日本HP様のご厚意でOMEN by 15-ce000 のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとOMEN by 15-ce000はゲームを楽しむノートパソコンとして十分な実力を持ったお勧めモデルです。
持ち運び可能なのでLANパーティー (LAN party)などを楽しむ方に特にお勧めできると思います。

まずはOMEN by 15-ce000の特徴から

このOMEN by 15-ce000はOMENの名を冠している通りグラフィックにNVIDIAR GeForceR GTX 1060を搭載したパワフルなゲーミング ノートパソコンです。

スペック的にもCPUにインテルR Core i7-7700HQプロセッサー、メモリ:16GB、ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブなのでパフォーマンスにも期待できるゲーミング ノートパソコンです。

サウンドは定評のあるAudio by Bang & Olufsenのスピーカー搭載なのでかなり期待できます。
※もちろん管理人の個人的な感想ですがかなり良い音だと思いましたよ。

液晶は15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイなので綺麗な画像が楽しめます。

ストレージは高速なSSDと大容量のHDDのデュアル ストレージなのでストレスなく使えて容量不足で悩む心配もしなくて済みそうですよね。

OMEN by 15-ce000はVRも楽しめるパワフルなノートパソコンをお探しの方にお勧めの一台です。

OMEN by 15-ce000  レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うOMEN by 15-ce000のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:16GB (8GB×2) DDR4-2400MHz (最大16GB)
ディスプレイ:15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (120Hz/1920×1080)
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Design グラフィックス
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、Bluetooth 4.2

 

OMEN by 15-ce000の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

OMEN by 15-ce000 外観チェック

OMEN by 15-ce000 の外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

OMEN by 15-ce000はフルHD・IPSディスプレイなので発色も良くて見やすい液晶だと思います。
視野も広いので隣でゲーム観戦をしてもきれいに見えると思います。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

OMEN by 15-ce000はsRGBで98%、adobeRGBで74%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので広い色域を持っています。
実際に見た感じでも色域は広いと感じました。
これならゲーム画面のちょっとした色の違いもすぐに判るので敵の動きも把握しやすいですよね。

 

本体の外観

<<OMEN by 15-ce000 正面>>

<<右側面>>

・SDカードスロット
・Audio by Bang & Olufsen スピーカー
・USB3.1 Gen1 × 2
・電源コネクター

<<左側面>>

・セキュリティロックケーブル用スロット
・Mini DisplayPort
・HDMI 2.0 出力端子
・有線LAN(RJ45)
・USB3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
・USB Type-C? 3.1 Gen2 × 1 (Thunderbolt? 3、電源オフUSBチャージ機能対応)
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
・マイク入力ポート
・Audio by Bang & Olufsenスピーカー

<<背面>>

OMENのマークも光ってますね。
排気口も十分に取ってあるので温度対策もバッチリではないかと思います。

<<上から>>

OMEN by 15-ce000は大きさ的には15.6型なのでA4より大きめです。

高さは28.5(最厚部)mmなので本よりは高いですね。
でもこの高さならカバンに入れて持ち歩くことも可能なのでライバルとのLANパーティへも簡単に持ち込むことが出来ます。

<<下面>>

電源スイッチ

電源スイッチは左サイドです。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形がかすかですが見えています。

・電源を入れているとき

 さすがにノングレアなので人形は見えていないですね。
 ゲームをプレイしているときも光の反射を気にせずに済むので良いですよね。
 

 

キーボード&タッチパッド

OMEN by 15-ce000は使いやすい配列のキーボードだと思います。
ゲームでよく使うW、A、S、Dのキーが赤色で超目立つようになっているのも使いやすくて良いですよね。
ただ他のキーは黒系であまり目立たない色なので証明が暗い場所でだと文字が見えにくいかもしれないです。
まあ、そんな暗い場所でパソコンは目が悪くなるので使わない方が良いんですけどね。(笑)

タッチパッドもかなり操作感は良いですね。

OMEN by 15-ce000 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は2,614gですのでホームページ上の値約2.63 kg (バッテリー含む)より若干軽めめです。

