外観チェック

HP Spectre 13 レビュー 外観チェックです。
 

基本スペック

サイズ:約325 x 229 x 10.4(最薄部)-11.2(最厚部)mm
質量:約1.11 kg

液晶:13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式)
※Gorilla® ガラス 4を採用

液晶画面

<<正面>>

spectre13-25

<<斜めから>>

spectre13-02

<<さらに斜めから>>

spectre13-03

液晶はIPS液晶なので視野はかなり広いですね。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果です。

sRGBで99%、adobeRGBで76%なのでノートパソコンとしてはかなり広めの色域になっています。
実際に肉眼で見ても綺麗という印象でした。

LB-C240X-S5-21

LB-C240X-S5-20

 

本体の外観

側面にはインターフェイス等がないのでスッキリしていて良いですね。

<<右側面>>

spectre13-31
 

<<左側面>>

spectre13-16

<<背面>>

インターフェイスは全て背面になっています。
・USB Type-C™ 3.1 ×3 / 電源オフUSBチャージ機能対応 (うち2つはThunderbolt™ 3 対応 )
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1

電源はどのUSBに刺してもOKです。
上下の問わないので使いやすいですよね。
ただ、USB Type-Cのみの搭載なので現行の所有のアクセサリの中では利用できないものも有るかもしれません。
ただ、Type-C→Type-A変換ケーブルが付いているのでこれがあれば利用できます。
管理人もこのレビューの際に測定機器がType-C対応ではなかったのですけどこのケーブルがあって助かりました。
複数のUSB Type-Aの機器などを接続する場合は別売りのUSB Type-C 変換アダプターの購入を検討した方が良いかもしれませんね。

spectre13-14

ここはHPさん自慢でかなりカッコよいですよね。

spectre13-15

 

<<上面>>

spectre13-06

<<裏面>>

spectre13-17

厚さは10.4(最薄部)-11.2(最厚部)mmなのでかなり薄目ですね。
というか上の側面側面からの写真だと薄すぎて映っていないような感じですよね。

spectre13-21

 

大きさ的にはA4サイズよりすこし大きめの約325 x 229mmです。

でもこの大きさならカバンに入れるのも簡単そうですよね。

 

spectre13-20

 

キーボード

キー配列自体は一般的な配列なので入力自体し易いですね。

ただ、薄さのためか若干底が固い印象ですね。
慣れれば問題ないかと思いますが若干違和感は有ります。

ただし、膝の上に載せて使うときなどはカーボン素材の威力が発揮されていて信頼できるタッチで使えるので安心です。

spectre13-10

spectre13-11

spectre13-12

 

パッド自体の操作感もかなり使いやすいです。

spectre13-10

電源

コンパクトな電源なので持ち運びに便利ですね。
spectre13-27

ケーブルはUSB Type-Cでどのポートにも刺すことが出来ます。
spectre13-29

ケース

インナー用のケースが付属しています。
カバンに入れても傷つかなくて良いですよね。
spectre13-23

あと別売りですがこんなケースも販売されています。

spectre13-08

spectre13-05

マウス

こちらも別売りですが標準アクセサリとして販売されています。
カラーもしっくりきますし、カバーとセットで購入しておしゃれに持ち運ぶのも良いですよね。

spectre13-19

spectre13-26

 

外見チェックのまとめ

13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式、Gorilla® ガラス 4)搭載でサイズが約325 x 229 x 10.4(最薄部)-11.2(最厚部)mmとコンパクトに纏まっていてなかなか良い印象ですね。
特にこの薄さ驚異的と思えるほどの薄さなので持ち運びにも便利さと思います。

カバー・マウスなどにも純正のオプションがあり高級感のあるイメージで統一されているのも良ですよね。
これならお部屋の中にあっても違和感なくてインテリアにもなりそうです。

 

 

掲載商品の情報

掲載商品の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。
>>>詳細情報はこちら

 
 

次の記事はこちらです
>>>HP Spectre 13 レビュー どこまで使えるのか? パフォーマンスチェック

<<関連記事>>


スポンサードリンク