「マイクロソフト新製品Touch&Tryイベント」に参加させていただきましたのでそのレポートをさせていただきます。

日時:2017年12月6日(水)18:00~
場所:日本マイクロソフト 品川本社

日本マイクロソフト 品川本社へは初めての訪問なので少し早めに品川駅に向かいました。
途中でFacebookへ軽食が出るかどうか判らないという書き込みをしている人がいたのですが私は気にせず参加です。
←そんなことはどうでも良いのですが。。

今回の内容は
・Surfaceの製品説明
・Xboxの製品説明
と実際の製品のTouch&Tryとなります。

かなり早く来てしまってので展示品を先に見学させていただきました。

マイクロソフトさんが力を入れられているXboxですね。

こうやってみると結構凄いですね。

いよいよイベント開始

いよいよイベント開始です。

欠席なしの全員参加のようです。
さすが人気のSurface&Xboxのイベントです。

最初に感想を書いておきますとSurfaceはここの機能の優劣よりも総合的なバランスが大事という事です。
ご担当の説明を聞いていて一番に感じたのはこの点です。

男性はやはりスペックを気にする人が多いですが女性はあまりスペックは気にしないとも言われます。
Surfaceが女性に人気なのはこの点も大きいとの印象でした。

例えば1台のSurfaceがあれば外出先でもアイディアを思いついた時にスケッチをはじめられるそんな日常の使いやすいを目指すそこがポイントだそうです。

まずはSurfaceのご担当からの製品説明です。

続いてXboxのご担当からです。

Xbox HDRにも対応しているとのことで出力のサンプルを見せていただきました。

Touch&Try 開始!

今回用意されていたモデルは

  • Surface Pro
  • Surface Laptop
  • Surface Book2
  • Surface Studio
  • Xbox One

です。

実は管理人ゲームはあまりやらないので注目はやはりSurface系です。

その中でも一番の注目はマリメッコ スキン シールです。
先日のマイクロソフトさんの女性向けSurfaceの依然とでも大好評だったようで
管理人の周辺でもマリメッコ スキン シール欲しいからSurface買うと言い出している女性が何人もいるので少数派ではなさそうです。
まあ、管理人には全く理解できない心理なんですけどね。。。
でもマリメッコ スキン シールが魅力的なのは確かだと思います。

あと新製品のSurface penは従来のpenに比べて格段に書きやすくなっています。
上級者の方で他社製品に比べるともう少しという印象の方も居ましたが管理人のレベルだと普通に使えました。

参考:管理人が実機レビューした際の記事です。
   >>>さらに進化した SurFace Pro(2017)   管理人実機レビュー

思いっきり写真撮っておきました。

次はSurface Laptopですね。

こちらはSurfaceと聞くとセパレート型のタブレットPCというイメージですがクラムシェル型のノートパソコンです。
しかも初期導入OSはWindows Sというマイクロソフト ストア アプリだけが実行できるOSとなっています。

参考:管理人が実機レビューした際の記事です。
   >>>Surface Laptop 実機レビュー 新OS、Windows10Sの使い勝手は?

次はSurface Studioですね。

こちらはクリエーター向けの製品です。

Surface Dialとの組み合わせて書道に挑戦している人が居ましたがかなり綺麗にかけてました。
初見で書けるのは凄いですよね。

今回のイベントの感想

感想としては新しい製品に触れることは勿論ですがやはり製品担当の方の説明をお伺いすると
コンセプトや特徴などが理解でき有意義なイベントでした。

パソコンのレビューというとパフォーマンス測定に偏りがちですが日常に使う視点がやはり大事と再確認出来たイベントだと思います。

スポンサーリンク