Windows8からWindows 10へアップグレードするとデフォルトのブラウザがMicrosoft Edgeになるのですが、これが使いにくいのでIEを既定のプログラムにしたいのだが方法を教えてほしいという相談を回りの人から多く受けるようになったので備忘録的に記載しておきたいと思います。

そもそもMicrosoft Edgeとは

Windows10の新機能でウェブ標準に対応したレイアウトエンジンで動く軽量なウェブブラウザになるように設計されていて、ActiveXやVBScript、BHOなどの古い技術が削除され、サポート外となっているブラウザです。

Microsoft Edgeの新機能

手書きやキーボードでブラウザに表示されている画面にコメントなどを書き込める。

表示されている画面にコメントなどをつけることが出来るという機能ですね。
便利には違いありませんけどキャプチャを採って文字を書いた方が綺麗に見えるので使いどころが難しいかもしれないですね。
まあ、見ながら出来るというのはメリットではありますけど。

2015122401

リーディングモード

これは記事と関係のない画像などを取り除いて表示する機能ですね。

これ今試してみたら殆どのWEBサイトでオンに出来なかった。。
前に話題になった時に試した時はかなりのサイトでオンすることは出来た記憶が有るんですけど。
何か変更になったんでしょうかね。。
でもオンに出来た時も画面のレイアウトが崩れることも結構あったのでまだまだこれからの技術という印象でした。

2015122402

管理人が考えるMicrosoft Edgeの歓迎すべき点

これは先にも書きましたが、ActiveXやVBScript、BHOなどの古い技術が使えなくなることでセキュリティ面でかなり向上するだろうという期待ですね。
これらの技術はインターネット普及期に出来た技術で正直こんな機能有っていいの?と当時も不思議に思っていた機能なのでサポートされなくなるのは管理人としては大歓迎です。

管理人が考えるMicrosoft Edgeの評価

セキュリテイ面での向上は期待できそうですが他の新機能はまだまだこれからという印象であえてこれを理由にブラウザを変える必要はないというのが第一印象です。

しかもMicrosoft Edgeの動作はIEとかなり違うので多くの人が戸惑っているのが実情ではないかと思います。
また、Microsoft Edgeへの対応が完了していなサイトも多いと思います。

なのでしばらくは様子見でIEを使うのが良いのでは!!というのが管理人の現時点での印象です。

ではどうやってIEを中心に使うか?

IEを使うことを決めても例えばメールのリンクをクリックするとなぜかMicrosoft Edgeが立ち上がってしまいます。
これは何故かというと規定のプログラムにMicrosoft Edgeが登録されているからです。
※規定のプログラムといのは有る処理をしたらこのプログラムを利用すると登録している場所です。

なのでこの規定のプログラムの登録を変更する必要が有ります。

規定のプログラムの変更の仕方

Windows 10以前はIEのプロパティから変更出来たように記憶しているのですが何故か今回は設定の変更が出来ません。
これはマイクロソフト社の意思で是が非でもMicrosoft Edgeを使ってもらうためにこの様にしたのではと思える内容です。

良いものはこんなことをしなくても使われると思うんですけどね。。。

まあ、そんなことは本論とあまり関係がないので実際の手順を確認していきます。

コントロールパネルを開く

スタートボタンを右クリックしてコントロールパネルを開きます。

2015122408

既定のプログラム

コントロールパネルの中の”既定のプログラム”を選択します。

2015122403

規定のプログラムの設定

一番上の”規定のプログラムの設定”を選択

2015122404

Internet Explorerの設定を行う。

左側にプログラムの一覧が表示されますので”Internet Explorer”を選択します。

2015122409

規定でこのプログラムで開く項目の設定を行う。

“規定でこのプログラムで開く項目を選択する”を選択します。

2015122405

規定でこのプログラムで開く個々の項目の設定

既定のプログラムが”Microsoft Edge”になっている項目にチェックを入れます。
※すみません画面キャプチャ上は既にすべてIEになっています。

2015122406

保存ボタンを押下して設定変更は完了です。

管理人の感想

ブラウザは用途に応じて自分に有ったものを使用するのが良いのではないかと思います。
これで暫くは”Microsoft Edge”とはお別れですが環境が整えば削除したわけではないのでまた使うかもしれませんけどね。。

<<お勧め記事>>
ブラウザはシェアNo1のChromeで快適 インターネットを楽しもう!


スポンサードリンク