東芝様のご厚意でdynabook UZ63/Dのレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います
※構成・価格などはレビュー時点の内容となりますのでご了承ください。
 

 

まずはdynabook UZ63/Dの特徴から

13.3 型ワイド(16:9) FHDノングレア・IPS液晶を搭載したモバイル ノートパソコンです。
ボディは落ち着いたブラックでDynabookのロゴもカッコいいです。

「お急ぎ30分チャージ」に対応しているので30分で約5時間分のバッテリー充電が可能です。
外出中にバッテリーがピンチの時カフェで今後の予定を立てながら充電という使い方も出来るので外出が多い方には心強いですよね。

また、「アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠したテスト」を実施しているので非常に耐久力に優れた作りになっています。

モバイル用途では心強い相棒となってくれるそんな一台です。

スペック的にもCPUにインテル® Core™ i7-7500U プロセッサー 、メモリ:8GB、ストレージ:512GB SSDなのでかなりパフォーマンスに期待できると思います。

サウンドは原音再生を追求したharman/kardon®ステレオスピーカー搭載なのでかなり期待できます。

※もちろん管理人の個人的な感想ですが好感の持てる音だと思いました。

液晶は色補正済みで自然な色合いが楽しめるフルHD液晶(IPS*21方式・ノングレア)搭載なので詳細で綺麗な画像が楽しめます。

dynabook UZ63/D レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うdynabook UZ63/Dは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
OS:Windows 10 Home 64ビット
メモリー:8GB(8GB×1)/ 16GB PC4-17000(DDR4-2133)
ディスプレイ:13.3 型ワイド(16:9) FHD IPS・ノングレア 1,920×1,080
グラフィック:インテル® HD グラフィックス 620(CPUに内蔵)
ストレージ:512GB SSD(Serial ATA対応)
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth® Ver4.1準拠

 

dynabook UZ63/Dの詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

dynabook UZ63/D外観チェック

dynabook UZ63/Dの外観チェックです。
 

液晶画面

<<正面>>

<<斜めから>>

<<さらに斜めから>>

dynabook UZ63/Dは発色も良くて見やすい液晶だと思います。
視野も広いので斜めからでもきれいに見えます。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果

dynabook UZ63/DはsRGBで89%、adobeRGBで71%と通常のノートパソコンがsRGBで70%位なのでかなり良い数字です。
実際に肉眼で見ていても見やすいと感じる印象でした。

 

本体の外観

<<dynabook UZ63/D 正面>>

<<右側面>>

最新のThunderbolt™ 3(USB Type-C™)コネクタが用意されているのは嬉しいですよね。

・microSDカードスロット
・Thunderbolt™ 3(USB Type-C™)コネクタ(電源コネクタ)×2
・HDMI®出力端

<<左側面>>

・セキュリティロック・スロット
・USB3.0コネクタ
・マイク入力/ヘッドホン出力端子

<<背面>>

<<上から>>

dynabook UZ63/Dは大きさ的には13.3 型ワイドなのでA4より少し大きめです。

高さは15.9mmなので本より薄い感じですね。
この高さならカバンに入れても嵩張らないので持ち運びにも便利そうですね。

<<下面>>

<<液晶 光の反射の確認>>

・電源を入れていないとき

 写真では判り難いかもしれないですが殆ど見えないですけどよく見るとかすかに見えています。
 

・電源を入れているとき

 全く見えていないですね。
 これなら光の反射をあまり気にせずに使うことが出来そうです。
 特に使う場所の選択肢が少ない外出先でも重宝しそうです。
 

 

キーボード&タッチパッド

dynabook UZ63/Dは一般的にキーボード配列なので使いやすいです。
「Enter」キーも適度な大きさいで押しやすいです。

東芝製のパソコンは本当にキーボード使いやすいんですよね。

タッチパッドもかなり操作感は良いですね。

本モデルは画面タッチやペンによる操作も可能です。

画面の角度

画面はこの位まで傾斜出来れば普通に使う分には問題ないですかね。

電源ボタン

右上にある丸いのが電源ボタンです。

dynabook UZ63/D 質量

質量を実際に計測してみました。

本体/計測結果は1,036gですのでホームページ上の値約1,060gより気持ち軽めです。

AC電源は238gです。

これもかなり軽いですね。

dynabook UZ63/Dの本体+AC電源は1,274gでした。

本体+AC電源で1.300gを切っているのでかなり軽いという印象ですね。
モバイル利用する際はやはりAC電源を一緒に持っていくことが殆どなのでAC電源と併せた合計の質量が重要となります。
そういった意味ではかなり良いと思いますよ。

 

