日本HP様のご厚意でEliteBook Folio G1 のレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

最初に結論を書いておきますとEliteBook Folio G1は超薄型・軽量でパフォーマンスに溢れるビジネス用モバイル ノートパソコンです。

EliteBook Folio G1は重量970g、最厚部 12.4㎜。フルフラットに開くパネル搭載でノートパソコンをスマートに使いたい、そんなあなたにお勧めできるモデルです。

詳細はレビュー内容をご確認ください。

まずはEliteBook Folio G1の特徴から

このEliteBook Folio G1 は12.5インチワイド フルHD 液晶ディスプレイ(非光沢、1920×1080ドット IPS方式)搭載のノートパソコンです。

スペック的にもCPUにインテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:256GB SSDなのでパフォーマンスにも期待できるノートパソコンです。
※ラインナップ的にはインテル® Core™ M3-6Y30 プロセッサーを搭載したモデルも用意されていますが今回のレビュー機はインテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー搭載モデルとなります。

EliteBook Folio G1  レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うEliteBook Folio G1のモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー
OS:Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
メモリー:8GB(LPDDR3、オンボード)
ディスプレイ:12.5インチワイド フルHD 液晶ディスプレイ(非光沢、1920×1080ドット、IPS)
グラフィック:インテル® HDグラフィックス515(プロセッサー内蔵)
ストレージ:256GB M.2 SSD(SATAⅢ、SED自己暗号化機能付き)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:インテル® Dual Band Wireless-AC 8260 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.2

 

EliteBook Folio G1

価格: 98,000円~(税抜)+送料 <1/15(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されています。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 7%オフ特別クーポンを提供中

・法人向けキャンペーンボタン

EliteBook Folio G1の詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

EliteBook Folio G1 外観チェック

EliteBook Folio G1の外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

EliteBook Folio G1はフルHD・IPSディスプレイなので発色も良くて見やすい液晶だと思います。
視野も広いので斜めからでもきれいに見えます。

あと面白いのは画面を反転して表示することも出来ます。

操作は簡単でCTL+ALT+上下矢印キーで行います。

EliteBook Folio G1は180度まで画面を傾けることが出来るので机の上で顧客に画面を見ながら説明する場合などに便利です。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

EliteBook Folio G1はsRGBで67%、adobeRGBで50%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なので大体普通レベルですね。
実際に見た感じだと結構綺麗という印象です。

 

本体の外観

<<EliteBook Folio G1 正面>>

本体にはアルミニウムにMg(マグネシウム)とSi(シリコン)を添加したAl-Mg-Si系合金のA6063を採用されています。
A6063は船舶、航空機等に採用されるほど耐食性すぐれている安心の素材です。

CNC削り出し加工で凹凸のほとんど無いスリムで薄い仕上がりになっているので一目でスマートさが分かります。

<<右側面>>

最新のType-Cポートが搭載されているのでこれから発売される便利なアクセサリーへの対応も大丈夫です。
ただ、従来のUSBのポートが用意されていないのでもし必要な場合は別途変換ケーブルなどを用意する必要があります。

・USB Type-Cポート×2

※電源はUSB Type-Cポートを利用

<<左側面>>

・コンボステレオヘッドフォン / マイクジャック

<<背面>>

落ち着いたフォルムですよね。

<<上から>>

HPマークもバッチリです。

EliteBook Folio G1は大きさ的には12.5インチワイドなのでA4より大きめです。

高さは12.4mmなので本と大体同じくらいですね。
ビジネス用のカバンに入れる際も嵩張らないと思います。

<<下から>>

電源スイッチ

電源スイッチは左サイドです。

割と丈夫そうなヒンジですね。

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 人形はかすかに見えています。
 

・電源を入れているとき

 人形は見えていないですね。
 

 

キーボード&タッチパッド

EliteBook Folio G1は防滴キーボードが採用されていてちょっとした水濡れも安心です。

超薄型の当モデルですが深いキーストローク約1.3mmとキーピッチ約18.0mmが確保されていて使いやすいですね。

タッチパッドもかなり操作感は良いですね。

EliteBook Folio G1 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は984gですのでホームページ上の値約970kgより若干重めでした。

