日本HP様のご厚意でOMEN by HP 880-000jp のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 尚本製品は2018年2月19日は販売終息となっており後継モデルOMEN by HP 880-100jp(CPUを第8世代に変更)が販売されています。

最初に結論を書いておきますとこのOMEN by HP 880-000jp はパワフルでカッコいいお勧めのモデルですね。
ベンチマークのスコアも高いですし、拡張性も高いので長く使えるゲーミングマシンだと思います。

価格は正直お手頃とは言えないですが管理人の物欲をかなり刺激してくれました。

まずはOMEN by HP 880-000jp の特徴から

このOMEN by HP 880-000jpは今最強のグラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti搭載でCPUはインテル® Core™ i7-7700K プロセッサーで水冷式の冷却なのでかなりパワフルなゲーミングPCの一台だと思います。

メンテナンスのし易い強力なゲーミングPCをお探しの方にぜひ検討して欲しい一台ですね。

OMEN by HP 880-000jp レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー 
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:32GB(8GB×4) PC4-19200 (2400MHz)
グラフィック:NVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti
ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ:DVDライター(ウルトラスリム)
ネットワーク:有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2

 

OMEN by HP 880-000jpの詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

OMEN by HP 880-000jp 外観チェック

OMEN by HP 880-000jp の外観チェックです。
 

OMEN by HP 880-000jp 本体

<<正面>>

電源を入れた状態
OMENロゴ カッコ良いですよね。

ちょっと判り難いですが光学ドライブは前面についています。

<<右側面>>

特に何もないですね。

<<左側面>>

こちらもインターフェイス系は何もないですね。
ただ、電源を入れるとPCの中がかなり良く見えてカッコ良いです。

<<裏面>>

インタフェース系があります。

画面
・HDMI ×1
・DisplayPort×3

背面
・USB3.0 × 4、USB2.0 × 2
・デジタル音声出力端子 (光)×1
・ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1、
・セキュリティロックケーブル用ホール

<<上面>>

電源ボタンは上面にありますね。


凹んでいる部分はインターフェイスが用意されています。

内容的には
・USB3.1 × 2、USB Type-C™ 3.0 × 2
・メディアカードリーダー×1
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・マイク入力ポート×1

となっています。

<<本体内部>>

内部へのアクセスは工具なしでそのまま可能です。
カバーはねじを一つ手で外せます。

まず上部のこの部分をスライドさせます。

そうするとサイドパネルは簡単に開きます。

電源

グラフィックカードなど

ハイパフォーマンスモデルの場合フロント上部にストレージを増設可能です。

キーボード

付属のキーボードです。
ゲーム用に機能キーの設定が可能なので必殺技コマンドも簡単に出せるかも。

マウス

マウスも光るんですよね。

モニター

別売りのモニターです。

QHD対応で結構レベル高いですよね。

液晶画面
<<正面>>

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

OMEN X by HP 17-ap000 はsRGBで97%、adobeRGBで75%とかなり良い数字だと思います。
実際に見た印象は発色も良くてかなり綺麗ですね。

画面の反射

電源が入っているとき

電源が入っていないとき

ヘッドフォン

勿論別売りですけど専用のヘッドフォンも用意されています。

外見チェックのまとめ

落ち着いた黒を基調としたボディでフロントのライティングはかなりカッコよくて物欲をそそります。
スケルトン的に中が見えるのもカッコ良いです。

インターフェイスも上部と裏面に分けられていてスッキリしていますよね。

拡張性も有りますし内部もアクセスも簡単に出来てスッキリしているので拡張も簡単に出来る点も◎です。
内部はかなり余裕があるのでエアーフロー良さそうなので冷却にも期待できます。

 

OMEN by HP 880-000jp パフォーマンスチェック

基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー 
メモリ:32GB(8GB×4) PC4-19200 (2400MHz)
ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti

パフォーマンスチェック

CPU: インテル® Core™ i7-7700K、メモリ:32GB、グラフィックス:NVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti、ストレージ:512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)なのでかなりパフォーマンスに期待できるモデルだと思います。
多分この構成なら現在販売されているほとんどのゲームソフトを快適に遊ぶことが出来ると思います。
また、今流行のVRにも対応しているのでベンチマークの結果が楽しみです。

WIN Scoreによる測定結果

8.7ですので凄く良いスコアですよね。

ゲーム関連ベンチマーク

構成が凄いのでどの位のスコアが出るのか楽しみです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター

フルHDでも快適に遊べそうですね。

1920X1080 最高品質: 18215(非常に快適)

ファイナルファンタジーXIV: WINDOWS Edition BENCHIMARK

今回4k(3840X2160)で測定するためにこちらでも測ってみました。
4kでも結構行けますね。

1920X1080 標準品質: 13255(非常に快適)

3840X2160 高品質: 5293(やや快適)

ドラゴンクエスト

まさにはぐれメタル級のスコアです。
もはやこのクラスのベンチマークではパワーを測るのは難しいですね。

1920X1080 最高品質:21735(凄く快適)
1920X1080 標準品質:21879(凄く快適)