AC電源は947gです。
これ書き間違いではありません。
大容量のAC電源なので大きめです。

OMEN by 15-ce000の本体+AC電源では3,561gとなります。

 

AC電源

かなり大きめのAC電源です。
先ほどの計測でも1kg弱なので質量も結構あります。
200W対応のAC電源なので当然この位は大きいと思います。
本モデルはCPU:Core i7+グラフィック:GTX 1060なのでかなり電気必要だと思いますので十分に電源供給可能なものでないといけないですよね。

OMEN by 15-ce000 外見チェックのまとめ

OMEN by 15-ce000はIPS液晶が綺麗な印象です。
本体は落ち着いたブラックが基調でその中に浮かぶOMENのマークはやはり印象的です。
キーボードも使いやすい配列なので入力効率は高めだと思います。
ゲームでよく使うキーが目立つようになっているのも感覚的に使えて良いと思います。

本体の質量も意外に軽いのでLANパーティなどの時は活躍してくれそうです。

OMEN by 15-ce000 は落ち着いたブラックでOMENブランドど真ん中のカッコ良いノートパソコンです。

 

OMEN by 15-ce000 パフォーマンスチェック

OMEN by 15-ce000 基本スペック

 

CPU:インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:16GB (8GB×2) DDR4-2400MHz (最大16GB)
ディスプレイ:15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (120Hz/1920×1080)
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Design
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)

OMEN by 15-ce000 パフォーマンスチェック

CPU:インテル Core i7-7700HQ プロセッサー 、メモリ:16GB、256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)、グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Designなのでパフォーマンスは期待できるモデルだと思います。
特にNVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Designがどの程度のパフォーマンスを発揮してくれるのか楽しみです。

performance test9による測定結果

かなり良いスコアですね。

WIN Scoreによる測定結果

こちらも凄いスコアだと思います。

ゲーム関連ベンチマーク

結果だけ先に書くと殆どのゲームをストレスなく遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

1920X1080 最高品質: 9643(非常に快適)
1920X1080 高品質ノートPC: 123473(非常に快適)

フルHDで計測しています。
これなら快適に遊べそうですね。

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

1920X1080 最高品質: 9848(非常に快適)
1280X720 最高品質:15932(非常に快適)
1280X720 高品質ノートPC: 17476(非常に快適)

こちらもフルHDでも快適に遊べそうです。

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:18144(凄く快適)
1280X720 標準品質:18275(凄く快適)

3Dmark

Fire Strike 

Fire Strike Ultra

Time Spy

PC mark

VR

VRもある程度までは遊べるレベルです。

ストレージ情報

本モデルは256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)の2つのドライブを搭載しています。

Crystal Diskmarkによる測定です。

さすが爆速のPCIe NVMe M.2規格のSSD早いですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
全て40秒台前半と安定して速いですね。
実際レビューしていても早い印象でした。

1回目:00:43秒
2回目:00:43秒
3回目:00:42秒
4回目:00:42秒
5回目:00:42秒
6回目:00:43秒
7回目:00:41秒
8回目:00:42秒
9回目:00:41秒
10回目:00:43秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「家庭用 デジタル 温度計 小型 サーモ メーター -50℃~700℃ K型 熱電対 セット(B00TY64IEK)
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大54.4dbでした。
気になるような音ではないですがかすかにファンが回る音が聞こえました。

表面温度のチェック

騒音テストと同様にサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」で負荷をかけて計測しました。
キーボードの上ではなくて液晶に近い部分が最大で49.7℃と開始時と比べて温度が上がっています。

実際に手で触ると暖かいよりもすこし熱いなと感じる温度でした。
でもこれだけのスペックをノートパソコンに詰め込んでこの程度の温度なのはやはり排気による冷却が上手く行っているなという印象です。

それに、これはかなり負荷をかけた状態なので通常利用の際はここまで上がらないと思います。

・開始時温度

・最高温度

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
かなりの省電力の印象です。
ノートパソコンでここまで消費するのはなかなか見ないですね。
さすがNVIDIA GeForce GTX 1060を搭載しているだけあって電力食いますね。

