富士通様のご厚意でLIFEBOOK WS1/B3 のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います。
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとLIFEBOOK WS1/B3は最新CPUを搭載し光学ドライブも利用可能な軽量モバイル ノートパソコンなので、「顧客先でデータをCDに書き込んでスピーディに提供する」そんな使い方も出来るお勧めのモデルです。

LIFEBOOK WS1/B3は最小質量約1.18kgとモバイル用ノートパソコンとしても軽量クラスのモデルです。
特に通常はマルチベイに光学ドライブを搭載し、持ち運び時はモバイル・マルチベイ用カバーを付けて軽量化をはかることが出来る使い勝手の良いモデルです。
バッテリー駆動時間を長く確保したい場合はバッテリユニット(オプション)を使って対応するといった使い方も可能です。
※バッテリー駆動時間は構成により異なりますが最長30時間程度まで可能です。

まずはLIFEBOOK WS1/B3の特徴から

このLIFEBOOK WS1/B3は13.3型ワイド フルHD ノングレア 液晶搭載のノートパソコンです。
※オプションでタッチ対応液晶に変更可能

スペック的にもCPUに第8世代 Intel Core i7-8550U 、メモリ20GB(DDR4)、ストレージ:SSD 約512GB (PCIe接続)なので非常にパワフルなノートパソコンです。
※構成は標準構成からカスタマイズされてたものです。

LIFEBOOK WS1/B3 レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うLIFEBOOK WS1/B3のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:第8世代 Intel Core i7-8550U プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64ビット
メモリー:20GB (オンボード4GB+16GB) [デュアルチャネル対応]
ディスプレイ:13.3型ワイド フルHD タッチ非対応 ノングレア 液晶
グラフィック:Intel® UHD Graphics 620(CPUに内蔵)
ストレージ:約512GB SSD (PCIe接続)
光学ドライブ:スーパーマルチドライブ
ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetoothv4.1

 

LIFEBOOK WS1/B3

価格: 186,624円~(税込)、送料無料 <3/14(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今なら22%Offクーポン適用で145,566円~(税込)、送料無料!/

※キャンペーン期間 2018年3月28日(水曜日)14時まで

さらに会員登録を行うとなんと
27%Offクーポン適用で136,235円~(税込)、送料無料!
となります。
なので必ず会員登録をしてから購入するようにしましょう。

この商品の詳細はこちらから確認できます。

LIFEBOOK WS1/B3 外観チェック

LIFEBOOK WS1/B3の外観チェックです。
 

LIFEBOOK WS1/B3 本体カラー

LIFEBOOK WS1/B3のカラーは
・スパークリングブラック、ブラック&シルバー キーボード
・アーバンホワイト、ホワイト&シルバー キーボード
の2パターンから選択可能です。

さらにさらに
「カスタムメイドプラス」サービスとしてパソコンの天板に画像や文字を印字して世界に1台だけのカスタムメイドパソコンを作る事も可能です。

こちらは富士通さんが用意している画像を印字した例です。
勿論ご自分で撮影をしたオリジナルの写真を印字することも可能です。
富士通の方に以前お話を聞いたところお子様の写真を印字して使っているという方も多いのだとか。。
色々好みに応じてカスタマイズできるのは嬉しいですよね。

価格的にも現在キャンペーン中で480円~(指定画像の種類などで異なります。)とお手軽に利用できる点も嬉しいですね。


※写真は他モデルでの例です。

液晶画面

<<正面>>

LIFEBOOK WS1/B3はフルHD・ノングレア液晶なので光の反射も少なくて見やすい液晶だと思います。
視野も広いので斜めからでもきれいに見えます。

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

LIFEBOOK WS1/B3はsRGBで97%、adobeRGBで75%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり良い数字だと思います。
実際に見た感じも発色も良く綺麗という印象でした。

 

本体の外観

<<LIFEBOOK WS1/B3 正面>>

<<右側面>>

1.USB3.0 Type-A コネクタ(電源オフUSB充電機能対応)
2.モバイル・マルチベイ
3.CD/DVD取り出しボタン
4.強制取り出し穴
5.USB3.0 Type-A コネクタ
6.盗難防止用ロック取り付け穴

<<左側面>>

USB3.1 (Type-C)が用意されているのは嬉しいですね。
今後長く使うことを考えれば最新の便利なアクセサリにも対応出来るので◎だと思います。

1.DC-INコネクタ
2.LANコネクタ
3.排気孔
4.外部ディスプレイコネクタ(ミニD-SUB15ピン)
5.HDMI出力端子
6.USB3.1(Gen1)Type-C コネクタ
7.マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子

