今回ご紹介するのはマウスコンピューターのLB-J770S-SSDです。

マウスコンピューターさんと言えばやはりデスクトップ パソコンでゲーム機などが有名ですよね。
ストリート ファイター5なども快適に遊べるマシンも充実しています。
ls-1111006

じゃあなぜそっちじゃなくてノートパソコンなのという疑問もありますが。。。
管理人が変人だからです。。。

という理由ではなくて実は最近マウンスコンピューターさんノートパソコンにも力を入れていて取り扱いも急増とのことです。

なぜ急増しているかというとノートパソコン オタクの管理人が見るに

  • 乃木坂が推している
  • 高性能のノートパソコンのコスパが格段に良い
  • 写真者にもやさしいサポートが充実している

まあ、乃木坂の件は置いておくとしてコスパが良くてサポートが良ければ売れないのが不思議ですよね。
特に高性能なものがコスパが良いのは見逃せないですね。

これが本当かどうかこれからご紹介するLB-J770S-SSDで確かめてみましょう。

LB-J770S-SSDの特徴は起動の速さですね。

この写真は「LSJ EXPERIENCE -パソコン・デジタルフェア」でSSDのモデルとHDDのモデルの起動時間の差を見せていただいた時の写真ですが起動時間は全然違いますね。

いままで同スペックのモデルでは比べたことが無かったんですけど想像通りというか想像以上に時間が違いましたね。
これ普通に使っているときも読み込み速度の差がそのまま使い際のレスポンスに影響するのでやはりSSD最強ですね。

HDDのモデルを利用されていた方は感動ものの速さだと思いますよ。

ls-1111008

LB-J770S-SSDは基本スペックも高くてCPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:SSD 240GB なのでかなりパフォーマンスに期待が持てます。

液晶は13.3型 フルHDでノングレアなので光の反射を気にせずに使うことが出来て良いですね。
特に外出先などで利用する際は思わぬ光の反射が気になる場合もあるかと思いますがノングレアならその心配も減りますよね。

13.3型 フルHDは価格的にも82,800円とかなりお得な設定なのでまさに高コスパなノートパソコンと言えると思います。

LB-J770S-SSDは持ち運びのできるパフォーマンスの良くて高コスパなノートパソコンをお探しの方にお勧めのモデルです。

ではこのモデルの具体的なスペック情報を見てみましょう!!

モデルの特徴

LB-J770S-SSDはSSD搭載でパフォーマンスとコストパフォーマンスを両立させた優れたモデルです。

OSはWindows 10 Home 64bitです。

CPUはインテル® Core™ i7-5500U プロセッサーを搭載していて

メモリに8GB (4GB×2/デュアルチャネル) PC3-12800 を搭載しているので

インターネットやオフィスソフトを利用は勿論、動画閲覧などでも活躍してくれそうです。

メモリーは8GB搭載なので通常利用の範囲では足りなくなることは余りないと思います。

光学ドライブは付属してませんので利用したい方は外付けのドライブを利用することになります。

大体5,000円程度で購入できますのでほかのパソコンで使えるメリットもありますし別に購入しても良いかもしれませんね。

ストレージはハードディスクでSSD 240GBですので高速な起動が期待できます。
SSD搭載モデルの場合は128GBというモデルも多いですが倍近い240GBですので余裕を持って利用することが出来そうです。

また大きさは

13.3型 フルHDノングレア 1,920×1,080(タッチ非対応):

326 x 231 x 23.6mm (折り畳み時)

最小重量: 約1.4kg

となります。

画面の大きさが13型で重量は約1.4kgと軽量なので持ち運びでの利用にも便利なモデルです。

モバイル用ノートパソコンは11型が多いのですがLB-J770S-SSDは13型フルHDなのでかなり画面を広く使えて便利だと思いますよ。

バッテリー駆動時間は約5.6時間 /JEITA測定法2.0なので一日中のバッテリーでの利用という訳にはいきませんが外出時に出先で利用する用途ではかなり使えると思います。

あと外出先に持ち出す機会が多い方にお勧めなのがオプションで購入できる「 ショートタイプ電源コード」です。
これ短いだけの電源コードですが通常外出先だと長い電源コードが意外に使いづらいケースも多いのではないかとおもいます。
このケーブルだとスッキリした状態で利用できます。
オプション費用は700円かかってしまいますがお勧めのアクセサリーですね。

インターフェイスとしては

ディスプレイ:2 (D-sub 左側面×1、HDMI 左側面×1)
USB2.0:2 (右側面×2)
USB3.0:1 (左側面×1)
イーサネット:1(1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45) / 右側面×1)
サウンド:ヘッドフォン出力(ミニジャック メス/左側面×1)、マイク入力(ミニジャック メス/ 左側面×1)

が付いています。
特にD-subがあるのは顧客先でプロジェクターの利用をする際などに困らなくてすみそうで嬉しいですよね。

LB-J770S-SSD

価格:82,800円 (税抜)+送料 <12/3(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の詳細はこちらから確認できます。

 

LB-J770S-SSD (2016年12月2日時点)
型番 LB-J770S-SSD
CPU インテル® Core™ i7-5500U プロセッサー
OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 13.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト) 1,920×1,080
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 5500
メモリー 8GB (4GB×2/デュアルチャネル) PC3-12800 DDR3L SODIMM
ストレージ 240GB Serial ATAIII(6Gbps)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ 100万画素
バッテリー駆動時間 約5.6時間 /JEITA測定法2.0
本体サイズ 326 x 231 x 23.6mm (折り畳み時)
本体質量 約1.4kg
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
オフィスソフト なし
主な付属品 AC電源など
販売価格 82,800円 (税抜)+送料

このモデルのお勧めポイント

  • SSD搭載で抜群に起動が速いので電源を入れたらすぐに使うことが出来る
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • かなりの高コスパな価格設定なのでお得感がある

気になる点

もう少しバッテリー駆動時間が長いと嬉しい

管理人の総評

LB-J770S-SSDはSSD搭載で基本スペックも高いのでストレスなく使えるモデルだと思います。
価格も82,800円と攻めてる設定なのでお勧めですね。

実はこのモデルをお勧め出来る理由は別にもあって
マウンスコンピューターさんのパソコンはパソコンを初めて購入する方にお勧めできるサービスが付いています。

  • パソコン自体のマニュアルが付属
  • Windows10のマニュアルが付属
  • 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

マニュアル類はパソコン内に保存してあるのですぐに利用することが出来ます。
これ結構マニュアル類ネットで捜さないといけない場合も多いので直ぐにマニュアル見れるのは嬉しいですよね。
マニュアルを見ても判らない場合は24時間×365日電話サポートがあるので良いですよね。
パソコンメーカーさんのサポートデスクは通常平日の9:00~17:00という時間帯だけの場合が多いんですけど本当に使うのは夜間や休日なので使いたい時間に問い合わせを出来ない場合が多いんですよね。
何かエラーが起こった場合でも後日だと画面が変わっていてエラーの内容を正確に思い出せなくてサポートの人に旨く伝わらなくて困るケースも出てきますよね。

でもマウスコンピューターさんの場合は24時間×365日電話サポートなので使っていて判らないと思ったら直ぐに問い合わせを出来るので安心ですよね。

LB-J770S-SSD

価格:82,800円 (税抜)+送料 <12/3(土)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

この商品の最新情報はこちらから確認できます。

 
リンクシェア レビュー・アフィリエイト

スポンサーリンク