Lenovo社から2016年2月発売予定のノートパソコンが発表されましたね。

取り敢えず発表内容を見てみましょう!

 機種  ThinkPad X260  ThinkPad T460
 CPU  Core i3-6100U~i7-6600U  Core i3-6200U~i7-6600U
 メモリ  最大16GB  最大32GB
 画面サイズ  1,366×768ドット

/1,920×1,080ドット12.5型液晶

 1,366×768ドット

/1,920×1,080ドット14型液晶

 グラフィックス  記載なし  GeForce 940 MX
 HDD  HDD最大1TB/SSD最大512GB  HDD最大1TB/SSD最大512GB
無線LAN IEEE 802.11ac/a/b/g/n IEEE 802.11ac/a/b/g/n
I/F USB 3.0×3、Mini DisplayPort、HDMI出力、メモリカードスロット Mini DisplayPort、HDMI出力、SDカードスロット
バッテリ 3セル+6セルバッテリ搭載時で21.4時間 23Wh+72Whバッテリ搭載時で14時間
 本体サイズ  339×232.5×21mm  339×232.5×21mm
重量 1.3kg 1.7kg
 価格 929ドルから  909ドルから

※出典:PC WATCH Lenovo、12.5型フルHDの「ThinkPad X260」など

 

こうしてみると特徴としてはまずはCPUが最新世代の第六世代になっていることですかね。

無線LANに関しても標準で高速通信規格のacに対応のようです。

ここの製品について見てみると

まず、ThinkPad X260についてですが

  • 最新世代CPUに対応してパフォーマンスに期待できる
  • 重量が軽量化されている
  • バッテリー駆動時間がかなり伸びている
  • HDMI出力に対応している

点が目につきます。
特にモバイル利用時に大事なバッテリー駆動時間が伸びているのは大きいですし、ThinkPad X250の唯一のジャック点だったHDMI出力に対応してきているのも評価できると思います。
特に個人で利用する場合はテレビに出力するという事もあるので標準で対応したのは良いと思います。

これはかなり高まりますね。

ただ、価格が若干高めの設定なので実際の販売価格を見てみたいと思います。

ThinkPad T460に関しては

  • 最新世代CPUに対応してパフォーマンスに期待できる
  • メモリが最大32GBまで搭載可能
  • GeForce 940 MX搭載
  • HDMI出力に対応している

といった点が目につきますね。
特にCPU、メモリの拡張性、GeForce 940 MX搭載でパフォーマンスアップに期待できるモデルだと思います。

2月の日本での発売を楽しみに待ちましょう!!


スポンサードリンク