3DMARKでのベンチマークです。

Fire Strike

2万点以上って凄くないですか。

Fire Strike Ultra

Time Spy

Time Spy Extreme

PC MARK

VR Ready

VRの対応状況をSteameVR Performannce Testで確認してみました。
勿論VRもイケますね。

試しにストリートファイター5を4K設定で遊んでみましたが快適でした。
戦績は管理人の腕のせいでCPUにボコられました。

ストレージの情報

OMEN by HP 880-000jpのストレージは512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) となっているので合計2個のストレージが搭載されています。

SSDはサムスン製の物が搭載されています。

Crystal Diskmarkによる測定です。

一番上のスコアがSSDです。
勿論一番早いのはSSDですがOS(Windows)が入っているので常にアクセスがある状態となります。
なのでゲームはHDDに導入するとアクセスするドライブが分散されてパフォーマンスが上がると思われます。
※勿論導入するゲームによっては結果が異なる場合もあると思いますが、HDDの読込速度が200MB/S位と速いので期待できると思いますよ。

やっぱり早いですよね。

CPU Zの情報

消費電力チェック

ベンチマーク時

色が赤いのは本体から出ているパワーのせいです。←うそ
本当は赤色の光が出ているのでその反射です。

でも結構電源消費しますね。

OMEN by HP 880-000jpハイパフォーマンスモデル(2018年2月20日時点)
型番 880-184jp
CPU インテル® Core™ i7-8700K プロセッサー(3.70GHz-4.70GHz, キャッシュ 12MB, 6コア/12スレッド)インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
OS Windows 10 Home (64bit)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti
メモリー 32GB(8GB×4) PC4-19200 (2400MHz) (最大32GB)インテル® XMP対応
ストレージ 512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
ネットワーク 有線LAN+IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
光学ドライブ DVDライター(ウルトラスリム)
インターフェイス 天面
・USB3.1 × 2、USB Type-C™ 3.0 × 2
・メディアカードリーダー×1
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・マイク入力ポート×1
背面
・HDMI ×1
・DisplayPort×3
・USB3.0 × 4、USB2.0 × 2
・デジタル音声出力端子 (光)×1
・ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1、
・セキュリティロックケーブル用ホール
本体サイズ 縦置き : 約190×482×457mm
本体質量 約 14 kg
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 速効!HPパソコンナビ特別版、マニュアル一式、電源コード、保証書 等
販売価格 238,000円(税抜)+送料

OMEN by HP 880-000jp 付属ソフトチェック

OMEN by HP 880-000jpに用意されているソフトの抜粋

ユーザーサポート用のHP サポート

電子マニュアル類

OMEN Command Center

こちらのメニューから現在のPCの状態やCPUのクロックアップ、ネットワークの優先順位設定などが簡単に出来ます。

などですね。

添付としてはマニュアルですね。

保証関連

通常のOMEN by HP 880-000jpに対してのメーカー保証は1年間です。
拡張保守サービスとして以下のような保守が用意されています。
・3年間引き取り修理サービス 本体用
・3年間出張修理サービス 本体用

詳しい条件等はこちらのページからご確認いただけます。
>>>HP Care Pack サービス仕様

OMEN by HP 880-000jpの様に良いモデルは長く使いたいので延長保証サービスは良いですよね。

OMEN by HP 880-000jp のレビューまとめ

OMEN by HP 880-000jpのお勧めポイント

  • NVIDIA® GeForce® GTX 1080Tiなので3D処理のパフォーマンスに期待できる
  • CPU:Corei7、メモリ:32GB、ストレージ:SSD+HDDとかなり高いのでパフォーマンスに期待できる
  • 内部へのアクセスも簡単なので購入後の拡張もメンテナンスや拡張も簡単に出来る
  • 見た目も良く特に専用オプションとの相性も良いので操作感がハンパなく良い

OMEN by HP 880-000jpの気になる点

特になし

管理人の総評

PCゲームも見た目から入る人に特にお勧めです。
使っていて本当にカッコ良いなと思いますよ。

専用のキーボードやマウスも使いやすくて一緒に手に入れたいですね。

でも本当に凄いのはPC本体でベンチマークのスコアを見てわかるとおりにパフォーマンスも良いですし、
何と言ってもOMEN Command Centerを使ってPCのハードの実力を極限まで使いきれるのは凄いですね。

中に簡単にアクセスできるメンテナンス性も魅力です。
拡張性も高いので長く使える一台だと思います。

実はOMEN by HP 880-000jpは既に販売終息となっていて現行モデルはCPUの世代が第8世代の物を搭載した
「OMEN by HP Desktop 880-100jp」となっています。
当然こちらのモデルの方がパフォーマンスはさらに強力なのでさらにお勧めのモデルとなっています。

 

OMEN by HP 880-000jpの最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

最新モデルの「OMEN by HP Desktop 880-100jp」の詳細情報はこちらからご確認いただけます。

OMEN by HP Desktop 880-100jp

価格: 238,000円(税抜)、送料無料 <2/21(水)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今ならクーポン適用で228,000円(税抜)、送料無料!/

最新情報はこちらからご確認いただけます。

スポンサーリンク