<<背面>>

<<上から>>

13.3型ワイドですのでA4よりは少し大きめですね。

裏面

<<高さ>>

高さ11~19.8mmとなっていますのでビジネス用のカバンにも簡単に入れることが出来そうです。

電源スイッチ

電源スイッチは右側面です。

電源ボタンの左側のランプは
・F Lock ランプ
・Num Lock ランプ
・Caps Lock ランプ
・Scroll Lock ランプ
となっています。

ヒンジ部分です。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はかすかに見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていませんね。
 まあノングレア液晶なので当然かもしれないですが。
 ※タッチパネルを選択した場合はノングレア液晶ではないので若干反射して見える可能性はあります。

 

キーボード&タッチパッド

LIFEBOOK WS1/B3はコンパクトな筐体に入力しやすいキーボードを搭載したモデルです。
特に矢印キーの周りに他のキーが配置されていないのは管理人のお気に入りです。
Excelなどを操作しているときに矢印キーはかなり多用するので誤って他のキーを押下する可能性が低いのは有りがたいです。
キーストロークは約1.2mmで若干浅めですが富士通さんの独自技術の指の力に合わせてキーの重さを2段階に調整機能も搭載されているので入力しやすいと思います。

キーの配置も自然な配置なのでキー入力にこだわる人も安心して使えるキーボードだと思います。

タッチパッドはクリック部独立した形式です。
クリック部が独立しているとドラッグ&ドロップなどの操作が容易なので管理人好みです。
※パッド部でもクリック操作は可能です。

指紋認証

Windows Helloに対応した指紋認証センサーが搭載されています。
これによりセキュリティも高まりますしログオン操作も簡単に出来るので便利ですよね。

LIFEBOOK WS1/B3 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は1,352gですのでホームページ上の値約1.18~1.65kgの間に入っていますね。
※レビュー用機材はバッテリーに「内蔵バッテリパック(L) 6セル 77W」が搭載されている関係でこの質量となっています。
 標準の「内蔵バッテリパック 4セル 51Wh 」を選択すると約1.18kgに近い数字になると思います。

参考:光学ドライブを外した状態

AC電源は238gです。
こちらもモバイル用のACとしてもかなり軽い部類ですよね。

LIFEBOOK WS1/B3の本体+AC電源は1,589gでした。

LIFEBOOK WS1/B3は本体とAC電源を併せ1,589gなのでモバイル利用で十分に活躍してくれる軽いノートパソコンと言えると思います。

 

AC電源

AC電源もコンパクトに出来ています。

バッテリーの取り外し方
内蔵バッテリパックロックを外すことで簡単にバッテリーを外すことが出来ます。
最近はバッテリーの交換がユーザー側では出来ないモデルが多いのですが本機は可能なので重宝すると思います。
特に長い間使っているとどうしてもバッテリーは弱って来るので新しいバッテリーと簡単に交換できるのは◎です。

モバイル・マルチベイ
モバイル・マルチベイロックを開けることで簡単に機器の交換が出来ます。

LIFEBOOK WS1/B3 外見チェックのまとめ

LIFEBOOK WS1/B3は13.3型ワイド フルHD ノングレア液晶が発色も良くて綺麗な印象です。
本体は2つのカラーバリエーションから選ぶことが可能です。

何よりもオプションのカスタマイズでオンリーワンのノートパソコンを作れるのは良いと思います。

モバイル・マルチベイに取り付ける機器を簡単に交換できるのも良いと思います。
今日は軽くしたいであるとか今日は光学ドライブが必要であるとか状況によって使い分けることが出来ます。
凄いのは拡張バッテリーを装着するとバッテリー駆動時間が最大で約30.6時間とか信じられない数字になります。
※構成により異なります。

LIFEBOOK WS1/B3は最新世代CPU搭載でパワフルなのにオンリーワンの満足感も有る軽量モバイルノートパソコンだと思います。

 

LLIFEBOOK WS1/B3 パフォーマンスチェック

LIFEBOOK WS1/B3 基本スペック

 

CPU:Intel Core i7-8550U
メモリ:20GB (オンボード4GB+16GB) [デュアルチャネル対応]
ストレージ:約512GB SSD (PCIe接続)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)

LIFEBOOK WS1/B3 パフォーマンスチェック

CPU:Intel Core i7-8550U 、メモリ:20GB、ストレージ:約512GB SSD (PCIe接続)、グラフィック:インテル®UHDグラフィックス 620