・アイドル時

・高負荷時(ベンチマークソフト稼働時)

USB 供給電力チェック

まず、USB接続のポータブルDVDでの音楽再生によるテストです。

電源は接続せず、USBからの給電のみで音楽CDの再生を行いました。
結果としたは30分程度再生してみましたが特に問題なく動作していました。

実際にUSBから給電されている電力を測定してみると5.12V、0.07Aでした。
普通よりも少し多い位ですかね。

ディスプレイ解像度

画面の傾斜角度

この位まで倒せるようなので普通に使う分には支障はなさそうですね。

製品名 OMEN by 15-ce000 (2017年9月28日時点)
型番 15-ce015TX
CPU インテルR Core? i7-7700HQ プロセッサー (2.80GHz-3.80GHz, キャッシュ6MB)
OS Windows 10 Home (64bit)
ディスプレイ 15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (120Hz/1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit)
グラフィックス NVIDIAR GeForceR GTX 1060 with Max-Q Design グラフィックス
メモリー 16GB (8GB×2) DDR4-2400MHz (最大16GB)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)
ワイヤレス 有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
バッテリー駆動時間 約 5時間/MobileMarkR 2014
本体サイズ 約 388 × 275 × 24.8(最薄部)-28.5(最厚部)mm
本体質量 約 2.63 kg
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
販売価格 169,800円(税抜)+送料

OMEN by 15-ce000   付属ソフトチェック

OMEN by 15-ce000  に用意されているソフトの抜粋

Recovery Manager

こちらはパソコンの状態を確認できる画面です。
CPU、メモリなどの状態を一目で確認することが出来ます。

こちらはネットワークの状態ですね。
ネットゲームは回線が命という場合も多いので状態を簡単に確認できるのは嬉しいですね。
ネットワークブースターを利用するとゲームは有線LAN、WEBブラウザは無線LANといった究極のゲームに特化した使い方も可能です。

スピーカやマイクの設定画面です。

あとOMEN by 15-ce000 添付のマニュアルとしてこちらが付いています。

保証関連

OMEN by 15-ce000は標準で1年間の引取修理となります。

オプションとして
・3年間の引取修理
・3年間アクシデンタル サポート付き引取修理が用意されています。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>公式ページ PC標準保証
icon

OMEN by 15-ce000のレビューまとめ

OMEN by 15-ce000 のお勧めポイント

  • NVIDIA GeForce GTX 1060なのでVRも楽しめる画像処理が凄い
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • 冷却機能が凄いので熱対策もばっちり
  • Audio by Bang & Olufsenのスピーカー搭載なので音にも期待できる

OMEN by 15-ce000 の気になる点

特になし

管理人の総評

OMEN by 15-ce000はLANパーティでも使えるノートパソコンです。
より大画面で楽しみたい場合は自宅ではテレビなど大画面ディスプレイで楽しむという使い方も有りだと思います。

熱対策もかなり上手く行っているようで重いゲームも安心して遊ぶことが出来ると思います。

スペック的にはCPU:Core i7、メモリ16GB、ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ 、グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Design なのでデスクトップにもひけをとらない力を持っていると思います。

OMENシリーズは日本HPさんが今一番力を入れているシリーズの一つで先日の東京ゲームショーにも出展されていました。
会場では多くの人がOMENシリーズの凄さに目を奪われていました。

東京ゲームショーの詳細記事はこちらからご覧いただけます。
>>>東京ゲームショー2017 参加備忘録 やっぱり力が欲しい!

管理人も触らせてもらっていいなと思っていたんですけど、実際にレビューをしてさらにその思いは確信に変わりました。

OMEN by 15-ce000 は純粋にゲームを楽しみたい! いつも使っているゲーミングPCでLANパーティにも参加したい。
そんな欲張りの方にお勧めできるノートパソコンだと思います。

OMEN by 15-ce000の最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

スポンサーリンク