AC電源は213gです。

EliteBook Folio G1の本体+AC電源は1,197gでした。

EliteBook Folio G1は本体とAC電源を併せ1,197gなのでやはりかなり軽量なモバイルノートと言えると思います。
高さも12.4mmなのでカバンに入れたのをさすれてしまうほどだと思います。

 

AC電源

割とコンパクトなAC電源ですね。

持ち運び時はコンセントプラグ部を折りたたむことができるのでカバンにもスッキリ収納可能です。

EliteBook Folio G1 外見チェックのまとめ

EliteBook Folio G1は’12.5インチワイド フルHD・IPS 非光沢 液晶ディスプレイが綺麗な印象です。
本体は落ち着いたシルバーで仕上がりも手触りも良く滑らかですなので高級感を感じます。

キーボードも薄型モデルなのにかなり入力効率は高めだと思います。

EliteBook Folio G1は軽量・薄型で液晶も綺麗なビジネス用のモバイル向けノートパソコンです。

 

EliteBook Folio G1 パフォーマンスチェック

EliteBook Folio G1 基本スペック

 

CPU:インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー
メモリ:8GB(LPDDR3、オンボード)
ストレージ:256GB M.2 SSD(SATAⅢ、SED自己暗号化機能付き)
グラフィックス:インテル® HDグラフィックス515(プロセッサー内蔵)

EliteBook Folio G1 パフォーマンスチェック

CPU:インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー 、メモリ:8GB(LPDDR3、オンボード)、ストレージ:256GB M.2 SSD、グラフィック:インテル® HDグラフィックス515なのでモバイルノートパソコンとしては標準以上のパフォーマンスは期待できるモデルだと思います。

performance test9による測定結果

通常利用のノートパソコンとしてはなかなか良いスコアですね。

WIN Scoreによる測定結果

グラフィックが少し低めの値ですが全体的には良いスコアだと思います。

ゲーム関連ベンチマーク

このモデルをゲーム目的で購入される方は居られないと思いますが念のため測定をしてみたいと思います。

結果だけ先に書くとかなりの種類のゲームが遊べそうです。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター
1280X720 高品質ノートPC: 2036(普通)
1280X720 標準品質ノートPC: 2914(やや快適)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:5395(快適)
1280X720 標準品質:6043(快適)

ストレージ情報

Crystal Diskmarkによる測定です。

標準的なSATA規格のSSDのスコアです。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
ほぼ40秒台前半となっています。
SSD搭載モデルとしては標準的なスコアになっています。

1回目:00:43秒
2回目:00:41秒
3回目:00:45秒
4回目:00:42秒
5回目:00:40秒
6回目:00:40秒
7回目:00:41秒
8回目:00:44秒
9回目:00:40秒
10回目:00:39秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「家庭用 デジタル 温度計 小型 サーモ メーター -50℃~700℃ K型 熱電対 セット(B00TY64IEK)
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大41.5dbでした。
これは「静かな室内」に相当するレベルで普通レベルです。

表面温度のチェック

騒音テストと同様にサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」で負荷をかけて計測しました。
キーボードの上で最大で37.4℃と開始時と比べて少し温度が上がっています。

・開始時温度

・最高温度

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
負荷が掛かっているときに意外に電力を消費している印象ですね。

・アイドル時

・高負荷時(ベンチマークソフト稼働時)

