モデルの特徴

ドスパラ Critea DX4モデルはある意味変わった特色のあるモデルです。

通常お勧めしているタブレットパソコンは技術的に工夫をして小型・軽量のものを中心にご紹介しているのですが今回は全く違う視点のモデルをご紹介いたします。

このモデルの特徴はカスタマイズが自由に出来ることです。

細かいものでいえばCPUのグリスまでカスタマイズできます。
感覚的にはディスクトップ パソコンのBTOモデルに考え方が近いモデルです。
もちろんマザーボードの関係上選択に制限はありますがかなりの自由度があり、
自分の欲しい機能を選択することが出来るパソコンだと言えます。
例えばCPUはCore i5、メモリ16GB、SSD+HDD構成、ブルーレイ搭載などをすべて選ぶことが出来ます。

この様なモデルですのでコストパフォーマンス良く、必要な機能を選んで購入したい方にお勧めの一台です。

ではスペックについて見てみましょう。

OSはWindows 8.1 (64ビット) 日本語です。

CPUはインテル Core i3-4100Mモバイル・プロセッサーを搭載していて

メモリに4GB を搭載しているので(メモリー2倍のキャンペーン適用/通常は2GB)

ですので動画などの重い処理でなければ十分な性能があると思います。

メモリーが足りないとお考えの方最大16GBまで増設出来ます。

光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブですがBlu-rayを利用したい方は

+8,680円(+税)でアップグレードすることも出来ます。

ただ、最近は外付けモデルが大体5千円程度で購入できるのでそちらを選択した方が良いかもしれませんね。

ストレージはキャンペーン中で通常ハードディスク320GBを500GBへアップグレード中です。
管理人のお勧めはカスタマイズ費用が+10,780円(+税)掛かってしまいますがSSD128GB+HDD500GBの構成にして
大容量と高速起動の両方を実現できる形にすることです。
そうすればかなり満足度の高いマシンになるのではないかと思います。

また大きさは

15.6 インチ HD 光沢ワイド液晶ディスプレイ (1366 x 768 ドット表示)(タッチ非対応):

388(幅)×265(奥行き)×25.3(高さ) mm

最小重量: 約 2.4kg(バッテリー含む)

となります。

重量が2kgを超えていますのでモバイル用途には向きませんがオフィス内、家庭内で持ち歩くには負担にならない重さです。

ドスパラ Critea DX4

価格: 59,980円 +税

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\今なら10,000円引きで49,980円!/
※キャンペーンの条件はセーフティサービス680円/月に加入が条件
(12か月以内に解約の場合は解約事務手数料として9,120円+税が必要)

このモデルの詳細情報はこちらから確認できます。
>>>詳細情報

製品名 Critea DX4
型番 Critea DX4
CPU インテル Core i3-4100Mモバイル・プロセッサー
 OS Windows 8.1 インストール済み
 ディスプレイ 15.6 インチ HD 光沢ワイド液晶ディスプレイ (1366 x 768 ドット表示)
 グラフィックス インテル HDグラフィックス4600 (CPU内蔵)
 RAM 4GB  ,最大 16GB 2スロット
 HDD/SSD 500GB
 ワイヤレス IEEE802.11 b/g/n
 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続
 Webカメラ HD画質 WEBカメラ
 バッテリー駆動時間 リチウムイオンバッテリー(約7.2時間)
 本体サイズ(W×D×H) 388(幅)×265(奥行き)×25.3(高さ) mm
 本体質量 約 2.4kg(バッテリー含む)
SIMスロット なし
 Microsoft ソフトウェア なし
 販売価格 59,980 円(+税)⇒今ならキャンペーンで49,980円

このモデルの最新の情報はこちらから確認できます。
>>>最新情報


スポンサードリンク