なのでかなりのパフォーマンスが期待できると思います。

performance test9による測定結果

かなり良い数字だと思います。

WIN Scoreによる測定結果

専用グラフィックを搭載していないのでグラフィック関連の数字は少し低めですが他はかなり良い数字だと思います。

ゲーム関連ベンチマーク

このモデルだとゲーム関連のスコアを気にする方はあまりいないとは思いますが念のためスコアを測定してみたいと思います。

結果だけ先に書くとかなりゲームでもいけそうですよ。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター
1280X720 高品質ノートPC: 2934(やや快適)
1280X720 標準品質ノートPC: 39144(快適)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:7133(とても快適)
1280X720 標準品質:7969(とても快適)

3DMARK

Fire Strike

Fire Strike Ultra

TimeSpy

PCmark

Home scceleratedで3,767点と3,000点をかなり超えてきていますので快適に使えると思います。

ストレージ情報

レビュー機はサムスン製のSSDを搭載しているようですね。
※念のためですが購入された際に同じものが搭載されているかどうかは判りません。

Crystal Diskmarkによる測定です。

SSDのスコア

「PCIe NVMe M.2」規格のSSD速いですね。
通常HDDだとReadで100位のスコアなので30倍以上速いことになります。

SDカードのスコア
※UHS Speed Class1(UHS-II)対応のSDカード利用

かなりスコア良いと思います。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒台前半からなっていますが一回50秒を超えています。
全体的にはかなり早い数字だと思います。
特にメーカー製PCの場合はプリインストールされているメンテナンス用のソフトなどがあるのでかなりの速さだと思います。

1回目:00:43秒
2回目:00:45秒
3回目:00:45秒
4回目:00:44秒
5回目:00:43秒
6回目:00:44秒
7回目:00:51秒
8回目:00:44秒
9回目:00:44秒
10回目:00:46秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010」
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大39.1dbでした。
負荷が掛かってくるとかすかにファンの音が聞こえていました。
騒音の目安としては「静かな図書館」レベルです。

表面温度のチェック

今回から温度の測定方法を変更しています。
測定機器:「シンワ測定 放射温度計 B レーザーポイント機能付き 73010 」

・アイドリング時

・動画再生時(Youtubeの動画を20分間連続再生)

・動画エンコード時(Power Director 16でH.264出力)

・ベンチマーク時(ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーターを20分間ループ実行)

バッテリーの情報

※レビュー機には「内蔵バッテリパック(L) 6セル 77Wh」が搭載されています・

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
※測定環境は温度測定時と同様です。

高負荷時はそれなりに電力消費をしているのでメリハリのある消費の仕方をしている印象です。

測定状況 消費電力(wat)
アイドル時 9
動画再生時 11
動画エンコード時 33
高負荷時(ベンチマークソフト稼働時) 31
LIFEBOOK WS1/B3 (2018年3月2日時点)
型番 LIFEBOOK WS1/B3
CPU Intel Core i7-8550U (4コア/8スレッド/1.80~4.00GHz)
OS Windows10 Home 64ビット版
ディスプレイ 13.3型ワイド フルHD タッチ非対応 ノングレア液晶
グラフィックス Intel® UHD Graphics 620(CPUに内蔵)
メモリー 20GB (オンボード4GB+16GB) [デュアルチャネル対応]
ストレージ 約512GB SSD (PCIe接続)
ネットワーク 有線LAN+IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v4.1
光学ドライブ スーパーマルチドライブ
Webカメラ HD Webカメラ内蔵 (有効画素数 約92万画素)
拡張インターフェイス ・USB3.1(Gen1)Type-C×1(左側面(USB Power Delivery対応)×1)
・USB3.0 Type-A×2(右側面×2(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付))
・アナログRGB出力端子(ミニD-SUB15ピン)
・HDMI出力端子
・ダイレクト・メモリー スロット
バッテリー駆動時間 約12.2~33.1時間(JEITA2.0)
本体サイズ 横315.8×奥行214×高さ11~19.8mm
本体質量 約1.18~1.65kg
保証 3年保証(標準保証を合計3年間に延長)
オフィスソフト なし
主な付属品 スティック形状ACアダプタ (軽量タイプ)、モバイル・マルチベイ用カバー
販売価格 276,384円(税込)、送料無料