 ※少し消費が少なすぎる様な気がしますので測定誤っているかもしれません。

EliteBook Folio G1(2018年1月8日時点)
型番 HP EliteBook Folio G1
CPU インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー
OS Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
ディスプレイ 12.5インチワイド(16:9)フルHD 液晶ディスプレイ(非光沢、1920×1080ドット、最大1677万色、IPS方式)、LEDバックライト
グラフィックス インテル® HDグラフィックス515(プロセッサー内蔵)
メモリー 8GB(LPDDR3、オンボード)
ストレージ 256GB M.2 SSD(SATAⅢ、SED自己暗号化機能付き)
ネットワーク インテル® Dual Band Wireless-AC 8260 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.2(アンテナ数:送信2、受信2)(Wi-Fi準拠、CCX準拠)
光学ドライブ なし
Webカメラ 720p HD Webカメラ(静止画:92万画素、動画:92万画素、固定焦点レンズ)
拡張インターフェイス USB Type-C™ 3.1ポート(Thunderbolt™ 3対応、パワーオフUSB充電対応)×2、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック×1
バッテリー駆動時間 Mobilemark 2014計測時:最大約11.5時間、
本体サイズ(mm)  約 292×209×12.4mm
本体質量 約970g
保証 標準保証:1年(1年間引き取り修理サービス、1年間パーツ保証/電話サポート)
オフィスソフト なし
主な付属品 HP 45W スマートUSB Type-C™ 3.1 ACアダプター、保証書等
販売価格 144,800 円(税抜)+送料

EliteBook Folio G1  付属ソフトチェック

EliteBook Folio G1  に用意されているソフトの抜粋

Recovery Maneger

電子マニュアル

保証関連

EliteBook Folio G1は標準で1年間の引取修理となります。

オプションとして
・3年間の引取修理
・3年間アクシデンタル サポート付き引取修理が用意されています。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>公式ページ PC標準保証
icon

EliteBook Folio G1のレビューまとめ

EliteBook Folio G1 のお勧めポイント

  • 12.5インチワイド・フルHD・IPS・非光沢ディスプレイなので外出先でも光の反射を気にせずに使える
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • 小型・軽量でバッテリー駆動時間も長いのでモバイル利用で活躍してくれそう
  • スタイリッシュなフォルムで堅牢なボデイなので安心して外出先で使える

EliteBook Folio G1の気になる点

重い画像処理などメモリを大量に消費する処理は若干苦手

管理人の総評

EliteBook Folio G1はスタイリッシュなボディにパフォーマンスを秘めた使いやすいビジネス向けモバイルノートパソコンです。

本体のカラーも落ち着いたシルバーなので設置する場所を選ばないのも良いと思います。

特にモバイル用ノートパソコンだと大きさの制限でキーボードが入力しづらいものが多いのですがこの点もかなり〇です。

スペック的にはCPU:インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー、メモリ8GB、ストレージ:256GB SSD なので通常のビジネスユーズだと十分な性能だと思います。

EliteBook Folio G1 には
CPUがインテル® Core™ M3-6Y30 プロセッサーのものとインテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサーのものの2つ
液晶はフルHD・4Kの2種類

が用意されています。

どちらを選べば良いか悩むところですが
当サイトととしてはCPU:インテル® Core™ M5-6Y54 プロセッサー、メモリ:8GB、ストレージ:256GB SSDのモデルをお勧めします。

理由としては
ストレージは128GBだと少し少な目ですしCPUはやはり早い方が長く使えるという点を重視しています。
ただ価格的にPU:インテル® Core™ M3-6Y30、メモリ:8GB、ストレージ:128GBB SSDのモデルとは26,800円あるのであまりデータの保存はしないよという方はこちらを選ぶという選択肢もあると思います。

4Kに関してはこの画面の大きさではあまり必要ないのでは?と考えています。

EliteBook Folio G1は堅牢で画面も綺麗なビジネス向けモバイルノートパソコンです。
快適なモバイル環境をお探しの方にお勧めのモデルです。

EliteBook Folio G1

価格: 98,000円~(税抜)+送料 <1/15(月)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

尚、現在期間限定で7%オフの特別クーポンが提供されています。
※使い方は以下のリンクからご確認いただけます。

特別クーポンの知っておくと便利な使い方情報はこちらからご確認いただけます。
>>>当サイト向け・期間限定 日本HP 7%オフ特別クーポンを提供中

・法人向けキャンペーンボタン

EliteBook Folio G1の最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

スポンサーリンク