日本HPさんのHP Elite x3 製品体験会に参加させていただきました。

日時:2016年8月31日 18:30~
場所:六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム

イベントの内容

Elite-x3-01

HP Elite x3などHP製品の説明

Elite-x3-13

今回発売のHP Elite x3はこちらですね。

Elite-x3-03

Windows Mobile搭載のスマートフォンと言えば良いのですかね。

Elite x3で出来ること

  • スマートフォンとしての機能
  • ContinuumでのWindows 10 Mobileのパソコンとしての機能
  • クラウド サービス利用によるWindows デスクトップアプリの利用

専用デバイス「ノートドック」に接続してパソコンのような画面やキーボードで操作可能です。
Elite-x3-05
※ノートドックはバッテリー搭載でElite x3への電源供給も可能

Elite-x3-02

HPさん提供のクラウドサービスにアクセスしてデスクトップ アプリの利用も可能です。

Elite-x3-12

あと実は登壇された方のプレゼンは自分でElite x3を手に取って進められていましたね。
プロジェクタとの接続の仕方の課題は有りますがこれなら壇上からでも一人でプレゼンできるので便利ですよね。

Elite-x3-14

Elite-x3-15

Elite x3の特徴

  • 防水機能
  • Windows Hello対応によるセキュリティの強化

防水機能に関してはこんなデモも行われていました。
まあ、水に入れても全然大丈夫でしたね。
Elite-x3-16

あとでこんな写真も撮りました。

Elite-x3-10

あと写真にはないですが頑丈さを示すために床に投げてみるというデモもありましたね。

Windows Helloに関しては指紋認証と虹彩認識の対応しているとのことでなかなか便利そうでしたね。

製品体験会

直に製品に触らせていただきました。

Elite-x3-05

ケーブルを外すとこのように接続を促してきます。

※通信速度の関係でケーブルでの接続の方が具合が良いようです。

Elite-x3-17

見た目、なかなかかっこいいですよね。

Elite-x3-04

オプションのケースです。

Elite-x3-07

ノートドックのキーボードです。

Elite-x3-08

こうやってみるとノートパソコンにしか見えないですね。

Elite-x3-09

管理人の感想

面白いデバイスだなというのが正直な感想ですね。

使い方はメインはスマホとしての利用で状況に応じてノートドックに接続して入力操作なのを行うイメージですかね。
企業がメインのターゲットとの事なのでWindows Mobile状にシンクライアントのソフトウエアを導入して企業内のイントラにアクセスできるような環境が有れば外勤者にノートパソコンを持たせずに済むので企業のセキュリティ上もこのましいと思いますね。

まあ、メールに関してはElite x3でも読めた方が便利なので工夫が必要かもしれないですね。

HPさんが提供予定のデスクトップ アプリ対応のクラウド サービスに関してはかなり使い方を選びそうな印象です。
セキュリティの担保のためかクラウド上にデータを保存しないとのことで他のクラウド ストレージとの併用が実用になっています。

エンタープライズで自社クラウド ストレージを用意しているような企業であれば特に問題ないと思いますが一般に提供されているクライドサービスの場合ユーザー管理などの関係で企業側でかなり運用を考えないとなかなか上手く行かない印象でした。

ただ、このあたりはまだ開始前のサービスですので今後工夫が重ねられてサービスレベルが向上するのではないかと思います。


スポンサードリンク