由としては
最新のCPUの速度は前モデルの1.5倍とも言われていてかなり早いので通常利用だとCore i5で十分に対応できると思います。
価格差も2万円有りますしね。

ただ、メモリを大量に使う画像処理などを多く行う場合は当然スタンダードモデルの方がお勧めです。

管理人がもし選ぶ場合は画像の編集を行う場合が多いので多分パフォーマンスモデルを選ぶと思います。

プロフェッショナルモデルとパフォーマンスドモデルに関しては若干上位モデルという位置づけで使い方次第だと思います。

4k画像が必要であればパフォーマンスドモデル、ストレージ容量が大きいほど良いという場合はプロフェッショナルモデルとなると思います。

あとカラーに関してはアッシュブラック/ナチュラルシルバーの2色が用意されていますが
ナチュラルシルバーはベーシックモデルもしくはスタンダードモデルでのみ選択可能です。
スタンダードモデルを選択した場合1点残念な点があってプライバシーモード機能オプションを選択する出来ません。

<<通常時>>

<<プライバシーモード機能オン>>

HP Spectre x360はいつもオシャレでパワフルなパソコンを持ち歩いて使いたいという方に特にお勧めのモデルです。

HP Spectre x360

価格: 149,800円~(税抜)+送料 <1/17(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されています。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 7%オフ特別クーポンを提供中

・個人向けキャンペーンボタン

HP Spectre x360の最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

スポンサーリンク