AC電源

かなり軽量でコンパクトなAC電源です。

dynabook UZ63/D 外見チェックのまとめ

dynabook UZ63/Dは落ち着いたブラックをベースとした13.3 型ワイド液晶搭載のノートパソコンです。
液晶は発色も綺麗でノングレアなので反射もあまり気にせずに使うことが出来ます。
キーボードは配列も良く使いやすいキーボードだと思います。

dynabook UZ63/Dはモバイル利用で活躍してくれるそんな心強いノートパソコンです。

 

dynabook UZ63/D パフォーマンスチェック

dynabook UZ63/D 基本スペック

 

インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
メモリ:8GB(8GB×1)/ 16GB PC4-17000(DDR4-2133)
ストレージ:512GB SSD(Serial ATA対応)
グラフィックス:インテル® HD グラフィックス 620(CPUに内蔵)

dynabook UZ63/D  パフォーマンスチェック

CPU:インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー 、メモリ:8GB、ストレージ:512GB SSD(Serial ATA対応)、インテル® HD グラフィックス 620(CPUに内蔵)とある程度パフォーマンスに期待できるスペックとなっています。

performance test9による測定結果

ノートパソコンとしてはかなり良いスコアだと思います。

WIN Scoreによる測定結果

こちらもグラフィック関連以外は良いスコアだと思います。
グラフィックに関しては専用のグラフィック カードを搭載していないので致し方ないですね。

ゲーム関連ベンチマーク

このモデルをゲーム目的で購入される方はいないと思いますが念のため測定をしてみたいと思います。
結論を先に書いておきますと解像度を低めに設定して置けばかなりのゲームは遊ぶことは出来そうですね。

ファイナルファンタジーxiv 紅蓮のリベレーター
1280X720 高品質ノートPC: 1,398(設定変更が必要)
1280X720 標準品質ノートPC: 2,418(普通)

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

1280X720 高品質ノートPC: 1,728(設定変更を推奨)
1280X720 標準品質ノートPC:2,247(普通)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:4,967(普通)
1280X720 標準品質:5,997(快適)

3Dmark

Fire Strike 

Fire Strike Ultra

Time Spy

PC mark

ストレージ情報

Crystal Diskmarkによる測定です。

Serial ATA規格のSSDとしては標準的な値ですが気持ち早めかもしれないですね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
このテストは毎回多少前後するので参考程度でご覧ください。
全て40秒台前半となっています。
この時間なら電源を入れて直ぐに使えるイメージなので使いやすいですよね。

1回目:00:44秒
2回目:00:40秒
3回目:00:42秒
4回目:00:41秒
5回目:00:42秒
6回目:00:42秒
7回目:00:42秒
8回目:00:41秒
9回目:00:42秒
10回目:00:41秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
・温度:「家庭用 デジタル 温度計 小型 サーモ メーター -50℃~700℃ K型 熱電対 セット(B00TY64IEK)
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大41.8dbでした。
これは「静かな室内」に相当するレベルで普通レベルです。

表面温度のチェック

騒音テストと同様にサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」で負荷をかけて計測しました。
本体の背面のが最大で41.5℃と開始時と比べて少し温度が上がっている程度ですね。

実際に手で触ってみると暖かさを感じました。

・開始時温度

・最高温度

バッテリーの情報

消費電力のチェック

消費電力の測定を行ってみました。
かなりの省電力の印象です。
高負荷時も25Watなのであまり消費電力は多くないようですね。

・アイドル時

・高負荷時(ベンチマークソフト稼働時)

USB 供給電力チェック

まず、USB接続のポータブルDVDでの音楽再生によるテストです。

電源は接続せず、USBからの給電のみで音楽CDの再生を行いました。
結果としたは30分程度再生してみましたが特に問題なく動作していました。

実際にUSBから給電されている電力を測定してみると5.19V、0.07Aでした。
少し電圧が高めですかね。

dynabook UZ63/D (2017年9月11日時点)
型番 PUZ63DL-NNC
CPU インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
2.70GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.50GHz)
OS Windows 10 Home 64ビット(Creators Update 適用済)
ディスプレイ タッチパネル付き 13.3 型ワイド(16:9) FHD 高輝度・高色純度・広視野角
TFTカラー LED液晶(IPS〈In Plane Switching〉方式)(ノングレア)(省電力LEDバックライト) 1,920×1,080ドット
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 620(CPUに内蔵)
メモリー 8GB(8GB×1)/ 16GB PC4-17000(DDR4-2133)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応 2スロット(空きスロット×1)
ストレージ 512GB SSD(Serial ATA対応)
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(Wi-Fi®準拠、WPA™/WPA2™対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)+Bluetooth® ワイヤレステクノロジー Ver4.1準拠
光学ドライブ 未搭載
Webカメラ 有効画素数 約92万画素
バッテリー駆動時間 約11.5時間駆動時間(JEITAバッテリ動作時間測定法Ver.2.0)
本体サイズ 約316.0(幅)×227.0(奥行)×15.9(高さ)mm
本体質量 約1,060g
保証 引き取り修理・海外保証〈制限付〉1年
オフィスソフト なし
主な付属品 ACアダプター、電源コード、スタートアップガイド、dynabookガイド(取扱説明書)(Windows 10 Home搭載モデルのみ)、保証書、クリーナークロス
販売価格 191,000円(税抜)、送料無料

