今や導入するのが常識となっているセキュリティ対策ソフトですが導入する製品を選ぶのはなかなか難しいものです。

企業においてセキュリティ対策構築経験も豊富な管理人がその選び方をお教えします。

結論だけ先に書くと
「トレンドマイクロかシマンテックの製品を選んでください。」

です。

詳細は以下のリンクからご確認いただけます。

  

これだけだと訳が分からないと思いますので理由をこれから書いていきたいと思います。

そもそもなぜセキュリテイ対策ソフトが必要なのか?

今やセキュリティ対策ソフトをパソコンに導入することは常識となっています。

ではなぜ必要なのか?という話題になると意外に明確な理由が出ないことがあります。

以前はセキュリティ対策ソフトではなくてウイルス対策ソフトという言い方をしていたのですが現在はセキュリティ対策ソフトという言い方の方がしっくりきます。

というのも現在のセキュリティ対策ソフトはウイルス対策以外の機能もたくさん持っているからです。

具体的には

  • ウイルス/ランサムウェア/グレイウェア対策
  •   従来のウイルス対策やランサムウェアなどへの対応

  • 不正サイト対策
  •   改ざんされた正規サイトや不正広告等から不正なプログラムがインストールされるのを防ぐなど

  • 迷惑メール/メッセンジャー対策
  •   迷惑メールのフィルタリング機能など

  • 脆弱性対策/不正侵入防止
  •   パーソナルファイヤーウォールなどでパソコンへの不正な侵入を防ぐ機能など

  • プライバシー保護/SNS対策
  •   SNSなどからのプライバシー情報の漏洩対策。

  • 保護者による使用制限(ペアレンタルコントロール)
  •   お子さんの有害サイトへのアクセス制限機能など

  • 盗難/紛失対策
  •   盗難/紛失対策の際のパソコンのロック機能

などがあげられます。

これはジャンル分けした一覧なんですけど結構一杯ありますよね。
従来はウイルス対策だけが主な機能だったのですが他にも重要な機能が沢山あるので現在ではセキュリティ対策ソフトという呼び方をしています。

でこれらの機能を整理すると

  • パソコン自体を守る機能
  • 効率性の低下を防ぐ機能(迷惑メールなどに邪魔されない)
  • 情報漏洩を防ぐ機能
  • お子さんのインターネットでの安全を高める機能

となると思います。

なので言葉に直すと
セキュリティ対策ソフトを導入する目的はパソコン自体の安全性及び効率性の確保と情報漏洩の防止となると思います。

お子さんのインターネットでの安全性の確保についてはお子さんが利用する場合のみ必要な機能なのでオプション的な位置づけになると思います。

セキュリテイ対策ソフトの選び方

セキュリテイ対策ソフトの一番重要な気のはやはりウイルス対策機能です。

よくインターネット上でセキュリテイ対策ソフトの機能評価や安全性を評価してランキングを付けているサイトがありますが個人レベルや一般企業でセキュリテイ対策ソフトのウイルス対策部分に関して評価することは不可能です。

ウイルス自体の数も無数と言っていい位有りますし新しいウイルスも残念ながら沢山出来てきます。

これらを網羅的にテストしてソフトの評価を行うのはかなり大変な工数と技術が必要になります。

管理人自身も長くITに関わってきましたが自信でウイルス対策機能の評価をすることは出来ません。

ではどうやって判断しているかというと評価機関の情報をもとに判断をしています。

AV-TESTとは

AV-TESTはドイツのセキュリティソフトの比較検証を行う独立した産学協同機関でさまざまな企業、団体、報道機関などの依頼を受けてセキュリティソフトの分析を行っている組織です。

AV-TEST公式サイト
https://www.av-test.org/en/antivirus/home-windows/

AV-TESTがアナウンスしている評価結果の情報は信頼性のあるものとして全世界的に評価されています。

管理人はAV-TESTの情報をベンチマークとしてウイルス対策機能の評価をしています。

AV-TESTの評価基準

AV-TESTでは

・Protection
 ウイルス対する防御機能のテストで
 ゼロディと呼ばれる未発見のウイルスによるテストと発見後4日経過したウイルスでのテストが行われます。
 

・Performance

 ウイルスソフトを導入した状態でWEBサイトへのアクセスやデータのダウンロードなどを行いパフォーマンスの測定を行います。

・Usability

 ユーザビリティは評価が難しいですがテストではウイルスを発見した時のユーザーへの通知方法や誤検知率などによって評価しているようです。

日本でよく利用される セキュリテイ対策ソフトの評価

主だった5製品についてみてみると以下の様になります。

成績は6点満点で評価されています。

管理人が重視する点は当然「Protection」です。

ウイルスを検知できなければ導入している意味がないですからね。

その意味ではTrend Micro Internet Security、Norton Norton Security、Kaspersky Lab Internet Securityが満点になっています。

当然ウイルス対策に絶対安全はないのですがよりリスクが低い製品を選ぶのは当然ですよね。

Protection Protection Usability
Trend Micro Internet Security 6 6 6
Norton Norton Security 6 6 6
McAfee Internet Security 5.5 6 6
Kaspersky Lab Internet Security 6 6 6
ESET Internet Security 5.5 4.5 6
Microsoft Windows Defender Antivirus 5.5 5 4.5

出典:AV-TEST Product Review and Certification Report – May-Jun/2017
https://www.av-test.org/en/antivirus/home-windows/
補足:Trend Micro Internet Securityは日本で販売しているウイルスバスターと同等製品です。

ウイルス対策以外の比較

ウイルス対策で満点だった3製品についてチェックしたいと思います。

・Trend Micro Internet Security
・Norton Norton Security
・Kaspersky Lab Internet Securityが満点になっています。

ウイルス対策以外の機能としてあげた以下の機能に関して
3製品共に基本的な機能は有している印象です。

  • パソコン自体を守る機能
  • 効率性の低下を防ぐ機能(迷惑メールなどに邪魔されない)
  • 情報漏洩を防ぐ機能
  • お子さんのインターネットでの安全を高める機能
    • ただ、細かく見ていくと

      Kaspersky Lab Internet Securityに関して紛失・盗難対策時の対策がないなど若干機能的に弱い部分が有るのではないかと思います。

      【結論】お勧めセキュリティ対策ソフト

      管理人のお勧めとしては

      トレンドマイクロ、もしくはシマンテックの製品です。

      理由としては

      ・AV-TESTの成績が良い
      ・全世界で見ても利用者数が多いので新しいウイルス早く発見する可能性が高い
      ・付加機能が豊富
      ・企業で多く利用されているので製品の信頼度が高い

      などがあげられます。

      特にトレンドマイクロは日本密着の不正プログラムの収集を行っているので日本におけるウイルスの検知が速いと管理人は評価しています。

      またこの2社は実務の経験上新しいウイルスが発見されてから24時間以内に対応が行われるケースが多い点でも安心です。

      詳細は以下のリンクからご確認いただけます。

        

      スポンサーリンク