LIFEBOOK WS1/B3  付属ソフトチェック

LIFEBOOK WS1/B3 に用意されているソフトの抜粋

  • PCカルテ
  • バックアップガイド
  • アップデートナビ
  • ATOK 2017 for Windows
  • McAfee Security
  • 筆ぐるめ 24
  • 他にも多数
    • など多数用意されています。

      詳細はこちらからご確認いただけます。

      >>>13.3型ワイド ノートパソコン LIFEBOOK SHシリーズ

      保証関連

      LIFEBOOK WS1/B3は無償で3年保証(標準保証を合計3年間に延長)となります。

      オプションとして
      5年ワイド保証(標準保証を合計5年間に延長、落下や水こぼしなどによる故障も無償修理)
      4年ワイド保証(標準保証を合計4年間に延長、落下や水こぼしなどによる故障も無償修理)
      3年ワイド保証(標準保証を合計3年間に延長、落下や水こぼしなどによる故障も無償修理)
      5年保証(標準保証を合計5年間に延長)
      4年保証(標準保証を合計4年間に延長)
      3年保証(標準保証を合計3年間に延長)

      などが用意されています。

      モバイル利用を頻繁に行う場合は落下による故障が心配なのでワイド保証を検討しても良いかもしれないですね。

      詳しくはこちらからご確認ください。
      >>>PC保証アップグレードサービス

      LIFEBOOK WS1/B3のレビューまとめ

      LIFEBOOK WS1/B3 のお勧めポイント

      • 最新CPU搭載で基本スペックも高いのでパフォーマンスに期待できる
      • モバイル・マルチベイを使って状況に合わせた使い方が出来る
      • カラーバリエーションや「カスタムメイドプラス」オンリーワンのパソコンを楽しめる
      • 無料で3年保証、セキュリティソフト3年分と使う上で安心感が高い

      LIFEBOOK WS1/B3の気になる点

      特になし

      管理人の総評

      LIFEBOOK WS1/B3はモバイル・マルチベイが用意されていて使い方に合わせてカスタマイズ出来るノートパソコンです。
      オプションでオリジナルデザイン一を適用することが出来るので、オンリーワンを楽しめるユニークなノートパソコンだと思います。

      スペック的にも最新世代CPU対応で高いですし、メモリ量なども必要に応じて柔軟にカスタマイズ可能です。

      具体的なカスタマイズ項目は

      OS、CPU、メモリ、ストレージ

      ディスプレイの種類

      本体のカラー

      バッテリーの種類など

      などが有ります。

      LIFEBOOK WS1/B3 管理人お勧めの構成は
      OS:Windows 10 Home
      CPU:Core i5-8250U
      メモリ:8GB
      ストレージ:256GB SSD
      カラー:お好み
      液晶:タッチ操作を行うかどうかで決定
      バッテリ:内蔵バッテリパック 4セル 51Wh

      となります。

      理由としては
      CPUはCore i3は一つ前の世代なので出来れば最新世代から選びたいところです。
      Core i5-8250Uを選んだ理由は第8世代のCPUは前世代よりもかなり性能アップしているので通常利用の範囲なら十分な性能だと思います。
      勿論CPU負荷が大きい処理が多い場合はCore i7を選択するのも有りだと思います。

      メモリ・ストレージに関してはこの位あった方が安心という基準です。
      液晶に関してはタッチ操作を利用するかどうかで決めてOKだと思います。

      バッテリーに関しては本当は容量が多い方が安心なのですが「内蔵バッテリパック 4セル 51Wh」でもカタログスペックで約15時間位のバッテリー駆動時間なので軽さを優先して選びました。
      ※バッテリー駆動時間は構成により異なります。
      勿論長時間外で利用する場合は「内蔵バッテリパック(L) 6セル 77Wh」も有りだと思います。

      長くなってしまったのでもう一度整理するとLIFEBOOK WS1/B3は
      状況に合わせて使い方を変えられるノートパソコンです。
      特に外出先で光学ドライブを使いたいという方にはお勧めのモデルです。

      LIFEBOOK WS1/B3

      価格: 186,624円~(税込)、送料無料 <3/14(水)時点>

       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      \今なら22%Offクーポン適用で145,566円~(税込)、送料無料!/

      ※キャンペーン期間 2018年3月28日(水曜日)14時まで

      さらに会員登録を行うとなんと
      27%Offクーポン適用で136,235円~(税込)、送料無料!
      となります。
      なので必ず会員登録をしてから購入するようにしましょう。

      この商品の最新情報はこちらから確認できます。

      スポンサーリンク