dynabook UZ63/D  付属ソフトチェック

dynabook UZ63/D に用意されているソフトの抜粋

おたすけなびすです。
これを見れば人と通り使い方が理解できそうですね。
初心者には嬉しい機能だと思います。

動画で学ぶシリーズ。
オフィスなどソフトの使い方を学べる動画です。
※当モデルにはオフィスソフトは付属していません。

パソコンのデータ引っ越し様のソフトです。

またアプリケーション類として以下の様の物が付属しています。
写真や動画の編集、セキュリティ対策ソフト、テレビとの連携ソフトなどこれだけあれば一通り必要なソフトは有るという感じですね。

正直これだけのソフトをそろえるのはかなり金額が必要なので最初から入っていて直ぐに使えるのは嬉しいですよね。

  • ウイルスバスタークラウド™ 90日版
  • TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink
  • CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA
  •  

  • TOSHIBA VIDEO PLAYER
  • 筆ぐるめ 24 for TOSHIBA
  • その他多数

 

付属ソフトの詳細はこちらからご確認いただけます。
>>>Webオリジナル ソフトウェア一覧 2017夏Webモデル
icon

保証関連

dynabook UZ63/Dは標準で1年間の引取修理となります。

オプションとして
・あんしん保証サービス(通常保障の期間延長)
・プレミアム保証サービス(通常保障ではカバーされない部分の保証)

東芝の保証サービスは他のメーカーと違って回数や金額などの制限が有利なので出来れば加入されることをお勧めします。

詳しくはこちらからご確認ください。
>>>東芝保証サービス
icon

dynabook UZ63/Dのレビューまとめ

ddynabook UZ63/Dのお勧めポイント

  • 落ち着いたカラーで使う場所を選ばない
  • ペンやタッチ操作も可能で宇キーボードも使いやすいので作業効率もアップ
  • 付属ソフトが充実しているので必要な機能がすぐに使える
  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • 急速充電も可能な軽量ノートパソコンなのでモバイル利用で活躍してくれそう

dynabook UZ63/Dの気になる点

特になし

管理人の総評

dynabook UZ63/Dは基本を押さえたモバイル ノートパソコンです。
付属ソフトも充実しているので写真の加工や動画の編集などを追加購入なしで直ぐにはじめることが出来ます。
タッチ操作やペン入力も可能なので使い勝手は良いと思います。

バッテリー駆動時間も約11.5時間駆動時間と長く「お急ぎ30分チャージ」にも対応しているのでモバイル利用に便利だと思います。

すぐに外出しないといけない時や外出先でバッテリー残量が少ないと不安ですが「お急ぎ30分チャージ」があれば安心ですよね。

またサポート機能やサービスが充実しているのも日本メーカーならではで初心者の方には特に嬉しい点だと思います。

パフォーマンス的にはオフィスソフトなど通常利用の範囲であればかなり期待できると思います。

価格的には191,000円ですが会員登録をすると会員価格で購入することが出来、155,800円で購入することが出来ます。

ラインナップ的には

CPU:Core i7 メモリ:8GB液晶
CPU:Core i5 メモリ:4GB、8GB液晶(選択可能)

の2つのラインナップがあります。

選び方としたオフィスソフトなどの利用が中心であまり重いソフトを使わない場合はCore i5搭載を、重い処理も使うなという方はCore i7搭載を選択されるのが良いのではないかと思います。

ただ、メモリは予算的なものがなければ8GBを選択されることをお勧めします。

dynabook UZ63/Dは液晶も綺麗でパワフルな2in1タブレットPCなのでワンランク上のモバイル利用を体験したいという方にお勧めのモデルだと思います。

dynabook UZ63/D

価格: 191,000円(税抜)+送料 <10/6(金)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

会員特別価格で155,800円(税抜)+送料

【重要】
価格は会員価格ですので無料の会員登録が事前に必要です。
東芝のRoom1048への無料会員登録はこちら
>>>Room1048会員

dynabook UZ63/Dの最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

スポンサーリンク